鬼滅の刃 ネタバレ 180。 鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

【鬼滅の刃】180話のネタバレ微画バレあり【無惨が完全復活】|サブかる

鬼滅の刃 ネタバレ 180

2人の訃報を聞く炭治郎 無限城内を飛び回るカラスから無一郎と玄弥が死んだことを聞く炭治郎と冨岡義勇。 炭治郎は信じられないという顔をして涙を流します。 みんな死んでしまう、と2人を思い浮かべる炭治郎ですが、すぐに しっかりしろ前を向いて、みんながしたように最後まで戦い抜けと自分を鼓舞します。 それが例え不完全な状態だったとしても。 炭治郎は自分を受け継ぐことができなかったものだと思っています。 過去の炎柱の手記を読んだ千寿郎(せんじゅうろう)からの手紙でヒノカミ神楽は13の型あることがわかったのですが、炭治郎は12の型までしか知りません。 それでも みんなのために必ず無惨を倒すと走り続けます。 スポンサーリンク 無惨の復活!そして蹂躙される一般隊士たち 先代の親方様である耀哉の跡を継ぎ、屋敷から鬼滅隊に指示を出す輝哉のもとに場面が変わります。 輝哉(かがや)はもう間に合わないと、無惨を抑えていた珠世(たまよ)に限界がきて無惨が復活することを感じます。 隊士たちの第一陣と第二陣が間もなく到着することを輝哉に伝える妹のかなたとくいな。 輝哉は一瞬考えますが、 行くな止まれ!と無惨のもとへ行かせずに、柱が来るまで待機するよう命令を出します。 一方、一般隊士で構成された第一陣が無限城で無惨のもとに辿り着きました。 珠世や柱たちの攻撃の影響で、繭のように固まった無惨を発見する隊士たち。 刃が届かない空中にあるのを見て、 誰か跳べるか?周りに足がけしている肉を斬ろう、と話し合っています。 勇敢な発言をした隊士が驚いた瞬間に無惨にぐしゃっと食べられてしまいます。 無惨が出て来たと発言しきる余裕もなく次々と食われていく隊士達。 次々とやられる隊士をカラスを通じて見た輝哉は、 無惨の回復のための食料にされるから柱の到着を待て!と一旦退くようにカラスを通じて隊士に伝えます。 しかし、 全員死んだぞとそれに答える無惨。 無惨は自分の近くを飛び、輝哉に状況を伝えていたカラスも殺します。 1,000年以上生きている無惨は食べ物を旨いと思う感覚もないようですが、 傷の回復のため餓えていた今は隊士達の血肉が実に美味だったと言います。 「お前は今日必ず地獄に堕ちる」 と無惨に応える珠世。 今までも何百人も自分にそれを言ってきたが、それがかなったことはなかったと無惨は意に介さず。 珠世は涙を流しながら自分の夫と子どもを返せと呟きますが、 無惨はならば死んで自分で殺した身内の元へ行くがいいと珠世を握り潰し、珠世を殺します。 呪符で見ていた珠世に鬼にされ彼女を敬愛する愈史郎は、珠世の死に激しく動揺します。 一緒に行動する鬼殺隊の隊士から心配されますが、床に激しくかき、歯を食いしばり無惨に激怒します。 一般隊士を食い殺しながら進む無惨。 耀哉の屋敷では退がるように一般隊士に命令を出しています。 義勇はまだか?耀哉が冨岡義勇の場所を確認しますが、どうやら義勇(と炭治郎)は無惨とは逆方向のようです。 次々に殺される隊士達と無惨が回復し、珠世の命も無駄になることに耀哉は焦ります。 隊士達を食べ回復した無惨は もういい、誰も自分の役には立たなかった 鬼狩りは自分が皆殺しにして今夜潰す 宣言しました。 鬼滅の刃 次回はどうなる? 「鬼滅の刃」180話ではついに無惨が復活してしまいましたね。 扉絵で無一郎と玄弥が描かれ悲しい気持ちになっていたのに、珠世様まであっさり殺されてしまうとは、、、こう名ありのキャラクターが次々に死んで行くと最終決戦だと実感しますね。 それにしても上弦の壱の方が強いのでは?とその強さをファンから疑問に思われていた無惨ですが、復活した真無惨の姿はまさにラスボスって感じのする異形デザインで強そうです。 (以前からどことなくジョジョの敵キャラであるディオと似てるなと感じていますが私だけですかね?笑2人とも吸血鬼という共通点がありますが。 ) さて鬼殺隊に残る戦力は、5人の柱と炭治郎とその同期3人です。 このメンバー全員で無惨と戦うのでしょうか?(無惨の強さを際立たせるために柱が何人か犠牲になりそうで怖い。 ) 鬼滅の刃181話が楽しみです!.

次の

【鬼滅の刃】180話のネタバレ微画バレあり【無惨が完全復活】|サブかる

鬼滅の刃 ネタバレ 180

スポンサードリンク 鬼滅の刃180ネタバレ:炭治郎の涙 カラスが伝える、不死川玄弥と時透無一郎の死。 その知らせに涙する炭治郎。 みんな死んでしまう… くそ!しっかりしろ! 前を向いてひた走るんだ、最後まで戦い抜け! 炭治郎は、それまで報せを受けてこの世を去った仲間の行動を自分もしなければならないと、改めて心に刻んでいました。 今の自分の状態は決して思わしくはない。 ケガで不完全な状況。 受け継ぐことができなかった者だったとしても。 千寿郎からの手紙で炭治郎は知ってしまったのです。 十三あるはずのヒノカミ神楽を炭治郎は十二までしか知らなかったことに。 でも、それでも! 俺は必ず無惨を倒す! みんなのためにも! 俺は…! 俺達は…!! スポンサードリンク 鬼滅の刃180ネタバレ:珠世死亡 そして、無惨をつなぎ留めていた珠世でしたが…その努力は維持できませんでした。 鬼を人間に戻す薬は無惨には通用せず、鬼状態であった珠世は頭部だけの状態で左目を無惨に親指で貫かれ、ボロボロと崩れる中必死の抵抗を試みます。 最後に涙を流しながら必死に伝える珠世。 お前は今日…必ず…地獄に堕ち…る… しかし無惨は冷酷に。 これまで何百もの人間がそのように無惨に言ってきたと。 その言葉は叶うことなんて永遠にないから、気の毒だと。 珠世は尚ボロボロになりながらも伝えます。 私の…夫と…子供を…返せ… なら今すぐにでもという無惨。 お前自身が殺した身内の元に行くんだな、と言いながら、珠世の頭部を握りつぶしてしまいました… >>> 私の前で跪き、頭を垂れるなら鬼にしてやってもいいんだがな。 ほとんどの部下を失ったのだから…。 独り言ですが、輝利哉に向けて伝えるように話す無惨。 鬼滅の刃180ネタバレ:輝利哉の動揺 愈史郎が急にふらついて壁にぶつかる! 大丈夫か!?怪我でもしたのか!?と同志が駆け寄るも…愈史郎は鬼化していた! 正気を保つのに精いっぱいな愈史郎…珠世が亡くなってしまったことに気づいているのか? 輝利哉が、義勇が無惨の方へ向かっているはずだと連絡をするも、何と逆方向へ向かっていた炭治郎と義勇! これはマズい…子供たちが次々に殺されていく… 珠世さんの命も無駄になってしまう 焦る輝利哉だったがその予感が的中 無惨は場内の隊士を次々と亡き者にしていく。 無惨はこれまで集めてきた上弦の鬼たちを思うも、誰も役には立たなかったと考え直す。 鬼狩りは今夜潰す。 私がこれから皆殺しにする。 余裕の笑みで無惨は何を見据える…? スポンサードリンク 鬼滅の刃180話ネタバレまとめ 黒死牟が完全に消滅しました。 悲鳴嶼は気を失った実弥を、まだ息があった玄弥の横へ連れて行きます。 死亡が確認された時透は、あちらの世界で兄と再会しました。 まだ生きていて欲しかったと泣く兄に、無一郎は 自分は幸せだったと伝えて泣きました。 意識を取り戻し、弟が消えかかっていることに動揺する実弥。 そんな兄に玄弥は、 過去に言ってしまった言葉をやっと謝ることが出来ました。 神に弟を連れて行かないでと懇願するも、実弥の目の前で 玄弥は完全に消滅します。 時透と玄弥、2人の犠牲が出てしまいました。 それでもまだ戦いは終わらないのです。 いよいよ無惨との戦いになるのでしょうか!? 次回の『鬼滅の刃』第181話を楽しみに待ちましょう! >>>.

次の

鬼滅の刃【最新180話ネタバレ】残酷なる無惨の復活!!

鬼滅の刃 ネタバレ 180

スポンサードリンク お館様として 間に合わなかった、自分のせいで大勢の人が虐殺されると 輝利哉はパニックになっていました。 これまで無惨を倒すためにしてきたこと全てが、自分のせいで無駄になる。 妹たちの必死の呼びかけにも応じることができません。 すると、妹は 輝利哉の頬を強く叩きました。 そして 『お館様』と次の指示を出すよう言ったのです。 その言葉に、鏡利哉は我に返りました。 歴代のお館様はみんな、同じ重圧と苦しみに耐えてきたのです。 輝利哉は現実とやっと向き合うことが出来ました。 無惨の位置を補足し続け、鴉に『目』を撒かせます。 そして無惨との距離を決して詰めてはいけない。 柱や他の隊員たちを全て集結させ、一刻も早く戦力を一処に集めるのだと輝利哉は指示を出しました。 指示を出し終えると輝利哉は妹二人の名を呼び、ありがとうと礼を言いました。 スポンサードリンク 伝達 無惨が復活したことと、柱はすぐに集まれという伝達がありました。 それを聞いた甘露寺は、 もたもたしている間に無惨が、と驚きます。 甘露寺と伊黒は、今も琵琶の鬼と戦っていました。 この鬼の血鬼術は殺傷能力は高くはないものの、 延々といたちごっこをさせられてしまいます。 この鬼一匹に柱二人が足止めを食らっている現状を、何とか打破せねばと伊黒は考えました。 甘露寺は命令を聞いて、琵琶の鬼を放っておいて集まった方がいいのか、と迷っていました。 そんな甘露寺の服を、誰かが上から掴みます。 琵琶の鬼は、琵琶を鳴らしました。 再び屋敷の配置が変わります。 次に動きが止まった時。 炭治郎と義勇は、無惨と対面していました。 スポンサードリンク 大災 無惨を前に、 炭治郎は怒りを込めて刀を強く握りました。 そんな炭治郎を義勇が制します。 すると無惨は、 しつこいと言いました。 身内や仲間の仇をとろうとしつこくやって来る、鬼殺隊たちにうんざりしているようです。 お前たちは生き残ったのだからそれで充分だろう。 自分は幸運だったと元の生活を続ければいい。 自分に殺されることは大災だと思え、と無惨は言いました。 死んだ人間は生き返らない。 いつまでもそんなことに拘らず、日銭を稼いで静かに暮らせばいいだろう。 殆どの人間はそうしているのに、 お前たちは異常者だからそうしないのだ。 異常者の相手は疲れた、いい加減終わりにしたいのは私の方だ。 無惨のその言葉に、炭治郎はこう言いました。 無惨、お前は、存在してはいけない生き物だ。 スポンサードリンク 鬼滅の刃181話ネタバレ感想考察 琵琶の鬼が屋敷の配置を大きく変えた結果、 炭治郎と義勇が一番に無惨の前に出ることになりました。 突然のことに、炭治郎の気持ちがついて行けてないようにも見えます。 それもそのはず。 家族を殺され、妹を鬼にされ、さらに仲間もたくさん殺されることになった大元なのです。 憎しみは激しく大きなものでしょう。 しかしそんな炭治郎たちの気持ちを察しているのかどうかはわかりませんが、無惨はしつこいと言います。 自分に殺されるのは大災であると考えろとまで言ったのです。 無惨は人間の気持ちを理解することができないのでしょうね。 そんな無惨に、炭治郎はかつてないほどの怒りと憎しみに支配されているようです。 無惨を 存在してはいけない生き物だ、と言ったその目に光はありません。 次回はいよいよ無惨との戦いとなるのでしょうか!? 最強の鬼相手に、炭治郎と義勇はどう戦うのでしょうか!? 次回もとても気になりますね。

次の