あさりの洗い方。 あさりの砂抜きの簡単なやり方!砂出し後の画期的な保存方法もご紹介!

あさりのバター醤油のレシピ/作り方:白ごはん.com

あさりの洗い方

「あさり・はまぐり・しじみ」 どれも日本人の食卓に馴染みのある食材ですね。 スーパーで見かけるのはもちろんのこと、潮干狩りで獲ったことのある方も多いと思います。 ところで皆さんは、これら 3種類の貝の違いがわかりますか? 実は、私ははっきりとはわかっていません。 子どもたちとスーパーに買い物に行った時に、 「はまぐりの方が大きいから、あさりが大きくなったらはまぐり?」 「しじみは、はまぐりの赤ちゃん?」 と聞かれて、言葉に詰まったのは記憶に新しい出来事です。 両方の疑問に答えられなかったから、というのはもちろんのこと、やっぱり大人として しっかり違いを知っておきたいですよね。 それが、子どもと一緒にスーパーの生鮮食品コーナーに行く 自信にも繋がります。 そこで、 あさり・はまぐり・しじみの違いや見分け方について調べました。 あさり・はまぐり・しじみ それぞれについて どれも食卓に馴染み深い食材ですが、• 生物学上の何科に属するのか• 生息地はどこか などの詳細はご存じない方も多いのではないでしょうか? 1つずつ見ていきましょう。 あさりとは? あさりの【生物学名】 二枚貝網 異歯亜網 マルスダレガイ上科 マルスダレガイ科 アサリ亜科 こんなに難しい生物学名だったとは!!衝撃的です。 あさりの【生息地】 日本以外にも、朝鮮半島や台湾、フィリピンまで広く分布しています。 浅い、塩分の薄い海の砂や砂泥底に住んでいます。 砂浜で、ポツポツ穴が空いている部分を見かけることがありますよね?それは、あさりが呼吸するための穴です。 群れになって生息する習性があるので、1つ見つけると、いくつも一緒に見つけることができます。 このように砂に潜っているのですね。 色は黒、白、白茶、茶、青、青白など多様な色をしています。 同じ模様の個体はいないと言われているくらい、様々な模様と色があります。 ただし、北海道のあさりには、目立った模様は無く、一様に黄褐色がかった色をしています。 表面に 筋が入っているので、触感は ザラザラしています。 あさりの【大きさ】 最大で6cmほどにもなると言われています。 私たちがスーパーで見かけるサイズは3〜4cmほどのものが多いです。 あさりの【旬】 3月〜6月が旬です。 だから春には潮干狩りシーズンが到来するのですね。 はまぐりとは? はまぐりの【生物学名】 二枚貝網 異歯亜網 マルスダレガイ上科 マルスダレガイ科 ハマグリ亜科 ハマグリ亜科以前は、あさりと同じです。 見た目が似ているのは、 近い種類だからなのですね。 はまぐりの【生息地】 浅い、塩分の薄い海の砂や砂泥底に住んでいます。 これもあさりと同じですね。 しかし、はまぐりは、あさりよりもやや深い砂の中に生息しています。 潮干狩りで見つけるには、あさりよりもさらに、15cmほど掘り進めると良いでしょう。 はまぐりの【見た目・触感】 光沢があり、白っぽい模様が多いです。 丸みのある、三角形に近い形をしています。 表面は 滑らかで ツルツルしています。 はまぐりの【大きさ】 最大で10cmほどにもなると言われています。 私たちが身近で見るはまぐりは、5〜6cmの物が多いです。 はまぐりの【旬】 2月〜4月です。 桃の節句に「潮汁」としていただく時には、旬真っ盛りです。 しじみとは? しじみの【生物学名】 二枚貝網 異歯亜網 シジミ上科 シジミ科 あさり・はまぐりとは、生物学上の科が違います。 確かに、見た目は2つとだいぶ違いますね。 しじみの【生息地】 淡水、もしくは、淡水と海水が混じる場所です。 もうすぐ海、という河口付近に生息しています。 しじみの【見た目・触感】 模様はほぼなく、黒色をしています。 茶色も存在します。 丸みのある形です。 表面に細かい筋がありますが、あまり ザラザラしていません。 しじみの【大きさ】 大体2〜3cmです。 スーパーでも、可愛らしい大きさのしじみを見かけます。 しじみの【旬】 あさりやはまぐりと違って、少し特徴的です。 ヤマトシジミと呼ばれる種類は 6〜8月、マシジミと呼ばれる種類は 12〜2月が旬です。 昔から「土用しじみは腹薬」、「寒しじみ」と言われているのは、同じしじみでも、旬が違うからだったのですね。 栄養素の違いは? 3種類とも 含有量に差はありますが、• たんぱく質• ビタミンB12• ミネラル• タウリン が豊富で、さらに 低カロリーなので、 健康的な食材です。 これらに加えて、しじみにはオルニチンというアミノ酸が含まれています。 このオルニチンは、 肝臓の働きを助ける作用があります。 「二日酔いにはしじみ汁」と言われているのは、このオルニチンの働きのことです。 しじみは、生物学上の科や生息地のほかにも、栄養素も似ているようで、やはり少し違うのですね。 貝にも色々ある 身近な食材である、あさり・はまぐり・しじみの違いや見分け方についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 私自身、知らないことばかりで驚きました。 大きさや色の違いは何となく知っていたけれど、しじみも、あさりやはまぐりと、ほとんど変わらないと思っていたからです。 まさか生息地が違ったとは!! 3種類の中で言われてみれば、群を抜いて見た目の違いが明らかだったのは、 生物学上や生息場所の違いがあるからだったのですね。 このような違いを知った今、子どもたちに聞かれても、自信を持って教えてあげられます。 私自身、スーパーで購入する際に 「これは、淡水と海水が混じり合う海で生息していた貝か」などと、今までとは違った目線で貝を見て楽しめそうです。

次の

あさりの砂抜きが簡単で早い!美味しい食べ方を紹介します。

あさりの洗い方

・あさりが死んで腐ってしまった ・「生き腐れ」していたあさりだった ・あさりがいた海水が臭かった などが考えられます。 あさりなどの貝類は死ぬととても足が早く、気温や水温があさりにとって快適でない場合、すぐに腐ってしまいます。 また、あさりが「生き腐れ」していた場合も臭いを放ちます。 生き腐れとは、見た目では生きているように見えるけど、実は死んでいて腐り始めているもしくは腐っているという状態。 他に考えられるのは、あさりは海水を吸って生きている生物なので、あさりの臭いの原因は潮の臭いということも考えられます。 そこで確認したいのが、臭いのしているあさりが生きているのか死んでいるのか?ということですよね。 まずはあさりを浸けている砂抜きの水は透明かどうか、確認してみましょう。 あさりは死んだら、 砂抜きをしている水が白く濁った感じになります。 さらに、あさりは死ぬと口を開いたまま、でろーんと舌を出しっぱなしで揺すってみたり、つついてみたりしても口を閉じることはありません。 生きていれば、砂抜きの容器にかぶせている新聞紙をとるだけでも、にょーんと動きます。 あさりが死んでるかどうか、簡単に見分けられる方法をまとめた記事も参考にどうぞ。 調理して食べられるなら、食べたいけど食べてお腹壊したら元も子もありませんし^^; 臭いがしているあさりを、食べられるかどうかわからないときの確認方法を紹介します。 まず、臭いがしているあさりを浸けている砂抜きの水を一度捨てましょう。 そして、流水で貝をこすり合わせるように、ゴシゴシと洗います。 このとき貝を割らないように注意!貝が割れると、あさりが死んでしまいます。 貝の外側についた汚れなどが臭ってしまっている場合は、洗うことで臭いがかなり少なくなります。 そしてもう一度、砂抜きをする要領で時間を置いてみましょう。 濡れタオルであさりのをゴシゴシふくのもありです。 外側の汚れが取れれば、臭いもとれるかもしれません。 スポンサーリンク そのときに死んでそうなあさりがいたら、必ず取り出して捨てます。 あさりは一つ死んでしまうと、生きているあさりにも影響が出てしまいます。 砂抜きをしているときは、時々確認することで死んだあさりを早く見つけることができます。 出来れば死んだあさりを見つけたときは取り出したあとに、また水を新しくしておきましょう。 死んだあさりがいた水や砂を、生きているあさりが吸ってしまう可能性があるからです。 このように、死んだあさりを取り除くことで臭いがなくなるときもありますので、その場合には生きているあさりだけを調理して食べることができます。 砂抜きをしているときにも、あさりは死んでしまう可能性がありますので、アサリの砂抜きの方法もチェックしてみてくださいね。 関連記事 ただ、新鮮なあさりは死んですぐなら食べられるのです。 冷凍のあさりは、死んでいますが新鮮な状態で冷凍しておくことで、食べることが可能ですし、魚も死んでいる状態のものをわたしたちは普段から食べていますよね。 「死んでいる=食べられない」ということではなくて、 「腐っている=食べられない」と覚えると良いと思います。 そのあたりはこちらに詳しくまとめています。 関連記事 あさりは腐るとどんな臭い? あさりが臭いといっても、文字だけではわからない色々な臭いがありますよね。 あさりが磯臭かったりアンモニア臭のような臭いがする場合も、あさりが弱っていたり死んでいるものが混じっている可能性もありますので、注意が必要です。 あさりが腐ると、間違いようがないくらいに腐敗臭がします^^; 腐ってから時間が経ってしまっている場合には、砂抜きをしているボウルやシンク、台所や部屋中に臭いが充満することも。 鼻をつまみたくなる様な、イヤ〜な臭いになるんです。 ただ、腐ってからまだ時間があまり経っていない場合は、そこまでの腐敗臭はしないかもしれません。 あさりが腐ってるときの臭いの表現としては、 ・ドブ臭い ・古い便所のような臭い のような感じです。 こうなると、食べられるかどうか?どころではなく、早く袋に密閉して捨てたい!! という気持ちになるので、まず間違えることはないでしょう。 もし、あさりを臭ってみてそれに近い臭いがするようなら、食べない方が安全だと思います。 あさりは生ものですので、多少の磯臭さや生臭さはあります。 腐っているかどうか分かり場合、調理してみてそれでも臭かったら食べない方がいいでしょう。 スーパーで買ってすぐのあさりでも、腐っている場合もありますので、臭いは大切な判断基準になります。 どんな臭いだったら、あさりが腐っているのかを覚えておくと安心ですね^^ あさりを砂抜きしたら臭い!食べられるかの確認方法!腐るとどんな臭い?まとめ あさりなどの貝類は、お腹を壊すとキツいと聞きますよね。 「このあさり、大丈夫かな?」と心配しながら食べるとならないように、 安全で、美味しく食べられる状態を知っておきましょう。

次の

5分で砂抜きする裏ワザ!? 貝専門店に聞いた「しじみ・あさり・はまぐり」砂抜きの基本

あさりの洗い方

あさりってとっても美味しいけれど、砂抜きがとっても面倒くさいですよね。 そんな面倒くさがりさんにオススメなのが「あさりを50度のお湯につける」という時間テク。 あさりの50度洗いは10分以内で終えられるので、すぐに食べたいときにもってこい。 さらに50度洗いをすることで、あさりの身がふっくら美味しくなるんだとか! 時短な上にふっくらするなんて、あさりの50度洗いって魅力的に感じられますよね。 でも、簡単にできると言われている方法なのですが、失敗リスクも結構あるようで…。 実際、わたしも50度洗いであさりが死んだの…?砂が残ってるよ…?というような事態に陥ったことが。 そこで、今回はあさりの50度洗いの失敗・成功体験から• 平たいバッド ザルつき にあさりを入れて、水洗いをします。 殻を擦り合わせて、口が開いているあさりがないか確認。 あさりが水管を出して動くまで5~10分程度放置します。 5~10分経ったら、あさりの殻と殻を擦って汚れを落としてください。 温度が下がったら、お湯を足してくださいね。 水が濁ってきたら、汚れたお湯を捨てる。 殻から身が出ていれば、砂抜きは完了です。 お湯を注いだ直後のあさりの写真です。 このような水管が出ていることを確認しましょう。 言葉にすると簡単なのですが、実際にやってみると意外と50度洗いで砂抜きするのは、難しいところがあります。 この状態は、熱によってショックを受けている状態なんです。 そうすることで、長時間のあさりの砂抜きをしなくても、短時間であさりの砂抜きを行えるようになりますよ。 調理前の死んだあさりの見分け方• そのため、ことあるごとにあさりが死んだ…?と焦りを生じることだと思います。 あさりがのぼせてしまっているので、死んだかどうかが分かりずらい状態なんですよね。 50度洗い中の死んだあさりの見分け方• 死んでしまったあさりを発見したら、すぐに処分して、お湯自体も入れ替えるようにしてください。 1匹のあさりが原因で他のあさりまで死んでしまう…なんてことも十分にあり得ます。 失敗談とあさりが死んだかも…?と思ったら さて、ここではわたしの失敗談をお話します。 パカッと口が開いていない• 臭いがしない• お湯で水管がでたけど反応がないもの ちなみに、50度洗いで砂抜きしたあさりを用いて作った料理はこちらの2品。 あさりの醤油バター• あさりご飯 いずれの2品も50度洗いのおかげで、ぷりぷり感がありましたよ! あさりレシピについてはまた後日、ブログにUPしますね。 50度洗いで美味しいあさり料理を作ろう あさりは美味しいけれど、下処理が億劫で手が出せない人も多いはず。 でも、この方法を用いるだけで簡単にあさりを美味しく食べることができます。 慣れてしまえば、簡単にできるのでぜひチャレンジしてみてください。 特に50度洗いで砂抜きをするときに気を付けたいところをまとめますね。

次の