フィンランド アジア系。 ハンガリーやフィンランドはアジア系がルーツ?

フィンランド人は日本がお嫌い???

フィンランド アジア系

フィンランドで働くには?フィンランドの就労ビザについて 有効な日本国のパスポートを持っていて、フィンランドに非営利の90日以内の観光・商用・知人訪問等を目的とする入国であれば、ビザは特に必要ありません。 ただ、入国後にほかのシェンゲン協定加盟国内に50日滞在した場合は、計算上と実質でもフィンランドに滞在日数は40日以内となります。 フィンランドの就労ビザの種類や期間について フィンランドで働くには、雇用就労と自営就労いずれも在留許可と就労許可の両方が必要です。 そこで、主にフィンランドの就労ビザに該当する就労許可について以下説明致します。 一般労働権の対象者 こちらは、一般的なフィンランドの就労ビザ、就労許可に該当します。 海外駐在員や現地採用いずれも当てはまり、企業役員に管理職や特殊技能を有する専門職の人たちが対象となります。 また、プロスポーツ選手やトレーナー、マスコミ関係者も同様です。 科学・文化・芸術分野の非営利団体において、エキスパートとして働く人たちも同じで、フィンランドもほかの国と似ていて、何か特別なスキルを持っていると、就労ビザが下りやすいです。 限定労働権の対象者 在留許可証を有する教育・研究関係者は、最長1年間の就労許可がおります。 重ねて、奉仕・教育・研修等の認定プログラムに参加していることで、同じく最長1年の就労許可が取得出来ます。 各種季節労働者には、最長3ケ月の就労許可がおりるので、ある意味日本よりは移民政策が進んでいます。 在留許可証が不要の労働権対象者 3ケ月未満の招待や契約に基づいて就労する教師に通訳やエキスパート、スポーツ選手やアート関連従事者等が対象となります。 オーストラリアでワーキングホリデーやバックパッカーに人気の指定果実収穫労働にフィンランドでも最大3ケ月間携わることが出来、国際航路の船員や調理人も該当します。 フィンランドの就労ビザの申請について フィンランドで働くには、在留許可と就労許可の両方が必要ですが、基本的に在日大使館にて申請を行います。 書類によっては、例外的に管轄の警察署で認められるケースもあります。 申請は本人のみ可能で、所要期間の目安がマックスで90日と言われています。 イミグレーション・オフィスや日本で言えば厚生労働省に該当する、雇用労働省の附属団体の雇用経済開発センターと、警察が審査を行います。 フィンランド国民の雇用を奪っていないかどうか、或いは必要とされる人材と言った、国内労働状況等も加味されて総合的に判断されます。 フィンランドの就労ビザの申請の難易度 フィンランドの就労ビザを取得するのは、それほど容易ではないと言われていますが、最も優遇されるのがIT関連のプログラミングに明るい、或いは海外駐在員の人たちです。 フィンランドで働くに当たって、就労ビザ以外に在留許可が必要となりますが、これはちょっと思ったより費用が掛かります。 許可が確実に取れる方法や万が一下りない事を考えると、駐在員としての赴任に加え、転職エージェントを通じてと言った確実に仕事を確保することが、重要となってきます。 見逃せないのが、2年間同棲していると「パトナービザ」を取得して、フィランドに住むことが出来ます。 滞在許可証を所有していることで、就労ビザの許可が下りやすくなります。 書類としては、フィランドで生活がやっていけるための経済証明書等を求められるのが、一般的です。 在留許可が継続して行われ4年間、フィランドに滞在し続けることで、永住権が認められるケースがあります。 詳細はフィランド大使館に、尋ねてみてください。 また、 フィンランドの大学を卒業すると、国内で「1年間仕事を探すビザ」を取得することが出来ます。 フィンランドの就労ビザの申請に必要な語学力 フィンランドの就労ビザの申請に必要な語学力の定めがあると言った話は、耳にしたことがありません。 フィンランドは同じデンマークやスウェーデンと言った、スカンジナビア諸国同様、英語が通じやすい国として知られています。 それでも英語に加えて、フィンランド語のレベルが高ければ、仕事も比較的早く見つかるでしょう。 中には、フィランド政府から毎月800ユーロほどの補助金を受けて、無料の語学学校と専門学校に通って、就職に結びつけた人もいます。 中々無料の語学学校の空きが出ないので、利用する際は下調べと、フィランド国内で生活するだけの貯金が必要です。 若い世代の人たちに注目されているのが、30歳未満なら取得出来るオペアビザです。 フィンランド現地の家庭に住み込みで、1日数時間家事等の軽作業を行いながら、文化や言語を学ぶことを目的としたものです。 オペアビザ取得中に、フルタイムの仕事を探すのも一つの選択肢の中に入るでしょう。 最近では、安価で留学ができ、マンツーマンレッスンが中心で短期で効果が得られることからフィリピン英語留学が人気です。 語学力が自身のない方は、転職活動前に留学することも一つの選択肢になるのではないでしょうか。 フィンランドの就職事情と求人について 外務省の調べによると、 フィンランドに進出している日系企業数は、200社を上回ります。 近年では,三菱マテリアルによるルヴァタSP事業部門買をはじめ、日本企業によるフィンランド企業の買収の実例も多く見られます。 フィンランド日本人商工会の会員数は現在137人、在留邦人数は1,800人ほどです。 ここでは、フィンランドの駐在員求人や現地採用などついて、ご紹介致します。 日本におけるフィンランド系企業 ノキア(NOKIA) 携帯電話で知られる通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダーのノキア(NOKIA)は、ヘルシンキに隣接する都市のエスポーにヘッド・オフィスがあります。 ストラ・エンソ(Stora Enso) ストラ・エンソ(Stora Enso)は、フィンランドのヘルシンキとスウェーデンのストックホルムに本社を置く製紙業者であり木材販売業者で、会社の起源は14世紀まで遡ります。 現在は、ヨーロッパ全域に加え、アメリカ合衆国や日本と中国に拠点を構えています。 日本現地法人のストゥーラエンソジャパン株式会社は、東京都千代田区九段北にオフィスがあります。 UPMキュンメネ株式会社 UPMキュンメネ株式会社(略称UPM)は、フィンランド・ヘルシンキに本社を置く林産企業です。 世界45カ国に現地法人、世界13カ国に生産拠点を持ち、UPMキュンメネ・ジャパン株式会社の東京本社は、東京都千代田区永田町にあります。 日本現地法人は東京本社だけでなく仙台にも営業所を持ち、出版・カタログ用紙や粘着ラベル原反と言った紙製品等を取り扱っています。 フィスカース(FISKARS ) フィスカース(FISKARS )は1649年に、ヘルシンキの西約100kmに位置するフィスカース村で創業のフィンランドのコンシューマー製品メーカーです。 食器のイッタラに衣類のマリメッコ等が、日本でもお馴染みのブランドです。 フィスカースジャポンの本社が、東京都千代田区二番町にあります。 在日フィンランド商工会議所には60社を超える企業が加盟していて、日本を重要なパートナーとして位置づけしているのが、解ります。 フィンランドの現地採用 世界的に有名な語学学校が、非英語圏の国々を対象として行った英語能力ランキングで、フィンランドは第5位に位置しています。 仕事によってはフィンランド語を求められるケースもあるので、詳しくは転職エージェントに尋ねてみてください。 そんな中で、 フィンランド語が出来なくても就職しやすい職種があり、レストランシェフにITプログラミングやヘルシンキ日本語補習校等が挙げられます。 IT技術がないという方は、エンジニア転職保証コースのあるカリキュラムを受講して、東京などで経験を積んで海外に就職するという手段もあります。 レストランシェフ フィンランドのレストランや食品工場においては、慢性的にシェフが不足していると言う現象が続いています。 日本の調理学校に通い卒業証明や何か資格を取得した場合も、フィンランド語の添付書類を用意しておくと、就職に有利と言えます。 ヘルシンキ日本語補習校 ヘルシンキ日本語補習校では、常勤講師採用を随時行っているので、うれしいです。 採用条件もそれほどハードルが高くなく、日本又は他国で短大以上の学歴を有することが条件で、教員免許の有無は問われません。 そのほか、最低1年以上の滞在予定があり、ご自身で在留許可を既に取得済みの方に限ります。 フィンランドで起業する 現地採用の仕事を探す事を一旦棚上げにして、起業すると言うのもフィンランドで働く方法の一つと言えます。 最低資本金は公開有限会社の場合は8万ユーロ、私的有限会社は2500ユーロ(1ユーロ日本円で130円のレートで換算すると、325,000円)で、設立可能です。 設立の際には、必要書類をフィンランド国内の商業登記所で登記の手続きを行い、設立者の中の1人はEEA(欧州経済領域)諸国に居住する必要があります。 フィンランドでの仕事探しで、転職エージェント以外には新聞や新聞社のサイトの求人広告を、参考にしている人が少なくありません。 欧州雇用サービスネットワークをはじめ雇用経済開発局等で確認を取り、基本的なフィンランド語の理解能力があれば、仕事探しも便利です。 フィンランドの駐在員求人 フィンランドの首都には、ヘルシンキ日本語補習校があるので、駐在員として家族で現地に行かれる場合に、安心です。 満5〜15歳の生徒で、年長児童から小・中学生が対象で、短期滞在の入学も可能です。 フィンランドへの輸出品目で第1位なのが自動車等の輸送用機器で、以下一般機械、電気機器と続きます。 フィンランドからの輸入では第1位が木材及びコルク、第2位が非鉄金属です。 フィンランドに進出している日系企業数は200社、在留邦人数は1,800人ほど、うち駐在員は千人を超えると、言われています。 フィンランドの駐在員求人で最も多いのがエンジニアとIT関連になり、次に営業職が続きます。 IT技術がないという方は、エンジニア転職保証コースのあるカリキュラムを受講して、東京などで経験を積んで海外に就職するという手段もあります。 フィンランドで駐在員として現地に赴任する場合は、たいていの場合で、英語がメインとなるケースがほとんどです。 日系企業の進出数ランキングでは世界トップ30に入り、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港が今後更にヨーロッパの重要なハブ空港と位置付けられる中、益々期待が高まります。 フィランドで中途採用の現地駐在員を狙うのであれば、転職エージェントを活用するのが、一番です。 フィランド一本に絞るのではなく、そのほかのデンマークやノルウェー等のスカンジナビア諸国も検討してみるのもいいでしょう。 加えてドイツやイギリスも希望勤務地の候補に挙げることで、転職エージェントから仕事を紹介して貰える確率が上がります。 フィンランドで働くには?就職の進め方について それでは、フィンランドで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか? 直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、フィンランドである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。 フィンランドで長期的に働く場合は、フィンランドに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。 フィンランド系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。 この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。 非公開求人の情報を集める 海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、 「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。 転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。 転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「 外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。 採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。 外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い 、国内最大手の になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。 現地密着型の求人情報では、フィンランドの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。 最後に フィンランドは空気が世界で最も綺麗な国と言われ、オーロラやサンタクロース村に代表されるように、見どころがいっぱいです。 国土の70%以上が森に囲まれているので、森林浴を気軽に楽しめます。 美しい街並みが広がる首都ヘルシンキは治安が良く、女性に人気の街です。 目立ちたがり屋ではなくシャイなフィンランド人は、ヨーロッパの日本人と言われるほど、共通の国民性を擁しています。 そんな魅力が詰まったフィンランドでの就職を実現するには、転職エージェントの活用が最も効果的です。 外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント 「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。 直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、 外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。 外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。 下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。 できる限り、 1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。 20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド は、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。 世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。 日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。 グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。 相談は全て無料。 サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。 非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。 相談は全て無料。 非公開求人数・成功実績No. 1のリクルートエージェント は、非公開求人数は業界最大級の約10万件。 日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。 相談は全て無料。 外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。 求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。 相談は全て無料。 年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。 求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。 基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。 相談は全て無料。 転職者満足度第1位のNo. 1のdoda(デューダ) は、転職者満足度第1位のNo. 1(電通バスリサーチ調査)。 転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。 面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。 相談は全て無料。 外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。 外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。 担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。 相談は全て無料。

次の

フィンランドの基礎知識

フィンランド アジア系

フィンランドは北欧諸国の一つで、国土の三分の一が北極圏に属する、森林と湖の国。 民族のフィン人は、アジア系と言われるが、の支配やロシアの支配を受けた結果、現在では他の北欧の人々と区別はつかない。 スウェーデンの支配 長くフィン人の独自の社会が続いたが、1155年からスウェーデン王による「十字軍」が始まり、キリスト教化すると共に、スウェーデンの支配を受けることとなった。 13~14世紀にはロシア国家の北上とともにギリシア正教の布教が始まり、しばらく両者の抗争がくり返され、フィンランドの北部がカトリック、南部がギリシア正教とに分かれる形となった。 スウェーデンがカルマル同盟に属することになるとロシアの圧力が強まったが、1523年にしヴァーサ王朝がはじまるとともにふたたびスウェーデン支配が強まりロシアの勢力は駆逐されると共に、スウェーデンと同じくプロテスタントが浸透していくことになった。 バルト帝国と言われた17世紀の全盛期のによる支配が続く中、スウェーデン女王 クリスティナは1640年トゥルクに大学を設けるなど、フィンランドの文化の向上に努めた。 しかし、一方でスウェーデンがくり返した三十年戦争やデンマークとの戦争にフィンランドからも兵士を徴発され、その負担は大きかった。 18世紀に入り、でスウェーデンがロシアに敗れたため、1721年のニスタット条約で東部カレリアおよび南東部はロシア領に割譲された。 このころからフィンランドの民族的自覚が始まり、反スウェーデンの動きが強まった。 ウィーン議定書 が始まると、ナポレオンは大陸封鎖令への参加の代償としてロシアのフィランド領有を認めた結果、ロシア軍がフィランドに侵攻し、スウェーデンもそれを支えられず、1809年にフィンランドをロシア領とすることに同意した。 の結果、に締結されたで、フィンランドは正式にスウェーデンからロシアに移譲された。 ロシアの支配 ロシアのはフィンランドの自治を認めると発言し、フィンランド人に期待を持たせたが、はロシア化政策を押しつけ、フィンランド語による出版を禁止したり、での徴兵を強行した。 はふたたびフィンランドの自治を大幅に認める転換を行い、この間、フィンランドはパルプやタール産業、造船業などの工業化が進んだ。 次のはふたたび強圧策に戻ったため、ロシアの総督がフィンランド青年に暗殺される事件などが起こった。 日露戦争では、日本の工作員明石大佐がヘルシンキなどで対露工作を行った。 独立宣言と内戦 フィンランドは1804年にロシアが事実上占領、ロシア領となった。 その間、ロシアは自治を認める一方、たびたび強圧的な統治を行い、フィンランドの民族意識も次第に高まっていた。 1917年3月、ロシアでが勃発してロシア帝国が倒れ、11月にはでが成立した。 フィンランドの自治議会は、12月に独立宣言を出し、ソヴィエト=ロシアのレーニンらボリシェヴィキ政権は直ちにフィンランドを承認した。 こうしてフィンランドの独立は達成できた。 しかしフィンランド国内では独立派とロシア革命に倣った社会主義革命を目ざす革命派が対立し、白衛軍と赤衛軍と称して内戦が開始された。 白衛軍はドイツとスウェーデンが支援、赤衛軍はソヴィエト=ロシア軍が支援して激しい内戦が続き、1920年6月にようやく停戦した。 その間、1919年7月、フィンランド議会は新憲法を制定、共和国として発足した。 第一次世界大戦後もソ連の脅威が続いたが、1932年にはソ連との不可侵条約が締結された。 ソ連=フィンランド戦争 しかし、第二次世界大戦が始まると、はに続いて、1939年11月30日、フィンランドに対して侵入。 「冬戦争」とも言われるが始まった。 フィンランドは粘り強く抵抗したが、40年3月、カレリア地方の割譲などを認めて講和した。 その後フィンランドは、ソ連の圧力に備えて、ナチス=ドイツに接近、41年6月、が開始されると、同調してソ連に侵攻した。 しかしソ連軍に反撃され、44年、ドイツとの協力関係を解消することと領土割譲、賠償金を条件に講和した。 これを「継続戦争」ともいう。 この二度にわたるソ連との戦争でフィンランドは多くの犠牲を出し、国力を消耗、しかもドイツに協力したため側に立って敗戦国としての立場に立たされることとなった。 はの一つ。 もとはフィン人の国。 面積は日本よりやや少なく、人口は約500万。 首都はヘルシンキ。 国土は3分の1が北極圏に属し、「森と湖の国」として知られる。 国語はフィンランド語、宗教はプロテスタントのルター派が国教。 一部にスウェーデン語を話す人々やギリシア正教系のフィンランド正教の信者もいる。 フィンランドの文化 19世紀前半、フィンランドの民族意識が高まる中で、レーンロートという医師がカレリア地方の口承詩歌を採集し、 『カレワラ』として出版した。 カレワラはカンテーレという弦楽器を弾きながら歌うもので、民族的な英雄物語であった。 長いロシアとの戦いの中で歌い継がれ、ソ連=フィンランド戦争のときも戦場で兵士が口ずさんでいたという。 また20世紀初頭の シベリウスが作曲した愛国的交響詩『フィンランディア』は、ロシア当局によって演奏禁止とされた。 <武田龍夫『物語北欧の歴史』1993 中公新書 p. 156,162> 戦後のフィンランド 第二次世界大戦の敗戦後、フィンランドは連合国軍管理委員会(実体はソ連軍)の監視と干渉のもと、1947年にを締結した。 またの受け入れも認められなかったにもかかわらず、過酷な賠償を独力で完済し、ソ連とは友好協力相互援助条約を結びながら、パーシキビとケッコネンの二代の大統領の下で積極的中立外交を開始し、1955年には国際連合に加盟した。 国内では左右両派の対立が続き、冷戦の中で常に微妙な立場にあったが、積極的中立外交は一定の成果を見せ、1975年のはヘルシンキで開催され、が出されるなどの成果を見た。 1995年にはに加盟、さらに共通通貨も導入した。 しかし、ロシアと隣接するというその宿命的な位置関係から、軍事機構であるには現在も加盟していない。

次の

フィン人

フィンランド アジア系

> フィンランド人 フィンランド人の噂 [ ]• 自称はスオミ(森と湖の民)というが、なぜか世界中からフィン(ランド)と呼ばれている。 FinnishとFinishをよく間違える。 「スオミ」のスウェーデン語訳が「フィン ランド 」。 旧宗主国様の呼称の方が国際的に認知されてしまった。 と同じく携帯をやたらといじる。 日本人と並ぶほどの世界でも有数の携帯大好き民族、らしい。 いっそ国名をノキアにした方がいいような気がする。 だからというわけではなかろうが、『』が開催される。 ノキアは確か最初の頃は長靴会社だったような気が。 それか、ゴム関係の会社。 ゴム長靴は現在でも地味にノキア社の看板商品だそうです。 照れ屋さんな国民性のため、顔をあわせずにいつでも沢山お喋りできる携帯電話は画期的ツール、なんだそうだ。 それほど普及しているはずなのに、いまだにモノクロ液晶の(日本人からすれば)非常に古い型の携帯を持っている人が多い。 最新機種等には興味がない。 「最新型の」モノクロ液晶の携帯もありますぜ…。 アフリカとかの新興市場向けに。 海外用にノキアの最新型モノクロ液晶シムフリーを持っているが、一度充電すると2週間くらい持つ。 日本の携帯よりこっちのほうがいいかも。。 観光客だろうと宗教はキリスト教信者以外許さない。 もし相手が仏教徒だったら射殺する。 徒は狂気の沙汰扱い。 は例外。 「日本人だから」というわけではなく、イエス様を否定せず、しかも他の神様に依存しているわけでもないため。 要するに「人畜無害」とみなされているだけ。 宗教に寛大な人も多い。 フィンランドは宗教に寛大というより日本人と同じく宗教意識は薄いほう。 大抵の学校には移民などのイスラムの祈りに使える部屋が用意されてる• 「ノギ」や「トーゴー」という名前の人がいる。 東郷ビールもある。 由来は日露戦争の日本の雄、乃木希典将軍と東郷平八郎提督から。 という話が実しやかに伝えられているが、実際は単なる「世界の提督ビール」のひとつに過ぎなかったりする。 東郷ビールというネーミングは現地で存在してすらいない。 Amiraaliという地ビール 92年に製造中止 のラベルの24人のうちの一人が東郷だったというだけ。 しかも日露戦争時のロシア海軍のバルチック艦隊提督のビールもあったらしい。 その影響からか、ハメーンリンナで年配の方にで話しかけられた。 日本人が話す日本語と変わらなかったので非常に驚いた。 あと単純にうれしかった。 (親日的だったし)• フィン人が日本語を話せる人はめったにいないw日本に対する感情は悪くないけど、別に親日!ってわけでもない。 でも日本語うまい人はめっちゃうまいし、スオメクシと日本語は非常に発音が似てるので日本人がフィンランド語を覚えても、逆のフィン人が日本語覚えても、めちゃくちゃ発音がよく聞こえる。 日本と同様、帝政ロシアの圧力に苦しんでいたから。 極東の小国が破ったので、大いに勇気付けられたらしい。 日本海海戦でバルチック艦隊が壊滅したため、フィンランド独立が可能になったらしい。 などと日本の主観で語られる事が多いが、実際はフィンランドの義勇兵がロシア側に参加していたりする。 「日本とフィンランドは隣人だ。 何故なら一国挟んで隣り合っているじゃないか」という考え方が存在するらしい。 「ロシアを挟んで隣の国」ね。 言われてみれば事実。 「ロシアを挟んで」なんて言い始めたらノルウェー、ベラルーシ、ウクライナまでもが隣国になるのでさすがにそれは苦しすぎるw。 フライング・フィンと呼ばれる人たちが存在。 WRCやF1で活躍。 WRCではユハ・カンクネン、トンミ・マキネン。 マーカス・グロンホルムも。 今ではミッコ・ヒルボネンとヤリ・マティ・ラトバラが同じBPフォードにいる。 今年優勝経験済• ヘンリ・トイボネンは英雄。 レース・オブ・チャンピオンズは彼の追悼式典。 マキネンと言えば、ではマキネンの名前がついた限定車出してました。 F1ではケケ・ロズベルグ、ミカ・ハッキネンやキミ・ライッコネン、ヘイッキ・コヴァライネンなど。 「ケケの子ニコ」のニコ・ロズベルグは母親の母国である国籍で活躍。 フィンランド語を話すことは出来ない。 たまにでいいのでサンマリノGPで表彰台に上がった事もあるJ. コヴァライネンは活躍してると言えるのか?いや、レース・オブ・チャンピオンズとかでは活躍したけど、F1デビューイヤーは活躍はしてないだろう…。 F1にしろラリーにしろ、フィンランド人ドライバーの強みはマシンとの相性を気にしない点である。 どんなマシンに乗っても速い。 常に滑るスノーモービルの経験があるためにマシンの限界を超えたコントロールが上手い、という説がある。 国土が大変滑りやすい砂 通称ボールベアリングロード で覆われているので、一般の人も自動車のコントロールが上手い。 なのでWRCのフィンランドラウンドは地元フィンランド人が大変有利。 EU諸国のドライバーに行ったアンケートだと、山道で後ろに付かれたくない車No. 1がフィンランドナンバー。 2位のスウェーデンナンバーと2倍以上の大差。 理由は推して知るべし。 恥ずかしがり屋で無口な国民性らしい。 抑揚のない不機嫌そうなしゃべり方をする。 第二次大戦中、フィンランド空軍のエースパイロットへのインタビュー。 「どのような状況でしたか?」「敵機が飛んで来ました」 「どのような戦果をおさめましたか?」「撃墜しました」 「もうすこし具体的に……」「その後基地に帰投しました」• 世界ラリー選手権大会で優勝した某ドライバーのコメント。 「こういう道を操縦するのはどちらかというと得意な方なので・・」• マーカス・グロンホルムみたいな毒舌で感情的な人はフィンランドでは希。 口数は確かに少ない方だが。 冬戦争で活躍した某スナイパーへの狙撃の秘訣を聞いた所 「練習だ」 自らが残した記録に関しては 「やれと言われたことを、可能な限り実行したまでだ」• とか言いながら確認戦果は100日間で200以上。 あだ名は「白い死神」• 雑談を好まず、すぐに無言になる。 食事は黙ってするのがマナーである。 陽気にはしゃぐことが少なく、一番うるさい時期の中学生高校生ですらボソボソと小声で話す。 故に学校内はとても静かで授業中の私語など一切ない。 自分からすすんで人に関わろうとはしないため、親しい友人を持つ人が少ない。 「フィンランド人ってシャイだから」がフィンランド人の口癖。 日本では普通にスルーされる「あ、しまった」などつい出てしまう独り言は、フィンランドではマナー違反の一つらしい。 対面でなければかなりフレンドリーなのか、駐日大使館公式Twitterはゆるゆるなツイートをしょっちゅうしている。 ついでに宣伝もしている。 細長いスクエアフレーム以外のメガネをしている奴は前時代の遺物。 化石扱い。 歴史的に見ると、祖先はアジア系の民族。 しかし混血が進んだ今では、もうその名残はない。 アジア系とは言いがたいです。 祖先はウラル山脈あたりに居た、コーカソイド 白色人種 のウラル語族ですから、ただし蒙古斑が時々できるようにわずかにモンゴロイド黄色人種の血が混ざっているのは事実ですけどね。 しかしハンガリー人と同じくこれを頭から信じているらしく、彼らは「頭がいい連中は南に行った(ハンガリー)。 俺らは馬鹿だったのでこんな寒いところにいる」と自虐しているとか。 フィンランドの冬• スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。 フィンランド人は日光浴をする。 フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。 フィンランド人は花壇に花を植える。 イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。 フィンランド人はオープンカーでドライブする。 蒸留水が凍る。 フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。 カリフォルニアでは住民が凍死寸前。 フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。 イギリスでは暖房を使い始める。 フィンランド人はシャツを長袖にする。 オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。 フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。 秋の到来である。 ギリシャ人は寒さで死亡。 フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。 パリは凍えてガチガチ音を立てる。 フィンランド人は屋台に行列する。 シロクマが北極から退避しはじめる。 フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。 コルヴァトゥントゥリが凍結。 フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。 (コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)• サンタクロースが南方へ引っ越す。 フィンランド人は、コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。 フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。 (コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。 通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)• 食品の微生物が死滅。 フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。 絶対零度。 あらゆる原子の運動が停止。 フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。 日本大好き!アジア人というだけで日本人かと問われる(町中で唐突に) 日本人だった日には酒を奢ってくれたりもする。 唐突に問われるわけないですwこっちで外国人に何人と知らない人間にイキナリ声をかけれるフィン人なんてまずいないw• 住んでいますがスオマライネンのシャイさを知らないなw• でもこちらから話かけると引くほど一生懸命親切にしてくれない? 訪ね事があると友人の情報網を駆使して必ず応えてくれるし• コンビニで日本の漫画が売っている。 が大人気である。 自国に興味がない• そのため、旅行で来たのと言うとクレイジーよばわり。 しかし愛国心がないわけではない。 びっくりすると「おほっ!」って言う。 がっかりすると「あいやー」って言う。 自転車好きが多い。 イヴァロやロヴァニエミのような雪国の雪道でも自転車に乗ってる人が意外といる。 自転車のメーカーは当然、TUNTURI一択 名前 [ ]• 人名が独特。 ミカ・ハッキネン(F1ドライバー)やアキ・カウリスマキ(映画監督)等、ミカやアキは向こうでは男性名。 アニッキという女性名がある。 テーム・セラニは有名なホッケー選手。 ちなみにちょっと前までエスコ・アホという人が首相だった。 ヤーナ・アホさん、ヘンナ・アホさんも実在する名前(2人とも女性)。 サーリ・アホという作曲家がいる。 カレヴィ・アホという作曲家もいる。 ウンコマーンアホ氏がノキア・ジャパンの新社長に就任。 フィンランドの初代駐日大使はヴィルヨ・アホカスさん。 名前にネンがつく。 アホネンさんという人もいる。 ヤンネ・アホネン。 スキー・ジャンプの凄い人。 決して笑い顔を見せない。 表彰台の上でぐらいは笑っても良さそうなもんだが。 アホヤネンさんという人はいない。 ナンデヤネンさんという人もいない。 アホカイネンさんという人はいる。 パーヤネンさんという人もいる。 ヤリ・クリさん(ホッケーの国民的英雄)なんて人もいる。 フィンランドには名前の日という不思議なものがある。 ツル ネンマルテイというフィンランド出身の政治家が日本にいる。 因みに日本国籍取得前はマルッティ・トゥルネン(Martti Turunen)。 日本国籍取得後は弦念丸呈。 タビスキヤネンさんはおそらくフィンランド系。 ですね。 コバライネンさんはいる。 のヘイキ・コバライネン。 バタネンさんって人も居たような、ラリースト。 フィンランド語で「ネン」は英語で「ソン」にあたる。 日本語では「人」だよね?• 「アホ」は「草原の」という意味だったかと。 ターヤ・トゥルネン、ツォーマス・ホロパイネン。 氏もいるらしい。 苗字の種類が世界一多いと言われる。 その数50万種とか(ちなみに日本は16万種ほど)。 実際は日本が約30万種、フィンランドでは3万種(5万種という話も)ほど。 実体験ではタイが一番多いと思う。 同じ名字のやつ見た事無い。 カトリと言う名前があるが、香取慎吾のことではない。 である。 イナリさんやヘンナさんもいる。 関連項目 [ ]•

次の