三菱 ufj プラチナ カード。 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ・コンシェルジュサービス|クレジットカードなら三菱UFJニコス

MUFGカードプラチナアメックスの特典やインビテーション条件を解説|プラチナカードのおすすめ|もう比較して迷わない最適な1枚は?

三菱 ufj プラチナ カード

三菱UFJニコスはプラチナカードを上回る最上位カードを発行しています。 カード券面に「Premier Member」、「Recognized VIP」という刻印があるラグジュアリー・カードです。 「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉」という名前です。 「プラチナ」という名前は入っていますけれども、実質的にはブラックカードです。 インビテーション制のカードであり、三菱UFJフィナンシャルグループの上顧客が招待されるブラックカードです。 著名な凄腕投資家の方から教えていただきました。 「Recognized VIP」、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉のメリット、デメリット、お得な使い方についてまとめます。 カードフェイス・年会費 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉は、MUFGカード・プラチナ・アメックスのカードフェイスと基本的には同一です。 「PLATINUM」の下に「 Premier Member」、カード有効期限の下、名前の左上に「 Recognized VIP」と記載されています。 カード券面に「PLATINUM」という文字はありますけれども、プラチナカードとは明確に区分された最上位カードとなっています。 年会費は初年度20,000円 税抜 、2年目以降は前年度の年間ショッピング利用額によって変動します。 300万円以上利用した場合:20,000円 税抜• 300万円未満の利用の場合:50,000円 税抜 家族会員の年会費は全員無料です。 普通のMUFGプラチナカード・アメックスの家族会員は1名のみ無料であるのと比較すると、格段にパワーアップしています。 本会員と家族5名でカードを発行したら、1名あたりの負担はたったの9,000円 年300万円以上の利用で3,600円 になります。 大家族だとお得になります。 年300万円以上使ったら、普通のMUFGプラチナカード・アメックスと同じで、家族会員の年会費も含めるとむしろ得します。 カード名 本会員年会費 税抜 家族会員 年会費 年300万以上 年300万未満 Recognized VIP 20,000 50,000 全員無料 MUFGプラチナカード・アメックス 20,000 20,000 1名無料 三井住友プラチナカード 50,000 50,000 全員無料 JCB THE CLASS 50,000 50,000 8名無料 利用可能枠は入会時500万円からとなります。 要望に応じて相談してくれます。 特に希望がなければ500万円となります。 専任コンシェルジュがつく!アメックス・センチュリオンと同じ プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスがコンシェルジュです。 様々な調査や手配を依頼できて時間を節約できるので便利なサービスです。 しかし、混雑している時間帯は電話がつながりにくかったり、前の依頼事項の変更などの際には、電話を出た方は変わるので、記録を確認することによる時間が生じます。 複雑な依頼事項だと、再説明を要する場合もあります。 しかし、三菱UFJニコスのブラックカードであるMUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉なら、専属の担当者がつくコンシェルジュサービスを利用できます。 これはなんと、あのアメックス・センチュリオンと同じです。 アメックスのブラックカードと同じ仕組みのサービスを利用できるのはプレミアム感があります。 photo by Clemson もちろん、コンシェルジュのクオリティはセンチュリオンカードと比較すると及ばない可能性が高そうですけれども、年会費の割にはお値打ちであることは確かです。 専属担当者が応対するのは平日昼間となりますが、それ以外の時間帯でも24時間365日、コンシェルジュサービスを利用できます。 専任者のメリットは、こちらからの依頼については把握しているので、依頼した事柄の変更・キャンセルを行う場合などにおいては、確認時間なしにすぐに伝わることです。 電話に出たオペレーターがコンピューターの 履歴をチェックして確認する間待つという無駄な時間が発生しません。 24時間365日、私設秘書がいるようなサービスを受けられます。 例えば、以下のような内容をサポートしてくれると思われます。 当日釣った魚を持ち込み、調理して提供してくれるお店の紹介• 海外から日本にアイテムを持ち帰る方法の調査• ブランド品の価格差の調査• 世界一周航空券の手配• 海外旅行中に見かけた商品や買いそびれた商品、日本では未発売の商品の探索および購入• 主要都市のホテル・レストラン予約• ミュージカル・オペラ・スポーツ観戦の情報提供およびチケットの予約・手配• フラワーアレンジメントの手配• パーティーやバンケットの会場・料理の手配• 国際便の照会、国際便の予約、変更• 主要都市の現地発着の各種パッケージツアーの案内• 海外からの顧客を歓待するためのパッケージツアーの案内・手配• 国内・海外のショッピングモール・ブランドショップ情報の案内• 希望にあわせたギフトの相談・手配 花・ワイン・シャンパン・フルーツ・贈答品• 短期のレンタルオフィスや会議室などの案内• コンピュータなどのビジネス機材のレンタル業者の案内• 海外の引越し業者の案内 無料ではなく有料ですが、プライベートジェットやヘリコプター、プライベート・クルーズをチャーターすることも可能です。 スポーツ、コンサート、オペラ、観劇、その他イベントなど、全世界のチケットを可能な限り手配してくれます。 旅行、食事、エンターテインメント、ショッピングなど、あらゆるシーンで特別な体験を提案してくれます。 日本では 未発売の商品の購入などの購入も依頼できます。 海外で見かけて買いそびれた商品、また飲みたいワインの探索なども依頼できます。 ホテル、航空券・鉄道、オペラ鑑賞やスポーツ観戦、リゾート地でのオプションツアーなどあらゆる項目について予約・手配してくれます。 ウユニ塩湖の美しすぎる日没と星空を観戦するオプションツアーなども、サクッとお手軽に電話一本で予約できます。 「オーロラが見たい」「アザラシの子供が見たい」という場合もすぐに提案してくれます。 調べまくる必要はありません。 いちいち調べまくる必要がありません。 電話一本で大抵のものは何でも用意してくれます。 貴重な時間を節約できます。 航空会社はスターアライアンス系あるいはワンワールド系といった指定も当然に可能です。 マイルを使ったアップグレード対象のフライト便も調べてくれます。 もちろんグレートなラグジュアリーツアーだけではなく、リーズナブルなパッケージツアーを予約することもできます。 その旨を伝えれば案を提示してくれます。 また、「17名が参加するオフ会の幹事になったので、7月7日に品川で1人あたり5,000円程度のお店を探してほしい。 雰囲気が良い店で」などの依頼も可能です。 参加者の年齢・性別・属性などを伝えると、ピンポイントに適したお店を紹介してくれます。 タクシーやリムジンの予約、花や酒のプレゼントの手配なども当然に可能です。 いちいち諸々の事柄を探す手間が省けます。 秘書がいない中小企業の経営者、個人事業主、会社員、専業投資家にとっては絶大なメリットがあります。 ホテルに入ったら花が敷き詰められているといった 家族の誕生日をサプライズでお祝いする演出も可能です。 ホテルに部屋がない時でも、カード会社が枠を抑えていてコンシェルジュ経由なら予約可能な時があります。 2016年3月12日 土 に名古屋駅に用事があり、名古屋駅周辺のホテルを取る必要がありました。 2月13日に予約しようとしたところ、1ヶ月前なのに既にホテルが満室の嵐で、アパホテル<名古屋栄> 素泊まり28,100円 、ヒルトン名古屋(65,318円)しかない状況でした。 プレミアム価格が付きすぎてあまりにも割高です。 困り果てて持っていたプラチナカードのコンシェルジュに電話したところ、2つの宿を提示してくれて、朝食付き15,800円で予約を取ってくれました。 インバウンドやイベントなどで、ホテルが インターネットの予約サイトでは全滅でも、プラチナカードのコンシェルジュに電話したら確保できたことがあります。 私もブラックカードのコンシェルジュをフル活用していますが、特にお手軽に依頼できて利用頻度が多いのは、 懇親会等のお店選びです。 人数、利用シーン、場所、希望の条件を伝えると、3~6個程度のお店をピックアップしてくれます。 基本的にはどれも良いお店であり、その中から選べばOKになります。 お店選びの時間を節約できて忙しい時に非常に助かります。 また、 手土産のピックアップも便利です。 最新の良い品物を教えてもらい選定に活かしています。 最新の流行を追いかけていない身としては助かります。 便利に買えるところで良い品物を選定してくれます。 上質で適切な品物をレコメンドしてくれます。 日本酒好きの方に「獺祭 磨きその先へ」と磨き二割三分のセットを贈ったところ、めっちゃ喜んでくれました。 家族の誕生年のワインなどプレゼントにぴったりのワインも探してくれます。 5大シャトーのグレート・ヴィンテージなどもレコメンドしてくれます。 例えば、パーカーポイント99点のシャトー・マルゴー 1996を、1996年生まれの子供が結婚する時のお祝いで乾杯するといったことが可能になります。 私には奥さん・子供どころか、彼女も10年近くいないので無関係の話ですけれども。 夢だけは無限に広がっていきます。 で価格が5万円台までのワインを教えてもらうことも可能です。 在庫が希少な商品の在庫確認も便利です。 自分で電話をかけまくる必要がありません。 プライオリティ・パスは同伴者1名無料! 世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会できます。 搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるのが大きなメリット。 格安航空券利用時も使えますし、1日に2回以上ラウンジを使うことも可能です。 通常は年会費429米ドルであるプレステージ会員が0円です。 1ドル109. しかも、同伴者も1名無料となります。 夫婦2名が無料で入場可能です。 本人のみ無料というプラチナカード・ブラックカードもあります。 本会員・家族会員のいずれも無料入会でき、かつ同伴者1名無料なので夫婦でカードを持つと4名まで無料で利用可能です。 子供が2名いる場合は便利です。 海外旅行は夫婦やカップル、家族で行くことが多いですよね。 最大4名無料というのは神威のメリットです。 同僚1名との出張の場合も、自分だけ入るわけにはいかないので便利です。 無料でプライオリティパスが利用できる人数では、年会費130,000円 税抜 のと並んで日本3位と卓越しています。 ちなみに1位は、2位はです。 2名以降の同伴者の料金も2,000円 税抜 とリーズナブルです。 64円換算で3,508円)というプラチナカード・ブラックカードが大多数です。 飲み物やスナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。 本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジは、シャワー室があるなど内容が充実しています。 また、利用対象者も少ないため、ストレスない優雅な一時が送れます。 ゴールドカードならOKのラウンジは混んでいて落ち着かない時がありますよね。 日本国内ではKAL Business Class Loungeなどを利用可能です。 例えば、エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空などの中東の航空機を使って、欧州・南米・アフリカなどにフライトする場合は、経由地で3~7時間の待ち時間が生じることが多いです。 この待ち時間にプライオリティ・パスを使ってVIPラウンジで過ごすと、とても快適に旅行できます。 飲み物や食べ物を戴いたり、シャワーやインターネットで待ち時間を快適に過ごせますし、空港における盗難のリスクも減らせます。 海外のハブ空港の中には、一つの空港の中にプライオリティ・パスを使えるラウンジが複数箇所ある空港も多いです。 仁川、シンガポール、バンコクなどのハブ空港を経由して旅行に出る場合、プライオリティ・パスは大活躍します。 また、プライオリティ・パスを保有していると、 手荷物検査後にあるVIPラウンジを利用できるというメリットがあります。 一般的なゴールドカードで利用可能なのは、手荷物検査前にあるラウンジが大多数です。 飛行機に乗る前に手荷物検査を受ける必要があるので、搭乗時間より前もってラウンジを出て、手荷物検査終了後は待合室で待機する必要があります。 一方、プライオリティ・パスで利用できる手荷物検査後にあるVIPラウンジは、搭乗開始のアナウンスがあってからラウンジを出ても十分に間に合うので、 搭乗間際まで快適に寛げます。 オーストラリアなど一部の空港では、レストランの割引も受けられます。 レストランの支払いから一定額 約3,000円前後 のディスカウントを享受してお得に食事できます。 関西国際空港では午前7時~午後10時に営業している「ぼてぢゅう」で3,400円の割引を受けられます。 レストランや免税店での10%OFF等のオファー、プライオリティレーン 英のみ もあり、空港内で多様な優待があります。 プライオリティ・パスはスマホアプリ(・)もあり、空港にあるラウンジがすぐに検索・確認できるので便利。 お気に入りのラウンジを「Favorites」に登録しておくこともできます。 プライオリティ・パス無料の特典が付帯しているクレジットカードについては、以下で徹底的に解説しています。 三菱UFJニコスのブラックカード「Recognized VIP」は、年300万円以上の利用で年会費は2万円です。 2名で使うなら一人あたり1万円でプライオリティパスがタダで使えます。 強烈なメリットがあります。 プライオリティパスがもらえるカードで最も低コストなのはです。 しかし、こちらは家族会員が対象外です。 夫婦がどちらも本人カードを発行したら、年300万円以上利用した場合、年会費はRecognized VIPと同じです。 夫婦でプライオリティパスを使う場合、MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉は、楽天プレミアムカードと同じ年会費で持てます。 の中でもエッジが利いています。 夫婦二人で楽天プレミアムカードを持つならば、MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉との2枚持ちという選択肢もあります。 専任担当者が予約を承る「」 三菱UFJニコスのブラックカード「Recognized VIP」は、コース料理1名分無料サービスを利用できます。 国内の厳選されたレストランの所定コースメニューを2名以上で使うと、1名分が無料になります。 例えば1万円のコースなら1万円、2万円のメニューなら2万円も得します。 ブラックカード・プラチナカードには定番の素晴らしいサービスですね。 一部の店舗では、コース料理を6名以上で注文すると2名分が無料になったり、次回以降の来店時にウェルカムドリンクやプレゼントがもらえるリピーター特典などの優待もあります。 MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉の場合は、専任担当者が予約を受け付ける「」を利用できます。 通常はネット予約のみで予約の可否が後日連絡となり、不可となった場合は再度手続きが必要な「」と比較すると、格段に便利です。 は入会金は無料で、年会費は30,000円 税抜 です。 これを見ると、MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉が無料で招待日和を使えるのはお得感があります。 高級レストランを2名以上で利用すると1名分が無料になるサービスは、アメックス・ゴールドのゴールドダイニング、Mastercard プラチナカードの「」に類似したサービスです。 しかし、これらは3営業日前までに予約する必要があります。 ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始などは連休に入ったから、豪華なお店に食べに行きたくなることもあります。 他方、Premier MemberのRecognized VIPの場合、3日前を過ぎてからの予約でも、店舗の予約状況に応じて可能な限り対応してくれます。 また、ゴールドダイニングやTaste of Premium ダイニングは、予約した時間帯が埋まっている場合、Eメールで無理でしたという連絡が来るだけで、「時間を1時間ずらせば可能」といったレコメンドがありません。 したがって、予約してダメだったら時間をずらして再度予約する必要があり、使い勝手が今ひとつです。 この点は、Recognized VIPが優れています。 電話した時にダメだった場合、前後に予約可能な時間があるか、あるいは1日ずらしたらOKかなどの確認まで依頼できますし、依頼しなかった場合でも、大抵は何時ならOKとかを知らせてくれます。 MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉は、専任担当者が予約に対応する点にエッジ・優位性があります 対象レストランの一例としては、「重慶飯店 麻布賓館」があります。 燕の巣入りフカヒレの姿煮、アワビ、ロブスター、和牛サーロインといった卓越した素材をお得に堪能できます。 しかし、MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉にも、卓越した会員限定イベントがあります。 好みに合うものがあれば参加すると、エンジョイできて生活に彩りが加わります。 開東閣でのパーティーなどは、三菱グループならではのプレミアムなイベントですね。 MUFGカードの最上位カードならではの利点です。 その他MUFGカード・プラチナ・アメックスと共通のサービス MUFGカード・プラチナ・アメックス〈プレミア〉は、もちろん普通のMUFGカード・プラチナ・アメックスのサービスは利用可能です。 スモール・ラクシャリー・ホテルズには、東京ステーションホテルやホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドなど日本のホテルもあります。 高級ホテル・旅館の予約サイト「Relux」の「最低価格の保証」から更に7%引きとなる「 Relux for Platinum」を利用できます。 葉山音羽ノ森でお得に泊まりました。 ウェルカムドリンクのサービスもあり、海が見えるオシャレなロビーのカフェでコーヒーを堪能しました。 記念写真プレゼントの特典も受けられました。 冷蔵庫のドリンクプレゼントもありました。 お酒がめっちゃ嬉しかったです^^ ディナー会場は全面ガラス張りで抜群に良い雰囲気です。 テーブルのキャンドルとお花がおしゃれです。 メイン料理は地元の食材の葉山牛ステーキも選べます。 ジュワ~っとしたたる肉汁がジューシーでした! 24時間健康・介護相談サービスも便利です。 プラチナカード・ブラックカードにもこのサービスが付帯していないカードも多数あります。 往復の手荷物無料宅配サービス、てぶらチェックインサービス(自宅から海外の到着空港までスーツケース1個を郵送)、コート(防寒具)預かりサービスは着実に便利です。 コート預かりサービスは、アメックス・プラチナ、アメックス・センチュリオンはなぜか中部国際空港のみとなっています。 MUFGカード・プラチナ・アメックスは、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港で利用できます。 もちろん、家族会員も利用できます。 に関しては、MUFGカード・プラチナ・アメックスは、を凌駕しています! その他、三菱UFJ銀行のATM手数料などの優遇、三菱UFJニコス提供の空港ラウンジ、ハワイ・ホノルルラウンジ、ハーツGoldプラス・リワーズ、会員誌、JR東海プラスEX、銀聯カードなどを利用できます。 MUFGカード・プラチナ・アメックスと共通のサービス・ポイント制度の詳細については、以下で徹底解説しています。 プラチナを超えるおもてなしの真髄を "Recognized VIP" それは、限られた方だけが手にすることのできる最高峰の証。 これまで感じたことのない特別な歓び。 確かなプロテクションによる揺るぎない安心。 あなたの人生に寄り添う、極上のホスピタリティ。 プラチナを超越した方だけが体感できる 新しい世界へ、ようこそ。 インビテーションは三菱UFJニコスからではなく、三菱UFJ銀行から届くケースが多いようです。 三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から届く場合もあります。 MUFGプラチナ・アメックスで多額の利用をした方にインビテーションが届く可能性もあるかもしれません。 インビテーションの案内文書は以下のとおりです。 謹啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 また、平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。 さて本日は、三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJニコス株式会社が提供する「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉」をご案内いたします。 本カードは、三菱UFJニコス株式会社の最上位カードとして、プレミアムなサービス、満足をお届けする特別な一枚です。 また、プレミアに次ぐ「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」もご用意しております。 どちらも確かな品質とサービスを兼ね揃えた安心と信頼をお約束するカードです。 ぜひこの機会に最上位のステータスカードとしてご検討ください。 末筆ながら、これまでのご愛願に深く感謝いたしますとともに、お客さまの益々のご健勝を心よりお祈りいたします。 謹白 インビテーションに申込書は同封されておらず、電話で連絡して申し込むようです。 申込書は郵送できないタイプとなっており、面談・カードに関する解説を経て対面で申込書を記入する流れとなります。 これは一部のブラックカードの一部ルートでの申し込みと同じ仕組みとなっています。 インビテーションの基準は、三菱UFJフィナンシャル・グループでの預入残高、取引履歴などが重視されているのは間違いありません。 他の例では、ダイナースクラブカードがシティグループ時代には、5000万円以上シティバンクに預け入れるとシティーバンク ダイナースクラブ プレミアムカード(プロパーのとベネフィットは基本的に同一)が発行可能でした。 現在は三井住友信託銀行の上顧客に対して、三井住友信託 ダイナースクラブ プレミアムカードが発行されています。 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉もこれに準じている可能性があります。 ただし、マイナス金利の情勢では新規預金は必ずしもありがたくはないので、むしろ多額のローン 住宅や不動産投資など を組んだり、保険・投資信託などの残高を積み上げた方が望ましい可能性はあります。 Recognized VIPのインビテーション獲得を目指すならば、三菱UFJ銀行や三菱UFJモルガン・スタンレー証券に多額のお金を入れて、取引を積み重ねましょう。 担当者との面談などがあるので、カブドットコム支店の顧客が対象であるかは気になります。 三菱UFJ証券経由でインビテーションをもらうことを想定して、引き続き三菱との取引ヒストリーを構築しようと思っています。 突撃も考えたのですが、インビテーションの基準を探りたかったので、今回は地道にインビテーションを待とうと思います。 まとめ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード〈プレミア〉、「Recognized VIP」は、年300万円以上の利用で、年会費が20,000円 税抜 となります。 極めて低コストのブラックカードです。 家族会員の年会費は全員無料です。 それで アメックス・センチュリオンと同じ専任担当者がつくコンシェルジュサービスを利用できます。 もちろん、コンシェルジュのクオリティはセンチュリオンカードと比較すると及ばない可能性が高いですけれども、お値打ち感があります。 アメリカン・エキスプレス・カード アメックス・グリーン は、本会員の年会費が12,000円 税抜 、家族会員は6,000円 税抜 です。 夫婦で保有すると18,000円となります。 MUFGプラチナカード・アメックス〈プレミア〉は、年300万円以上使うと、2,000円しか高くありません。 それでアメックス・グリーンにはない専任コンシェルジュ、プライオリティ・パス無料 同伴者1名も 、レストラン1名無料サービスなどの充実した特典を受けられます。 海外旅行時の手荷物空港宅配サービス 往復 、コート預かりサービス、手ぶらチェックイン、充実の保険にも魅力があります。 ブラックカードといえばコストパフォーマンスが悪いというのはつきものです。 しかし、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年300万円以上使った場合はコスパも良好なブラックカードです。 その他、おすすめのブラックカードについては、以下で徹底的に解説しています。 夫婦でプライオリティ・パスを利用でき、無料で世界中のラウンジが使い放題になるので、、です。 年会費20,000円 税抜 でコンシェルジュ・プライオリティ・パス無料 家族会員も 、レストラン1名無料サービス、海外旅行時の手荷物空港宅配サービス 往復 、コート預かりサービス、手ぶらチェックイン、充実の保険が付帯しています。 家族会員のプライオリティパスも無料なので、これだけで年会費は元がとれてしまいます。 プライオリティパスがもらえるカードで最も低コストなのはです。 しかし、こちらは家族会員が対象外です。 の中でもエッジが利いています。 コース料理1名分無料サービスのを使えば、 更に年間1万円や2万円といった金額がお得になります。 手荷物空港宅配サービスは家族会員も対象なので、往復2名分の荷物を宅配すると、 1回の海外旅行につき約8,000円分は得します。 とてもコスパが良好です。 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはお得な入会特典を用意しています。 公式サイト その他のおすすめのプラチナカードについては、をご参照ください。 その中でも特に特筆に値するカードは以下で徹底的に解説しています。

次の

三菱UFJが発行するクレジットカード最上位はやはりプラチナだった

三菱 ufj プラチナ カード

TOPIC• MUFGカードとは? MUFGカードとは、銀行大手の「三菱東京UFJ銀行」の関連クレジットカード会社である「三菱UFJニコス」から発行されているクレジットカードで、銀行系ならではの「安心」・「堅実」なイメージで人気があります。 国際ブランドはVisa、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4種類があり、自分の好みや用途に合わせて選べるのが魅力です。 三菱UFJニコスカードの3大ブランドのひとつ! MUFGカードは、三菱東京UFJニコスカードの「3大ブランド」のひとつで、他に有名なカードに「DCカード」、「NICOSカード」があります。 もともとMUFGカードは、DCカード、NICOSカードを統合する目的で「UFJカード」の実質的な後継カードとして立ち上げられたブランドですが、現在ではDCカード、NICOSカードともに知名度があるため、それぞれ独立したブランドとして残す方針となっています。 POINT MUFGカードを持つべき理由• コスパと信頼性を兼ね備えた銀行系カード• 目的やステータスでカードを選べる豊富なラインアップ• はじめてのクレジットカードに最適!若者限定カードも 1. コスパと信頼性を兼ね備えた銀行系カード MUFGカードは、信頼性の高い「銀行系カード」の代表とも言えるカードですが、その一方で「コストパフォーマンスが高い」という特徴も兼ね備えています。 銀行系カードは信用力が高く、安定したサービスを提供されている分「年会費が安くない」というクレジットカード会社もありますが、MUFGカードはとにかく「持ちやすい・維持しやすい」年会費のカードが多く、最近では「格安ゴールドカード」などにも力を入れています。 こちらも読まれています 信頼性の高い銀行系カードを持ちたいけれど、コストパフォーマンスも重視したいという方にはぴったりのカードブランドです。 目的やステータスでカードを選べる豊富なラインアップ MUFGカードは、プロパーカードだけではなく、スポーツ団体や人気キャラクター、企業と提携している「提携カード」まで豊富なラインナップが揃っています。 また、ステータス性重視のカードもきちんと用意されているので、年会費無料で気軽に発行できるカードから、堅実な銀行系のハイ・ステータスカードまで、目的やステータス別で自分好みのカードを探すことができます。 クレジットカードを選ぶ際は、クレジットカード会社・カードブランドの好みのほかにも、自分の目的に合ったカードがあるかというのは重要なポイントですので、選ぶ選択肢が多いのは大きなメリットですね。 はじめてのクレジットカードに最適!若者限定カードも MUFGカードには、豊富なラインナップの中に「若者限定カード」つまり若年層向けの年齢制限付きのカードもあります。 こうした「若年層向けカード」は、一般向けに幅広く発行されているクレジットカードよりも年会費やサービス面で優遇されていることが多く、MUFGカードの若者向けカードもその例にもれず「お得」なカードになっています。 一般的な銀行系カードのイメージは審査難易度が高く、少し敷居が高いと思っている方も多いですが若者向けカードはその敷居の高さが緩和されており、若者でも作りやすい審査基準になっています。 そのため、MUFGカードは銀行系カードの中で「初めての1枚」としてもおすすめできるカードです。 MUFGカードの種類は?豊富なラインナップで選びやすい! MUFGカードの種類は、作るべき理由の章でお話ししたように多彩で、自分好みの1枚が選びやすくなっています。 ここでは、数あるMUFGカードの中の一例を簡単にご紹介します。 目的・サービスレベルにあわせて選べる、バランスの取れたラインアップ• MUFGカード ゴールド• MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード• MUFGカード ゴールドプレステージ• MUFGカード イニシャルカード• MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード• 銀聯カード、法人カードも 目的・サービスレベルにあわせて選べる、バランスの取れたラインアップ MUFGカードは、何度もお伝えしているようにラインナップが豊富で、自分の目的やステータス性、求めるサービスレベルなどに応じて選べるようになっています。 カードブランドの中には、ラインナップがあまり充実しておらず自分の目的のカードが作りづらいものもありますが、MUFGカードは自分の目的に沿ったカードが1枚はあると言えるほど各種カードを取り揃えており、「バランスの良い」カードブランドと言えます。 次から、カードのラインナップの中でも特に注目したいカードの一例をいくつか簡単に解説いたします。 MUFGカード ゴールド MUFGカードが今力を入れているカードの一つが、「MUFGカード ゴールド」です。 利用可能額の幅も10〜200万円までと広く、アルバイトやフリーター・パートの方でも申し込めるので、ゴールドカードを年会費格安で、比較的厳しくない審査で手に入れたい方に人気です。 年会費が安いとカードフェイスだけがゴールドで機能が全くついていないのではと心配になる方もいると思いますが、ゴールドカードならではの「対象空港ラウンジ」が無料で利用できる特典など、ゴールドカードらしいサービス内容もしっかりついています。 こちらも読まれています MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、MUFGカード ゴールドの国際ブランドを「アメリカン・エキスプレス」に設定した際のカードです。 審査は他の3つの国際ブランドよりもやや厳しいですが、それでもアメックスのプロパーカードと比較するとかなり手に入れやすくなっています。 通常のMUFGカード ゴールドのサービスと異なり、海外利用でポイントが2倍になる、アメックス会員だけの各種優待サービスが受けられるなどのサービス内容が用意されています。 海外旅行傷害保険も自動付帯になっているので、特に海外旅行に行く方向けの格安ゴールドカードです。 ゴールドプレステージだけの専用デスクが24時間年中無休で利用できるので、いざという時にしっかり相談や問い合わせができる環境が整っている他、旅行傷害保険の家族特約や海外旅行保険の自動付帯などの「補償」が充実しています。 特に海外旅行保険は「最高5,000万円」までの補償が自動付帯になるので、持っているだけで保険が適用されるという優れものです。 そのほかにも、格安ゴールドカードよりも使える対象空港ラウンジが多くなっているなど、本格派ゴールドカードならではのサービス内容です。 MUFGカード イニシャルカード その魅力はなんといっても、「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」の特典をたった2万円で手に入れられるというところで、最短3営業日という発行スピードの早さも素晴らしいと言えます。 アメリカン・エキスプレスのプロパーカードでプラチナカードを発行しようと思うと、年会費が10万円以上かかりますが、MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはその5分の1以下で同等のサービスを得られるので、一見高く見える年会費でもコストパフォーマンスは最高クラスです。 お得にアメックス・プラチナの特典を利用したい方、高いステータス性を求める方におすすめしたいカードです。 銀聯カード、法人カードも ここでご紹介したカード以外にも、キャラクターとコラボレーションしているカードや、中国旅行・出張で大活躍の「銀聯カード」、個人事業主や会社役員の方にぴったりの「法人カード」などもあります。 紹介されていないカードの中にも便利で使いやすいカードはたくさんありますので、自分の目的や立場にあっているクレジットカードがあるかと気になった方は、ぜひ一度カードラインナップに目を通して探してみてくださいね。 MUFGカードは楽Pay登録で年会費が割引に! MUFGカードは、「楽Pay」というリボ払いサービスに登録・利用することで年会費が割引されます。 楽Payのシステムを簡単に説明すると、5,000円以上10万円以下の中で支払い金額を指定し、毎月の支払いが指定金額を超えた場合には、翌月以降の支払いで残額にリボ払い手数料を上乗せした金額を支払うというシステムです。 当然と言えば当然ですが、カードの年会費が高ければ高いほど割引金額は大きくなります。 年会費優遇は「楽Pay」を1回でも利用すれば適用されるので、できるだけリボ払い手数料を払わずに年会費優遇を受けたい方は、年に「1回」だけ設定金額をギリギリ超えた金額を利用し、早期返済を利用しないで口座引き落としで返済しましょう 早期返済を利用すると年会費優遇対象にはなりません。 MUFGカードの審査は厳しい? MUFGカードの審査ですが、一般的な「銀行系カード」の厳しいイメージとは異なり、今はそれほど厳しくないという評判です。 例えば、格安ゴールドカードの「MUFGカード ゴールド」は、格安とはいえ「ゴールドカード」に分類されていますが、それでも主婦やパート・アルバイトの方でも発行される程度の審査難易度です。 MUFGカードは家族や配偶者にきちんと安定した収入があり、クレヒス クレジットヒストリー、信用情報のこと に問題がなければ通りやすいカードと言えるでしょう。 ただし、プラチナカードなどの一部カードは審査難易度も高くなってきますので、ここで解説したのはあくまでも一般カード〜格安ゴールドカードクラスまでの評価と捉えてくださいね。 おすすめのMUFGカード5選 MUFGカードは豊富なラインナップが魅力ですが、あまりにも数が多すぎて迷ってしまいますよね。 ここでは、MUFGカードのなかでも特におすすめのカードを「5枚」ご紹介します。 先述の内容と重複するものもありますが、「まとめ」としてご覧ください。 MUFGカード ゴールド ポイントプログラムは独自の「グローバルポイント」を採用しており、長く使えば使うほど、前年1年間の利用金額に応じたボーナスポイントが加算されるなど、「ポイントをお得に貯め易い」システムになっています。 また、三菱東京UFJ銀行のATM取引手数料が無料になるなど、三菱東京UFJ銀行ユーザーには嬉しい特典もついています。 海外旅行傷害保険はもちろん、国内旅行傷害保険も同様に「最高2,000万円」まで補償が受けられ、ショッピング保険も付帯しています。 特におすすめなのが、ゴールドカードならではの「空港ラウンジ」が無料で使える特典で、国内主要6空港とホノルル国際空港のラウンジが対象です。 サービス内容は銀行系らしく「堅実」な内容ですので、とにかく安くワンランク上のサービスを求める方には最適なおすすめの1枚です。 ポイントプログラムや三菱東京UFJ銀行でのATM手数料優待などのサービスは一般カードと共通ですが、24時間・年中無休で対応してもらえる「ゴールドプレステージデスク」がありますので、万が一の際はすぐに対応してもらえて安心です。 格安ゴールドカードとは違い、国内の主要空港「25空港」の対象ラウンジが無料になるなど、サービスの幅が広がっています。 また、最もおすすめしたいのが旅行傷害保険の「家族特約」で、普通はカード会員しか補償の対象にならないところを、本人会員の配偶者、生計を共にする両親、未婚の子であれば万が一の際に保険が適用されます。 海外旅行傷害保険は「自動付帯」なので、持っているだけで安心できる強い味方です。 このカードのウリはなんといっても、アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 年会費10万円以上 と同等のサービスを破格で受けられるという点で、アメックスのプロパーカードにこだわりがなく、ステータス性・サービス力重視のカード選びがしたい方に人気です。 そのほか、プライオリティパスの会員権がついてくるなど、充実のサービス内容になっていますので、お得にアメックス・プラチナカードを持ちたい方、サービスにこだわる方は検討の価値がある1枚です。 まとめ|MUFGカードは気軽に銀行系カードを手に入れたい方にぴったり! MUFGカードは銀行系カードの中でも最も有名な「三菱UFJニコス」系列のクレジットカードですが、一般カードや格安ゴールドカードなどの審査は銀行系カードのイメージとは異なるほど柔軟で、主婦やフリーターという方も気軽に作りやすくなっています。 サービス内容は「MUFGカードならでは!」というものは三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料優遇などやはり「銀行がらみ」には限定されてきますが、銀行系カードとしての堅実さ、安心感は抜群のカードブランドです。 新たに自分に合ったカードをたくさんの選択肢から選びたい方にもおすすめできる「豊富なラインナップ」も魅力ですので、今まで銀行系カードに興味があっても敷居が高くて作っていないという方は、ぜひMUFGカードを検討してみてください。

次の

MUFGカードプラチナアメックスの特典やインビテーション条件を解説|プラチナカードのおすすめ|もう比較して迷わない最適な1枚は?

三菱 ufj プラチナ カード

実は我が家も先日、突然シンガポールに行くことになった時「美味しいチリクラブを食べたい」と思ったんだけど、自分でネットで調べてもどのお店が良いのかよくわからないし(どのお店も『おすすめ』と書いてある・苦笑)、忙しくてゆっくり調べる時間もなかったので、この【プラチナコンシェルジュサービス】に「宿泊予定の〇〇ホテルから近い美味しいチリクラブを食べられるレストランを探してください」とお願いしたところ、あっという間におすすめの候補を3店舗ほど選んでくれて、その中から私達が選んだ店舗に予約まで入れてくれた。 ものすごくきめ細やかでありがたいサービスだ。 手配料などは無料。 更に現地での食事代の支払いも他のクレジットカードで支払ってもOK。 プラチナカードを持っているからこそのサービスなのだ。 その時の詳細は下の記事で。 そもそも我が家がこのクレジットカードを持っている理由が 【格安でプライオリティパスを持ちたい】というところからスタートしているので、楽天プレミアムカードよりも格安で持てる(楽ペイの設定をすれば17000円で持つことができる)だけで充分満足なんだけど、それに加えて充実の補償の数々に、プラチナコンシェルジュのサービスに、ぼてぢゅうではタダで飲み食いできるし、空港ラウンジを利用する時に子供が居たとしても同伴者の金額は1人3000円なので、他のクレジットカード会社で作ったプライオリティパスよりもお得だし、格安でスーツケースも何度でも無料で送ってくれるし、、、と、数えればきりがないくらいのメリットだらけだ。 参考として、、、プライオリティパスが欲しくて【MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード】を申し込みたいと思っている人は、MUFGプラチナアメックスカードを申し込んでからプライオリティパスを手にするまでに最短で10日くらいはかかるので、余裕を見てできるだけ早めに申し込むのがおすすめ。 そして、この【】を作る際は、プラチナカードなので通常は割引などは無いけれど、タイミングが良ければお得な入会キャンペーンをやっている。 私達が申し込んだときのように、お得なキャンペーンを適用してMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを作りたい人は、下のバナーリンクから入会キャンペーン適用ページへどうぞ。 我が家もこのを利用してカードを作ったので参考にどうぞ。

次の