デロイトトーマツコンサルティング 新卒。 デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用 | 仕事を知る

デロイトトーマツコンサルティングはブラック企業?平均年収や評判・口コミ

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

デロイトトーマツ(DTC)の年収は550万円~1300万円! デロイトトーマツの年収は 550万円~1300万円が平均です。 税理士の平均年収や会計士の平均年収と比べると、税理士が717万円なので 高くぐらい 会計士に関すると平均年収が926万円だったので平均より 高い形となります。 職種・役職者の年収は ・ビジネスアナリスト 年収850万円~ ・コンサルタント 年収867万円~ ・シニアコンサルタント 年収1131万円~ ・ERSコンサルタント 年収651万円~ ・ERSシニアコンサルタント 年収881万円~ ・ビジネステクノロジーアナリスト 年収755万円~ ・マネジャー 年収1340万円~ ・シニアマネージャー 年収1600万円~ ・パートナー 年収1500万円~ ・ディレクター 年収1500万円~ となっていました。 デロイトトーマツの仕事内容は税理士法人としての経営・会計コンサルティング業務です。 給料も役職やクラスによって差が大きく、シニアコンサルタントやマネージャーになると年収は1000万円以上になってくるという書き込みもありましたが、新卒だと年収は500万円となっており、勤続や昇進によって年収が大きく上がってくる体系になっているそうです。 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 527. 3万円 33万円 131. 8万円 25~29歳 656. 8万円 41万円 164. 2万円 30~34歳 721. 5万円 45万円 180. 4万円 35~39歳 823. 3万円 51万円 205. 8万円 40~44歳 925. 0万円 58万円 231. 3万円 45~49歳 1036. 0万円 65万円 259. 0万円 50~54歳 1110. 0万円 69万円 277. 5万円 55~59歳 1063. 8万円 66万円 265. 9万円 60~64歳 749. 3万円 47万円 187. デロイトトーマツ(DTC)の年代別年収を詳しく解説! 口コミの年収を参考にし、デロイトトーマツの年収を年代別に調べてみると、30代では768万円という平均は出ました。 これは新卒の年収と比較すると上昇率が高い事が分かりますが、40代、50代になると昇進し、役職手当も付くので1000万円以上になる事も考えられ、デロイトトーマツは昇進による年収の上昇率が非常に大きい企業といわれています。 デロイトトーマツ(DTC)の推定生涯年収 デロイトトーマツ(DTC)の生涯年収は3億9775万円と推定されます。 この数字は単純に口コミなどで公開されている年収を平均したものを元に算出しましたが、昇進し役職によって年収が大きく変わるので、数年で昇進していくケースとそうでないケースとでは大きな違いが出ると考えられます。 平均では2~3年ごとに昇進していくという事なので、8年でマネージャーに上り詰めたとすると生涯推定年収は5億1852万円となりますが、昇進がスムーズでないと大きな差に繋がっていくと思われます。 デロイトトーマツ(DTC)の採用情報を解説 新卒の初任給は年俸制で 学卒5,302,400円 院卒5,402,000円 となっていました。 (2012年4月入社者実績) 求める人物像は論理的思考力やコミュニケーションスキル、ヒューマンスキルをもった人で、こういった能力は自分自身の経歴や今までの事をしっかりと整理して話す事に繋がり、コンサルタントとしての資質があるという事です。 そして面接で聞かれることは、以上の事からコミュニケーションスキルや人間性を重要視した質問、また理論的思考力を試す質問、典型的な例では今までにやってきた事や力を入れてきた事、などの質問に柔軟に対応し、整理して説明する能力が問われてくる可能性が高いと思います。 応募資格は新卒採用や中途採用、海外新卒も応募可能ですが、中途採用の場合は経験者のみの募集になっています。 転職するには、もちろん経営コンサルタントとしての実務経験がある事が好ましいですが、税理士や公認会計士、弁護士などの法律関係の資格や医師としての経験を活かせる人も応募でき、特に、前者の場合はマネージャーとして高収入を狙う事も可能です。 デロイトトーマツ(DTC)のwebテストについて詳しく解説! このテストはマイナビを通して受験することが可能です。 まず、SPIと判断推理の勉強をしておくと良いと思います。 資料を読解する際にも必要とされる読解力も試されるため、その対策も十分に取っておく必要があるという口コミがありました。 デロイトトーマツ(DTC)の2chでの評判を詳しく解説! デロイトトーマツについて2chでのある書き込みでは、会計系の中では非常に優秀な企業だという内容がありました。 クライアントになった企業からのリピート率も高く、その理由として人に魅力を感じるそうです。 そして、離職率が低いのもポイントだと思います。 離職率に関してもデロイトトーマツはかなり低いといった書き込みが多く、働く側としても依頼する側にしてもとても良い企業だと思いました。 元デロイトトーマツ(DTC)社員のクチコミ年収 20代 経営コンサルタント 年収670万円 報酬・査定制度ともに文句なしで、それなりに満足している。 30代 経営コンサルタント 年収1104万円 いわゆる外資の戦略コンサルティングファームのように死ぬほど忙しいというわけではありませんが、その分各職位における報酬は低めだと思われます。 コンサルティング(itコンサルティング)、総研会社、金融業の年収一覧 シンクタンク、総研系、コンサルティング、金融業の年収をまとめています。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用 | 人事・教育

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

企業紹介 はじめまして、デロイト トーマツ コンサルティングです デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)はデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 3,100名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。 また、DTCはクライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援してます。 100年先に続くバリューを、日本から。 デロイト トーマツ コンサルティング(DTC は、「100年先に続くバリューを、日本から。 」というスローガンを掲げています。 これは、海外で事業展開を行う日本のクライアントそれぞれへのサービス提供はもとより、産業全体の持つ知見や技術を、戦略的に世界へ発信していくサポートを行っていくという意思を表しています。 企業、産業、そして社会を変えていく。 DTCはコンサルティングの新しい可能性を創っていきます。 社員紹介 現在している仕事を具体的に教えてください 主に製薬企業のクライアントにおけるデータ利活用戦略やデジタル化推進戦略の策定、および策定した戦略に基づく実行支援のプロジェクトに従事しています。 プロジェクト活動以外にも、採用や執筆、サービス開発、トレーニング、海外メンバーファームとの連携など多くの社内活動を担当し、充実した毎日を過ごしています。 この会社を選んだ理由は何ですか? 一つ目は、コンサルティング業務に従事することで、頑張った分だけ将来の自分にリターンを残せると感じたため。 二つ目は、総合コンサルティングファームに身を置くことで戦略策定から実行支援までの幅広い領域、業界において経験ができると感じたため。 そして三つ目は、グローバルファームに身を置くことで国内外での活動、経験が積めると感じたためです。 私は幼少期を海外で過ごし、様々な経験をしました。 自分の経験や感覚をどうにか社会に還元できないかと考えていました。 そんな中、若くして企業や社会の変革に携わり、多くの経験を積むことになるコンサルタントという職業を知り、また、海外での経験を活かしたいという私の自己実現欲をも満たしてくれる会社として、DTCがマッチしました。 周りを見ると、同じような理由でDTCに入社した方は多いように感じており、同じ志をもった仲間と働ける環境にとても満足しています。 また、入社後に感じた魅力ではあるものの、DTC自体が非常に速いスピードで変化を続ける組織であり、常に企業や社会の変革をリードする存在でありたいという姿勢に私自身もやりがいを感じます。 今後どうしていきたいですか 私はDTCに入社して強く感じたことがあります。 それは、何かを成し遂げるには仲間が必要ということです。 一人では難しくとも、同じ志をもった仲間がいれば達成確度はあがります。 それが組織・チームの力だと感じており、私はこれまで多くの同僚、クライアントの皆様に支えられてきました。 デロイトの持つグローバルネットワークは社会に大きなインパクトを与えうる強いチーム力とも言えます。 裏を返せば私もその一員としてグローバルに影響を与えうる存在であり、今後はより一層その点を意識しながら、海外のメンバーファームとの連携を密にとり、日本のビジネスがよりグローバルに発展し、日本社会がより良く成長していくにあたっての一助を担えるようなコンサルタントになりたいと考えています。 そのためには引き続き多くの経験を積み、見識を深め、特にテクノロジーを中心とした世界のトレンドに対してアンテナを張っていられるような境遇に常に身を置いておけるようにしたいと考えています。 現在している仕事を具体的に教えてください 世界中で活躍する大手日本企業にてシステム導入の支援を行っています。 「支援」と一口にいっても様々な形がありますが、私は主に全体の計画策定や進捗管理、課題管理等のプロジェクト「管理・運営」支援を行っています。 クライアント企業にとってのゴールは何で、プロジェクトはそれを実現するために適切に進められているか?進められていない場合はどこに課題があり、それはどのように解決すべきか?等の問いに日々頭を悩ませています。 類似した課題でも、プロジェクトのフェーズや取り巻く環境、関与方法によって全く異なる答えを導き出す必要があります。 タイミングを見極め、適切な対応策を検討するのは非常に困難ですが、同時に非常にやりがいを感じる仕事でもあります。 この会社を選んだ理由は何ですか? 取り扱っているプロジェクト領域の幅、つまり習得し得る知識の幅が非常に広いと感じたためです。 それらのプロジェクトに従事することで世の企業を垂直方向に理解し、自身が専門としたい領域を発見することが出来ます。 また、グループ企業の監査法人や税理士法人、世界各国のメンバーファームとのコラボ案件を通じて自身の専門領域を深めることもできます。 同じ領域の知識でも、色の違うファームや異なる環境 国 下では扱われ方が全く違います。 その違いを実プロジェクト経験を通じて習得出来る点が魅力的に感じられました。 このようにクライアント企業に様々な角度からアプローチし、読み解き、最適解を導きだせるだけの幅広い知識と経験を身に着けられるのは、デロイトならではと考え、この会社を選びました。 しかし、ほとんどの企業においてその変革は未だ限定的であり、テクノロジーが広範囲に影響を及ぼす現代では不十分のように思われます。 実際、「IT戦略を検討する」や「必要なシステムを導入する」等 需要をコマ切れにしたようなプロジェクトが多く見受けられます。 そうではなく、私はクライアント企業の10年後のありたい姿、実現方法の策定から実際に実現させるところまで一気通貫した支援を行いたいと考えています。 オフィスギャラリー デロイト トーマツ コンサルティングの特集記事• 会社データ 設立日 1993年4月 事業内容 経営コンサルティングサービス 高い専門性を追求しつつ、豊富な経験を持つインダストリーとオファリングふたつのサービス軸のプロフェッショナルがチームを組むアプローチにより、複雑に絡み合う経営や、社会課題をダイナミックに解決します。 そして、持続可能な成長とともに、デジタル社会の進展によってますます求められているのは、業界・業種の垣根さえ取り払う、企業の飛躍的な成長です。 DTCはその実現のために、仮説検証型に加え、実験実証型のサービスに取り組む体制を整えています。 dtcrecruit. tohmatsu. 100名(2019年11月1日現在).

次の

デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用 | 人事・教育

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

気になる項目をクリック• デロイト トーマツの平均年収は約830万円 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、デロイト トーマツ)の平均年収は約830万円ほどです。 は約2億円ほどといわれていますので、平均より1億5,000万円近く多くもらえることになります。• 総合系コンサルティング企業の平均年収ランキングでは第2位 デロイト トーマツは「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する総合系コンサルティング企業です。 同じ総合系コンサルティング企業で平均年収を比較したところ、アクセンチュアに次いで第2位に位置しています。 以下が第5位までをまとめた表です。 順位 企業名 平均年収 1位 アクセンチュア 約850万円 2位 デロイト トーマツ 約830万円 3位 プライスウォーター ハウスクーパース(PwC) 約807万円 4位 野村総合研究所 約811万円 5位 日本アイ・ビー・エム 約774万円 (参考:) 2. デロイト トーマツの年代別の平均年収とは? デロイト トーマツの年代別の平均年収をまとめたものが以下の表です。 年代 平均年収 年収の幅 20代 600万円 530~700万円 30代 750万円 630~900万円 40代 955万円 800~1,200万円 (参考:) 表を見ると、 20代にして平均年収は500万円を超えており、日本企業の平均年収432万円を上回っていることがわかります。 しかし、年収が1,000万円を超えることの多い外資系戦略コンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」や、外資系金融コンサルティング企業「ゴールドマン・サックス」と比べると平均年収は低い傾向にあります。 (参考:) デロイト トーマツでは業務はプロジェクト単位で割り振られるので、 一概の固定の業務があるという訳ではありません。 例えば金融(保険領域)における業務では、「事業戦略策定」「海外展開支援」「オペレーションモデル変革支援」「リスク管理」等を顧客と相対して行います。 シニアコンサルタントの平均年収は約1,000万円 デロイト トーマツのシニアコンサルタントはおおよそ入社5〜8年目の社員が該当し、平均年収は900〜1,100万円のあたりです。 業務内容はコンサルタントと同じくプロジェクトごとにチームで動くためさほど変化はありません。 ただし、より責任ある立場として部下を管理する業務が徐々に増えていきます。 マネージャーの平均年収は約1,300万円 デロイト トーマツのマネージャーはおおよそ入社6〜10年目の社員が該当し、平均年収は1,200〜1,500万円のあたりです。 マネージャーからコンサルティング能力だけではなく、プロジェクトやメンバーのマネジメント能力も期待されるようになります。 シニアマネージャーの平均年収は1,750万円 デロイト トーマツのシニアマネージャーはおおよそ入社10年以降の社員が該当し、平均年収は1,500〜2,000万円のあたりです。 シニアマネージャーはプロジェクトの責任者であるため、コンサルタントとしての高い能力に加えて、チームの高いマネジメント能力も問われる役職です。 デロイト トーマツの働き方に関する口コミ 国の平均と比べて年収の高いデロイト トーマツですが、 その代わり激務だったり、社員の入れ替わりが激しい(解雇率が高い)なんてことはあるのでしょうか。 外資系ならではの働き方について、口コミサイト「」の情報を参考に解説していきたいと思います。 「Up or Out」の文化ではない。 社員を長い目で育てる社風 一般的に年収の高い外資系企業では「Up or Out(昇格するか? 去るか?)」という文化が根付いていることが多く、社員同士の競争も激しく入れ替わりも盛んなイメージがあります。 しかし、 デロイト トーマツは外資系企業としては珍しく、「Up or Out」の文化は弱く、社員もじっくりと長い目で育てていく社風のようです。 若くても、責任の重たい仕事を任せられる社風。 上司もこれまで場数を踏んでここまでやってきた人が多く、失敗しても批判されるより建設的な意見を言われる事の方が多い。 一人一人が社員の成長を大事にしていると感じている。 (引用:) プロジェクト内容によって業務時間はさまざま 「外資系企業だから平日も休日も関係なくハードワークを強いられるのではないか?」と不安の方もいらっしゃると思いますが、労働時間はどれくらいなのでしょうか。 デロイト トーマツでは先ほども説明したようにプロジェクト単位で業務が進んでいくため、労働時間はプロジェクト内容によってさまざまなようです。 基本的には10時〜19時ごろが定時のようですが、プロジェクトによっては深夜を過ぎるケースもあるようです。 公認会計士• 税理士• セキュリティアナリスト• エンジニア• クリエイティブ・UXデザイナー• コーポレート デロイト トーマツのおもな福利厚生 デロイト トーマツでは多くの大企業と同じように、以下のような充実した福利厚生を社員に提供しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張手当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• カフェテリアプラン デロイトトーマツへの転職は「JACリクルートメント」を利用しよう! (引用) デロイトトーマツへの転職は、転職エージェント「」を利用しましょう。 JACリクルートメントは、グローバル・ハイキャリア・高年収求人に強みを持つ転職エージェントです。 つまり、外資系・ハイキャリア・高年収のデロイトトーマツへの転職を、どこよりも的確にサポートしてくれますよ。 また、「アクセンチュア」を始めとした コンサル業界への転職支援実績も多いため、安心して支援を任せられます。 実際にもあるため、デロイトトーマツへの転職ノウハウも豊富です。 登録や利用がすべて無料なのも嬉しいですね。 JACリクルートメントを利用し、デロイトトーマツへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ デロイト トーマツの平均年収は約830万円です。 総合系コンサルの平均年収ランキングでは、アクセンチュアに次いで2位です。 新卒初任給は約500万円で入社5〜8年目を目安に昇進するシニアコンサルタントでは年収900〜1,100万円となっています。 実力次第ですが、シニアマネージャーまで昇進すると年収は1,500万円超にものぼります。 また、デロイト トーマツは外資系コンサルとしては珍しく「Up or Out(昇進するか?去るか?)」という文化ではなく、新卒社員をはじめ、じっくりと長い目で社員を育てていく社風です。

次の