園田競馬 予想紙。 地方競馬 競馬新聞 おすすめと比較

園田競馬新聞の一覧!各紙の特徴、販売場所と値段

園田競馬 予想紙

2020年7月17日(金) 園田競馬8回6日目 園田ニュース特別版はこちらをご覧ください。 園田ニュース フルバージョン レース 発走時刻 距離 条件・名称 14:40 1400 C3五3歳以上 15:10 1400 C3四3歳以上 15:40 1700 C3 3歳以上 16:10 1400 C3三3歳以上 16:40 1400 C3二3歳以上 17:10 1400 C3一3歳以上 17:40 1230 A1A2 3歳以上特別 18:15 1400 C2三3歳以上 18:50 1400 C2二3歳以上 19:25 1700 C1 3歳以上特別 20:00 1400 夕顔特別B2 3歳以上 20:30 1400 C2一3歳以上 予想閲覧にはAdobe Readerが必要です。 当サイトに関する兵庫県競馬組合へのお問い合わせはご遠慮ください。 出走表は事前の情報に基づいて制作しています。 投票の際は必ず主催者発行のものと照合してください。 事前の許諾なく転載、複製することを禁じます。 また、当サイト上の情報は予告なしに内容を変更又は削除する場合があります。 あらかじめご了承ください。 情報の正確性、有用性、安全性等に関すること。 情報が常に最新の情報であること。 当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害。 情報の変更及びこのサイトの運用の中断又は中止により生じるいかなる損害。 レース情報は、事前の情報をもとに提供しています。 出走取消、競走除外、騎手変更など変更には対応していません。 レース情報は主催者発表のものと照合してください。

次の

競馬新聞

園田競馬 予想紙

園田競馬は8割~9割がダート1400mで開催されています。 園田を長期に渡って攻略するには買うレースをこのダート1400mのレースに絞りこのダート1400mの鬼にならないといけません。 競馬ではデータがなければほぼ勝てないに等しいくらいデータが重要です。 データをたくさん分析し、コースの特徴をはっきりつかむためには、1400mを攻略することは必須です。 園田競馬1400mのコースは直線が短いということが最大の特徴です。 園田競馬の1400mコースは、 直線が213mしかありません。 2つ目で、先行勢が有利と記載しましたが、それなら内枠有利と思った方も少なくないでしょう。 しかし、園田競馬場は内に硬い砂が入っており、外枠の馬が外の軽い砂から好ダッシュを決めることができます。 よって、 外枠の馬が強い傾向があります。 園田競馬にはJRAで通用しなくなった馬が転入して活躍するケースが非常に多いです。 特に転入一発目はデータも少なく、JRAで活躍できなかった馬たちが転入してくるので、 高 配当がつきやすく狙い目といえます。 園田競馬の騎手リーディングの上位3名を知っておきましょう。 園田競馬でほとんど勝つのはこの騎手たちです。

次の

地方競馬の無料予想を公開しているおすすめサイト35選

園田競馬 予想紙

おはようございます。 とこ穴です。 勝利報告もありました。 おめおめでした。 勢いが継続することってあまりない気もするけど、今日も頑張りましょう。 今日はC3が、1・3・4・5Rの計4Rですが、5Rは820mで予想云々ではないので、1・3・4Rの計3Rで勝負をつけたいと思います。 よろしくお願いします。 1Rは三組ですから、ほぼ一番下。 もしかすると相手なりの可能性がありますから、何かに負けることも想定しておきたいですね。 でもこの馬がペースを支配しますから、この馬の近くにいる馬しかチャンスはありません。 ノーブルマークの形が取れれば、最後競り落とすシーンがあっても。 ここはC2から下がってきた馬が軸となりますが、何戦も使っている馬よりも鮮度のある馬を狙いたいところ。 あまり器用なレースができるタイプではありませんが、このメンバーに入れば時計上位。 自然といつもより前目の競馬ができるはずですし、鞍上も松木騎手なら積極的に動かすはず。 4Rは一組ですから、ぐっとメンバーレベルが上がりました。 唯一のC2からの降級一発目の馬。 前に行く脚がありますから、最短コースを進めるこの枠は大歓迎ですし、今回はブリンカー着用も示唆。 これで気が入るようなら圧逃もありそう。 ------------------- 12R 追記 ---------------------- ここは1230mのわりに前に行きたい馬が少ない組み合わせ。 これが惑わせるための作戦だったとしたら、もう手詰まりなんですが、ここは逃げない前提でいきます。 17秒台の持ち時計もありますし、廣瀬さんは1230mが特にウマイ。 最初の1角でハナなら粘り込み。 2走前は流れるようなレース運びで快勝。 今回も同様の競馬ができそうですし、鞍上は当時と同じ永井騎手へ。 幸い、同枠に入ったので枠連流しもありですね。

次の