バッド ホップ 喧嘩。 BAD HOP

BAD HOPの名古屋の喧嘩の相手は誰?乱闘の原因も調査!

バッド ホップ 喧嘩

『BAD HOP バッドホップ 』は、神奈川県川崎市を拠点として活躍している8MCによるヒップホップ・クルー! メンバーの地元は 川崎市池上町という 「日本で1番空気が悪い場所」「治安が悪い地域」と言われているところで、特異な環境で育ったメンバーは元不良ということでも有名です。 BAD HOPという名前の由来は悪い意味ではなく、 「野球のイレギュラーバウンド =予測できないイレギュラーな存在 」という意味で付けられています。 【BAD HOP バッドホップ メンバープロフィール!本名や生い立ち・経歴は?】 BAD HOP バッドホップ のメンバープロフィール!本名や生い立ち・経歴についてご紹介します。 『T-Pablowさん』 活動名:T-Pablow ティーパブロ 本名:岩瀬達哉 生年月日:1995年11月3日 中学:川中島中学校 家族: メンバーの YZERRさんとは双子の兄弟で、他に姉・インフルエンサーの兄 MASAさん がいて、母子家庭で育ちました。 「BAD HOP」以外にYZERRさんとの兄弟ユニット 「2WIN」としても活動。 「高校生ラップ選手権」では第1回・第4回で優勝、ラップ番組 「フリースタイルジョン」初代モンスター。 小学生の時から50人引き連れていた不良で、中学では不良200人のリーダーを務めたり、更には少年院に入った過去もあります。 『YZERRさん』 活動名:YZERR ワイザー 本名:岩瀬雄哉 生年月日:1995年11月3日 中学:川中島中学校 家族:メンバーのT-Pablowさんは双子の兄弟で、兄弟は他に姉・インフルエンサーの兄 MASAさん がいて、母子家庭で育ちました。 「BAD HOP」以外にT-Pablowさんとの兄弟ユニット「2WIN」としても活動。 高校生ラップ選手権では 第5回大会で優勝。 小1で金髪でスカジャンを着ていたそうで、T-Pablowさんと同じく子供の頃からヤンチャで、後に逮捕・少年院に入った過去があります。 T-Pablowさん曰く、YZERRさんの方が100倍悪かったようで、少年院でも悪さをし、最終的に関東医療少年院に送られています。 BAD HOPの柴田理恵と言われています。 T-Pablowさん・YZERRさんとは保育園から仲が良く、当時は2人と一緒に他の園児や女子に対してイタズラをしていたそう。 高1の時には少年院に入った過去があります。 『Benjazzyさん』 活動名:Benjazzy ベンジャジー 本名:ゆきかず 生年月日:1994年 家族: 父親が英語の教師で、メンバーのBarkさんの担任だった。 夜の川崎でカードを切りまくっていた時期があり 「侍」と呼ばれていたそう。 運動神経がよく、 中学時代に 川崎フロンターレのジュニアユースに所属。 顔や首や腕などにタトゥーが入っています。 『G-K. Dさん』 活動名:G-K. D ジーキッド 本名:非公開 生年月日:1995年 中学:川中島中学校 家族:反社会的勢力メンバーの息子 音楽活動は少なめですが、メンバー内で1番要領もよく、賢い。 少年院に入っていた過去があります。 『Vingoさん』 活動名:Vingo ビンゴ 本名:あべしんのすけ 生年月日:1995年 地元:東京都大田区 家族:兄弟は弟がいる 他のメンバーは川崎出身ですが、Vingoさんは東京出身で、 BAD HOPには途中加入したメンバーです。 これまで彼らに興味がなかった方も楽しめる内容になっていると思うので、是非。 BAD HOP バッドホップ には脱退しているメンバーが2人います。 最初に脱退したのは 「AKDOWさん」で、次に脱退したのが 「DJ KENTAさん」 「AKDOWさん」に関して 脱退の発表がなく、突然公式からも消えたそうです。 AKDOWさんの脱退理由は「キャバクラや居酒屋に襲撃し、逮捕された」と噂されています。 ですが、ベランダから目撃したと言っている方のツイートから出回ったので、信憑性が低いと言われています。 しかも、AKDOW さんはT-Pablowさんの代わりに逮捕されたというのです。 実際にはAKDOWさんはその場におらず 「T-Pablowさん・兄のMASAさん・Benjazzyさんがいた」というようなツイートも出回っていたそうです。 真実は分かりませんが、「いつか戻ってくる」というような噂もあるので、本当に戻るとしたら逮捕されていた可能性もあるのかもしれませんね。 続いて、T-Pablowさんの小学校からの知り合いであるDJの 「DJ KENTA 本名:高橋健太 さん」について。 脱退時期と 「Day Ones」リリースの時期からして、T-Pablowさんリリックの「俺の名前使って…」という部分の歌詞が脱退理由を意味していると噂です。 Day Ones歌詞 これがDJ KENTAさんのことだとすれば、T-Pablowさんの名前を使って女性を惹きつけたのだと思われます。 ファンからはこの脱退理由は信憑性があるとされていて、AKDOWさんとは反対に、もう戻ってこないと言われていました。 逮捕などが身近にあったBAD HOPは「重大発表があります」と事前予告すると、「メンバー逮捕」だと思うファンが多くいます。 今後も不安になるファンもいるかもしれませんが、現メンバーでずっと活動していけたらいいですね! プロフィールなど、生い立ちも見ていきましたが、ほとんどのメンバーが過去に少年院に入っていたり、パッとみても分かるくらいに大きくタトゥーが入っていますね。 メンバーそれぞれのリリックでは、不良時代の出来事などが描かれているので、気になる方は歌詞に注目して見てください。

次の

bad hop(バッドホップ)メンバー紹介!本名・写真(画像)や逮捕・脱退者の噂も調査!

バッド ホップ 喧嘩

磯部 自分は、音楽ライターを始めた90年代の終わり頃から、ラップ・ミュージックについて取材してきました。 その中で"川崎"というキーワードが浮上してきたのが2012年頃。 昨今のラップ・ブームの火付け役となった「高校RAP選手権」というテレビ番組があるんですが、2012年7月に放送された第1回の決勝戦で戦ったT-Pablow(当時はK-九)とLIL MANが二人とも川崎区出身だったんですね。 彼らに取材をしたところ、「高校生RAP選手権」に出場していたのにもかかわらず、実際は高校生ではなかった。 もちろん、第1回出場時の年齢は14歳とか15歳とかなのですが、中学卒業後は進学ではなくアウトローの道を選び、さらにそこから抜け出す手段がラップだったのです。 その後、T-Pablowや彼が率いるBAD HOPが成功したことで、川崎区の子供たちが次々にラップを始め、同地はラップ・ミュージックの新しい聖地として盛り上がっていきます。 さきほどの事件が日本の暗部を象徴しているのだとすれば、過酷な環境で育ち、しかし、ラップによってそこから抜け出そうと試行錯誤するBAD HOPは一条の光なのではないか。 彼らを中心に据えれば問題だけでなく、希望も描けるのではないか、という思いもありました。 とくに近年は、都市のきれいな部分とそうでないところの分断が起きていて……。 磯部 暴力団が取り締りの強化によって不況産業化したことも、地元の不良に影響を与えています。 上納金の取り立てが不良少年にまで回ってくるようになり、彼らの中には引ったくりや強盗をすることでそれを賄おうとする者もいました。 磯部 ええ、タバコ屋の閉店後を狙って強盗を繰り返していたら、ある夜、隠れていた店員にバットで思いっきり顔を殴られてグシャグシャになってしまうという……。 2010年前後の話なんですが、暴力団に金が回らなくなっていた背景には、2008年に起きたアメリカ発の金融危機、リーマンショックの影響がじわじわと川崎の街にまで下りてきたということがあります。 だから、大きな経済構造の話と、小さな街の不良少年の置かれている状況が、実は繋がっているのです。 要するに彼らの話を描くことで、時代を描くことも出来る。

次の

bad hop(バッドホップ)メンバー紹介!本名・写真(画像)や逮捕・脱退者の噂も調査!

バッド ホップ 喧嘩

ヒップホップには、ストリートでの犯罪を題材にした「ギャングスタラップ」というジャンルがある。 そんななか、神奈川県川崎市に、自分たちの体験談だけを元にしてリアルなギャングスタラップを生み出している若者たちがいる。 今回は、元不良たちのみで構成されたヒップホップクルー「BAD HOP」を紹介しよう。 貧困と犯罪がすぐそこにある地元 BAD HOPは、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、AKDOW、Bark、G-K. D、Vingoの9人組のヒップホップクルーだ。 彼らの地元は、神奈川県内でも治安が良くないと語る人の多い川崎市池上町。 隣接する工場地帯から出るトラックの排気ガスと工場から出る煙にまみれ、町内にはバラックやブルーシートハウスが乱立した場所も存在する。 そんな池上町で育ったメンバーたちにとって危険は隣り合わせ。 地元では、学校内で警察による集団検挙が行われるほど、若者による犯罪が頻発していた。 BAD HOPのメンバーも、全員が地元で名の知れた元不良。 学生時代にはたくさんの事件を起こしてきたという。 店員不在のレジを狙った強盗を繰り返し、ある時に店主にバットで返り討ちにあって顔面が血だらけになった経験を持つメンバーもいる。 同世代のかつての仲間は薬物中毒者や服役囚になってしまったが、BAD HOPのメンバーたちは音楽との出会いによって更生を果たした。 そして犯罪や暴力が頻発する地元から抜け出すため、現在は音楽での成功を目指し、活動している。 クルーを引っ張るのは高校生ラップ選手権の王者 BADHOPの名は、メンバーのT-Pablowの活躍によって全国的に知られるようになった。 中学生時代に川崎の不良グループ200人のリーダーであったT-Pablowは、2012年にK-九の名義で「第1回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」に出場し、優勝。 優勝後は地元の不良たちと縁を切るために1年半の間、全国を放浪した。 そしてT-Pablowと名前を改め、2013年の「第4回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」で再び優勝し、全国にその名を轟かせた。 現在は、Zeebraの運営するレーベル「GRAND MASTER」に所属。 双子の弟のYZERRとユニット「2WIN」の活動を通して、BAD HOPの名を全国に広めている。 2015年、ついに1stアルバムをリリース BADHOPは、2015年7月に満を持して1stアルバム『BAD HOP』をリリースした。 アルバムの中には、他にも地元や過去の自分と向き合った内容の楽曲が数多く収録されており、BAD HOPのメンバーの半生が詰まった一枚に仕上がっている。 BAD HOPは日本語ラップシーンを担っていくことを期待されている若手クルー。 これからの彼らの活動から目が離せない。

次の