ジャブ ミックス 動画。 プロのパンチ解説動画!世界王者の井上尚弥も使うボディブロー日本チャンピオンが教える左ボディ(レバーブロー)の打ち方

YouTubeで表示される広告が消せることをご存知ですか?

ジャブ ミックス 動画

youtube. foredooming. foredooming. youtube. tom gmail. com Administrator Sports movies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 2,962• 1,407• 737• 818• 786• 181• 216• 178• 212• 1,087• 207• 152• 653• 641• 318• 148• 409• 130• 937• 501• 210• 226• 427• 166• 240• 971• 464• 507 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

グループファイトAPR19使用曲・動画・コリオリスト[MOSSA GROUP FIGHT TRACK LISTING]

ジャブ ミックス 動画

youtube. foredooming. foredooming. youtube. tom gmail. com Administrator Sports movies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 2,962• 1,407• 737• 818• 786• 181• 216• 178• 212• 1,087• 207• 152• 653• 641• 318• 148• 409• 130• 937• 501• 210• 226• 427• 166• 240• 971• 464• 507 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

男女室内格闘そのままSEX1 杏子ゆう

ジャブ ミックス 動画

ここは都心からバスとフェリーを乗り継いで約2時間のとあるリゾート島。 ふと、島の港から続く道にキャリーケースを引いた見覚えのある顔があった。 「あれ、… もしかして月村くん?」 「あ… 君は…」 「私詩乃だよ、日坂詩乃。 ホラ、本土のボクシング大会の試合で一度当たった」 「…ああ、そうだった。 思い出した、たしか学年も一緒だったよね」 ショートボブの似合う少女は日坂詩乃。 18歳の女子高生で、こう見えてもこの島の第6区を拠点に活動しているボクサーだ。 「久しぶりじゃん~!元気にしてた?月村くんもこの島に来たってことは第6区で活動するの?」 「…うん、そうだよ」 このリゾート島は経済成長の促進という大義名分のもと、国によって制定された規制緩和法によりあらゆる法的な制約が取り除かれたされた特区の集まりだ。 カジノ、軽度な薬物、風俗、はたまた度を超えたモータースポーツなどが、最低限の秩序を残して許されていた。 その中でもここ6区は格闘系の興行が行われる特区である。 6区にはいくつかの闘技場があり、プロレス、総合格闘技、ボクシングを始めとしたいくつかの興行団体が存在している。 そして、そのどれもが本土の団体に比べて暴力的、あるいは性的にエスカレートしたルールを採用している。 この6区で開催されているボクシング興行「グリード・フォース・ボックス(GFB)」は決着は判定なしのKOのみという過激なルールで、島の中でも上位の人気を持つ興行である。 選手にとっても過酷な試合ではあるが、世界でも有数に金回りのいいこの島での活動は、それなりの報酬が約束されていた。 「やっぱボクシング続けてたんだね! 月村くんもお金に困って来た感じ?それとも、もしかして本土の試合じゃ物足りないくらいの戦闘狂だった?」 「そりゃ金銭的な事情ではあるけどさ…こっちにも色々あるんだよ。 」 「…ごめんね。 久々に会って聞くようなことじゃなかったね… じゃあ私ランニングの続き行ってくるから!ほら、この島の海岸線きれいでしょ?他にもたくさんスポットがあるから、月村君もゆっくり島を満喫していきなよ。 じゃあね!」 「あ... 」 月村操が返事をする前に詩乃は走り去る。 月村操は詩乃とのやりとりに面食らいつつも、見知らぬ土地での緊張が解け、詩乃に手をふりながら笑った。 「あ!」 少し走ったところで詩乃が思い出したように振り返った。 「もし、リングの上で会ったときは、その時はよろしくね」 … 詩乃はランニングをしながら記憶を思い起こしていた。 詩乃よりやや高い身長173cmで端正な顔立ち。 幼いころから空手をやっていたが高校の入学と同時にボクシングを始めた。 堅実で粘り強い攻めが特徴で県大会級レベルでの優勝経験もある。 詩乃は本土の大会で一度戦ったことがある。 1年半前、高校の関東ボクシング選手権。 女子の選手層の薄さから男子部門にエントリーしていた詩乃は3回戦で彼と対決し、ほぼ互角の戦いで検討したものの後半のラウンドのポイント差で判定負けした。 詩乃は彼に負けた大会のあとスタミナに課題があると認識してトレーニングに励んだが、その後特にリベンジの機会はなく、そのうちこの島の特区に活動の場を移した。 とはいっても遺恨というほどのものはなかった。 ただ詩乃もこれまでに過酷なトレーニングと実践を積んできた。 その実力が試せる機会がまた増えたと思うと帰り道で少し気持ちが高ぶった。 [newpage] 3日後… ここは「グリード・フォース・ボックス(GFB)」の興業が行われる試合会場。 会場は大入りで、詩乃はリングの上で試合開始を待っている。 対峙する相手は…先日ばったり出くわした月村操だった。 本土と違いこの興業の場合、メインマッチを除いて対戦相手のマッチングは当日に発表される。 そして男女混合の試合が一定の割合で日常的にある。 ただしその機会は一般と比べて低く、詩乃もさすがにこれほど早く操と対戦することになるとは思っていなかった。 「しょっぱなからいきなり彼と当てられるってのはやっぱそういうことね…」 GFBの運営も詩乃と操のいきさつを分かっていて今回の試合のマッチングを決めた可能性が高い。 単純に思春期の男女が殴り合う姿は人気が出そうだという理由もあるだろうが… 試合開始までまもなくとなり、リングの中央で詩乃と操は対峙する。 詩乃も操もまっすぐに相手を見据える。 「まさかあの後のこの舞台で、いきなりとはマッチングするとはね… 初めてのリゾート島は満喫できた?まあ私は月村くんとまた試合がてきて嬉しいけど」 「…さすがにここでの初めての対戦相手が同年代の女子だとは思ってなかったよ」 「…おかしな話だよね。 この試合のルールは当然知ってると思うけど、容赦はしないからね」 詩乃からは3日前の笑みは消えていた。 操は詩乃の目を見て答える。 「俺も大事な初戦を女子相手に落とすわけにはいかないから」 「いいね、望むところだよ、その顔、粉砕してあげるから」 詩乃は「女子相手に」というワードにカチンと来てしまい、ガラになく過激な言葉をかける。 操は詩乃の過激なKO宣言に驚くと同時に、緊張が走る。 ここからは同世代の女子とスポーツの枠にはおさまらない、果し合いが始まるのだ。 そして、ゴングは鳴らされた。 [newpage] 1ラウンドが始まり、詩乃と操はお互いに様子を見る。 前半、操はフットワークで距離をはかりつつ、ジャブで牽制を入れ相手の出方をうかがう。 詩乃は軽くガードで流し、距離を取る。 操は深追いはせず、再度攻撃の機会をうかがう。 (ま、むっつりの月村君ならまず様子をみるよね) 詩乃は攻撃を何度か流した後、距離を取ると見せかけて右ストレートを打つ! これはかわされるも即座に距離を詰めフックを放つがこれも操はスウェーでかわす。 (想像より速い!回避の選択を間違えてたら危なかったな…) 操はジャブで牽制を入れつつ後退し、攻撃を組み立てなおしたところでゴングが鳴った。 詩乃は面白くなく、少し操を挑発する。 「やけに消極的じゃん。 そんなので勝てるの?」 「…あとで這いつくばらせてやるからそう急かすなよ。 」 売り言葉に買い言葉で操の言葉も珍しく熱くなっていた。 そして2ラウンド目が始まる。 しかし、1ラウンド同様お互いを崩せないまま経過していき、詩乃はややフラストレーションがたまったまま終了する。 逆に操は初試合という緊張が解け、冷静さを取り戻しつつあった。 普段異性と触れ合うことのなかった操は、いけないと思いつつもやはり異性に対しての感情を抱えてしまっていた。 女子と会話したのは久しぶりだったし、詩乃は顔もかなり可愛いほうなので致し方なしであった。 しかし2ラウンド目までに詩乃が油断してよい相手ではないと気付いたこと、また運動量が上がるにつれ緊張と邪念は解けたことで、対戦相手として冷静な分析ができるようになっていた。 (こっからは本気で打ちのめす… 悪く思うなよ日坂!) 3ラウンド目、 2ラウンドまでとはうって変わって操は積極的に詩乃にジャブを軸にしたコンビネーションを放つ。 パンッ!パシッッ! 詩乃はこれをスウェーでかわそうとするが、僅かなリーチの差で、操は何度か詩乃にストレートを当てることに成功する。 (今までよりリーチが伸びてる!もうちょっと過小評価してたら危なかったな) ダメージとしてはさほどなかったため詩乃は落ち着いて反撃のチャンスをうかがう。 詩乃は操のパンチをかわして距離を詰める機会をうかがう。 (今だ!) 詩乃は操のストレートを掠りながら一気に距離を詰め、下方向から拳を打ち放つ。 バキッ! 詩乃の放ったアッパーは手ごたえがなく、次の瞬間には詩乃はリングに膝をついていた。 アッパーはかわされ、操のフックを右顎に被弾していたのだ。 この展開は操の得意なコンビネーションの一つだ。 アッパーを放つ瞬間に詩乃は誘い込まれたことを理解したが間に合わなかった。 「ダウン!」 レフェリーがカウントを取る。 (いたた… ちょっと冒険しすぎちゃったか… 反省) 詩乃は膝をついた状態で息を整える。 操はダウンした詩乃を見下ろし、KOにはいたらないことを確認すると落ち着いてコーナーポストへ戻る。 この興行は1カウントが長く立ち上がる猶予は大目に確保されている。 (立ち上がれる分泥仕合となり、過酷さは上がるのだが) よって試合に勝つにはカウントからの復帰が不可能なダメージを最終的に与える必要がある。 そのため詩乃はパンチ力向上のために筋力を増強するトレーニングを続けてきた。 詩乃はカウント中に落ち着いて息を整え、カウント7で立ち上がる。 この程度のダウンはここでは問題ない。 顎への打撃で脳震盪を起こしていれば危なかっただろう。 (やっぱ、月村くんは喧嘩上がりの奴と違って駆け引きがうまい…さあどうやって反撃を組み立てるかな…) [newpage] 詩乃が立ち上がり、試合が再開されると操は勝負を決めるべくラッシュを仕掛ける。 距離を詰めフックでガードの上から詩乃を揺さぶり、ボディブローを織り交ぜながら前進する。 (さっきは女子の癖にいっちょ前に挑発しやがって!ほら、さっきまでの威勢はどうした!?) 操はここで仕留めるべく無我夢中でパンチを打ち続ける。 詩乃はガードを固めつつ後退しながらダッキングを織り交ぜこれをなんとか堪える。 (この感じ…次に大振りの右フックが来る!) パキャ! 会場に乾いた打撃音が響き渡った。 ダウンから少し遅れて顎と頭にビリビリとした痛みが現れ、自身がアッパーで仕留められたことを理解した。 詩乃は試合前に以前の大会で操に敗れた際の動画を確認していた。 敗戦を喫した悔しさから何度も見た映像である。 その中で詩乃は操の得意なコンビネーション、悪く言えばテンプレートがあることを把握していた。 パンチの展開のパターン、分岐も詩乃はできるだけ頭に入れていた。 無論すべてのパターンが想定通り発生し、それに対応することはできないが、ある程度まで有利なジャンケンに持ち込むことができると詩乃はふんでいた。 そしてそれが正しいことがわかり、詩乃は自信をつける。 「… 私、月村君の動きは何度も見直して対策してきたから…前みたいにはいかないよ」 (クソっ!たまたまの当たりでいい気になりやがって…! ) 4ラウンド目、 前ラウンドと真逆の展開となり、今度は詩乃が積極的に距離を詰め、攻撃を仕掛けていく。 操は前のラウンドのダメージが少し残っていたが、ロープを背負わないよう動き続け、たまに攻撃を返しながら全神経を集中させてチャンスをうかがう。 (考えろ!集中しろ!ここを打開しないと…女子相手に負けることになる…!) 操はラウンドの中盤まで、多少被弾しつつも、詩乃の猛攻をなんとかやり過ごす。 そして後半に差し掛かり、操は打開のための反撃をうかがう。 詩乃の右フックをダッキングでかわして操がカウンターのアッパーを繰り出す。 (ここでカウンターを食らわせる!) これも詩乃はギリギリのところで回避し右ストレートを放つが、同時に操もカウンターのストレートを放つ! バキッ!! 両者のパンチがヒットするが、ほぼ顔の正面からパンチをうけた操は後方に倒れこんでしまう。 詩乃は顎に打撃を受けるがなんとか持ちこたえる。 「ダウン!」 操はラウンド開始早々、2度目のダウンを奪われる。 「がっ… はぁっ、はぁっ… くそっ…!」 操はカウント中うずくまった姿勢で回復に努める。 (いける…!ここに来てわかったけど、やはりパンチ力は私のほうが上!月村君に... 勝てる!) そして打たれ強さも重心が低い私の方が僅かに上だ、と詩乃は確信した。 男子選手相手に正面から打ち負けない事実がわかり、詩乃は自信をつけ、攻撃の選択肢を広げる。 操は立ち上がり試合が再開されると、詩乃は姿勢を低くし、猪のように操にむかって突撃する! バシッ!バキッ! 操はダメージで足が思うように動かなくなっており、ガードの上から腕をボディを殴られ続ける! カーン! ここでラウンド終了のゴングが鳴り、詩乃は少し落胆する。 「ハァッ…ハァッ… 今ので決めたかったけど残念ね。 (くそっ…なんなんだ!どうしてこんなことになってるんだ…!以前戦った時よりも、明らかにパンチ力が強くなってる…! 早急に展開を立て直さないとマズい!) 相手が女子の詩乃であると知ったときから、全く予想していない展開だった。 操はインターバル中に腫れた左目の処置は受けるが、体力の回復には程遠いままインターバルが終了する。 立ち上がりながらコーナーの詩乃を見る。 詩乃もじっと操を見つめている。 詩乃はこのラウンドで勝負を決めるべく、またも操に向かっていき猛攻を仕掛ける。 「うっ、、うわあっ!」 混乱した操は引いてやり過ごすという選択肢が抜け落ちてしまっていた。 そして闇雲といえる反撃をしてしまう。 操は自身の癖が出てしまったことをここで完全に自覚した。 ボグッ!! 無防備となった操の顔面を詩乃の重い右フックが打ちはじいた この瞬間、操は初めて詩乃に対して畏怖の念のようなものを抱いてしまったことに気づいた。 数分前の彼女の言葉ははったりではなかったことを知ったからだ。 移動はかろうじてできるものの足は震え、感覚がなくなりつつあった。 (いける…!このラウンドで彼を終わらせる!) 足にきている操に詩乃は猛ラッシュをかける。 操はなんとかウィービングでかわそうとするが、詩乃の手数に追いつけず徐々に被弾していく! ドス!ボゴッ!ドス!ボグッ!ドスドスドス! 「ごっ、ぐえっ、おごぉ… クソぉっ…!あがっ」 (ああっ…こいつ…まだどれだけの体力が…距離を取って…) 無論、部活動でのボクシングならTKO負けとなる展開だが、試合は終わらない。 ロープを背負い、固まった相手に、詩乃はガードの上からでもお構いなしにパンチを連打する! この時のためにスタミナ向上のトレーニングを積んで来た! ドカッ!バスッ!バキッ!… (うそだろ…負ける…?女子に…日坂に…?あ…あたまがぼーっとして…これ.. 死…ぬ…) これまでのスポーツとしてのボクシングでは経験したことのない、過剰なまでの暴力だった。 嵐のようなパンチの連打に操は腕と腹筋の蓄積ダメージが許容を超え、次第に防御は機能しなくなる。 「ハァッ、ハァッ…月村くんイきそうだね…」 「試合前に私が言ったこと覚えてる…?そろそろ…決めるよ…!」 詩乃は今日一番の威力パンチをここで使う意気込みでアッパーを放つ。 詩乃の大腿、ふくらはぎの筋肉が隆起し、地面を押し出す。 上方向への推進力が右手のグローブを押し上げる。 ちょうどその赤のグローブがガードで丸まり下を向いている操の顔面に真正面からめり込む。 ドグシャッ!!!!! 詩乃の赤いグローブは弧を描きながら上昇し、操の顔を押し潰して破壊する衝撃が手首から肩にかけてビリビリと伝わる。 その過程を詩乃はスローモーションのように体感していた。 操はアッパーの威力のモーメントで頭が上方向に回転し脳震盪を起こす。 微かな意識の中で、折れた鼻からあがる飛沫がライトの光をうけて赤くきらめくのをかろうじて感じていた。 (ああ.. いまどうなって…負け…? いや…まだだ…まだはん.. げきを…) 操は直立に近い態勢となり腕は下がり完全に無防備となった。 戦いとしての決着はここでついた。 しかし操は直立した状態のままで、興行としての勝負はまだ終わっていない。 「おれ... は… 勝たないと…いけな… 女子に…負けて…たまるk」 グッシャアッ!!! 詩乃は躊躇なくただ攻撃を受け入れるだけとなった操に、全体重を載せた大ぶりの右ストレートを放つ! 打ち出された詩乃の全力のパンチが操の左顔面に着弾した。 着弾の瞬間、操の頭部の表面は液体のように波打ち、右目は飛び出さんばかりにひん剥き、口からマウスピースが飛び出した。 この前のアッパーで折れた鼻から噴出した血しぶきが10メール先の客席まで届く。 パンチの威力で操の首は後ろに伸びきり、体はコーナーに押し込まれ、その反動で前に飛び出した。 詩乃は操の体を躱し、操はそのまま2回バウンドしうつ伏せに倒れ込んだ。 倒れこんだ操は完全に気絶したようで、レフェリーのカウント中も当然起き上がる様子は全くない。 詩乃はカウント中、肩で息をしながら自らが破壊した男子を見下ろす。 ものの20分前に自身と対等に向き合っていた端正な顔は崩れて血にまみれ、硬直のため不自然にピンと伸びた足が小刻みに痙攣を繰り返すのみである。 観客は派手なKO劇に湧き上がる。 これが「GFB」の敗者の悲惨さ、観客はこの落差を楽しんでいるのだ。 でも、ここはそういう場所だから、ごめんね。 と詩乃は心の中でつぶやいた。 10! 試合終了!勝者、日坂詩乃!!」 詩乃はかつて表の試合で破れた相手を打ちのめした高揚感と、顔を破壊され気絶した操への少しの心配と、最後まで全力で戦ってくれたことへの感謝が入り混じっていた。 決して簡単ではない相手だった。 事実、途中詩乃が危ないシーンはいくつかあり、少々のさじ加減で展開が逆転することはあり得た。 勝ち名乗りを上げたのち、再び変わり果てた操を見下ろし、その僅かな差が両者の結果にこれ程の差をもたらすことを改めて実感し…詩乃は興奮した。

次の