内部 ストレージ が いっぱい。 Androidのストレージを増やすには? 容量の確認と拡張方法を解説

Android端末の内部ストレージ容量がいっぱいに・・・(;´Д`)簡単に空き容量を増やす方法とは?

内部 ストレージ が いっぱい

内部ストレージがいっぱい… メールを読み込んだりアプリをインストールする際、 「内部ストレージが不足しています」と表示されること。 Androidを使う年数が長くなるほど、 頻繁に目にする言葉です。 内部ストレージがいっぱいであるために、 メールが読み込めなかったり、 アプリがインストールできなかったり… 日常の使用に支障をきたしてしまいます。 ストレージという言葉の意味は「貯蔵」 スマホ内部に様々なデータが貯蔵(蓄積)されてしまっている状況です。 ちなみに私のandroidでも以下の様に、 96%ストレージが埋まってしまっています。 そしてこの記事では androidで内部ストレージを空ける方法。 今すぐできるものから順に解説します。 androidの内部ストレージを空ける方法 まず即効性のある方法が、 「データの削除」です。 ストレージがいっぱいになっているということは、 それだけスマホ内でデータが蓄積されているということ。 写真や動画、漫画や音楽にアプリを削除すれば、 その分だけストレージが空になります。 これ、私もよく使う効果的な方法。 無意識の内にデータはたまるものなので、 削除を定期的にしてあげることでストレージの増加を防げます。 私の場合、よく使うアプリは消せないので、 大量の写真と不要なアプリを消すことで、 一時的にストレージを確保しています。 とはいえこの方法を実行しても、 ストレージの容量が一気に空くことはありません。 microSDカードへ移動する 一気にストレージ容量を空けたい場合、 別売りのmicroSDカードへ移動する方法があります。 スペックにも大きく左右されますが、 安ければ2000円いかないくらいで購入できるmicroSDカード。 写真や動画をmicroSDカードへ移動させたり、 保存先を最初からmicroSDカードへ設定することで、 内部ストレージがいっぱいになることを防げるのです。 またmicroSDカードへデータを保存すれば、 スマホが変わっても手軽にデータを移すことができ便利です。 内部ストレージがいっぱいになった時は、 まずは不要なデータを片っ端から削除すること。 その上でmicroSDカードへデータを移すこと。 この2つを実行することで対処することができます。 microSDカードはお金がかかるものの、 データの削除であれば今すぐ取りかかれます。 さっそく実行してみてくださいね! 内部ストレージを大量に空ける裏技 そして実はここまで紹介した方法以外にも、 内部ストレージを大量に空ける方法があります。 それが 「その他のファイル」の削除。 実はスマホを使えば使うほど、 「その他のファイル」が内部ストレージの大半を占める様になるのです。 どれだけ写真や動画、アプリ等を削除しても、 気づけば「その他のファイル」が多数を占め始める。 いずれは向き合わなければいけないテーマ。 それが「その他のファイル」です。 その他のファイルの削除方法について、 詳細を以下の記事でまとめました。 意外と知らない方も多いので、 合わせて読んでみて下さいね。

次の

【Android】なぜか容量不足..内部メモリを徹底的に掃除して空き容量を増やす方法

内部 ストレージ が いっぱい

キャッシュとは、アプリが前回使用時の設定や状況をキープするため、一時的に保存しておくデータのこと。 わかりやすいのが、「ブラウザのキャッシュ」でしょう。 例えば、あなたが毎日のようにチェックするニュースサイト。 そのすべてのデータをアクセスの度に読み込んでいては、ページを開くのに時間がかかってしまいます。 そこで、最初に読み込んだ画像などのページデータをキャッシュとして保存しておき、次に同じページを訪れたときには、まずキャッシュのデータを呼び出し、そこから更新されたデータだけを読み込む、というしくみです。 さまざまなサイトを訪れていると、このキャッシュが増えていき、やがてアプリの動きを遅くする原因となってしまうことがあります。 つまり、サクサクと軽い動きを維持するためには、定期的なキャッシュの削除が欠かせないのです。 キャッシュデータを削除するには SNSにアップするランチの写真や友達とのツーショットなど、ほとんどの人が日常的にスマホカメラを使っていると思います。 しかし、高解像度のカメラで撮った写真はファイルデータが大きく、数が増えるとストレージが減ります。 そのため、定期的にバックアップをとり、ストレージを空けるようにしましょう。 バックアップ先はPCでも良いのですが、クラウドに保存しておけば、他のデバイスと共有でき、見たいときにすぐ見られます。 中でも、Google フォトは無料で動画も保管でき、しかも容量無制限。 1枚あたりのデータ容量には制限がありますが、アップロードの際に自動的に圧縮されるため、データ量を意識せずに使えます。 Google アカウントがあればすぐに使えますし、家族や友達と写真を共有することもできますので、おすすめです。 Google フォトに画像をバックアップするには.

次の

Androidの内部ストレージの空き容量を増やすには?|AQUOS使いこなし技10選|AQUOS:シャープ

内部 ストレージ が いっぱい

内部ストレージが減らない! これまでの記事で何度か、 内部ストレージについては取り上げました。 内部ストレージとはスマホの容量のこと。 写真や動画、アプリ等のデータが蓄積されると、 内部ストレージが100%に近づきます。 内部ストレージがいっぱいになる程、 メールの受信ができなかったり写真が保存できなかったり、 スマホを使う上で不都合が事態が起こります。 このため、定期的に不要なデータを削除して、 内部ストレージを空ける必要があります。 スマホを1、2年使っているとぶち当たる問題ですね。 ですがデータを削除しても、 劇的に内部ストレージが減らないことがあります。 ほんの数%しか減らないので、 「一気に減らしたい」と思ったことはあるのではないでしょうか? 「その他のファイル」って何? 疑問に思った私は、 内部ストレージの内訳を確認しました。 すると半分近くが「その他のファイル」だったのです。 「その他のファイルって何?」 私も疑問に思ったのですが、調べると正体が判明。 写真や動画、アプリ等と明確に区別できないデータ。 これを「その他のファイル」で一括分類しているのです。 つまり、その他のファイルの中には… 「全然いらないデータ」 「実は重要なデータ」 これらが混在している可能性もあるのです。 その他のファイルの削除方法 すべてのファイルを消すわけにはいきませんが、 いらないデータは少しでも削除したいですよね。 まずはトップ画面から「設定」ボタンを押して下さい。 すると 「ストレージ」というボタンがあります。 ここをクリックしてください。 ここから「その他のファイル」の内訳が表示されていることがあります。 1つずつチェックしながら、削除してください。 ただし機種によっては、 具体的な内訳が表示されないこともあります。 その場合は別途アプリをダウンロードして、 アプリ経由でその他のファイルを削除します。 オススメアプリは、 「Yahoo! ファイルマネージャー」です。 ただし「これがその他のファイルです」と表示されるわけではありません。 1つ1つのデータを確認して、 不要そうなものを削除していく形になります。 一気に全部消そうとせずに、 慎重に削除していくことをオススメします。

次の