塩 糖質。 塩昆布のカロリーと糖質を検証!|良好倶楽部

塩ラーメンのカロリーや糖質量はどれくらい?

塩 糖質

太らないうどん!? 最近は健康志向がトレンドで、体に良いことが、当たり前の世の中になりつつあります。 「うどんは体に良くない。 」 「香川県は糖尿病予備軍数が全国TOPで…。 」 等の話を、メディア等でも本当によく耳にします。 香川県では、昔から「うどんは別腹」と言いましたが、私も60歳を超えて、体が少しづつ衰え、健康に注意するようになりました。 健康のことを考えて、好きなうどんの量を減らすようになったことが開発のきっかけでしょうか。 お腹いっぱい食べても、体にやさしいうどんをつくりたい…そう思いました。 それを日常的に消費される「ゆでうどん市場」で叶えたいと思いました。 長年、讃岐うどんづくりに携わったものとしてこう言われることは非常に悲しいですね。 ご存知のように、香川県民は毎日うどんを食べます。 讃岐うどんが生活と切り離せない方が多いのが現実です。 私のように、お腹一杯うどんを食べたいけれど…年齢と共に大好きなうどんを控えなければいけない。 これは香川県民にとって、本当につらいことです。 当社の商品企画は営業セールス側が「売りたい商品 うどん 」の要望を製造現場に出します。 製造側はその要望を精査して、実際に商品化に向けて開発してくれます。 なので、セールス側が「今はこういう商品、こんなうどんが望まれています。 」と、香川社長へリクエストする…分業制なんですね。 それで、消費者の動向を分析しますと、調理の手間が極力省かれて、食べるまでに時間がかからない物が人気でした。 持ち帰りの「ゆでうどん市場」の場合、自宅で茹でるのが普通ですから。 これを何とか時短して、手軽に出来るように…電子レンジで温めて、すぐ食べることが出来るうどんが理想でした。 営業側の意見をすぐに行動に移してくださり、尊敬してます。 」と石井部長。 まず、讃岐うどんづくりにおいて「塩」は重要です。 「塩」の役割は小麦粉から上質なグルテンを取り出すことです。 上質なグルテンは、うどんの美味しさである、弾力やコシを生みますからね。 私も讃岐うどんを作り続けていますが、塩抜きで作ることは難しかったです。 塩抜きに加えて、電子レンジ調理が前提であること。 さらに消費期限も通常のゆでうどんは5日程度ですが、ここも大幅に改良を目指して、常温で1ケ月保存可能を目指しました。 製造の詳細等は企業秘密になりますが…開発からはじまり、最終的に完成まで持ってこれた要因は、長年、誠実に讃岐うどん作りを続けて来た経験があったことです。 「こう作れば、こういう歯ごたえのうどんになる。 」と麺の出来具合をおおよそ予想できますから。 塩不使用のうどん開発も、従来の讃岐うどんと、違わぬものに開発することが出来たのは、当社の経験と伝統があったからです。 もちろん、長いお付き合いのある業社さんにもご協力頂けました。 この一杯に伝統と技術が集約されています。 正直「塩不使用うどん」は何とかいけるだろうと思っていましたが…「塩不使用・糖質40%オフうどん」の開発はあきらめかけました 笑 塩と糖質オフにしたうどんで従来の讃岐うどんの風合いを再現できるか…さらに電子レンジで調理可能、消費期限は常温で1ケ月。 何度も作り直ししましたが、無理だろうと。 一時期は完全に暗礁に乗り上げて、開発も止まっていましたね。 営業の石井部長がお付き合いのあるスーパーやバイヤーの方々に「もう少しで出来ますから。 安心してください! 」と言ってしまっていたんですね。 これは石井君のメンツもあるし 笑 、なによりサヌキ食品の信用に関わるぞ!! ということで、心機一転。 再度、一から挑戦して何とか作ることが出来ましたね。 企業秘密なので詳しくは言えませんが、小麦粉等原料の見直しに製粉メーカーさんのご協力とご理解を頂けたことも大きかったです。 もちろん、伝統は大切です。 現在会社があるのも、父親や先人たちのおかげなことは間違いありません。 只、伝統を守ることと進化や変化をしないことは別です。 自分も含めて、世間は刻々と変化していきますからね。 当社には、うどんづくりの技術と伝統の蓄積や設備もある。 それらの経営資源を使って、変わっていかないとね! 時代に取り残されないように。 」と香川社長。 今後も「塩不使用うどん」と「塩不使用・糖質40%オフのうどん」だけにとどまらず、商品ラインアップを増やしていく予定です。 今回の商品開発のなかで、当社も新しい発見がありましたので。 うどんファンの方は心待ちにしておいてください。 お忙しいところ、ありがとうございました。

次の

塩飴の糖質はどのくらい?低い高い?カロリーは?

塩 糖質

甘酒には、お米と米麹を発酵させて作る米麴甘酒と、酒粕をお湯で溶いて砂糖を加えた酒粕甘酒の2種類があります。 米麹甘酒方は発酵時間が長ければ甘酒独特の香りが強まりますが、8時間ほどの発酵時間だと甘いお粥のような風味です。 一方、酒粕甘酒は、日本酒のカスなのでお酒本来の豊潤な香りが楽しめます。 ダイエット目的なら米麹甘酒 酒粕甘酒は砂糖を利用して甘さを出すのに対して、 米麹甘酒は砂糖を使わずにお米本来の自然の甘みを利用した甘みがあるので、糖質制限ダイエットには米麴甘酒の方が適切です。 また、麹を使った発酵食品のためでんぷんも豊富に含まれています。 でんぷんは私たちが生きていくには欠かせない栄養のひとつで、ビタミンB群やアミノ酸といった栄養が含まれます。 7g 牛乳 4. 8g コーラ 11. 4g 米麹甘酒の100gあたりの糖質は約18gで、カロリーは約80キロカロリーになっています。 糖質の量を他の飲み物と比べると、コーラが約11g、果汁100%のオレンジジュースは約10g、日本酒は約5gほどです。 米麹甘酒の糖質の量は、飲み物の中では高い方だと言えるでしょう。 やはり、原料が糖質の高いお米なので、どうしても糖質の量は多くなってしまうようです。 糖質量だけで見ると確かに高めですが、これは単純な比較です。 しかしこれまで紹介したように、米麹甘酒にはダイエットに効果のある成分もたくさん含まれています。 食事でとるべき炭水化物の代わりにしたり、おやつに取り入れることによって、一日に摂取してもいい糖質量の範囲内で、栄養たっぷりの米麹甘酒を飲むことができます。 糖質制限の範囲を超えないように米麴甘酒を飲むには、食事でとる炭水化物の代わりにするのが、一番のおすすめです。 例えば、白米の茶碗一杯(150g)の糖質量は約55gですが、米麹甘酒なら150gあたり約27gで白米の半分です。 米麹甘酒は、お米を原料としているので、甘酒になってもその栄養が残っていますし、発酵させることで栄養価が増しているので、食事としても良質な食材と言えます。 米麹甘酒は朝食に最適 米麹甘酒は特に朝食として飲むのがおすすめ!時間や食欲の無い人でも、手軽に良質の栄養をとることができます。 脳の栄養源であるぶどう糖が豊富なので、目覚めのエネルギーチャージには最適と言えます。 冷え性の人や寒い冬の朝には、温めた米麹甘酒にショウガのしぼり汁を入れると、より体が温まって代謝も良くなります。 また消化酵素などの材料にもなるので、私たちが生きていくのに欠かせない成分と言えます。 アミノ酸のうち、食べ物から摂取しなければならないアミノ酸を必須アミノ酸といい、 米麹甘酒にはなんと9種類すべての必須アミノ酸が含まれているんです! ビタミンB群 米麹甘酒には、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸といったビタミンB群が豊富に含まれています。 ビタミンB群は、私たちの体がエネルギーを作り出す時に必要な栄養素です。 不足するとエネルギーの代謝が落ち、疲れやすくなったり、太りやすくなったりします。 ビタミンBは、1種類だけでは効果を発起しにくいので、 数種類のビタミンB群がとれる米麹甘酒は効率が良いのです! 食物繊維や乳酸菌 発酵食品である米麹甘酒には植物性の乳酸菌が含まれていて、海外ではジャパニーズヨーグルトとも言われています。 水溶性食物繊維も多く含まれていて、腸内環境の改善に効果が期待できます。 食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、水溶性の食物繊維には便を柔らかくする効果があります。 米麹甘酒に含まれるビタミンB1とB2は食べ物の脂質や糖質をエネルギーに変えるのに必要な栄養素で、代謝アップの効果が期待できます。 また、ビタミンBの一種であるイノシトールと呼ばれる栄養素にも、体内の脂質の代謝を上げる働きがあります。 また、 米麹甘酒に含まれるパントテン酸は、脂質、タンパク質、糖質をエネルギーに変えるための酵素を作る材料になり、体の正常な代謝を助けてくれます。 なかでもリパーゼという酵素は、食べ物に含まれる脂肪を分解し、エネルギーに変える役割があります。 このように、米麹甘酒には代謝を上げる様々な栄養素が含まれているのです! 整腸効果 発酵食品である米麹甘酒は植物性の乳酸菌を含んでいるので、乳酸菌による整腸効果が期待できます。 また、米麹甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を改善し、便秘や下痢を防ぐのに効果があるといわれています。 米麹甘酒には、水溶性の食物繊維も多く含まれていて、便に水分を与えてすべりを良くし、便秘を改善する効果が期待できます。 米麹甘酒に含まれる水溶性の食物繊維には、便秘の予防以外にも、血中のコレステロールを下げたり、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果があります。 水溶性の食物繊維は、体内で水分を含んでゲル状に変化することで、糖が体に吸収される速度をゆるやかにすることができるのです。 また、消化されないため腹持ちが良く、ダイエット中の空腹感を防ぐのに役立ちます。 美肌効果と貧血予防 米麹甘酒には、コウジ酸という成分が含まれていて、これが美白に効果があると言われています。 コウジ酸はメラニン色素の生成をおさえ、シミなどを予防してくれる効果が期待できます。 また、米麹甘酒に含まれるビタミンB2には、皮膚を保護する働きがあり、ダイエット中の肌荒れなどを防いでくれる効果があります。 ビタミンBの一種である葉酸とビタミンb12 は、ヘモグロビンや赤血球の合成と造血にかかわっています。 赤血球は血液の中で酸素を運ぶ役割をしていて、葉酸が不足して合成が上手くいかないと、葉酸欠乏性貧血を起こす可能性があります。 葉酸とビタミンB12 のどちらも含まれている米麹甘酒は、葉酸欠乏性貧血の予防にも効果が期待できます。 米麹甘酒は、糖質制限中に食べるおやつとしても取り入れることができます。 食物繊維があるぶん腹持ちが良いので、そのまま飲むのもおすすめですが、手作りおやつの材料として使うと砂糖を使わなくても満足がいくおやつが作れます。 砂糖を使うよりも色々な栄養素がとれるので健康的ですし、豆乳と合わせてアイスクリームやプリン風のスイーツにすれば、腹持ちの良いおやつを作ることができます!• 甘酒アイスクリームの材料 米麹甘酒100㏄ 無調整豆乳100㏄• 1を合わせてよく混ぜ、保存容器に入れて冷凍庫で凍らせる。 シャーベット状で濃厚なので、さっぱり目が好みの人は、初めに水を30~50㏄ほど加えても良い。 上記の豆乳アイスクリームの糖質量は、出来上がり全量(200g)で約40gです。 糖質は多めですので、一度に全部は食べないようにしましょう。 濃厚で甘みもしっかりと感じられ、少しでも満足のいくアイスクリームです。 容量:56粒 約2週間分• 通常価格:1,200円 税込• 特典:返品交換無期限保証•

次の

本当に体に良い食事とは何?【NHK・あさイチ】塩・糖質・油のとり方

塩 糖質

2015年からブームになった塩パン、今では当たり前にコンビニなどでも並んでいますよね。 通常のパンと違い、塩味が聞効いているので何も付けなくても食べやすいのが特徴です。 愛媛県のパン屋さんが発祥のようですが、「夏場でも塩分を気軽にチャージできるように」との理由で作られたそうですよ。 今回はその塩パンのカロリーや糖質を調査してみました。 塩パンって普通のパンとどう違うの?カロリーも違う? 普通のパンとの違いは「味」にある塩パン。 カロリーの違いなども比べてみました。 ・塩パンと普通のパンのカロリーの違い 塩パンのカロリーは100gで130kcalになっています。 その他の普通のパンと比べてみました。 バターロール…100g 95kcal• 食パン…100g 80kcal• フランスパン…100g 80kcal 普通のパンと比べてみると、やはりカロリーは高めになります。 通常のパンと比べるとカロリーが高いワケを、次の項目でまとめてみました。 ・塩パンはバターの量が通常のパンと2倍?!100gのカロリーが高いワケ 塩パンが他のパンと比べてカロリーが高い理由は、作り方にありました。 普通のパンと比べると、使用するバターの量がかなり多めになっているんですね。 パンの種類にもよりますが、通常よりも2倍の量のバターを使用しているのだとか…。 これはカロリーが高くなっても仕方がない、と言える部分でもあります。 ダイエット中に食べるのであれば、工夫が必要です。 人気はイオンの塩パン!カロリーや糖質を調査! 塩パンで人気なのが「イオンの塩パン」です。 食べた事がある方も多いのではないでしょうか?イオンの塩パンの他、ポンパドールやヴィドフランスで販売されている塩パンのカロリーなどを比べてみました。 塩パンで人気のパン屋さん・ポンパドールでは同じく233kcal、ヴィドフランスでは189kcalとなっています。 ヴィドフランスの塩パンが1番カロリーが低いという事になりました!塩パンの糖質は大体どこのパン屋さんでも同じくらいになり、100gで40〜60gとなっています。 その為、食べすぎるとあっさりと1日の糖質制限量をオーバーしてしまうので注意が必要です。

次の