やら おん ブログ。 「次期妄想」ばくおんのブログ | FC3S☆EGO

知らなかったことを知る

やら おん ブログ

納豆にはネギを入れない系ブロガーしゃおじょんです。 涙の数だけ強くなれるのか調べるために、泣く度に自撮りをしてる人僕以外にいたら名乗り出てください。 pic. twitter. 果たして僕たちは本当に涙の数だけ強くなれるのか。 実際に僕の泣き顔と一緒に検証していきたいと思う。 お前の泣き顔なんてみたかねーよという人は見ないでください。 はじめて僕が泣き顔を…• 僕のツイッターをフォローしてくれてる人はわかると思うんですが、ベーシックインカムシネマズの受給者候補の一人目に選ばれました。 「ベーシックインカムシネマズ?何それ」 といった方がほとんどだと思うので説明します。 twitter. こないだの日曜日、目が覚めると僕は恐ろしいほど勃起していた。 令和一の勃起だと断言する。 その勃起はエロい夢に起因する。 やれやれ、と思いながら豚キムチを作り、食欲をみたした。 豚キムチを食べてももう1人の僕の勃起は収まることがなく、もう仕方ない。 射精させてあげよう。 とはいっても、ご存知の通り僕は新時代になってから自分を自分で慰めることをやめていたので、風俗に行くしかない。 僕は着替えて、財布とPASMOだけを持って走り出した。 俺は今から射精するんだ。 勢いよく最寄り駅までついたはいいもののまさかの定期期限切れ。 やれやれ。 いいだろう、1ヶ月分購入しよう。 先日、僕の所属している中国文学コースの二年生歓迎会があった。 僕は友人らと先に戸山公園でスト缶をキメ、さらに先に店に行き飲んでいた。 さて途中から僕の記憶がなく、なんかひどいことを中文の後輩たちに話しているんじゃないかという恐怖が今僕を襲っているわけだが、とにかく気がつくと僕は 新橋のトイレで寝ていた。 飲み会が終わり高田馬場まで後輩と喋りながら歩いたことは覚えているのだが、 一体どうして新橋のトイレで寝ていたのか。 携帯を開くと恐ろしいことに12時をとっくに過ぎていた。 終わった。 終電がない。 デリヘルを呼べない。 先日急に両親が「熱海か箱根に旅行に行く」と…• 風俗は四月初めの飛田新地以来です。 dobunezumidesu. hatenablog. com 先日宇都宮に行った時、僕は爆弾ハンバーグ発祥のお店で爆弾ハンバーグキングを食べた。 dobunezumidesu. hatenablog. com 爆弾ハンバーグを食べ終わり、抹茶オレを飲みながら気がつくと右手は勝手に宇都宮風俗情報を調べていた。 ご存知の通り、僕は平成が終わり令和になってからオナ禁に励んでいる。 dobunezumidesu. hatenablog. com 僕は令和が終わるまで自分で自分を慰めないと決め、平成では 毎日のようにしていたことを急にやめた。 そして…• このブログにおいてもカテゴリーに「フライングガーデン」を設けているくらいだ。 dobunezumidesu. hatenablog. com dobunezumidesu. hatenablog. com 情けない話だがブログのネタに困るとすぐに僕はバイト先のでの体験をかく。 しかし、今回は、ネタに困っているのではなく(今書きたい記事がたくさんあって困っている)、爆弾ハンバーグの素晴らしさを伝えたいのでこのブログを書く。 先日僕のバイト先の店長が宇都宮に異動になったという報告をした。 dobunezumidesu. hatenab…• どうやら僕はカレーライスを食べるとお腹を壊すらしい。 最近になってようやくこの驚愕の事実に気がついてしまった。 小さい頃からカレーライスは大好きだった。 というかみんな基本的にはカレーライスが大好きだろう。 僕達は小さい頃からカレーライスは給食のトップに君臨するものだと洗脳されてきた。 カレーライスを嫌ってるやつは絶対、「え、なんで?ありえないでしょ。 カレーライス嫌いな人とかいるの?」と、言われ続けてきただろう。 僕も洗脳されてきた人間の1人だ。 カレーはうまい、最高の日本食、ミラクル。 海軍ばんざい。 だが、僕はついにこの洗脳から解き放たれた自由の身…• もうオナ禁始めてから一週間経っちゃいますよ、あそこもそりゃ勃っちゃいますよ。 GW唯一出かけた日があったのだが、その日のことを書こうと思う。 春日部の話の前に少しお付き合いを。 「5月2日の昼暇?」と急に高校時代の親友のMから連絡がきた。 一体今度はなんだ? 何を隠そう、Mは dobunezumidesu. hatenablog. com 僕にオナ禁という世界を見せてくれた偉大な男だ。 さらには、僕のウォッシュレット童貞卒業を見守ってくれた男でもある。 そんな彼に誘われて断ることなどもちろんできない。 しかし彼の誘いを断ってしまったことがかつて1度だけ…• GW完全に昼夜逆転している。 フライングガーデンで日が変わるまで仕事をした後、家に帰ってネットいじってたら いつの間にか外は明るくなっている。 あ、でもあれだ。 オナ禁始めてからすこぶる身体の調子がいいような気がする。 オナ禁あるある 「身体の調子がいいと思い込む」 令和になってからまだ自分を慰めていない男って少ないのでは? もー全く、オナ猿は何やってんだか、情けないなあ。 さて、オナ禁によって僕の性欲は爆発しそうである。 まだ信号機を見てボッキはしないが、そうなる未来も近いだろうと考えて いる。 dobunezumidesu. hatenablog. co…• かと言って何かが変わるわけではないが、僕はこの新しい時代の幕開けに何かを始めたいと考えた。 オナ禁しかないだろう、どう考えても。 僕は中学三年生の夏にオナニーを覚えてから平成の終わりに至るまでひたすらしごいてきた。 一番性欲が強かった高校三年生の頃には、自習中にトイレに駆け込み、しごいたこともあった。 このGWだって最低一日二回はしていた。 昼間に抜いて、その後寝て、バイトに行き、バイト後、また抜く。 シコッティのためのスコッティがどんどん減っていく。 オナ禁は高校時代にも大学生になってからもなんども挑戦してきた。 男子高校生は皆一度はオナ禁対決をラーメンかなんかかけてし…• 以前相方のはいぐ〜がこんな記事を書いていた。 検便の時に人は何を考えているのか問題に彼はついに足を踏み入れてしまった。 確かにこの問題はなかなか触れてはいけないものだ。 だが、中文のエースの彼が悩んでいる時、このミスター中文、中文を愛し中文に嫌われた男しゃおじょんが助けてあげないでどうする。 もしこれで僕が抹殺されたとしてもそれはそれで仕方がない。 没办法。 でも僕も確かに女の子たちにいきなり「ねえ、検便してる時って何考えてる?」ときく勇気はない。 「できっこないをやらなくちゃ」を履き違えては行けない。 それはただのセクハラでしかない。 だから僕は僕の体験でしか物事を語ることが出来ない。 僕も彼と同じよ…• 一年生はおそらく知らないと思いますが、二年生以上の早稲田生なら知っている方もいるのではないでしょうか。 こんなステッカーを作って大学内で配ったり、 ロータリーでミルク鍋をやったり、 禁酒法時代を再現するために食堂のビールを買い占めたり、 フォロワー1000人企画で1RT1本牛乳をロータリーで飲んだりしたり、 dobunezumidesu. hatenablog. com クリスマスにミル栗スマスパーティーをくりこま高原で開催したりした挙句、 最後にはお酒を飲んで禁酒会から飲酒会に変わったという意味不明な幻の団体です。 11月の終わりから…• 僕と松屋の出会いは小学生の頃だった。 いつも父親が連れて行ってくれていた。 当時は牛めし 牛丼と表記しては行けない の並でお腹がいっぱいで紅しょうがも食べなかった。 父はいつも牛焼肉定食を食べていた。 それ以外食べているところを僕は見たことがない。 中学生になり、父親と行くことはもうなくなったが、僕は友達と行くようになった。 色んなメニューを食べてネギ塩豚カルビ丼が1番美味しいという結論に至り、僕は紅しょうがを肉が隠れるまでのせ、それをいつも食べていた。 高校生になっても松屋愛はとどまるところを知らず、模試の帰りよく1人で食べていたものだ。 「しゃおじょん最近ブログめっちゃ更新してね?前までそんなに更新してなかったやん、3月なんて台湾の風俗の話と病んでる系の記事1個だけだったやん。 ブログやめるかと思ってたくらいだけど、ここにきてどうした、最後の悪あがき?それとも暇なの?大学に友達いないの?」 この間、ブログを書き続ける理由を書いた。 要は僕のブログを読んでくれる少数のもの達に僕は手紙を書き続けなければいけないということを書いた。 その少数のものに未来の僕自身も含まれている。 つまり僕は未来の自分に手紙を書いてるのだ。 その手紙を読むには僕はもっとたくさん書いてそれをのこさなけ…• そのついでに健康診断を受けた。 去年はめんどくさくて受けなかったのだが、大学の格安ジムに登録するためには健康診断を受けなければいけないので、わざわざ受けてきた。 これがその結果だ。 この間中国留学に行く際に必要な健康診断を代々木の日中友好医院というところにいって3万という莫大な金を支払い、そして身長が166. 9だった。 僕は目を疑った。 3万も払ったのに、166. 9だと? ふざけるな、俺は、フライングガーデンでシコシコ爆弾ハンバーグを運んでなんとかギリギリ生きている。 スタバにも行かず、タピオカも飲まず、チーズダッカルビも食べず、贅沢な食事と…• だいたい、23歳から28歳くらいが多い印象。 いや別に3人くらいだったら許せるんだけど、8人とか9人とかで来てさ、ピークの時間帯に個別会計ってちょっと気使わなすぎじゃないですか、 中学生とか高校生だったらわかる、 あんまりお金持ってないし、クレジットカードとかもみんな持ってないだろうし いやだけど20過ぎてたらさ、クレジットカードみんな持ってるだろうし、何より今LINEpayとかあるじゃないですか 別にそういうのを使ってなくてもいいんだけど、普通にお金席でやればよくない…• 時間は緩やかに流れ、お客さんの数も大して多くはなかったので気楽にのんびりと仕事をしていた。 しかし1人のくそババアによって僕はとても不愉快な思いになり、今この文章を休憩中に書いている。 ファミレスなどの飲食店で働いたことがある人はわかると思うが、エリアにわかれてそれぞれが仕事をしている。 僕のエリアではないのだが、ヘルプで料理を運んだ時、テーブルの真ん中にイワシのサルサソースを食べ終えた角皿が置いてあり、そこに3人分の箸がたてかけられていた。 料理の鉄板を置く時にその箸がぶつかってしまい 避ける方が難しかった 、すぐに僕は失礼しました、といっ…• たぶん大人のなかで一番好きな人だった。 大人ってのは年齢の話ではなく、 年齢だったら僕たちはみんな大人だ 普通に働いてる社会人として。 バイト先の店長LINEのタイムラインでこれ言っててまじで笑った。 pic. twitter. pic. twitter. そして自分でもたまに、いやしばしば考える。 小学生の頃から自分の日常をブログに書いてたから習慣と言えば習慣なのだが、だったら自分だけの日記にして、他の人に見せる必要はないんじゃないかという気にもなる。 それでも僕が書くのはまああれだ、承認欲求がかなり強いのだろう、と仮定してみた。 いやでも僕のブログを読み返した時に、別に承認されることを目的として書かれたわけじゃないような気がする。 そして別に僕も承認されるために書いてるわけじゃない。 高校時代、僕はAmebaブログをかなりの頻度で更新していたのだけど、はっきりいってクソほどつまらない。 よくあんなブログに…• ちんげが生えてなかった頃から仲の良かった友人との旅行、僕はワクワクしていた。 というのも、この2人、大のドスケベなのである。 MとY。 Mは僕にエロというものを教えてくれた大切な友人である。 彼は早熟で、幼くして林の中にエロ本を拾いにいくほどのガキだった。 僕の父親はエロ本をたくさん買っていて、それを引き出しにいつも入れていたので、Mを呼んでは、一緒に小学生ながらにそのエロ本と対峙していたものである。 彼は大学で部活に入っているため、なかなか時間が取れないが、たまたまオフがあったので前々から行きたいと話していた飛田新地に行こうという話になったのだ。 恥の多い春休みを送ってきました。 自分には、長期休みを有意義に送るということが、見当つかないのです。 やるといっていた中国語の勉強もろくにせず、教習所にもろくすっぽ通っていません。 台湾研修から帰ってきてからというもの、毎日怠惰な生活を送り、することといえば、オナニーとクレヨンしんちゃんの映画を見ることくらいです。 夜は相変わらずフライングガーデンで働いています。 働き終わると、家に帰ってクレヨンしんちゃんの映画をみて、途中で、AVで抜いて、そしてまたクレヨンしんちゃんの映画を見て途中で寝落ちします。 そして朝起きると昼です。 12時は軽くすぎています。 この世に朝という概念は存在しないかのように思え…• 赤裸々に語ります。 三日前に台北に来た時に僕はすぐに友達で台湾に留学してるやつと再会した。 彼とはスシローで寿司を食い、そして夜市を案内してもらって久しぶりの再会を喜び、台湾啤酒を飲んで語り合った。 台湾に留学して半年の彼は台湾事情に精通していてたくさんの情報を教えてくれた。 そのひとつに男性諸君が大好きな風俗事情もあった。 一通り風俗事情を教えてくれた上で彼がおすすめしてくれたものは「サウナ」であった。 ちなみに彼は実際に風俗に行ったことはなく、ならばこの風俗系大学生ブロガーである僕が体験してレポートしなければならないという義務感に襲われた。 彼がおすすめしてく…• 夏休みの最後の1週間友達と色んな公園に冒険しに行っていた。 小学校低学年の僕らにとってはどの公園もテーマパークで、どこも夢の国だった。 そんな少年たちはどれだけ男気があるかを競いだした。 つまり危険なことに挑戦し始めたのだ。 その過程でこんなことをし始めた。 それは急な階段を自転車で一気に下るというゲームだ。 その階段は2段階に分かれていて、最初は1段階しか挑戦していなかった。 しかし少年たちはさらなる刺激を求め、階段全てを下ろうとしてしまったのである。 最初に挑戦したこの歩く男気しゃおじょん。 気がつくと顔面から地面に突っ込んでいて、血まみ…• しかし心とは裏腹に事実というのは常に単純なのだ。 今日僕は台湾で最も怖いと言われているジェットコースターに乗るために、台中に行ってきた。 その恐ろしいジェットコースターを2回も乗り、僕は「できっこないをやらなくちゃ」というブログのタイトルにふさわしい記事を書こうと思っていた。 しかし、その遊園地からの帰りのバスであのジェットコースターより怖い体験をしてしまったのである。 帰りのバスは僕と友人のはいぐ〜…• しゃおじょんだ。 ご存知の通り僕はフライングガーデンという最高級レストランにおいてアルバイトをしている。 静岡県名物の「さわやか」とよく比べられるフライングガーデンだが、僕はさわやかに行ったことがないので、さわやかが如何に名門なハンバーグを出すのかを知らない。 しかし、僕はフライングガーデンについてはめちゃくちゃ精通していると自負している。 この精通っぷりはやばい。 中三になってもセイツウしていなかった僕が、現在フライングガーデンに精通しまくっている。 大学一年の後半から今に至るまで僕はフライングガーデンに身を尽くしてきた。 カール大帝 どういうことかというと、いつも前髪がありえないくらいうねっていて、カールしていたのだ。 そのカールっぷりから僕は前髪界のシャルルマーニュの称号を獲得した。 大学に入って僕の周りの友達は皆髪に気を使い始め、表参道の美容室に行ったり、ヘアアイロンを使って髪の毛のセットをだんだんと覚えたりしていた。 そんな彼らを横目に僕は「ファッションよりパッションだろ」と言って髪の毛を気にしている周りの人間を心の中でバカにしていた。 しかし最近僕は気がついてしまった。 僕は彼らをバカにしているのではない。 嫉妬しているんだ、という衝撃の事実に。 そして身なりをきち…• とりわけyoutebeにアップされている富士五湖文化センターでのライブ映像が好きだ。 去年の夏生まれて初めて長い一人旅をしていた時、毎日のようにこの動画を見ていた。 dobunezumidesu. hatenablog. com 以前この富士山に登った記事を書いたが実はこの後登山を一緒にした先輩とは別れて、フジファブリックのボーカルである志村の墓参りをしに行った。 志村の通っていた中学 富士吉田で名曲「若者のすべて」「陽炎」そして「茜色の夕日」を無限ループして350mlのコーラ缶を飲みながら…• 始めて好きになった人なのか、初めて付き合った人なのか。 幼稚園や小学校低学年の頃に感じた「好き」という気持ちは果たして本当に恋心なのか。 僕に初めて彼女ができたのは中3の修学旅行のすぐあとで、僕は初恋の話題になると彼女のことを話すのだが、初めて女の子に恋心を抱いたのは保育園の頃だ。 保育園の同級生を今となってはほとんど思い出せないが、彼女のことは鮮明に覚えている。 みんなで日本昔話のビデオを鑑賞していたときに、僕は隣に座っていた彼女のほっぺたに初めて〜のチュウ🎶をした。 どうしていきなりそんなことをしたのかは今では全く覚えていない。 でもそのことが確かにあったということだ…• TwitterやInstagramでたくさんのどうでもいい情報が流れてきて、頭の中は情報過多。 もちろんSNSはとても便利だとは思う。 でもそのSNSの沼にハマってしまったら抜け出せない。 僕はTwitter依存性になってしまっていた。 ちょっと暇な時間があればTwitterを開き、タイムラインに追いつこうとする。 タイムラインに追いつけていないとなんだか落ち着かない。 これはまずい。 これを解決するには温泉しかない。 僕は高校時代、行き詰まったときは銭湯に行った。 銭湯で寝そべるスペースで空を見ながら色んなことを考える。 そうす…• ブログ更新さぼってててすみません。 は? なんで謝ってんの? ブログなんて自分が書きたい時に書けよ。 誰もお前のブログにそんなに期待してねえから。 金貰って書いてるわけじゃねえんだからさ、お前の好きな時に書けばいいだろ。 というわけで最近アナル開発に夢中なしゃおじょんです。 ご存知の通り僕は早稲田大学文学部中国語中国文学コース 中文 のキャプテンを務めている。 朝起きてから寝る寸前まで、いや寝てる時でさえ中文のことを考えている。 中文を愛し、中文に愛された男と言っても過言だろう。 そう、僕にとって中文は夢のコース。 そんな夢のコースで夢の国に行くことになった。 発端はエース….

次の

セルフビルド・ハーフビルド 人気ブログランキングとブログ検索

やら おん ブログ

自分用にまとめておく。 基本方針• BLMに賛同する 悲しい事件であり二度と起こるべきではない。 過去と現代の文化や慣習の違いにより、言葉の中には現在のアクティブコンテンツで使用すると不穏な印象を与えるものが多数存在している。 それらをより穏当な言い回しで置き換えていくことに賛成。 この作業に終わりはない。 現在許容されている言葉の中にも将来的に必ず禁止になる言葉が出てくると考えており、そのためこの作業は長期的な視点で行っていく必要がある。 振る舞い• 重要 理由を聞く• 注意 理由について自力で調べて対話を進めるのはおすすめしない、複数の理由があり人によって異なる可能性があるため• 対話している人物や団体がどのような理由でその言葉を置き換えるべきだと思っているのかがとても重要• 分岐1: 理由に納得できた場合• お礼を言ってできることをやっていく。 賛同しているけどすぐにできないケースはある、仕方ない。 分岐2: 理由に納得できない場合• したければ その理由がおかしい理由を述べて、置き換えるべきではないのではないか、という話をする• 注意 反論が発散しないように気を付ける。 論破して相手の意見を変えてもらうのは大量のエネルギーを使うしそもそも無理だったりするので注意する。 主張している人はその人なりの理由がありすでに自分のコミュニティの中で賛成者がたくさんいるようなバックグラウンドに所属している可能性もある。 しっくりこなければしっくりこないでよいけど、そんな簡単に変わる訳ない お互いに。 名指しで作業を要求されているのでなければそこからすっと離れてもいいのかもしれない。 挑発に乗ってはいけません、あなたは差別主義者ではありません。 今まで使っていた言葉を置き換えることのコストやプライオリティは人によって大きく異なります。 1つ1つのトピックをすぐに実行できないだけでそのような攻撃的な言葉を使う人間の言うことを気にする必要はありません。 ただし、不穏な言葉を穏当な言葉に置き換えていく大きな流れ全体を否定するような言動や行為は差別に荷担していると 私は 考えています。 1つ受け入れたら、また1つ・・と全ての言葉を受け入れることになってしまうのではないか?• なりません。 それぞれに個別の理由を聞いて、議論して、やるかやらないか決定する・・の繰り返しです。 まとめ• で誰かの主張がバズっていても別に強制ではない。 自分のプロジェクトにそのような提案が来たときは理由を聞く。 理由に納得がいくものはやる、分からないものはひとまず保留する、いつやるかは他のIssueとの優先を見て考える。 妥協点をさぐる。 ソフトウェアの名前はすぐに変えられないかもしれないけど内部で使っているローカル変数やクラス名だったら比較的簡単なときもあるかもしれない。 tuto0621 から他のも触ってみることにした。 兼ねてから興味のあったというファンタンソールにトライ。 のリソースも豊富 をやった で、ダウンロードしたゲームのやリソースも見れる この辺りはBASICぽい。 pico-8で作られたゲームとしてはがおすすめ。 使ってみるとまずコードエディタ、リソースエディタ、実行環境が統合されているのが素晴らしい。 これさえあれば他のツールを使わずにゲームが作れるというのは幸せなことだ。 ゲームのライセンスもアップロードした人が設定できるようになっており、なら再利用も可能と素晴らしい。 しかし最大の魅力はシンプルなとファンタージコンソールという設定によるリソースサイズの制限だろう。 を見てもらうと分かるようには本当に必要なものだけが用意 徹底しておりの標準ライブラリも使えない されており、も1つしかない、関数名も短く基本1単語だ アンダーバーも無い。 標準エディタが昔の開発環境のように画面が小さいため、長い名前の関数だとそれだけで画面を占有してしまうためシンプルにならざるを得ない。 しかしそれが最初に学ぶときの敷居を大きく下げてくれる。 最近のプログラム言語のを全て覚えるのはほぼ不可能だと思うがpico-8なら人によっては可能だろう。 ファンタンソールによる制約が人間にとっても使いやすさを与えている。 制約は他にも面白い現象を与えており、私が特になるほどと思ったのはカートリッジサイズだ。 pico-8 のプログラムやリソースサイズは最大値が決まっており、それなりの規模のゲームをpico-8でリリースしようとすると何らかの最適化が必要になる。 しかし現在のコンピュータ環境では実はそんなことをしなくても本当は動く。 当初私は命令をシンプルにするのはさておき、カートリッジサイズまで制約を設けるのは作る側にとって足かせになるのでは?と感じた。 しかし実際に触ってみるとこれが特に流通面で重要で、ゲームを遊んだり中身を覗く側にとってはなかなかにありがたいことだということが分かってくる。 アップロードされているゲームをいくらダウンロードしても現在のコンピュータにとっては微々たるサイズなので安心してダウンロードすることができる。 最近のゲームでありがちな「ダウンロードしてみたら思ったよりも大きくて他のソフト消さなくちゃ」みたいなことは起きない。 リソースの数やコードの行数にも制限があるため、頑張れば理解できるんじゃないか、と思える規模なのはとても重要なことだと思う。 大規模なソフトウェアを読む場合はそのファイル構造を解き明かすだけで一苦労だがpico-8の場合はいきなりメインディッシュから取り組むことができる。 リソースエディタに関しても、絵は16色 色も固定 で8x8ドットのスプライトなので私のように絵心の無い人間でもなんとか書けそう、音楽も謎の波形エディタを触ると何となくピコピコ音が作れる。 を駆使した高解像の絵など書ける気がしない人でもやってみようと思わせてくれる。 あえて制作環境に制限を設けることでかえってクリエイティブが増幅する、参加できる人が増えるという現象は大変面白いと感じた。 コンピュータの能力が人間を様々な分野で上回り続ける現代ではむしろ制限の無い制作環境など存在しなくなってしまうのかもしれない。 tuto0621.

次の

ブログ

やら おん ブログ

映画館からーが出ていないことは良いことだ。 早くも2回目のTOHOシネマズ池袋。 初日? の13時5分からの回を鑑賞。 半分しかもちろん入れないのだけどおじさんで満席。 で何回も観ているのだけどそれだけにどのシーンでどういう音が鳴るのかも分っているので 「アイソバリック方式サブウーハーごうおん・シアター」 とやらの力を見せてもらいやすいかなと。 サブウーハーはやっぱり凄かった。 に負けないくらい鳴っていた。 は「カール自走」と観覧車のシーンの音はで観た時よりも小さく聞こえるのだけど「ごうおん」は床も空気も響くくらい鳴る。 ただ、全体のサラウンドのボリュームも大きかったと思うのだけど、サラウンドスピーカーも特別そうなのが付いていたのにサブウーハーの音に負けて聞こえなくなってしまていた。 では聞こえる細かい音が全然聞こえなかった。 それと音のボリュームを大きくしているからからだろうけどフロントとセンターの音が響き過ぎ。 結論、 低音は楽しめるけど、5. 1ch 7. 1chの作品はパス。 1ch、3. 1chには最高の小屋。 SCREEN 10にはまた行きたいけど、カスタムオーダーメイドスピーカーを使っていない小屋もチャックしないと。 SCREEN 10と一緒でやっぱり画の解像度が低く観えた。 色は若干濃く出ていたけどネイティブ1080pの作品には観えなかった。 たぶん全部の小屋にのプロジェクターを付けちゃったんだろうなあ。 せっかくスクリーンは良いサラウンドスクリーンなのに。 SCREEN 10の方が画が上下にバッチリ収まっていた。 もピカデリーも昔はバッチリ映写だったのにもう何年も前からいまいち映写になってしまった。 nirarebateisyoku.

次の