住信sbi スマート認証 機種変更。 【住信SBIネット銀行】スマート認証を設定する方法

スマホを買い替える前に住信SBIネット銀行/スマートログインアプリの登録解除を忘れずに

住信sbi スマート認証 機種変更

この記事はこんな方におすすめ• 現在仮想通貨投資やFX、バイナリーなどのトレードをやっていてスマホの機種変更を考えている方• とりあえずスマホの機種変更をしたけれど、取引所で二段階認証の設定などしていた記憶がある方• FXをしていて、スマホ機種変更時MT4のデータがどうなるか不安な方• iphoneで利用しているハイローオーストラリアのアプリはどうなるのか気になる方 今日はトレーダーがスマホ機種変更前に確認すべき4項目についてお伝えします。 料金プランなどスマホ自体の契約状況の見直しや機種代の分割方法なども年々変わってきているようで、手続き時色々面倒だな お店のお兄さんが全部やってくれましたが と思いましたが、今回はスマホ機種変更時にトレードをしている人で注意してほしいところと私自身苦労したことの備忘録として残しておきます。 AUを利用していてiPhoneからiPhoneに機種変更した場合です。 通信キャリア毎の機種変更時の細かい手順は、変更時に携帯会社さんから渡されると思います。 それ以外に注意するところですね。 目次からご自身がスマホ機種変更時に必要になりそうな項目へ飛んで参考にしてください。 jpというAUのキャリアメールで登録していました。 その為、機種変更した後のデータ復元をする時に、ezwebに届くAppleからの認証メールを確認するのに一苦労。 参考になりそうなサイトはこちら。 メモメモ。 二段階認証の設定は難しいからなぁ。 私自身最も困ったところがこのGoogle Authenticator Google 2段階認証システム でした。 というのも、仮想通貨の取引所の認証でこのGoogle Authenticator Google 2段階認証システム を利用しているところが多く、この認証が出来なければそれぞれの取引所にログインできないだけでなく、入っている資金を下ろすことすらできないからです。 バイナリーオプション業者やFX業者に関して、この2段階認証を採用している会社は私が利用しているところはありませんでしたので不幸中の幸いでしたが、仮想通貨の取引をしている方は注意してください。 この他にも、 SBI VC、DeCurret、 バイナンス、HIT-BTC、コインエクスチェンジ、Liquid 旧QUOINEX 、Valuなど、それぞれの会社毎に再設定が必要な場合がありますですので、ご自身の使っているところをチェック、問い合わせをしてみてください。 Google Authenticator Google 2段階認証システム を利用している場合は必ず再設定が発生します。 ネットバンクや証券会社の認証アプリなども確認する 私の場合は特に何もありませんでしたが、 ネットバンクや証券会社固有のスマホアプリでのスマート認証等を行っている場合注意が必要です。 事前にどのようなことが必要なのかは、利用している会社のホームページなどで必ず確認しましょう。 以下にいくつかのネットバンクの機種変更などで必要な手順のページのリンクを紹介しておきます。 購入する時事前に取っておけるといいのですが、機種変更時は意外と勢いで変更してしまう事も多いでしょう。 変更後、下取りをするとしても旧iPhoneは手元に残り、バックアップ等取った後後日送付する事ができます。 ここで大事なのは、できるだけ自分のパソコン上の itunesにバックアップするという事です! icloudにバックアップも可能ですが、 ・wi-fiを経由してバックアップする事でかなり時間がかかる ・icloudの容量が5GBしかない事からすべてのデータをバックアップできない などの懸念事項があります。 後々後悔しないよう、上記のitunesバックアップ手順でバックアップしましょう。 itunesのバックアップデータを新iPhoneに復元する 新しいiPhoneにデータを復元します。 USB接続でも、容量によってはそれなりに時間がかかるのである程度時間がある時にやるといいでしょう。 基本的にこのバックアップデータ復元作業で、 バイナリーオプション会社ハイローオーストラリアのアプリやGoogle AuthenticatorやMT4などのアプリケーション自体は復旧すると思います。 itunesのバックアップデータを新iPhoneに復元する 事前に確認していた、Google AuthenticatorとMT4のログインID・パスワードをそれぞれ全て入れ直します。 そして、その他の金融機関で利用しているアプリなども動作確認をしておきましょう。 参考 ハイローオーストラリアのiPhoneアプリは新規ダウンロードできない スマホ機種変更前の確認の中にハイローオーストラリアのアプリについては特に触れていませんでしたが、特にスマホアプリ上に何か情報を持っていたり認証をしているわけではなさそうです。 現在は、新たにiPhoneでハイローオーストラリアのアプリは新規でダウンロードはできず、Android版のみ公開されているようです。 もし、iPhoneのバックアップ・復旧が出来なかった場合などは、ブラウザでのトレードかパソコンでトレードするようにしましょう。 スマホ機種変更前にFXトレーダーが確認すべき4項目まとめ スマホ機種変更をした後、損失を出したり大きく工数がかかって大変な思いをしないように、FX・バイナリーオプショントレーダーや仮想通貨投資家の皆さんは十分注意してください。

次の

住信SBIネット銀行でログインできない時にやってみるべき4つの事

住信sbi スマート認証 機種変更

また、裏面には、「本人確認書類のコピー」と「 受取口座のわかるもののコピー」を貼り付ける必要がありました。 注意書きには 通帳、キャッシュカード、 インターネットバンキングの画面などのコピー が可能 金融機関名、口座番号、口座名義(カナ)がわかるものをコピーしてください との記載ありました。 今回、受取口座を住信SBIネット銀行にしたのですが、 「 口座名義(カナ)」を確認できる場所がわからなかったので、住信SBIネット銀行のサイトで調べてみました。 住信SBIネット銀行の「口座名義(カナ)」はどこで表示できる? 住信SBIネット銀行のFAQには以下の記載がありました。 FAQによると、 「口座名義のフリガナ」は別途「住所・電話・勤務先」の「照会・変更」をすることで確認できるとのことでした。 〔口座情報〕振込先口座の確認書類が必要です。 通帳の代わりになるものはありますか。 当社WEBサイトログイン後の新しいウィンドウで開きます。 お客さま情報照会に以下が表示されています。 書類の提出先へ事前にご確認のうえ、必要に応じて画面印刷等を行ってください。 なお、氏名変更がある場合は、同画面から変更手続きを行ってください。 氏名変更については新しいウィンドウで開きます。 「口座名義のフリガナ」の住信SBIネット銀行での確認方法 住信SBIネット銀行のサイトにログインし、「口座情報・入出金」のタブから「お客様情報照会・変更」のメニューを選択します。 「お客さま情報照会・変更」の画面が表示されます。 この画面では.

次の

スマホを買い替える前に住信SBIネット銀行/スマートログインアプリの登録解除を忘れずに

住信sbi スマート認証 機種変更

住信SBIネット銀行のスマート認証を設定する方法です。 住信SBIネット銀行も 「スマート認証」というスマホを使っての取引承認やログインにロックをかける機能が備わっています。 セキュリティが向上し、振込などの取引もスマホがあれば簡単になるというやつです。 ログインロック機能も搭載されています。 (スマホを忘れると取引できないレベルになるという考え方もありますが。。 ) ちなみに住信SBIネット銀行のスマート認証は特許を取得しているらしいです。 ちなみに新生銀行も似たような「スマホ認証サービス」というサービスを開始しています。 関連記事: 【住信SBIネット銀行】スマート認証を設定する方法 注意点 ・スマート認証はおひとりさまにつき、スマートフォン1台のみ登録が可能です。 機種変更をされる場合は変更前の端末でスマート認証の登録を解除し、変更後の端末で再登録をしてください。 ・スマート認証は、スマートフォンそのものの紛失および盗難、破損などに起因するリスクに対しては、有効な対策となりません。 ・スマート認証は、インターネットバンキングでの不正取引を防止するものであり、お客さまのパソコン自体のセキュリティを高めるものではありません。 まぁもはや当たり前な感じの注意点ですが、スマホは1台まで&スマホが紛失、故障した時などはデメリットがあるよ、といった内容となっています。 まぁほとんどのスマホに対応しているので大丈夫だと思います。 リンク: 手元に暗証番号表を準備 自分の場合は、キャッシュカードの裏面が暗証番号表になってた スマート認証設定には、暗証番号表が必要となります。 ちなみに自分の場合、暗証番号表が見つからず、紛失したかな?と思っていたのですが、キャッシュカードの裏面が暗証番号表になっていました。 キャッシュカードと別物というイメージがあったのでなかなか気づきませんでした。。 規約に同意してスマート認証の設定を開始します。 QRコードが表示されます。 PC側は一度この状態でストップします。 表示されるQRコードをスマホのスマート認証アプリで読み込む スマホ側でスマート認証アプリを起動して、このQRコードを読み込みます。 読み込みが成功するとPC画面上に数字6桁のワンタイムパスワードが表示されます。 スマート認証アプリにワンタイムパスワードを入力 PC側で表示されたワンタイムパスワードをアプリに入力します。 この画面に表示されている「登録を完了する」ボタンをタップしないと設定完了になりません。 最後にポチっとどうぞ。 これでスマート認証設定が完了となります。 ログインロックをかけたり取引承認時にスマホアプリから行うなどができる これでログインロックや取引時にスマホでの承認などといったことができるようになっています。 あとは自分が設定したいセキュリティ設定を行えばOKです。 新生銀行にも同じような機能が登場しているなど、割と便利でセキュリティも高くなるネットバンクのスマホ認証機能。 けっこう便利なので住信SBIネット銀行の口座を持っていてまだ設定していないという人は設定してみてくださいな。 が、スマホを家に忘れた、なんて日は取引ができなくなったりログインロックをかけているとログインもできなくなったりとイージーミスも起きやすいのでご注意を。 関連記事:.

次の