清水富美加 グール。 実写『東京喰種』新写真 赫眼の窪田正孝や大泉洋&鈴木伸之の姿も

東京グール2のヒロイン交替の理由と山本舞香の演技力の評価や口コミは?

清水富美加 グール

清水富美加が出家した理由とは? 今回、東京喰種が注目されるようになったのは、幸福の科学からの発表にありました。 幸福の科学によると 「人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条に合わない仕事が増え~」 というものでした。 そのため一部では 「清水富美加が出家したのは東京喰種が原因?」 という声が聞かれるようになったのです。 一見すると、そうかもしれないと思うかもしれません。 しかし、私はこれは間違っていると思います。 それは清水富美加さんの過去の発言や告発本の内容などからも見てとれます。 清水富美加さんは芸歴8年でした。 そして彼女はデビュー当初から所属事務所に対して不信感を持っていたようです。 不信感というのは待遇の面に関してです。 清水富美加さんはデビューしてから事務所の寮に住んでいました。 それはよくある話です。 しかしその待遇はかなり悪かったようです。 以前、彼女がテレビに出演した際に、住んでいる寮の様子が映されました。 それによりますと、6畳の部屋に二段ベッドがあって、同じ事務所のメンバーと同部屋に住んでいることが分かったのです。 これがデビューして間もない時期なら分かります。 しかしそれは2015年の話だったのです。 つまりその時は既に清水富美加さんは売れっ子の女優だったのです。 なのに住むところは相変わらずで、給料も少なかったようです。 告発本の内容を信じるならば、かなり不信感が募っていたようです。 つまり、 清水富美加さんの引退の理由の根本は「事務所との関係」にあると考えるのが普通だと思います。 そして 東京喰種が出家の理由とはいうのは後づけなのではないでしょうか? もし「人肉を食べる役柄~」というコメントが清水富美加さん本人から語られているのであれば、それが理由なのかもしれません。 しかしコメントを出しているのは幸福の科学です。 清水富美加さんが言ったことを幸福の科学がそのまま伝えているかどうかは分からないからです。 真相について更に深掘してみます。 スポンサーリンク 清水富美加の出家と「東京喰種」の関係性 ここからは私個人の考察です。 出来るだけ事実を元に客観的に書いてみたいと思います。 まず当たり前すぎて忘れてしまいがちですが 「清水富美加さんは女優」 でした。 ここが大事なポイントです。 女優という仕事は自分の思想信条に合わない役などたくさんあります。 むしろ思想信条に合う役の方が少ないかもしれません。 例えば ・不倫役 ・ストーカー役 ・性的マイノリティー役 などなど、他にもたくさんあります。 「 思想信条に合わないから苦痛」なんて言っていたら女優という職業はやれません。 清水富美加さんは8年間女優として活動してきました。 その中には理解できない役もあったでしょう。 でも最初は理解できなかったけれど、役を演じている中で共感できたりと理解が深まっていくものだと思うのです。 そしてそれを楽しめるのが女優さんの資質だと思います。 それではなぜ東京喰種が責められるのでしょうか? 私はそれは 「清水富美加さんが東京喰種で演じた役柄がセンセーショナルだったから」 だと思うのです。 東京喰種は大人気漫画ですが、世間には知らない人もたくさんいます。 そんな人たちが「人肉を食べる役柄~」という一部分だけを耳にしてしまえば、 「確かにそんな役なら仕事が嫌になっても仕方ないよね」 と清水富美加さんに同情的になるかもしれません。 「人肉を食べる」 という言葉のインパクトが強いからです。 そもそも東京喰種の仕事を受けた時に、所属事務所から清水富美加さんに対して、演じる役がについての説明があったでしょう。 その時点でどんな役かは本人が自覚していたはずです。 仕事というのは契約によって成り立っています。 ・約束したことは守る ・守れなければペナルティーがある そういうことです。 清水富美加さんが「人肉を食べる」という役がらが本当に嫌であれば、その時点で受けていないでしょう。 事務所から言われた仕事は断れなかったとも言われていますね。 しかし心底嫌で拒否反応を示すような仕事であれば受けないと思うのです。 そして事務所としてもそこまで嫌がるのであれば無理にやらせることはないと思うのです。 ですからやはり清水富美加さんの出家した理由は東京喰種ではないはずです。 「東京喰種はスケープゴートにされてしまった」 私はそう思っています。 私の考察が正しいのか間違っているのかは分かりません。 そして確かめようもありません。 私は 「清水富美加さんの出家騒動で被害者を受けているのは東京喰種のファン」 だと思っています。 東京喰種という漫画の原作を愛するファンの皆さんです。 実は東京喰種が映画化されるにあたってはファンの間でも賛否両論がありました。 そしてそんな中でも映画化されることになって、ファンの皆さんは素晴らしい作品になることを期待していたのです。 しかし今回の件で、 まるで東京喰種という作品が酷いものであるかのような印象が拡がってしまいました。 「人肉」発言は清水富美加さん本人のものではなかった可能性もあります。 もしかすると本人のものだったかもしれません。 しかし真実はどちらにせよ、公の場で言うべき言葉ではありませんでした。 礼儀や社会性というものが少しでもあれば決して言っていないと思うのです。 ・清水富美加さん ・所属事務所 ・幸福の科学 3者の間でいろんなことがあったのでしょう。 芸能界を引退するは本人の自由です。 仕事を途中で放り出すことは駄目ですが。 そして出家するのも自由です。 しかし 「東京喰種という作品を悪者にする自由は絶対にない」 ということは言い切れます。 東京喰種の映画がどうなるのか分かりません。 公開中止の可能性もあります。 代役を立てて撮り直す可能性もあります。 仮に清水富美加さんの代役が立つとします。 「人肉」を食べる役がらを演じるなんて女優さんは嫌がるでしょうか? そんなことはありません。 もし代役のオファーがあれば断る女優さんはいないと思います。 それは映画版・東京喰種のキャストを見れば分かります。 みなさん一流の俳優ばかりです。 なぜそんな役者さんが東京喰種に出演しようと決めたのたか。 それは東京喰種という作品に魅力を感じたからに違いありません。 「東京喰種という作品が魅力だったから魅力的なキャストが集結した」 私はそう思っています。 まとめ 清水富美加さんが出家した理由は決して東京喰種ではありません。 それは間違いないことです。 確かめる術はありません。 しかし私はそう確信しています。 スポンサーリンク.

次の

清水富美加引退で映画「東京喰種」テレビ「笑う招き猫」の今後は?

清水富美加 グール

サイトをご覧いただきありがとうございます! 当サイトの管理人、 漫画家アシスタントとして売れっ子漫画家を夢見るユミ 、19歳です!! このブログでは、管理人が好きな漫画だけを、独断と偏見満載で考察していく予定ですww 今回の記事は、 東京喰種のトーカ役を演じた清水富美加の真実の姿 にせまってみたいと思います! 東京喰種は漫画・アニメ・実写映画と幅広く愛されています。 そんな中かなり好評だった映画版のヒロイントーカ役に抜擢された清水富美加さんについてちょっと見てみたいと思います! まず最初に・・・・・ 映画版のトーカちゃん、凄かった!!! 迫力満点、きれいで強くてもう、配役がはまりまくってます。 清水富美加さんで正解!!! お知らせの内容(要約)清水富美加さんの様々な報道によることで映画『東京喰種 トーキョーグール』について心配をおかけしていることと報告が遅れたことをお詫びしたい。 そして多くのお声かけをもらったことにお礼を申し上げます。 関係者との協議の結果映画『東京喰種 トーキョーグール』は、 当初予定の内容通り、7月29日(土)に全国公開する と言う内容でした。 清水富美加さんってどんな人? 本人は自分のことを 「私と霧嶋董香ちゃんは、真逆のタイプだと思います。 自分は平和にぬくぬく生きてきたなぁとも思います。 生まれてから大した地獄を知らなければ、見たこともないです。 故に、どういったものを、どのように、どのくらい削ぎ落とさなくてはいけないのか、どのくらい自分を追い込まなくてはいけないかということが、計り知れないことは分かります。 声をかけて下さった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じとっていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯に作品に望んでいきたいと思っております。 」 (映画『東京喰種』HPより引用) 清水富美加さんは自分のことをトーカちゃんと真逆のタイプだと話しています。 それによって、役を演じる姿勢や役作りに対してもかなりの葛藤があったのでしょう。 役作りに対して、仕事にまじめだったからこそ清水富美加さんは追い込まれていったのかもしれませんね。 そしてこれは 管理人の勝手な感想なのですが、 葛藤しながら役作りをし、精神的に追い込まれていったことでかえって 「東京喰種」のトーカという役に近い、極限状態を作り出せ、ハマリ役ともいえる最高の演技ができたのではないかな?と思っちゃうのです。 皮肉なものです。 映画でのトーカは私が読んだ原作にとても近いイメージでした。 見た目だけでなく、その迫力もすさまじくピッタリだと感じたんです。 どうして清水富美加さんは芸能界を引退したの? これは幸福の科学がニュースとして公開したものからの情報ですが、 清水富美加さんにとって• 良心や思想信条にかなわない仕事• 人肉を食べるという人種の役柄 に対して抵抗があったようです。 ですので自分の意にそわない仕事を断わると芸能界を干されるという危機感と、受けた仕事をまじめにこなしたいと思う性格の中で葛藤があり、追い込まれていったのではないでしょうか? これほどハマリ役だと言える東京喰種の出演が芸能界の引退への引き金をひいたというのは東京喰種ファンにとっては複雑な心境ですよね。 東京喰種でのトーカ役について 通常の映画であれば役者が途中で引退や降板する場合はほとんどが代役を立てて再度撮り直しと言うパターンが多いです。 なのに なのに 清水富美加さんが芸能界を引退したにもかかわらず映画のトーカ役はそのまま変更なしで公開されました。 管理人にとっても映画の公開は心から待ちわびたものでしたし、撮り直しでさらに映画の公開が遅れるのも本音を言えばイヤでした。 これは一度東京喰種の映画を見てもらえば納得です。 トーカ役の清水さん以外の役者さんも本当にイメージぴったりで、管理人的には最高のできばえだと感じました。 原作の漫画や、アニメなどを一度見てから再度映画を見るとこの映画のよさと、トーカ役を演じた清水さんの演技力の凄さがわかるのではないかと思います。 今後東京喰種の映画版第2段はあり得るの? ここからは管理人の勝手な希望と偏見のもとでの考察となります。 東京喰種第二弾の映画化 やってほしい!!! 是非やってほしい!!! ただ、今回のヒロイントーカ役においては清水富美加さんが演じるということはほぼないと思います。 そうなると気になるのが代役です。 もし第二弾があるとすればトーカ役には少し大人びたトーカを演じられる役者さんがいいですよね。 映画の第一弾ではトーカはまだ高校生でした。 しかし、今度は少し大人の女性へと変貌をとげています。 私のおすすめ女優さんは、 じゃ~ん!!! 満島ひかりさん です。 演技力バッチリだし、先日出演されていたドラマ「監獄のお姫さま」での看守役で見せた 強い女 っぽい感じがとても好きです。 そしてもう一人 石原さとみさん のトーカ役もみたい!!! そう思う管理人でした。 もし東京喰種の映画化第二弾があるとすれば、それは原作漫画での 「東京喰種:re」 の内容となるでしょう。 ですが、東京喰種:reの内容も膨大なものです。 ですので、ストーリーとしては いったん喰種捜査官となったカネキが闘いの中で記憶を取り戻し、再度あんていくのメンバーと共にCCGと戦う。 その中にはもちろん、有馬 貴将(ありま きしょう)特等捜査官が出てきて、カネキとの一騎打ち。 トーカとも結ばれて、めでたしめでたしに終わるかとみせかけて最後に出てきた黒幕との戦いで黒幕を道づれに命を落とし、トーカと子供と平和な世界が残される??? なーんて考えてみました。 ちょっと無理があるかもしれませんねww ただ、アニメの3期も4月から放送予定です。 もし映画の第二弾があればその内容とほぼ同じように展開するのではないでしょうか? また映画でトーカ役だけでなくヒデ役でもかなりの好評だったこの方もまた出てほしいものです。

次の

実写『東京喰種』新写真 赫眼の窪田正孝や大泉洋&鈴木伸之の姿も

清水富美加 グール

「東京喰種 トーキョーグール」45点 (100点満点中) 監督:萩原健太郎 出演:窪田正孝 清水富美加 忠実な実写化だが 「東京喰種 トーキョーグール」は石田スイの原作漫画が大人気なだけでなく、主演の清水富美加が精神を病み出家する原因となったひとつではないかということで、大変な話題になっている。 喰種(グール)とよばれる亜人種たち。 彼らは人肉のみを食料とすることから駆逐対象となっていたが、普段は身を隠して人間社会に溶け込み暮らしていた。 平凡な大学生のカネキ(窪田正孝)は喫茶あんていくの常連だが、そこで出会ったリゼ(蒼井優)という美少女に惹かれ、やがてデートにこぎつける。 原作でいう3巻くらいだろうか、そのあたりまでを無難にダイジェストした内容となっている。 喰種というのはゾンビと違って、ちょいと噛まれたらキミも仲間、ゾンビゾンビ! というわけにはいかない。 ひとたび襲われたら骨まで無駄なくいただきました、の世界であり、人間とグールの関係はどこまでいっても捕食者とエサ、である。 そんな中、カネキは意図せず自分も喰種となってしまうが、これはきわめてレアなケースである。 「東京喰種 トーキョーグール」は、そんな悲運にみまわれた男の物語である。 生まれながらの喰種と違ってもともと人間だからカネキは人肉を食らうことができない。 だが喰種となった彼はそれを食わないと生きていけない。 彼が両種族のはざまで悩む姿が描かれる。 そんな彼を受け入れてくれたのはトーカ(清水富美加)らが形成する"喰種コミュニティ"であり、やがてカネキは彼らと交流するうち、元人間ながらも喰種の境遇に同情し、共感していくことになる。 さて、喰種というのは、人間を襲うときには凶暴モードにトランスフォームし、見るからにおっかないホラーモンスターと化す。 赫子(かぐね)と呼ばれる武器(捕食器官?)はグールごとに違った特徴と形をしていて、それによって戦闘力が大きく異なる。 見ている側としても、ポケモン的興味をそそられる。 面白いのは人類はすでに喰種の存在と弱点を把握しており、発見されたら最後、グールとて人間側の武器の前にはひとたまりもない。 人数が違いすぎるのだ。 この喰種と人間のバトルアクションが映画でも見せ場となっている。 人間側も赫子(かぐね)を武器化したもの(クインケ)を装備することで、タイマンでは喰種を圧倒する。 このあたりはさすが漫画版とは比較にならない迫力で、ファンなら映画館で見る価値もあるだろう。 とはいえ、未読者の頭にはこの戦闘シーンは大きな疑問が浮かび続ける。 それは「なぜアンタたち警官は銃を使わないの?」というものだ。 とくに喰種対策局の若きエース、亜門が使うクインケの見た目が、ありえないほど格好悪い実写化となっており、その巨大なバーベキュー串で戦う必然性がまったく見当たらないのが問題である。 演じる鈴木伸之は素晴らしい肉体美を仕上げてきており、キックボクシングの練習シーンでも目を見張る迫力の動きを見せている。 そうして期待を高めまくっていざ実戦になった途端、なぜかハリボテ感たっぷりのバーベキュー串でグールとチャンバラを始めるのである。 そのシュールな図柄に、未読者は一人もついていけないこと確実であろう。 「え、なにこれ銃抜きルール?」「銃なし縛りで戦うん?」「なんで串?」と思うこと請け合いだ。 もちろん原作を読み進めればそのあたりの理由づけはあるものの、実写版では説明不足は否めないだろう。 グールは鉄骨で死ぬんだから銃でも死ぬだろうと皆思うわけで、そうした絵的なインパクトが強い分、多勢による銃攻撃を優先しない点はよりしっかり印象付けないといけない。 ただし、この実写版はキャストがみな素晴らしいのでそうした舌ったらずな部分をカバーできている。 鈴木伸之以外にも、この人以外いないといわれてキャスティングされたカネキ役の窪田正孝、その親友ヒデ役の小笠原海、原作以上に怖いリゼ役の蒼井優、ヒナミ役の桜田ひより、いるだけで異様な色っぽさをかもしだすカヤ役の佐々木希などなど、悪い部分が見当たらない。 なかでもグールを追い詰める真戸役の大泉洋の狂気をはらんだキャラクターは、圧倒的な強さを誇る戦闘シーンの出来も含めてとてもいい。 さらにもう一人あげるとすれば清水富美加。 実写版ではヒロインとなるトーカそのものといった風貌で、22歳とは思えぬ落ち着きはらった態度は、まさに死線をくぐってきた喰種といった感じ。 腕を食ったり肉じゃがを嘔吐したりと忙しい。 心が壊れるに値する体当たり演技ということで、ファンならずとも必見であろう。 まとめると、一部格闘シーンの見た目およびいかにもありがちなおバカ展開があるものの、キャストが頑張っているのでそこそこ持っている。 それほど思い入れのないライトな読者であれば、(他の漫画実写化映画がこぞってハードルを下げてくれていることもあって)そこそこ満足はできるだろう。 続編をもし作るのであれば、まずは原作の内容を忘れて初見のつもりになって脚本を精査すること。 グールと人間のはざまにいるカネキに何を語らせるのか、もう少し意外性のあるテーマを設定すること。 この2点に気を付けたら良いものができると思う。 あとは、清水富美加をなんとか説得して次も出てもらうこと。 これが一番難しいか。

次の