煽り運転通報されたら。 危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

煽り運転の通報方法と通報された場合は?ドライブレコーダーは必須!|イヌノツドイ

煽り運転通報されたら

7月29日、市外へ知人を車で送った帰り道に警察に止められました。 理由は煽り運転をしたと通報があったとのことです。 私は、確かに遅い車だなと思いましたけど、煽り運転と言われるほどの運転はしていないつもりでした。 そして追越車線で追い越しました。 私もその態度を不快に思い、言い返してしまいました。 その内容は、煽り運転をした覚えはないこと、ただ、そのように相手が感じられたのなら申し訳ないと思うこと、でも、相手も遅いスピードで走るなら後続車に配慮し、横に避け先に行かせるなどする方が良いこと、そして、通報されたからといって威圧的な態度で接して来られることは不快であるということを伝えました。 私は、今ニュースになっているような、クラクションを鳴らす、パッシングする、横に付ける、接近する、怒鳴りつけるなどの行為はしていません。 ただ、車間距離がなかったと相手が感じられたのなら申し訳ないと思います。 私にはそのつもりはありません。 そこで、相談なのですが、このように通報された場合、運転免許証の番号も控えられてしまっているのと職場も教えてくださいと言われたので教えましたが、これから何か警察から私や職場に対して作業があるのでしょうか。 そして、私が悪いということになるのでしょうか。 今後はドライブレコーダーを着けて対策を取ろうと考えていますが、警察が来た場合はどうしたらいいのでしょうか。

次の

煽り運転の通報は後日でも大丈夫?ドラレコで証拠を抑えておこう • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

煽り運転通報されたら

興奮度マックスの相手から身の安全を守る 高級SUVに乗った茨城での暴行事件を受け、様々なメディアで「煽(あお)られたらどうした らいいか?」という対応策を紹介している。 決定的なアイデアがあ るかと思って見るのだけれど、今回のような輩だったらいかんと もしがたい。 例えばテレビで紹介していた対応策のひとつに「 相手にしないこと」とあるが、 向こうから相手にしてきたらどうしたらいいのだろうか。 他にも「警察に通報」とか「撮影する」「窓ガラスを開けない」などの対処法はあるものの、考えて頂きたい。 例えば、東名道で発生した死亡事故は、止めら れたところに大型トラックが突っ込んできた。 前に出られて道を塞 がれた時点で、いつ後続車に突っ込まれてもおかしくない状況であり、停止させられた時点で死亡事故になる可能性は大きい。 警察に通報 したとしても即対応してくれる状況でもない。 以下、考えてみた。 激しい煽り運転をされた場合、大抵は煽られる側に原因があるわけで、速やかな対応をしてほしい。 例えば、追い 越し車線の居座り走行ならば、すぐ走行車線に戻るとか、多少強引な 進路変更ならハザードを付けて挨拶するといった合図(手で挨拶するも良し)をするといいだろう。 大体のケースは、これで収まるはずだ。 それでも多少の嫌がらせはされるかもしれないが、本線上で止めら れるまではいかないと考える。 茨城の事件のような乱暴者に遭遇することは、滅多にないはず。 しかし、今回のような興奮度マックスな人物に遭遇した場合の対処法はどうすべきか。 まず、一般道な らば後続車に突っ込まれる危険性は少ないため、駐車場や路肩に停めてドアロックをして窓を 閉めて110番すること。 興奮度マックス状態でも電話(通報)しているのを見たらたいて い諦めるはずだ。 それでもバールや金属バットのような武器を持って降りてきたら どうか。 ここまでくると、命に関わる問題であり、加えてこの時点で道交法じ ゃなく刑法犯(暴行または傷害)。 正当防衛だと考え、私ならば武器を見た時点で相手のクルマが動けなくなるよう な場所(フロントバンパーのカド)に突っ込むが、一般的には その時点で110番通報し、状況を説明し、判断を求めればよかろ う。 バールなどで殴られ、後遺症でも残したら一生後悔する。 すなわち、 ここは躊躇せずに逃げること。 高速道路の本線上で止められたような 時も同じで、決して対抗しようとせず、無視すること。 決して停車せず、逃げている間に通報し、SAやPAなど人の多い場所まで移動するようにしよう。 実社会では法律が間に合わないことだって希ながらある。 強盗に入 られた場合、脅されるだけで済むこともあるだろうし、ケガするこ とだってある。 そんな時の緊急対応はどこにも書かれていない し、決まってもいない。 とりあえず可能な限り手を打ち、後は司法 に判断してもらえばいいと思う。 世の中、きれい事だけでは済まな いのである。 といった対応策をするためにもドライブレコーダーという証拠が必 要。 未だにドライブレコーダーを持っていない人は数千円の安いタ イプでいいから購入すること。 また、最近は後方に向けてのドライ ブレコーダーも必要になってきた。 これまた安価なタイプで良いか ら付けて置きたい。 日頃から対応策を練っておくと、 遭遇しても慌てないで済むだろう。

次の

煽り運転で通報されたら後日どうなる?ドラレコは証拠になるのか…

煽り運転通報されたら

あおり運転とは? あおり運転(煽り運転)とは、 他車のすぐ後ろに付いて車間距離を極端に詰める行為や、他車からの割り込みや追い越しなどに腹を立てて過激な報復行動を取ることを指します。 例として、以下の行為はあおり運転に該当します。 前方車両に対して、衝突するような距離まで車間を詰め、道を譲るよう強要する• 前方車両を猛スピードで追い回す• ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せなどの行為で他車を威嚇する• 相手の車の進行を妨害し停止させ、脅迫や暴行を加える 以上のような行為のほか、慰謝料などの賠償金を狙って故意に事故を起こす「当たり屋」も煽り運転と一括りにされています。 ドライバーが軽率にこのような行動を取ったことにより、煽られた車が事故に遭うことはもちろん、第三者が巻き込まれ二次災害が引き起こされるケースも見られています。 東名高速でのあおり運転による死亡事故で有名に 「あおり運転」という言葉が広く知られるようになったのは、2017年6月に東名高速で発生した死亡事故です。 激昂したドライバーがあおり運転を行い、前方車両を追い越し車線に停車させたことで、後ろから来たトラックとの追突事故が発生。 男女2人が死亡し、加害者を含め4人が重軽傷を負いました。 ドライバーの故意による危険運転が原因で死亡者が出たことは、「あおり運転」という言葉が普及する大きなきっかけとなったのです。 あおり運転の罰則は?通報・逮捕でどんな罪になる? 道路交通法違反で罰金や減点の対象に あおり運転でよく見られる、前車との車間距離を必要以上に詰める行為は、「車間距離不保持」という道路交通法違反に該当します。 違反した場合、以下の罰則が科せられます。 高速道路での違車間距離不保持の罰則例• 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金• 1万円、1万5千円、2万円の反則金• 違反点数2点 また、急な割り込みや危険な急ブレーキ、幅寄せなど、後続車両の進行を妨害する恐れがある行為は、「進路変更禁止違反」「急ブレーキ禁止違反」「安全運転義務違反」などの違反に該当します。 暴行罪、危険運転致死傷罪など重い罪になる可能性も 危険な運転のほか、 他車のドライバーを恫喝したり、車から引きずり出して暴行を加えたりした場合、刑法の「強要罪」「暴行罪」などに該当する可能性があります。 さらに、 あおり運転が原因となり相手を死傷させてしまった場合、「自動車の危険な運転によって人を死傷させた」と判断されれば「危険運転致死傷罪」が適応され、最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも)となる可能性があります。 あおり運転で一発免停&「あおり運転罪」新設も あおり運転で事故を起こしていなくても、暴行や脅迫などの事実が認められた場合、交通違反による減点(点数の累積)がなくても免許停止処分となる可能性があります。 実際に警視庁は2018年1月、あおり運転に伴い暴行、障害、脅迫、器物損壊などの悪質な行為があった場合は、30日~180日の免停処分とするよう、全国の警察に指示しました。 また、警察庁は2019年12月に「 あおり運転罪」の創設と罰則の強化を進める方針を明らかにしました。 2020年の通常国会では、これらの内容を盛り込んだ道路交通法の改正案が提出される可能性が高まっています。 あおり運転にあわないための対策 チューリッヒ保険会社が行ったドライバーへの実態調査により、あおり運転をされた経験がある人の割合は70%以上であることがわかりました。 「相手が煽りたくなるような運転をしない」ことで、あおり運転の被害にあう危険を少なくすることも大切です。 十分な車間距離をとり、急な進路変更や急ブレーキをしない 前の車とは十分な車間距離をとり、ゆとりのある運転を心がけましょう。 急加速・急発進、急ブレーキ、割り込みと捉えられるような急な進路変更は、自分にその気がなくても「余裕のない運転」「あおっているような運転」と捉えられることもあります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたらすぐ左車線に戻る 片側2車線以上の道路においては、一番右側の車線は「追い越し車線(車両通行帯)」です。 この車線を渋滞させてしまう速度で走ってしまったために、後続車にあおられたという経験を持つ方も多いようです。 そもそも、 道交法では追越車線を走り続けるのは「通行帯違反」になります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたら、すぐ元の車線に戻りましょう。 おすすめのあおり運転対策グッズ あおり運転対策グッズとして人気があるのはドライブレコーダーです。 ドラレコ車載を後続車に伝えたい場合は、カーステッカーと合わせて使うと安心です。 ドライブレコーダー あおり運転を通報する場合、相手が危険な運転をしている映像が証拠となります。 カーステッカー 先述の通り、「わたしの車はドライブレコーダーであなたを録画することができますよ」と後続車に伝えることで、あおり運転を防ぎたい場合は、 ドライブレコーダー録画中ステッカーとの併用がおすすめです。 また、子供が乗っていることをステッカーで後続車に知らせて安全運転を促すこともできます。 あおり運転の動画まとめ!返り討ち動画も あおり運転の現場を捉えた動画 あおり運転にあったらどうする?通報時の注意点 あおり運転にあったときの対処法 後続車が極端に車間を詰めたり、ハイビームやパッシングをしてきて「あおられている」と感じた場合は、 相手を刺激せず、可能であれば道を譲りましょう。 道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、 徹底的に無視します。 しかし、相手が悪質でトラブルになった場合は、以下のことを守りましょう。 悪質で危険と判断したら、十分な距離を取る• あおってきた相手への仕返し行為は絶対しない• 停車して安全を確保したい、通報したい場合は、サービスエリアやガソリンスタンドなど、人がいる場所に停車する(高速道路上では絶対に停車しない!)• 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない あおり運転を通報するときの注意点 悪質なあおり運転にあい、 後日警察に通報する場合、ドライブレコーダーの映像は必須です。 さらに、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを伝える必要があります。 また、あおり運転の全国的な増加を受け、地元警察が情報提供サイトを設置する例も出てきています。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

次の