曽根 あけみ。 曽根明美(アケミ・S・ミラー)誰?年齢や夫、経歴をwikiプロフィール風に紹介|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

エスパル教室 講座|河北TBCカルチャーセンター 豊かに広がる充実の人生

曽根 あけみ

〈contents〉• (旦那さんについては後述してます) デザイナーとして活躍 ご実家が着物関係のお仕事だったため、 ご自身も京都の着物ブランドと5社ライセンス契約し、 デザイナーとして活躍していた曽根さん。 23歳で上京して会社 『曽根あけみレディースビューティーアカデミー』 を立てて、東京コレクションで 和のテイストを残した洋服を発表した結果、 CNNで反響があり、海外で勝負してみようと 強気に出ます。 その時は 最低7年間は日本に帰らないと 決めていたそうです。 華やかな世界の裏には、 壮絶な背景があるのは 知らなかった…. 日本からついてきてくれたスタッフは、 会社の経営が危ないのを知っていても、 何も言わずにいてくれたそうです。 あるクリスマスの日、 曽根さんはそんなスタッフ達に声をかけられず 帰宅した時に見かけた道にいたホームレスと 自身の姿が重なったといいます。 想像すると、本当に当時辛かっただろうなという事と、 自分の無力に対しての切なさが なんだかとても伝わってきます。。。 そんなスタッフ達のエピソードがあるのですが、 あるクリスマスの日、スタッフの一人が 『先生のお宅に行ってもいいですか?』と いう事があって、 後に軌道に乗った時にそのスタッフから 『先生、あの日一緒に何を食べたか覚えていますか?』 とニコニコ聞かれます。 その時、自宅にあったのはインスタントラーメン一つ。 曽根さんは、 私は「 1個しかないけど、一緒に食べる?」と 笑顔で言ったそうです(笑)。 とのこと。 笑 そんな時代を乗り越えて、 笑い合えるスタッフとの絆に 感動です TT 旦那さんとの壮絶な人生やトランプタワーを手放した理由は次のページ! macoニュース (以下、「当サイト」とします。 )における免責事項は、下記の通りです。 当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。 利権を侵害する目的は一切ございませんので、掲載内容や画像等に問題がある場合は、各権利者様ご本人よりお問い合わせフォームからご連絡頂けますようお願い申し上げます。 確認次第、削除・修正などの対応をさせて頂きます。 また、当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、確実な正確性を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。 また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負い兼ねますのでご了承下さい。 【アーカイブ】• 3 【カテゴリー】• 532• 1 【人気記事ランキング】• 【メタ情報】•

次の

美保純

曽根 あけみ

こんにちは。 10月26日放送の『激レアさんを連れてきた。 その方が誰なのか調べてみたところ、 アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんであることがわかりました。 トランプタワーは、ドナルド・トランプ大統領が建てた超高級マンションです。 審査も厳しく、ただお金があるだけでは住めません。 アケミさんの両隣には、ジャネット・ジャクソン、サラ・ブライトマン が住んでおり、そうそうたる住人ばかりです。 またゴミ捨て場は大理石で常に清潔、出すと5分で回収され、 300人のスタッフがいるというトランプタワー。 そんな超高級タワマンに住んだことがある唯一の日本人 アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんについて調べてみました。 スポンサーリンク アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんのプロフィール 出典: 氏名 アケミ・S・ミラー(曽根あけみ) 生年月日 不明 出身地 兵庫県 職業 デザイナー、トータルビューティープロデューサー アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんの経歴 アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんは、実家が着物業界だったので 着物に慣れ親しんで育ちました。 京都で着物を学んだ後、ミュージックリサーチ社にて、 音楽ジャーナリストとして働きました。 1979年、「曽根あけみレディースビューティーアカデミー」を開校し、 着物モデルの育成、着物ショーのプロデュース、 芸能人の衣装コーディネーターとして活動されました。 楽天で購入 ニューヨークに移住 1989年に、会社を側近にまかせてニューヨークに移住。 何のコネもなく英語もうまくなかったのですが、 「とにかく行っちゃえ!」とマネージャーと2人で渡米し、 「AKEMI STUDIO」を設立しました。 渡米後、わずか1年でニューヨークコレクションでデビュー。 たくさんのオーダーを受けるようになりました。 マイケル・ジャクソンのプライベートの洋服や、 その姉のラトーヤ・ジャクソンの衣装をつくったりなど、 華々しいご活躍をされていました。 トランプタワーに引っ越し プライベートでは、恋人のアメリカ人の弁護士ロイ・ミラーさんと トランプタワーで暮らすようになりました。 ロイ・ミラーさんの夢が「トランプタワーに住むこと」だったため、 彼を驚かせるために内緒で内見会に行き、 職業、収入、経歴などの厳しい審査をクリアして、 1992年にトランプタワーでの生活をスタートさせました。 その後、2人は結婚。 離婚歴があるアケミさんは、出会った当初は結婚の必要性を感じず、 プロポーズを断っていたのですが、常にそばにいて支えてくれる彼を これ以上待たせてはいけないと結婚を決意。 彼のプロポーズを断ってから実に17年もの月日が経っていたそうです。 そんなにも長い間待っていてくれたロイ・ミラーさん、素敵ですね! 夫が難病 しかし、結婚生活は長くは続きませんでした。 ある朝、突然、ロイ・ミラーさんの目がほとんど見えなくなったのです。 原因は、「肺高血圧症」。 これが原因で失明してしまったのでした。 病状はどんどん悪化し、呼吸困難などの症状も出て、 階段をのぼることも難しくなってしまいました。 トランプタワーの60階からトランププレイスの42階に移りましたが、 夫の健康のことを考え、ウエストチェスター(ニューヨーク郊外)の 山の中の別荘に引っ越しました。 約2年の闘病の甲斐もむなしく、残念ながら ロイ・ミラーさんは亡くなりました。 失意の帰国 アケミさんとロイ・ミラーさんは、いつも一緒にいました。 仕事の行き帰りやランチも一緒、アケミさんが日本に行くときには、 仕事を他の人にまかせてついてくるくらい四六時中一緒でした。 そんな夫が亡くなり、絶望感と喪失感で 全てがどうでもよくなったアケミさん。 ニューヨークに住み続けることは考えられず、2013年に帰国。 アメリカは健康保険がないため、治療費は高額です。 5つのビルに維持費と治療費で億単位のお金が出て行き、 現金はほとんど無くなりました。 シャガールの絵画や高級車、宝石などの財産はあったのですが、 それらを処分する気力もなく、全てを放棄して、 身ひとつででの帰国でした。 帰国後、しばらくは身内の家で暮らし、徐々に仕事を再開。 2015年に、大阪でフェイスデザインのメイクスクール 「AKEMI S. MILLER Beauty Studio」を開校し、 現在は、トータルビューティープロデューサーとして、ご活躍されています。 スポンサーリンク トランプタワーのすごさ トランプタワーがいかにすごいマンションなのか、 アケミさんのお話をもとにまとめてみました。 住人 アケミさんが住んでいた頃の住人の一例をあげると、 ビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグ、 ソフィア・ローレン、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、 サラ・ブライトマン、アラブ諸国の王子など超一流の方々です。 審査 入居のための審査はとても厳しいそうです。 ・職業 ・収入 ・経歴 アケミさんの場合は、ニューヨークコレクションに出ていること、 会社の規模、現在の家やアトリエの住所、 事故や事件を起こしていないかなどが調べられました。 プライベートバンクには3億円以上の預金が必要とも言われています。 セキュリティーが厳重 ドアの外と中にはドアマン4人、セキュリティー6人、コンシェルジュ3人、 24時間のエレベーターマンは常に4人、さらにビルディングマネジャーもおり、 部外者はとても入れません。 従業員にボーナス クリスマス・ボーナス時期に、スタッフ300人のボーナスを 渡さないといけません。 1人あたり約100ドルで300人分ですので、合計約300万円の出費があります。 ボーナスを渡さないとサービスが若干悪くなってしまうので、必須だそうです。 もう、すごい!の一言ですね。 こんな所に住むことができたアケミさんって、 めちゃくちゃすごい方だったんですね! スポンサーリンク まとめ アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)さんについて、まとめてみました。 ・ニューヨークでデザイナーとして活躍。 ・超高級タワマン「トランプタワー」に住んだことがある唯一の日本人。 ・弁護士の夫が難病で死去。 ・現在は、大阪でメイクスクールを経営し、 トータルビューティープロデューサーとして活躍。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

アケミ・S・ミラー(曽根あけみ)はトランプタワーに住んだデザイナー!結婚、経歴、プロフィールは?

曽根 あけみ

81年以後はきもの作家として京都から5つのブランドを次々に発表、 指揮。 89年ニューヨークに移住し、AKEMI STUDIOを設立。 90年ニューヨークコレクションにデビュー。 92年からスタートしたニューヨークファッション・ウィークの初日に、ダナ・キャラン、カルバン・クラインと共に唯一の日本人デザイナーとしてコレクションを発表。 又、国際連合 本会議場、ロックフェラーセンターでも世界レベルのコレクションを開催、世界のファッションリーダーとしての地位を確立する。 クライアントのプラシード・ドミンゴ、マイケル・ジャクソン、ヤスミン他スーパーモデル等、多数の著名人から支持される。 25年にも及ぶニューヨークでの活躍を経て、2014年から仕事のベースを日本に戻した。 トータルビューティークリエーターとして多方面に渡り活動中。 1973年 京都にて着物を学ぶ。 1975年 ミュージックリサーチ社にて、音楽ジャーナリストとして活躍。 1979年 「曽根あけみレディースビューティーアカデミー」を東京で開校。 きものモデル・ファッションモデルの育成。 きものショーのコーディネート、演出、プロデュース。 歌手、女優、タレントの衣装コーディネーターとしてテレビ、舞台、CM、その他のジャンルで活躍。 1984年 「日米エアロビクス・インストラクター・コンテスト」スペシャルゲスト。 「セリーヌきものコレクション」日本初発表、トータルコーディネート(帝国ホテル)。 歌手、女優、タレントの衣装コーディネーターとしてテレビ、舞台、CM、その他のジャンルで活躍。 1985年 新潟雪祭りきものショー総合、演出プロデュース。 1986年 オリジナルきものブランド「曽根あけみ」デザイン、プロデュース、安田多七 株 より発表。 オリジナル振袖ブランド「遊貴東」デザイン、プロデュース、安田多七 株 より発表。 オリジナルブランド「流布」デザイン、プロデュース 株 東レ・ル・モンド光洋より発表。 「緋魅(あけみ)KIMONOファッションパフォーマンス」発表 青山スパイラルホール。 芸術祭参加作品「オフィーリア」衣装デザインと総合コーディネート、芸術祭賞受賞 国立劇場。 オペラ舞踊「リア王」衣装デザインと総合コーディネート 青山円形劇場。 1987年 「きもの衣絽覇(いろは) by AKEMI SONE」 株 じゅらくより発表 京都見本市。 オリジナルきものブランド「AKEMI SONE」デザイン、プロデュース、 株 じゅらくより発表。 1989年 ニューヨークへ移住、AKEMI STUDIOを設立。 ラトーヤ・ジャクソン湾岸戦争戦士への慰問コンサート、コスチュームデザイン、制作。 グローバー・ワシントン Jr. ステージ・コスチュームデザイン、制作。 IMEKA NEW YORK Co. ,INC. に社名変更。 Hakuhodo Advertising America Inc. のビジュアルディレクターとして、コンサルタントライセンスを結び、Tsumura Internationalの新製品、デザイン、企画、イメージグラフィック、プロダクションに至るまでを総合プロデュース。 第1回ファッションウィーク「7th on sixth」 ブライアントパーク NY。 1994年 NEW YORK BEAUTY SPACE設立。 マイケル・ジャクソン、プライベートコレクション制作。 1996年 AKEMI SONEブティックをニューヨークミッドタウンにオープン。 世界三大テノール、プラシード・ドミンゴのプライベートコレクション制作。 トータルビューティークリエータースクールN. S CREATIVE ARTSを開校。 スキンケア・ライン「DERMA SYSTEM」発表。 メイクアップ・ライン「N・Y・B・S」発表。 (国際連合本会議場 NY)。 ショー後の作品展示は3週間で300万人の来場動員を記録。 1999年 NEW YORK BEAUTY SPACEニューオフィスをグランドセントラル、ザ・グレイバー NYに開設。 2000年 NEW YORK BEAUTY SPACE改め、正式名N・Y・B・S CREATIVE ARTSスタジオ開校。 2002年 東京・大坂にてニューヨークスタイル、トータルビューティーコレクション「RED」を開催。 2005年 N・Y・B・S CREATIVE ARTSスタジオを5番街 NYに移転。 『AKEMI SONEのニューヨーク流「水肌メイク」』株式会社サンマーク出版よりブックデビュー。 (オークラ プレステージバンコクにて)。 2015年 「AKEMI S. MILLER Beauty Studio」大阪にて設立。 About Akemi S. Miller.

次の