赤クマ 解消。 メイクでクマを隠したい!赤リップと口紅を使った簡単メイク

【医師監修】目の下のクマを簡単に取る解消法|たるみや血行不良を改善するマッサージ

赤クマ 解消

モテ子 寝不足ですって?いいえ、その色のクマは老化が原因です。 女性の印象を決めると言っても過言ではないパーツ、目。 でも、パッチリとした魅力的な目や長いまつ毛に恵まれていても、その真下にどんよりとした 「クマ」があっては、なんだか疲れた女性のように見えてしまいますよね。 このように、 「老い」の象徴かのように扱われるクマですが、若くてもあるという方も多いもの。 これは、クマに3つのタイプがあり、それぞれできる原因が異なるから。 今回は、 青・ 黒・ 茶クマ、それぞれの特徴と解消法をご紹介します。 ご自分のクマのタイプを知って、効率よくデリートしてしまいましょう。 デスクワーカーは危険!青クマとは 血行不良が主な原因 青クマの原因は、ズバリ 血行不良。 目の下の皮膚は、顔の中でも最も薄くデリケート。 血行不良により血中の酸素が不足すると、血液 ヘモグロビン が黒みがかってしまい、これが透けて青黒く見えるのです。 目の周りの血流が滞る主な原因は、 PCやスマホの酷使。 このため、現代女性の目の下には今、青クマが急増しているんです。 このほか、 睡眠不足や 肉体疲労、 ストレスや 冷えも青クマの代表的な原因。 更に、女性の場合は、生理により血行不良や貧血が引き起こされるため、生理中や生理前のみ青クマが現れることもあるんです。 見分けるには? 原因からも分かる通り、青クマは常にあるものではなく、その日の体調や月のリズムで変化するのが特徴。 若い方でもできるクマの代表でもあります。 目の下の皮膚を引っ張ると薄くなるので、ご自分のクマのタイプが分からない方はチェックしてみましょう。 解消法は血行促進と睡眠 青クマの解消法としてオススメしたいのは、 蒸しタオルでの血行促進。 レンジで30秒ほど加熱した濡れタオルを、少し冷まして目の上に置くだけです。 PC作業などで目を酷使した日には、市販のアイマスクを使用するのも効果的。 また、肉体的・精神的疲労から現れるものですから、睡眠を規則的にたっぷりとることも重要です。 青クマは「オレンジ系のコンシーラー」で隠すことも可能です。 ゴシゴシこすってない?茶クマとは 色素沈着が主な原因 茶色がかったクマができる原因は、 刺激や 紫外線による色素沈着。 日焼けした時にお肌が茶色くなるのと同じ仕組みで、刺激を受けた目の下の皮膚は自分を守るために 「メラニン色素」を生成します。 この部分の皮膚はデリケートなので、他の部位よりも紫外線ダメージを受けやすいもの。 このほか、クレンジングや洗顔時のゴシゴシ洗い、かゆみを感じた時に 目をこするクセ、 アイメイク時の力の入れすぎ、 乾燥などが、茶クマを生み出す「刺激」となるもの。 アイシャドウチップや指、涙袋コスメを強く押し当てている人は気をつけて。 見分けるには? 茶クマは目の下の皮膚を引っ張っても薄くならないのが特徴。 皮膚に色が染みついているわけですから当然ですよね。 後述する 「たるみによる黒クマ」は、重力に逆らうように上を向くことで薄くなるのですが、茶クマはこの方法でも消えません。 解消法は保湿と美白ケア まずは紫外線ダメージを軽減するために、目の周りの UVケアを入念に。 スキンケア時には、メラニンの生成を抑制してくれるビタミンC誘導体やハイドロキノン誘導体などを含だ美白コスメをチョイスしてみましょう。 乾燥も茶クマの原因ですから、アイクリームなどを使って丁寧な保湿を心がけて。 食事面でも、美白食材である トマトや 柑橘類、 鮭などを積極的に摂って、目元の色白肌の再生を促しましょう。 茶クマは「イエロー系のコンシーラー」で隠せますが、くれぐれも 摩擦を与えないよう気をつけながら使うこと。 摩擦厳禁の茶クマさんは、目元のマッサージなども控えた方が良いでしょう。 これぞ老化の証!黒クマとは 老化とむくみが主な原因 黒クマの別名は 「影クマ」。 目の周りの筋肉が衰えて たるむことによりできる影、これが黒クマの正体です。 ハリのあった涙袋が垂れ下がって 目袋になっているという人は要注意。 また、 目元の乾燥も皮膚たるみの原因になるので保湿も怠らないで。 加齢により目の下の脂肪が減少することによる窪みや、顔のむくみも黒クマの原因。 このほか、骨格や目の下の脂肪の薄さ、遺伝により、生まれつき影クマがある方も多々見受けられます。 見分けるには? 黒クマはたるんだ皮膚や 筋肉の影が原因ですから、上を向いた状態で鏡を見たり、皮膚を引っ張ると薄くなります。 また、「影」なのでコンシーラーでカバーしきれないのも、やや残念ですが、見分けやすい特徴の一つ。 20代後半や30代あたりから出現し始めるクマの多くは黒クマなので、年齢もひとつの指標にしてみて。 解消法は眼輪筋エクサとハリ感UPケア 下まぶたの筋力を取り戻し、皮膚の弾力とハリ感を甦らせること、つまりは 「目元のアンチエイジングケア」が有効な黒クマの解消法になります。 目をギュッと閉じて大きく開くエクササイズを繰り返したり、ヒアルロン酸やコラーゲン配合のアイケアコスメを使用してみましょう。 むくみが原因の場合は、塩分を控え、入浴や運動で汗を流して。 メイクの時には、パール感のあるコンシーラーでハリ感を演出したり、ベージュ系やオークル系のコンシーラーを薄く広く馴染ませるのが良いでしょう。 今回ご紹介した解消法は、クマの改善だけでなく、 目元のお肌や 全身の健康にも繋がるものばかり。 ご自分のクマタイプに合わせて実践してみてくださいね!.

次の

赤クマの原因・解消法・自力対策【目の下の専門クリニックが解説】

赤クマ 解消

赤クマの症状や原因、解消法などを説明します。 赤クマができる原因 仕事や電車の中、パソコンやスマホの画面を長時間見ていると、よく、目が乾燥したり、重く感じたりすることがあると思います。 また、指で引っ掻いてしまったわけでも、虫に刺されたわけでもないのに、 目の下の部分がほんのりと赤く腫れたりすることはありませんか。 もし、その部分を指でそっと引き下げた時に、赤みがもっと濃くなるようであれば、それは赤クマかもしれせん。 これは、下まぶたの奥から脂肪が押し出されて、それを覆っている筋肉が皮膚の下に透けて見えている状態です。 原因は、 年齢からくる皮膚のたるみ・目周りの血行不良・疲れなど。 血管がつまることで、赤みを帯びる場合もあります。 クマの症状の中では比較的軽いほうですが、 そのままにしておくと肌のたるみが悪化する場合もあるので、解消するには早めのケアが必要です。 赤クマの特徴と見分け方 目の下部分がプクッと膨らんでしまう赤クマ。 目の酷使や寝不足などあらゆる理由で目の周りに血行不良が生じることや目の下のふくらみである眼窩脂肪(がんかしぼう)の突出が主な原因です。 青クマが静脈のうっ血であるのに対し、 赤クマは静脈と動脈両方のうっ血。 目の下にふくらみが出てきたら、赤クマの前兆かもしれません。 クマのなかでは軽度と言われているので、赤クマが現れたとしても神経質になる必要はありません。 しかし、油断して放っておくと青クマや黒クマになってしまうことも。 普段から長時間パソコンやスマホを見ることが多い方は、定期的に目を休ませる時間をつくるように意識しましょう。 初期の段階で治すことが望ましく、生活を見直すだけで改善が見られるケースもあります。 眼窩脂肪が突出している場合は、専門のクリニックが行う「脱脂術」によって赤クマを取り除く方法が有効です。 赤クマは目の下が赤くなったり腫れたりするパターンが多いので、比較的わかりやすいと言えます。 ほかにも、頬のやや上部分に指を当てて目の下の皮膚を上下に引っ張る方法があります。 このときに赤みが増すなら赤クマの可能性が高いと言えるでしょう。 一番良いのは、クリニックで診てもらうこと。 クマに限ることではありませんが、自己判断せずに専門分野の機関に相談すれば、的確な診断はもちろん改善法・治療法を一気に知ることができます。 目はデリケートな部分なだけでなく、人目につきやすい箇所でもあります。 たかがクマだと思わず、早めにケアや治療を行うことが大切です。 赤クマの効果的な解消法 赤クマは軽度の症状なので、気づいた時点ですぐにケアしていけば、クマを解消できます。 明日から簡単に出来る、赤クマの解消方法を紹介します。 目の負担を軽減しよう 主な原因は目の疲れなので、まず、パソコンやスマホの画面を長時間集中して見続けることは避けましょう。 仕事上避けられない場合には、例えばコンタクトではなく、専用メガネに変えるなどして、目の負担を減らすことも効果的です。 ホットタオルで目周りを温めよう 夜寝る前5分間、温かい蒸しタオルを目の上にのせます。 皮膚が薄いので、温度が高すぎないように注意して下さい。 温めた後、軽く目周りを指で押してマッサージすると、より効果的です。 毎日続けることで、目の疲れがとれるとともに、目周りの筋肉もほぐれてきます。 ハリも出てくるので、目元の若返り効果も期待できますね。 ビタミンkを摂取しよう 毛細血管内の血液が拡張するのを抑える働きがある、ビタミンK。 これをしっかり摂ることで、顔全体の赤みが抑えられます。 ビタミンKを含む食べ物は、海藻類やシソ、パセリ、ひき割り納豆などがあります。 メイクでの隠し方 突然できてしまった赤クマ。 できることなら人目につく前にスッキリと解消させたいですよね。 赤クマは他のクマと比べて改善しやすいと言われていますが、すぐに消すのは難しいもの。 目の周りのメイクがバッチリでも、クマがあるだけで一気に疲れ顔や老け顔に見えてしまいます。 赤クマをうまく隠すのに最適なメイクの方法を紹介するので、参考にしてみてください。 クマを隠す際の必需品といえばコンシーラーです。 赤みを抑えてくれますよ。 かなり濃い場合はグリーン系を選ぶのがおすすめ。 目元の皮膚はデリケートな部分なので、指で優しくのばすか筆タイプのものでサラッと塗ると良いですよ。 コンシーラーがなじんだら、スポンジを使って余分な油分を取り除きましょう。 フェイスパウダーやベビーパウダーを軽くのせておくと、ファンデーションをつけてもメイク崩れが起きにくくなります。 アイシャドウはグリーン系でまとめましょう。 ピンクや赤系は女性らしさが増す人気色ですが、ここでは避けるのがベターです。 手っ取り早く赤クマを治したいなら 目に負担をかけないようにしたり目の周りを温めたりと、赤クマの改善方法はさまざま。 ほとんどが血行を良くするための手段です。 ただ、これらは赤クマが解消されるまで毎日ケアを継続することが必要があります。 メイクについても、一時的にカバーするのに役立つとはいえ解消にはつながりません。 手っ取り早く解消したい場合は、クリニックで「脱脂術」を受けるのがおすすめです。 ほとんどのクリニックが赤クマ・茶クマ・黒クマなどそれぞれに対して細かく治療法をわけているので、そのなかでもより専門性が高いクリニックを選びましょう。 ヒアルロン酸注射だけでの解消は難しく、眼窩脂肪の突出自体を改善する必要があるので、施術方法を事前に確認することが大切です。 また以前は切開が当たり前でしたが、近年は皮膚を切らない施術やノーダウンタイムを実現しているクリニックもありますよ。 赤クマはほかのクマと比べると比較的軽度と言われているそうです。 だからと言って放っておくのはNG。 たるみの原因になりかねません。 気づいたら解消に向けて早めに動きましょう。

次の

赤クマの原因と解消法

赤クマ 解消

赤クマについて 目の下が赤く腫れているようなクマを 赤クマと言います。 青クマが静脈のうっ血に対して、赤クマは 静脈・動脈両方のうっ血です。 目の下にふくらみが出来始めたら、赤クマになる前触れです。 この時点で、蒸しタオルなどで目の周りを温めることでクマを防げます。 赤クマは、他のクマよりも軽度なので、神経質になる必要はありませんが、 油断すると青クマや黒クマになってしまうこともあるので注意が必要です。 血行不良や目元のたるみからくる赤クマ。 血行促進のためには、 しっかりと睡眠をとることが必要です。 目を使い過ぎるのも赤クマにはよくありません。 長時間のパソコン作業なども適度に休みを取って行うようにしましょう。 赤クマの予防 赤クマ予防には ビタミンKが効果的と言われています。 ビタミンKは顔の赤みに効果があり、血液の拡張を抑える働きが期待出来ます。 精神的なものから病的なものまで、顔の赤みの原因は様々ですが、赤くなる原因となる毛細血管内の拡張を押さえてくれるのです。 ビタミンKが多く含まれている食べ物といえば、 ひき割り納豆・パセリ・しそ・海藻類です。 皮膚を引っ張ると赤みが増す赤クマは分かりやすいので、改善を実感するのも分かりやすいです。 目の下で血栓症が起きる事で出来る赤クマ、体の中からしっかりと予防することにより、目に無駄な疲労を溜めこまずクマをシャットダウンさせることに繋がるので、まずは ビタミンKを取り入れ効果的にクマを事前に防いでいきましょう。 赤クマが進化をすればケアが困難になっていくので、赤クマのうちに撃退するのが大切です。 赤くまの原因と診断方法、改善方法 理由 血行不良、血栓症 原因 目を酷使、寝不足 診断方法 目の下にぷっくらとふくらみがある。 重症度 軽度 眼輪筋という筋肉が透過したり 眼窩脂肪が突出し赤く腫れているように見えます。 膨らんでいるということは同時に影が出来、黒クマが出来てしまう事もあります。 つまり赤く膨らんでしまっている状態のくまを赤クマと呼ばれています。 主にパソコンやテレビ、携帯電話など長時間目を酷使しることによって生じます。 くまとしては軽度な状態ですが、放っておくと たるみの原因にもなり血行を促進することが先決です。 ホットタオルを目に覆うなどして血行が良くなれば改善されます。 ただ、睡眠も同時にしっかりとることで解消されるくまで、疲れを解消させるのが一番の方法です。 また血行促進は目だけではなく、風呂などにつかるなど全身の血行にも気を配りましょう。 とにかく 疲れを残さない事が大事です。 血栓症によって引き起こされる赤くまの場合には、ビタミンKを摂ることを心がけ海藻類の摂取やビタミンKが配合されている化粧品を使うなどする対策をすると良いと思います。

次の