ぶら いん あう と。 うなぎ(うな丼)にあうワインは?

麺家 ぶらいとん

ぶら いん あう と

漫画、美味しんぼの中に出てきた和食に合うワインで、甲州種、勝沼のワインはどうでしょう。 昨日、今まで余り買わなかったのですが買ってきてみて飲んでみましたが、サントリー山梨ワイナリーの「登美」 それに山形のタケダワイナリーの「シャトー・タケダ」の白、赤 鰻は関西風の蒸さないものと関東風の蒸した物を用意しました。 それとは別に白焼きも用意しました。 結果としては、 「登美」と関東風の物は結構合います。 お互いが殺し合わなかったです。 関西風だとうなぎのタレの甘みと合いません。 シャトー・タケダの方は白だと生臭みが関東関西どちらも残りました。 赤だと関東風は合わないことはないんですが鰻のうま味が全く残りません。 関西風の物には結構あうと感じました。 白焼きだと「登美」が結構バランス良く合いました。 白だとほんの少しの生臭み(皮の部分)が残るのとわさびが合いませんでした。 CAVAの話しを思い出してヴーヴ・クリコ(イエローラベル)を出してみましたが割とどの鰻にも合い、特に白焼きには合いました。 なかなか和風の特に醤油を使った物はその味を引き立てるようなワインは少ないようです。 口を洗い流す感じになってしまうことが多いですね。 連日のレス、それも実際にトライしての回答ありがとうございます。 関東風と白焼には「登美」、関西風には「シャトータケダ」の赤がお奨めなのですね。 美味しんぼのその話は昔読んだ記憶があります。 銘柄は覚えていませんでしたが。 昨日飲んで当たりだったCAVAは、フレシネのBRUT NATURE 1991でした。 レギュラーのフレシネより酸味が弱く濃厚なタイプです。 ヴーヴ・クリコほどまろやかではありませんが、似たタイプの味かとおもいます。 きっとシャンパーニュでも、酸味が強いものだと洗い流す感じが強くなるような感じがします。 うな丼一杯に3本のワインをあけて自分でバカだと思っていたのに、asucaさんは、うなぎ3種類にワイン4本ですか。 まいりました。 この回答への補足 昨夜、何人かの皆さんがのお奨めの、チリの若い99年のカベルネソーヴイニオンから始めてみました。 鰻の油やタレの甘さは確かに消えました。 しかし、鰻のうまさも消えてしまい、ワインの後口だけになって、ただ安いワインだけ飲んでいるのと変わらない感じでした。 それでは物足りなくなり、ボルドーの96年のカベルネソービニオン+メルローの赤中口(1500円くらい)を開けました。 これはワインの香りがより強く味も複雑でいいんですが、やはりワインだけ飲んでる感じになってしまいました。 ここで気が付いたのですが、鰻の蒲焼と一口にいっても、スーパーで売っている中国産から国内産の結構高いものでは味が全然違うということです。 皮が厚く油が多い鰻には、タレも濃く甘いものが付けられています。 逆に比較的さっぱりした鰻のタレは、サラサラで甘味も少なく素焼に近い感じになっているということです。 たまたま、昨日は家内が奮発して後者の鰻でした。 これは、魚と同じで白だと気がついたのですが、たまたま冷えていたのがスペインのスパークリング(CAVA)しかなく、それを開けました。 これは、鰻のうまみと蒲焼の芳ばしさも、口のなかにほど良くのこり、なおかつさっぱりして当たりでした。 しかし残念なことに、もう鰻は残り少なくなっておりました。 (笑) 残ったCAVAを飲みながら考えたのですが、鰻の蒲焼は関東と関西で焼き方・蒸し方も違うし、タレもお店によって違います。 蒲焼の味も多様なためアドバイスする皆さんは難しかったとわかりました。 (質問しておいて、後から気が付きました。 ごめんなさい。 ) 私の住んでる金沢では、関西風の焼きが強く皮がぱりぱりした蒲焼です。 関東に10年くらい住んでいたので、あのふっくらした関東風の蒲焼も懐かしいです。 油の多い鰻には、今回あわなかったカベルネがあうようなきがします。 関東のふっくら鰻には、何が合うんでしょうか? 今回トライできなかったニュージーランドのシラーズやローヌも含めて、いろいろ試してみたいです。 もうしばらく、このトピ開けておきますので、何か発見したら教えてください。 わたしも、カキコできることあったらアップします。 先ず最初に外したのは、仏蘭西料理を想い起こすようなボルドー地区とブルゴーニュ地方の赤ワインを外しました。 うなぎでも[白焼き]ならば、白ワインの範囲も広がるかと思いますが[蒲焼き]となると酸味のキツイ白とはあわせたくないのです。 やや甘めのドイツの白には、やはり[白焼き]のような気がして、、、かといって[ソーテルヌ]の甘さでは行き過ぎの感がします。 アメリカでもチリーでも、ガメ、カベルネソーヴィニヨン、ソービニヨンブラン、シャルドネ、何をとっても西洋料理の香りが 強いような気がして、私の選んだのはちょっとカシスの香りのする野性味にとんだ[コート・デュ・ローヌ]と相成りました。

次の

プロダクト・アウト/マーケット・イン/カスタマー・イン(ぷろだくと・あうと/まーけっと・いん/かすたまー・いん)とは

ぶら いん あう と

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 62• 研究社 新和英中辞典 38• Weblioビジネス英語例文 2• Weblio Email例文集 47• Weblio英語基本例文集 62• 浜島書店 Catch a Wave 325• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 4• 英語ことわざ教訓辞典 2• Eゲイト英和辞典 38• サラリと言えると格好いいスラングな英語 1• 英語論文検索例文集 2• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 24• 斎藤和英大辞典 35• 科学技術論文動詞集 30• 日本語WordNet 563• コンピューター用語辞典 136• EDR日英対訳辞書 202• Tanaka Corpus 209• 日本法令外国語訳データベースシステム 109• FreeBSD 102• Gentoo Linux 76• JM 298• NetBeans 604• PEAR 69• Python 212• XFree86 36• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 994• 京大-NICT 日英中基本文データ 4• 官公庁発表資料• 金融庁 89• 財務省 59• 特許庁 174• 特許庁 79115• 経済産業省 823• 厚生労働省 53• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 6• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 9• Jack London『火を起こす』 1• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 3• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 27• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 1• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 2• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 1• JACK LONDON『影と光』 1• O Henry『ハーレムの悲劇』 3• Ouida『フランダースの犬』 6• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 2• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 7• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 3• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 4• Conan Doyle『黄色な顔』 3• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 11• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 4• Wells『タイムマシン』 7• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 1• Oscar Wilde『幸福の王子』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 15• Ambrose Bierce『死の診断』 1• O Henry『警官と賛美歌』 4• Ambrose Bierce『男と蛇』 2• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 2• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 10• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• James Joyce『土くれ』 3• James Joyce『姉妹』 3• James Joyce『小さな雲』 3• James Joyce『二人の色男』 4• James Joyce『アラビー』 2• James Joyce『恩寵』 4• James Joyce『遭遇』 1• James Joyce『死者たち』 46• James Joyce『下宿屋』 2• James Joyce『レースの後に』 1• James Joyce『痛ましい事件』 2• James Joyce『母親』 2• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 4• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 20• John Stuart Mill『自由について』 2• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 7• Robert Louis Stevenson『宝島』 49• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 6• Edgar Allan Poe『約束』 2• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• Chesterton『少年の心』 2• Melville Davisson Post『罪体』 8• Shakespeare『ヴェニスの商人』 2• Michael Faraday『ロウソクの科学』 19• 電網聖書• ヨハネの第一の手紙 2• ペトロの第一の手紙 1• 使徒行伝 14• ヘブライ人への手紙 11• ヤコブからの手紙 3• ヨハネによる福音書 10• ルカによる福音書 15• マルコによる福音書 2• This applies worldwide. プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 e-freetext.

次の

うなぎ(うな丼)にあうワインは?

ぶら いん あう と

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 62• 研究社 新和英中辞典 38• Weblioビジネス英語例文 2• Weblio Email例文集 47• Weblio英語基本例文集 62• 浜島書店 Catch a Wave 325• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 4• 英語ことわざ教訓辞典 2• Eゲイト英和辞典 38• サラリと言えると格好いいスラングな英語 1• 英語論文検索例文集 2• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 24• 斎藤和英大辞典 35• 科学技術論文動詞集 30• 日本語WordNet 563• コンピューター用語辞典 136• EDR日英対訳辞書 202• Tanaka Corpus 209• 日本法令外国語訳データベースシステム 109• FreeBSD 102• Gentoo Linux 76• JM 298• NetBeans 604• PEAR 69• Python 212• XFree86 36• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 994• 京大-NICT 日英中基本文データ 4• 官公庁発表資料• 金融庁 89• 財務省 59• 特許庁 174• 特許庁 79115• 経済産業省 823• 厚生労働省 53• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 6• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 9• Jack London『火を起こす』 1• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 3• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 27• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 1• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 2• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 1• JACK LONDON『影と光』 1• O Henry『ハーレムの悲劇』 3• Ouida『フランダースの犬』 6• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 2• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 7• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 3• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 4• Conan Doyle『黄色な顔』 3• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 11• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 4• Wells『タイムマシン』 7• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 1• Oscar Wilde『幸福の王子』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 15• Ambrose Bierce『死の診断』 1• O Henry『警官と賛美歌』 4• Ambrose Bierce『男と蛇』 2• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 2• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 10• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• James Joyce『土くれ』 3• James Joyce『姉妹』 3• James Joyce『小さな雲』 3• James Joyce『二人の色男』 4• James Joyce『アラビー』 2• James Joyce『恩寵』 4• James Joyce『遭遇』 1• James Joyce『死者たち』 46• James Joyce『下宿屋』 2• James Joyce『レースの後に』 1• James Joyce『痛ましい事件』 2• James Joyce『母親』 2• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 4• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 20• John Stuart Mill『自由について』 2• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 7• Robert Louis Stevenson『宝島』 49• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 6• Edgar Allan Poe『約束』 2• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• Chesterton『少年の心』 2• Melville Davisson Post『罪体』 8• Shakespeare『ヴェニスの商人』 2• Michael Faraday『ロウソクの科学』 19• 電網聖書• ヨハネの第一の手紙 2• ペトロの第一の手紙 1• 使徒行伝 14• ヘブライ人への手紙 11• ヤコブからの手紙 3• ヨハネによる福音書 10• ルカによる福音書 15• マルコによる福音書 2• This applies worldwide. プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 e-freetext.

次の