戌 の 日 安産 祈願 腹帯。 安産祈願の腹帯包み方とのし!種類や巻き方は?二人目や祈願後は?

戌の日の腹帯とは?入手方法や巻き方、購入方法を紹介 [ママリ]

戌 の 日 安産 祈願 腹帯

妊娠5ヵ月目に入ると胎児が順調に発育し、流産の心配がなくなります。 この時期に、お産の軽い犬にあやかり出産の無事を祈って戌の日に妊婦に腹帯を贈るならわしを帯祝いと言います。 現在では特に戌(いぬ)の日にこだわらずにお祝いするようになりました。 [岩田帯とは] 妊婦がつける白い布の腹帯を岩田帯と言います。 さらしの布でできており、戌の日からつける風習があります。 腹帯、または結肌帯(ゆわたおび)とも呼ばれます。 ユハダオビ(結肌帯、斎肌帯)から転じたとされる説もあります。 安全で温かく過ごすために妊婦は帯を巻きます。 腹帯には、昔からの、さらしを巻くタイプだけでなく、ガードルタイプ、コルセットタイプなどの着脱が簡単なものもあります。 帯祝いに腹帯を贈る ポイント 備考 帯祝いには、誰が何を贈るの? 帯祝いには岩田帯と呼ばれる腹帯を贈る。 岩田帯はふつう妊婦の実家から贈る。 岩田帯と呼ばれる紅白の絹の帯が正式。 これに白木綿一反を添えて 贈る。 現在では着用が簡単なガードルタイプのものや、妊婦帯と呼ばれるもの、伸縮性のあるものもあります。 さらしの腹帯にこだわることなく、使いやすいものを贈ると良いでしょう。 両家の話し合いの中で、しきたりを重んじる方もいらっしゃると思います。 柔軟に考えて、儀式のときだけ腹帯を巻いてお祝いをし、その後は妊婦さんの使いやすいものを使うという考え方もあります。 妊婦の体調、使いやすさなどを優先しましょう。 帯祝いの贈り方は? 上記2品を奉書で包むのが正式な形。 水引きは白赤の蝶結びで、のしをつける。 表書きは 「寿」「祝い帯」 「祝の帯」 と書くが、他人に贈る場合のみ「御帯」と書く。 岩田帯はデパートや安産祈願の神社で購入できます。 デパートで購入する場合はマタニティ売り場かベビー用品売り場をあたってみましょう。 お仲人さんからお祝いを贈る場合の表書きは「寿」「御祝」。 この時期には流産の心配も少なくなり、親戚等へも妊娠を知らせる行事でもあります。 次第に体型が変化してゆきます。 マタニティードレス、マタニティー用品が必要になるだけでなく、赤ちゃんの誕生にそなえて、いろいろなものを揃えはじめる時期です。 帯祝いのお祝いのしかた ポイント 安産祈願の参拝をして腹帯を巻く 安産を願って近くの神社に参拝を済ませ、病院で腹帯の巻き方を教わり、帯は夫に巻いてもらいます。 妊婦の母親が巻く場合もあります。 巻き方の指導をしているかどうかは、事前に病院に尋ねると良いでしょう。 両家の両親も交えて祝い膳を囲む 現在では、両家のご両親も交えて祝い膳を囲むなど「帯祝い」を簡単に済ませる場合が多いようです。 帯祝いの正式な仕方・しきたり 帯祝いの正式なしきたり・風習では、「帯役」を子宝に恵まれた夫婦に依頼し、仲人を招き、両家の両親にも同席してもらい、帯を巻く儀式を行います。 また、神社で安産祈願をする場合には、そこで岩田帯を買い求めたあと、両家のご両親を交えて祝い膳を囲むのが正式なお祝いのしかたです。 岩田帯の有無や、安産祈願の時の初穂料の金額などについて神社に問い合わせると良いでしょう。 備考 あまり堅苦しく考えず、双方の親に報告する機会としてお祝いをします。 [病院へのお礼] 腹帯の巻き方について指導を受けた病院には「御礼」「御祝儀」という表書きで5千円程度のご祝儀を渡すと良いでしょう。 腹帯の巻き方の指導を受ける際、腹帯の巻き終わりは安全ピンで止めるケースもありますが、ロック付きの安全ピンが市販されています。 薬局や産婦人科の病院などで販売されています。 [神社へのお礼] 安産祈願を神社でしてもらう場合には、事前に神社に予約を入れます。 家族単位で祈願を行う神社もあるため予約が必要かどうか、を必ず確認して下さい。 神社へのお礼(初穂料・玉串料)については、予約の際に金額を確認するようにします。 目安は5,000円くらいからが一般的です。 「安産祈願の際に腹帯を持参してくださいね」と指示されることもあります。 安産祈願で有名な神社の場合には、現地(神社)で腹帯を販売していることも珍しくありません。 腹帯や安産祈願のお守りなどは別料金となります。 のしの 水引きは白赤の蝶結びで「御祝」 など。 できれば生後30日頃までに贈りましょう。 里帰り期間にもよるが金額の目安は5万円程度です (期間が長い場合には金額が多くなります)。 もし表書きを書く場合には「御礼」と書きます。 地方や家庭によって考え方がさまざまです。 両親と良く相談して決めましょう。 渡し方に決まりはありませんが、例えば以下のような形となります。

次の

戌の日の安産祈願の服装は?腹帯を巻くの?初穂料はどれくらい?

戌 の 日 安産 祈願 腹帯

帯は妊婦の親族から贈られ、着帯の儀式を行った後は親族によるの祝宴が行われる。 この腹帯をした妊婦と共に安産祈願のに出向き、安産を祈るのが一般的な形である [ ]。 期日は妊娠5か月目のが通例 だが地方によって3か月や7か月の場合もある。 「呉竹集」に、「女の孕みて肌にする帯なり、五月といふに結ぶなり」とある [ ]。 紅白の布それぞれ8尺を用い、これに「寿」の文字、または神仏祈願の文字を書くこともある。 にはあるがやなどにはない慣習であるといわれる。 『玉葉』治承二年三月十九日の条に「晩に及んで雨降る。 [中略]今日、関白、書を送つて云ふ。 明日、女房、着帯す可し。 」、翌廿日の条に「今日、中務権大輔経家朝臣、関白の使となりて来る。 即ち帯を献じたり。 白生絹、長さ一丈二尺、六重に折りて之を帖す」とあり、『山槐記』治承二年六月廿八日の条に「中宮御懐妊、五箇月に当る。 仍つて、御着帯の事あり。 初度なり」とある。 意味づけ・由来 [ ] 妊婦が帯をしめることにはを外形的に表現して地域共同体()に知らしめる儀礼的意味合いがあると考えられる。 の日本ではが多く行われたが、帯祝いを済ませた児は育てられた。 記録上は昭和37年の調査では妊娠5か月目(地域により3-7か月目と幅がある)の戌の日に腹帯をすることが一般的になっていたが、なかばまではそうした習俗はなかったという。 戌の日に行う理由としては、は安産だからそれにあやかったものという俗説がある。 犬は霊界に行き来する霊獣だからという説もある。 5か月目には安定期に入り、目立ってきたお腹を保護すると共に「岩のように丈夫な赤ちゃんを」という願いも込められている [ ]。 現代では白の腹帯を着用することが多い。 神聖な色とされるの腹帯を纏うことにより、的意味でを保護する意味があるとも考えられる。 地方により、二色、、などの伝統もある。 に際してしそうになったが腹帯を巻いてそれをしずめたとの故事が由来だとする説がある。 効果 [ ] 以来、妊婦が腹帯をしめることは母子にとって有害だとする説と無害・有益とする説とがあり、決着がついていない。 医学的にもこの帯を巻くことは意味がある。 お腹を保護し、胎児の位置を安定させる効果がある [ ]。 また妊婦たる女性に、自分が妊婦であるということを自覚させ、慎重に動くようになるなどの心理的効果が認められている [ ]。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 、「」『群馬大学医療技術短期大学部紀要』 9, 7-20, 1989-03-31.

次の

妊娠5か月の戌の日は安産祈願へ!いつ誰と行くべきなの?

戌 の 日 安産 祈願 腹帯

帯は妊婦の親族から贈られ、着帯の儀式を行った後は親族によるの祝宴が行われる。 この腹帯をした妊婦と共に安産祈願のに出向き、安産を祈るのが一般的な形である [ ]。 期日は妊娠5か月目のが通例 だが地方によって3か月や7か月の場合もある。 「呉竹集」に、「女の孕みて肌にする帯なり、五月といふに結ぶなり」とある [ ]。 紅白の布それぞれ8尺を用い、これに「寿」の文字、または神仏祈願の文字を書くこともある。 にはあるがやなどにはない慣習であるといわれる。 『玉葉』治承二年三月十九日の条に「晩に及んで雨降る。 [中略]今日、関白、書を送つて云ふ。 明日、女房、着帯す可し。 」、翌廿日の条に「今日、中務権大輔経家朝臣、関白の使となりて来る。 即ち帯を献じたり。 白生絹、長さ一丈二尺、六重に折りて之を帖す」とあり、『山槐記』治承二年六月廿八日の条に「中宮御懐妊、五箇月に当る。 仍つて、御着帯の事あり。 初度なり」とある。 意味づけ・由来 [ ] 妊婦が帯をしめることにはを外形的に表現して地域共同体()に知らしめる儀礼的意味合いがあると考えられる。 の日本ではが多く行われたが、帯祝いを済ませた児は育てられた。 記録上は昭和37年の調査では妊娠5か月目(地域により3-7か月目と幅がある)の戌の日に腹帯をすることが一般的になっていたが、なかばまではそうした習俗はなかったという。 戌の日に行う理由としては、は安産だからそれにあやかったものという俗説がある。 犬は霊界に行き来する霊獣だからという説もある。 5か月目には安定期に入り、目立ってきたお腹を保護すると共に「岩のように丈夫な赤ちゃんを」という願いも込められている [ ]。 現代では白の腹帯を着用することが多い。 神聖な色とされるの腹帯を纏うことにより、的意味でを保護する意味があるとも考えられる。 地方により、二色、、などの伝統もある。 に際してしそうになったが腹帯を巻いてそれをしずめたとの故事が由来だとする説がある。 効果 [ ] 以来、妊婦が腹帯をしめることは母子にとって有害だとする説と無害・有益とする説とがあり、決着がついていない。 医学的にもこの帯を巻くことは意味がある。 お腹を保護し、胎児の位置を安定させる効果がある [ ]。 また妊婦たる女性に、自分が妊婦であるということを自覚させ、慎重に動くようになるなどの心理的効果が認められている [ ]。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 、「」『群馬大学医療技術短期大学部紀要』 9, 7-20, 1989-03-31.

次の