複合機 無線lan 富士ゼロックス。 【7月限定特価】富士ゼロックスカラー複合機 DocuCentre

パソコンと複合機(ゼロックス)をLANケーブルでつないで...

複合機 無線lan 富士ゼロックス

ゼロックスはたくさんのタイプがありますので単に複合機(ゼロックス)だけでは誰も分かりません。 型番も質問にないなら取説をダウンロードして読んだ方が早いでしょうね。 補足----------------------------------- 取説は富士ゼロックスのHPから落とせます。 簡単に説明すると管理者モードに入って。 ネットワーク設定をします。 あとはWindows上からアプリケーションを導入すれば複合機を自動的に探してプリンタードライバーをインストールします。 ネットワークの知識がないとちょっと難しいかもしれません。 説明するととてつもなく長くなるので取説を読んで分からないところを質問してください。 管理者モード設定用のパスワードを忘れていたらすべては水の泡ですので用心してください。 元に戻せますが、ゼロックスの保守員を呼ぶ必要がある機種もあります。

次の

複合機をwifiでつなぐ!? オフィスの無線化(ワイヤレス化)のススメ

複合機 無線lan 富士ゼロックス

複合機(コピー機)の接続方法としては有線・無線LAN接続だけではありません。 パソコンにドライバーをインストールし、複合機(コピー機)とつなげるだけ。 1対1での接続なので通信が安定しやすく、他の機器に割り込まれる危険もありません。 反面、USBケーブルの長さは5m前後と短く、広範囲での接続は難しいのが難点です。 USBとは異なり、1対2や1対3とハブを使うことで複数のパソコンで共有できます。 また、LANケーブルには何十mのものがあり、広範囲での接続も可能です。 電波が届く範囲であればいい上に、複数のパソコンでも問題なく供給できます。 現在、複合機(コピー機)との接続方法としてもっとも進められているものです。 ルーターのような機器を設置する必要はないものの、電波が弱いので通信距離は10mほど。 かつ、通信速度が遅いので無線LANに比べると印刷開始までに時間がかかります。 Bluetoothしか選択肢がないならまだしも、無線であれば無線LANで十分です。 もはや一般家庭ではまず見かけませんが、まだ使っているオフィスもあるそうです。 これから複合機を導入するのであれば、他の接続方法を選ぶのがいいでしょう。 複合機(コピー機)との有線・無線lan接続で気をつけること 複合機(コピー機)との接続には有線・無線LAN接続のどちらかが良いのは確かです。 では、有線・無線LAN接続で気をつけるべきこと、注意点についてご紹介しましょう。 有線LANで気をつけること 有線LANを利用する上で気をつけるべきことは主に2つ。 パソコンが1,2台の小規模オフィスならまだしも、10台,20台と増えれば大変です。 デスクの配置からパソコンの台数、配線のレイアウトなど素人では難しいこともあります。 普段の利用状況、社員の動きを考慮した上で専門の業者と相談して決めるのが良いでしょう。 拡張性が低い 次に、有線LANを拡張するには配線を分ける、または引き直すことに。 社員が増えればパソコンも増設することに、複合機とも配線する必要があります。 配線に余裕があればいいですが、ないなら再工事する必要があるのです。 拡張するのは大変なので、導入からある程度の余裕を持たせることが大切です。 無線LANで気をつけること 無線LANを利用する上で気をつけるべきことも主に2つ。 電波を拾えるということは、通信に割り込んで情報を盗みだすことも可能ということ。 複合機(コピー機)がサイバー攻撃に遭い、ネットワーク全体が乗っ取られる危険性もあるのです。 無線には常に情報漏洩のリスクがあるとして、万全のセキュリティ対策が求められます。 その為、無線LANルーターに障害が起こると、すべての通信(電波)が切れることに。 複合機(コピー機)が使えないのはもちろん、ネットワーク自体に接続できなくなるのです。 複合機(コピー機)に無線LANを使うとして、すべてを無線にするのはおすすめしません。 複合機(コピー機)との接続にはセキュリティ対策を 複合機(コピー機)との接続には有線・無線、特に無線LAN接続が良いと言えます。 複合機(コピー機)ではパソコン上で管理できるよう管理者を設定できます。 しかし、管理者パスワードを設置した時点のまま、変更していないことが多いのです。 管理者パスワードを変更していないと、第三者から簡単に予測され不正アクセスされます。 複合機には日々の印刷やコピー、ファックスなどのデータが蓄積しています。 もし不正アクセスされれば機密資料が外部に漏洩するかもしれません。 複合機(コピー機)を導入したときには、まず管理者パスワードを設定しておきましょう。 もしパソコンからネットワーク、ネットワークから複合機までが直通なのだとしたら危険です。 パソコンまたは複合機のどちらかが不正アクセスされれば、ネットワーク全体が乗っ取られます。 ファイヤウォールとはネットワークへの不信なアクセスを判断し遮断・通報するシステムのこと。 また、暗号化通信とは無線LANルーターなどアクセスポイント間の通信を暗号化するシステムです。 ネットワークを保護していれば、万が一に第三者から狙われても機密情報を守れます。 先述した通り、無線LAN接続では電波の届く範囲であればどこでも通信できます。 仮にオフィスの外からであっても、電波さえ届くのであればネットワークを利用できるのです。 ネットワーク上で利用者を制限していなければ、知らずに利用されているかもしれません。 ネットワークでは利用者に対して個別のIDとパスワードを設定し、その都度要求を。 IDとパスワードが分からなければ、電波が届いてもネットワークは利用できない訳です。 利用履歴も残せるので、万が一に情報漏洩しても原因がどこか判断しやすいと言えます。 まとめ 新しく複合機(コピー機)を導入するのなら、有線・無線LAN接続がおすすめです。 特に、無線LAN接続は電波の届く範囲なので導入しやすく、将来的な拡張性もあります。 配線をする必要もないので、オフィス内をすっきりさせたいのであれば無線LAN接続が良いです。 ぜひ利用環境に合わせた有線・無線LAN接続を選び、適切なセキュリティ対策を施しましょう。 ちなみに、OFFICE110では複合機(コピー機)のより安全な導入、管理のサポートを行っています。 「有線・無線LAN接続にしようか迷ってる…」という方は、ぜひ.

次の

複合機をwifiでつなぐ!? オフィスの無線化(ワイヤレス化)のススメ

複合機 無線lan 富士ゼロックス

オフィスをワイヤレス化することは、オフィスのレイアウトをスッキリさせるだけでなく業務効率を飛躍的に改善できるメリットがあります。 オフィスのワイヤレス化とは パソコンや複合機などを使用するには、従来インターネット回線や電話回線で機器を配線する必要がありました(=有線接続)。 しかし、インターネットの高速化、無線LANが一般化したことなどにより、機器を直接ケーブルで接続しなくてもインターネットやFAX、電話などの機能が使用できるようになりました。 このように通信機器を有線接続から無線接続に切り替えることをオフィスのワイヤレス化、無線化といいます。 パソコンのみという様に部分的に無線化しているオフィスもあれば、全ての機器を無線で接続しているオフィスもあります。 なお、オフィスの機器をすべて無線化した場合でも、電源ケーブルは必要です。 オフィスのワイヤレス化のメリット 一般的に、オフィスのワイヤレス化には以下のようなメリットがあります。 すっきりしたレイアウト 有線接続のケーブルは意外に一本が長く、デスクの下や棚の裏側など目に見えない場所に隠そうとしてもなかなか完全に隠しきることは難しいものです。 また、オフィスをレイアウトする際にも電話線やHUBから配線できる位置に機器を設置しなければならないため、本来設置したい場所に機器を置けない場合があります。 また、オフィスのレイアウト変更をする際にはそれに伴って通信機器を移動させなければなりません。 しかし、ケーブル配線をした状態であれば移動先が制限されてしまうことに加えて、ケーブルを一旦抜いて絡み合わないようにきれいに整えながら再度同じ機器に差し込むという非常に手間のかかる作業が必要になります。 通信機器をワイヤレス化した場合には、こうした不都合が解消されます。 業務効率化 オフィスの無線化は業務効率の面でも大きなメリットがあります。 例えば、ノートパソコンを会議室に持ち運んで、自身が作業した状態のままインターネットの閲覧や資料のプリントアウトができます。 他にも、複合機をワイヤレス化した場合にはスタッフの私用スマートフォンから資料を印刷したり、来訪者のノートパソコンからデータを印刷したりするような使い方も可能になります。 オフィスのワイヤレス化の注意点 無線LAN化は以前に比べ容易になり、手軽に導入できるものになりましたが、注意点にも配慮しておく必要があります。 オフィスのセキュリティ 無線LAN区間においては、 パソコンや複合機などに悪意のある第三者よりデータの閲覧や改ざんをされてしまうリスクがあります。 あるいは、 電波の妨害などの攻撃を受けるリスクもあります。 ネットワークを構築する際に、工事業者に対して納得がいくまで確認をしてリスク対策を取りましょう。 通信状態は有線と比較すると不安定に インターネットの高速化、アクセスポイントの性能の向上などにより無線(ワイヤレス)環境でも非常に通信が安定していますが、それでも 有線接続と比較すると不安定であることは間違いありません。 電波環境や機器の状態に気を配り、通信が断線してしまわない様に事前に注意しておく必要があります。 複合機ワイヤレス化の種類 複合機をワイヤレス化は、主に3つの接続方法があります。 無線LANルータ(アクセスポイント)を設置して接続する オフィス内に設置した無線LANルータから、パソコンや複合機に電波を供給します。 従来は無線接続する際には、この方法しかなく、「複合機のワイヤレス化」といった場合にはもっとも一般的な方法です。 こうした接続方法をインフラストラクチャーモードといいます。 Wi-Fiダイレクト Wi-Fiダイレクトとは、無線LANルータを使わずに、Wi-Fi機能が搭載されているパソコンやスマートフォン、複合機などの機器同士を無線で直接つなげることができる仕組みのことを指します。 Wi-Fiダイレクト搭載の場合は、アクセスポイントが不要であることに加えスマートフォンにアプリをダウンロードすると画像やデータを直接転送できるなどのメリットもあります。 アドホックモード Wi-Fiダイレクトに非常によく似ていて、無線LANルータを使用せずに機器同士を直接Wi-Fiで接続する方法です。 使用する上では、Wi-Fiダイレクトとほぼ変わりませんが、アドホックモードは不慣れな方にとっては初期設定が非常に困難という特徴があります。 ワイヤレス化対応の複合機(富士ゼロックス、リコー) ワイヤレス化に対応した複合機を紹介します。 ここでは、とを紹介します。 富士ゼロックス DocuCentre-V C2263 「サイズはコンパクト、可能性はワイド」というキャッチコピーが付けられており、コンパクトな設計ながら上位機種に負けない性能を持った複合機です。 カラー文書の大量スキャンがスムーズに読み取れたり、受信したFAXを親展ボックスに蓄積しサムネイルで確認した後用紙出力が出来たりするなど、基本性能の高さと効率的な作業を可能とする機能に優れた機種です。 この機種では、オプションとして 無線LANコンバーターが利用できます。 無線LANコンバーターとは有線LANの電波を無線LANno電波に変換してくれる機器のことをいいます。 無線LANコンバーターによって、アクセスポイントがなくても複合機を無線化することができます。 Wi-Fiダイレクトにも対応しています。 オフィス機器の印刷は無線LANルータから、スタッフのスマホからの印刷はWi-Fiダイレクトで 社内のネット環境にスタッフ個人のスマートフォンやタブレットを接続することはセキュリティの面で望ましくない場合があります。 インターネットウィルスへの感染や機密情報の漏洩などのリスク要因となるからです。 こうした場合には、スタッフ私用の端末を複合機にWi-Fiダイレクトを使用して接続をすれば、業務効率を落とさずに直接複合機からのプリントが可能です。 複合機に有線ネットワークを配信できない場合 オフィスのレイアウト上、複合機の位置まで有線ケーブルを引っ張ってこれない場合に、有線LANの電波をアクセスポイントと無線LANコンバーターで接続することで問題を解消できます。 こちらの複合機も Wi-Fiダイレクトに対応しています。 また、以下のダイレクト印刷に対応しています。 「AirPrint」 「AirPrint」とは同一ネットワーク上の複合機やコピー機を自動検索し、印刷することができる機能です。 iPhoneやiPadなどに標準搭載されています。 iPhoneやiPadユーザーにとっては追加のソフトウェアをダウンロードしなくても手軽に使用することができることが大きなメリットです。 「PictBridge規格」 オプション機能ではありますが、デジタルカメラと複合機を直接接続できる機能です。 まとめ.

次の