鼻 詰まり。 【医師監修】鼻の毛穴詰まりを解消する方法|鼻の角栓を落とせる洗顔とケア

治らない鼻づまりや鼻水、慢性副鼻腔炎かも。原因と改善方法まとめ

鼻 詰まり

鼻かぜをひいた時、花粉症の時期、これらに一時的に鼻がつまり苦しい思いをされた経験がある方は多いと思います。 ただ、この鼻づまりが3か月以上続く時は、慢性の鼻づまりとして検査や治療をうけられることをおすすめします。 原因として次の疾病が考えられます。 それぞれの疾病に関して、順に説明いたします。 鼻中隔彎曲症 びちゅうかくわんきょくしょう 鼻は左右二つの孔から左右の鼻腔につながり、鼻奥にある喉との境目でひとつになります。 その左右を隔てるついたてを鼻中隔と呼びます。 鼻の周囲は鋤骨、篩骨、上顎骨といった顔を構成する骨の一部と鼻中隔軟骨という軟骨がジグソーパズルのように組み合わさっています。 その鼻中隔は成長に伴って上下前後に伸びていくのですが、成長に伴って左右どちらかにたわみ 彎曲 ができてしまうことがあります。 このたわみは実はほとんどのヒトにあるものですが、この彎曲が強すぎて鼻の通り道を物理的に狭くしてしまい「鼻がつまる」という症状がでた状態を「」と言います。 これは手術以外に治す方法はありません。 我慢できないレベルの鼻づまりが鼻中隔の彎曲によるものと診断された場合には、手術 鼻中隔矯正術 を勧めます。 アレルギー性鼻炎 ハウスダストやダニ、スギやヒノキの花粉などを抗原として、それを排除するために体の中で抗体をつくり、 くしゃみや鼻水で抗原を押し出そうとする反応が強くでてしまっている状態です。 この炎症反応は下鼻甲介という部位で強くおこるのですが、長期間の通年性アレルギー性鼻炎や重度の花粉症の結果、下鼻甲介は過度に肥厚してしまいます。 抗アレルギー剤の内服薬の中には鼻づまりを楽にする効果が期待できるものもありますので、まず内服治療、鼻洗浄、ステロイド点鼻薬などで治療をすることになります。 ただ、肥厚しすぎた下鼻甲介はなかなか元に戻りません。 薬や鼻洗浄で改善しない場合は下鼻甲介を薄くする手術 粘膜下下鼻甲介骨切除術 の適応となります。 肥厚性鼻炎・薬剤性鼻炎 血液検査などでアレルギーが認められない方であっても下鼻甲介が過度に肥厚することはあります。 たとえば、鼻中隔彎曲によって左右の鼻腔の幅のバランスが崩れている場合に、狭くない方 彎曲側の反対側 の下鼻甲介が代償性に肥厚してしまうことがあります。 これは鼻中隔彎曲症と同時に治療をすればよくなるものです。 また、長年の鼻づまりを薬局で売られている血管収縮剤の入った点鼻薬を使ってしのいで来られた方の中には「薬剤性鼻炎」と呼ばれる下鼻甲介が過度に肥厚した状態になってしまう方がおられます。 血管収縮剤の連用は逆に下鼻甲介に分布する血管を「鍛えて」しまい、収縮剤の無い状態では下鼻甲介が肥厚した状態が続いてしまうのです。 これはまず市販の点鼻薬を断ち切ることからスタートしてもらう必要がありますが、これはかなりの苦行です。 慢性副鼻腔炎 副鼻腔の中に膿やポリープが充満してしまった状態が3か月以上続く場合「」と診断されますが、鼻汁の量やポリープの大きさなどによって鼻づまりが引き起こされます。 副鼻腔炎による鼻づまりの症状は様々で、「あまり鼻はつまらない」という方、「空気は通るけど鼻の付け根が詰まったような状態が続く」方、「完全に鼻がつまっている」方と様々です。 ファイバースコープ、CT検査などでどういったタイプの副鼻腔炎かを診断した後、内服薬、鼻洗浄、点鼻薬などで改善をめざしますが、すでにそういった治療をされてきた方に対しては手術治療 内視鏡下副鼻腔手術 を組み合わせることをすすめています。 鼻腔・副鼻腔腫瘍 最近片方の鼻が詰まるようになってきて、ポリープによって詰まっていると診断され治療をうけられている方の中に腫瘍が原因の方がおられます。 多くは良性腫瘍ですが、腫瘍の前の方がポリープの様な見た目になっているとなかなか診察だけでは区別がつかないことも多いやっかいなものです。 外来で一部を切除して病理組織検査を行い、CT、MRIを撮影して診断します。 現在、当院では外来で腫瘍と診断された際には基本的に京都大学などの大学病院を紹介していますが、手術中に疑わしい腫瘤がみつかるケースもあります。 この場合は腫瘍のサイズと位置に合わせた拡大副鼻腔手術を可能な範囲で行います。 この場合は再手術が必要かどうかを病理検査や手術後の経過で判断いたします。

次の

鼻づまりの原因とメカニズム|ナシビンMスプレー(点鼻薬)

鼻 詰まり

片側だけなの鼻が痛いのはなぜ? 一時的な片方の鼻詰まりは生理現象です。 「片方の鼻だけが詰まる」ということは皆さんよくあるのではないでしょうか。 この現象にははっきりした理由は解明されていないようなのですが、鼻のメンテナンスや休憩、保湿ではないかなどの見解があります。 なので一時的な片方の鼻詰まりは生理現象ですので特に問題はありません。 鼻の痛みや鼻詰まりのそもそもの原因は? 鼻の痛みを感じる原因は複数あります。 乾燥や鼻のかみすぎなどの軽いものから副鼻腔炎の発症、悪性腫瘍などの重いものまで様々です。 鼻は鼻の外側の部分である外鼻、鼻の内側である鼻腔と副鼻腔の3つからできていて、 各部分の痛みによって原因や症状が違います。 鼻の外側である外鼻が痛い場合の原因は以下の3つが考えられます。 これらは基本的には軽い症状であることがほとんどです。 打撲やかすり傷 スポーツをしている最中や転んだ時に鼻を強打したりかすったりすることで、鼻が腫れたり傷がつくことがあります。 ほとんどの場合は時間とともに痛みや腫れは引いていきますが、 傷の大きい場合や痛みが残る場合には病院へ行き、診察してもらいましょう。 ニキビ 鼻は最も皮脂の分泌量が多いため、ニキビができやすいです。 ニキビは毛穴に皮脂がたまっているところに雑菌が入って起こるため、痛みを伴うこともあります。 原因は 主に肌の汚れやストレス、暴飲暴食によるものがほとんどなため、皮膚科で治療を受けてみたり、日頃の生活習慣を見直してみましょう。 面疔( めんちょう) 聞きなれない言葉ですが、面疔は黄色ブドウ球菌という菌が毛穴に入り込んで炎症を起こします。 ニキビと似ていますが、 面疔は触ると強い痛みを感じます。 面疔は放っておけば1週間程度で治りますが、痛みがひどい場合に皮膚科で診察してもらいましょう。 次に鼻の内側にある鼻腔と副鼻腔で起こる痛みや鼻づまりの原因です。 風邪、アレルギー性鼻炎 風邪のひき始めの症状として、一時的に鼻にツンとする痛みを感じることがあります。 風邪のウイルスにより鼻の粘膜が炎症しているためです。 また、水っぽい状態の鼻水が治らなかったり痛みが引かない場合には、花粉症などのアレルギー性鼻炎かもしれません。 日本人の約4割がアレルギー性鼻炎のようです。 乾燥 口と同じように鼻も内側は粘膜で覆われており、空気が乾燥していると粘膜も乾燥して鼻に痛みを感じることがあります。 寒い時期にだけ鼻に違和感や痛みを感じる場合には、鼻の中が乾燥している可能性が高いです。 鼻の中の乾燥により、皮がむけたり鼻血が出たりすることで痛みが生じます。 気温の変化 暖かい場所から急に寒い場所に行くと鼻に痛みが生じることがあります。 急激な温度の変化で鼻の粘膜の欠陥が収縮したことにより起こり、酷いと鼻血が出ることがあります。 鼻のかみ過ぎ 鼻水が出るとついついかみ過ぎちゃうことありませんか? 冬の時期や風邪をひいた時にはかみ過ぎがちですが、鼻をかむ回数が増えることで鼻の粘膜に負担がかかってしまい、粘膜が傷ついてしまいます。 そもそも鼻がつまったり鼻水が出るのは、ウイルスによって粘膜が炎症を起こしているためなので、鼻をかんでウイルスを体外に出すことも確かに大切です。 しかし、かみ過ぎだと逆に炎症が悪化してしまうため、鼻のかみ方に注意して粘膜に負担をかけ過ぎないようにしましょう。 慢性副鼻腔炎 鼻の痛み以外に頭痛や頬、目が痛みを感じた場合には慢性副鼻腔炎かもしれません。 副鼻腔炎は鼻の穴の中の周囲にある空洞が病原菌によって炎症を起こし、感染が広がって慢性化した状態が慢性副鼻腔炎です。 慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、炎症が悪化すると常に鼻がつまった状態になります。 症状が風邪やアレルギー性鼻炎と似ていますが、怪しいと思ったら病院で診察してもらうのが無難です。 ガン 副鼻腔や鼻腔の突当りの部分にある上咽頭に腫瘍ができると痛みを感じる場合があります。 副鼻腔で最も発生しやすいがんは上顎洞ガンです。 上顎洞ガンは進行も遅く転移の可能性も低いため、早期発見で十分な治療ができますが、症状は鼻の痛み、鼻づまりや鼻水などのため見つけにくいです。 また、上顎洞ガンの次に発生しやすい上咽頭ガンは進行が早く、耳や脳神経などにもつながっている位置にあるので、早い段階で発見して治療することが必須です。 虫歯 意外かもしれませんが、虫歯は鼻の痛みの原因にもなります。 鼻腔や副鼻腔など鼻の中を検査して、原因が見つからないのに鼻が痛いという場合には虫歯が痛みの原因になっている可能性があります。 上顎の奥歯は副鼻腔と接しているため、歯周ポケットなどから鼻に細菌が入ってしまい、鼻の腫れや痛みを引き起こすこともあります。 スポンサードリンク 片側だけ鼻が詰まる病気がある?! 「片方の鼻がずっと詰まる」という場合には病気である可能性が高いです。 急性副鼻腔炎 急性副鼻腔炎は風邪やインフルエンザにより引き起こされます。 片方の鼻が詰まるのが急性副鼻腔炎の症状です。 ほとんどの場合は、風邪やインフルエンザが治ることで炎症も治ります。 鼻中隔湾曲症 鼻にある鼻中隔が曲がっていることにより起こる鼻づまりを鼻中隔湾曲症といいます。 ウイルスやアレルギーによる症状とは異なり、物理的な原因によって引き起ります。 軽い鼻詰まりから慢性副鼻腔炎を併発するなど症状は複数あり、曲がっているために片方の鼻のみ症状が起きるということがあります。 日常生活に支障がなければ多少曲がっていても問題はありませんが、 鼻詰まりや鼻血が出るなど支障がある場合には鼻の骨を手術する必要があります。 鼻腔炎やガンの可能性も 鼻の痛みや鼻詰まりの原因の部分でも書いた鼻腔炎やがんなどの症状のとして、片方だけ鼻が詰まったり痛みを感じたりることもあります。 一時的なものなら可能性は低いですが、長時間痛みが引かない場合は早く病院へ行くようにしましょう。 鼻が痛くなった時の対処法はあるの? 保湿や温度差に気を付ける 寒くなると暖房をつけたりしてどうしても室内が乾燥しがちですし、外と室内で温度差が出ます。 なので加湿器をつけたり濡れタオルをつるして湿度を上げたり、外に出るときはマスクをすることで、気温の変化による鼻の痛みは防ぐことができます。 病院へ行く 酷い痛みや炎症の場合やちょっとでも怪しいなと思った場合は、病気の可能性もありますし自己判断で済ますと大変なことになるかもしれません。 その場合自分では対処の使用がありませんから、病院へ行って診察してもらい治療しましょう。 ツボを押す 鼻の両脇のくぼみは「迎香」という鼻詰まりを解消してくれるツボです。 通常の鼻詰まりの場合、左右の人差し指を迎香に当てて上に押し上げるように、3秒間3セット押します。 片方の鼻詰まりの場合は、右の鼻が詰まっているなら左を向いて横になり左の鼻が詰まっている場合は右側を向いて横になります。 その状態で迎香を押すと解消します。 鼻詰まりに効く食べ物使う 鼻詰まりに効く食べ物は長ネギとレンコンです。 長ネギ、またはレンコンを数cm程度細かく切り、ガーゼ等を使ってしぼり汁を出します。 そのしぼり汁をコットンに染みさせて、鼻に詰めます。 長ネギやレンコンに含まれている硫化アリルが炎症を抑え、鼻詰まりを解消してくれます。 「鼻水くらい、、、」「ちょっと鼻が痛いくらい、、、」なんて軽く見てはいけません。 軽度の症状ならそれでよいですが、ガンなど重い病気の場合見つかるのが遅いと命にかかわってきます。 症状がひどかったり、少しでも気になったらなるべく早く病院で診てもらうようにしましょう。 鼻の痛みや鼻の詰まりがなくなれば気分爽快 片方だけ鼻が痛くなるのは生理現象なんですね。 痛みに関しては軽いものから大きな病気まで様々になります。 打撲やかすり傷• ニキビ• 面疔( めんちょう)• 風邪、アレルギー性鼻炎• 気温の変化• 鼻のかみ過ぎ• 慢性副鼻腔炎• 虫歯 もし鼻の痛みや詰まりが起こっても、そのままじっとしてる必要はなく対処法があります。 保湿や温度差に気を付ける• 病院へ行く• ツボを押す• 鼻詰まりに効く食べ物使う 試してみても症状が辛かったり、長引く場合には病院を受診しましょう。 特に寒い時期は鼻の詰まりや痛みは気になるところだと思います。 鼻をスッキリさせて、寒さに負けず冬を乗り越えていきましょう。

次の

鼻づまりの原因と解消法!一瞬で治すツボや方法は?食べ物や飲み物は?

鼻 詰まり

鼻づまりの原因とは? 鼻づまりと一言でいっても実は、その原因については様々にあるのです! 一般的には、風邪やインフルエンザのような病気によって鼻が詰まる原因になることが多いわけですが、鼻の構造上の問題によっても起こることがあります。 また、次のような疾患が原因となって鼻が詰まることもありますから覚えておいて下さい。 鼻中隔弯曲症 びちゅうかくわんきょくしょう• 急性副鼻腔炎 きゅうせいふくびくうえん• 慢性副鼻腔炎 まんせいふくびくうえん• 咽頭扁桃 いんとうへんとう 鼻づまりの原因や様々な症状についてこちらに詳しくまとめていますのでご参考下さい 部屋を理想的な湿度に保つ なかなか眠れないような鼻づまりでは、まず部屋を 理想的な湿度に保つようにすることが解消法の前にやってほしいことになります。 眠っている時の部屋の湿度が低いと口や 鼻の粘膜が乾燥して、鼻づまりが起きやすくなってしまうからなのです! 部屋の 湿度は40%~60%が理想的で、それ以下になると乾燥した空気を好むインフルエンザウイルスや風邪ウイルスが蔓延しやすい環境になってしまいます。 だからといって湿度を上げすぎて、60%を超えてくると カビやダニが発生しやすくなってしまいますから、注意が必要です。 部屋が60%以上の湿度になった時には表面積の広い 濡れたバスタオルを干したり、加湿器を置いて理想的な湿度を保つようにする必要があります。 大人の方の鼻づまりだけではなく、 赤ちゃんが鼻づまりで苦しそうにしているときは特に部屋の湿度を40%~60%を保つことをして下さい。 鼻づまりを解消するツボ 鼻づまりを解消して早く治す方法で最も効果的なのがツボ押しになりますから、なかなか寝れないときにはぜひお試し下さい! 人の体の周りにはエネルギーいわゆる気が巡っていて、この気の流れの経絡上にあり、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところが ツボ 経穴 になるというのが東洋医学の考え方になります。 経穴であるツボを指圧することで、血行を促進させ、気の巡りを良くする働きがあり、WHOでも身体に効果を与えるということが認められていて、361個、左右対だと実に 670個ほどのツボがあるのです! 全身にあるツボの中で鼻につながるツボもあり、そのツボを押すことによって鼻づまりの解消に即効性があるものが、存在するわけなのです。 迎香 げいこう 鼻の左右のふくらみの両脇に位置するのが迎香になり、鼻づまり解消に効くツボになります。 迎香を両手の人差し指で軽く押えるようにすると効果的に指圧ができるのです。 睛明 せいめい 鼻のつけ根の両脇に位置するのが睛明になり、このツボも鼻づまり解消には効果があります。 睛明を親指と人さし指を当てつまむようにしながら押したり揉んだりする指圧のやり方で鼻づまりに効くようになります。 迎香と睛明を人差し指の腹を使ってこするように行ったり来たりするとより効果的です! 外鼻 がいび ・内鼻 ないび ・腎上腺 じんじょうせん 外鼻は、耳の穴の手前にある小さなふくらみの真ん中の顔よりにあり、内鼻は耳の裏側に位置していて外鼻のやや下になり、腎上腺は、外鼻の少し斜め下に位置しております。 この3つのツボの指圧の仕方は、耳の穴に人さし指を入れ、外側から親指で挟み込んでもみほぐします 内分泌 ないぶんぴ 内分泌は、耳の穴の下の切れ込みの内側の位置にある、鼻づまりに効くツボになります。 人差し指を入れて優しくマッサージするようにして下さい。 鼻づまりを簡単に解消するツボマッサージ 鼻づまりに効くツボの中で、最も効果のある迎香のマッサージ方法について動画にてご紹介致します。 犬歯の歯茎と鼻の境目の硬い部分を人差し指で触って探します。 骨のような部分なのですが押すとツーンという感覚がある部分になります。 その部分を結構、強めに押します。 効果がえられる部分を 指で探すのがポイントになります 右側の部分を押すと左側の鼻がとおり、左側の部分を押しますと右側の鼻がとおるようになりますから、 片側だけの鼻づまりならこちらの方法で治すのがいいかもしれません。 鼻を温める鼻づまり解消法 鼻を温めるのは 局所温熱療法とも呼ばれるのですが、鼻づまりにかなり効果のある治す方法になります。 鼻を温めることで 鼻の粘膜の血流が促進され鼻孔が広がり鼻がとおるようになるのです。 蒸しタオルでやる方法がオススメですが、手間がかかりますので熱いお湯につけて絞っただけの 温かいタオルでも充分に効果があります。 カイロを代用することでもいいのですが、鼻づまりの時は鼻がグスグスして気持ちが悪いですから、 鼻を気持ち良くするという点からするとタオルのほうがいいですね。 まず温かいタオルを鼻の穴はふさがないように、 鼻の付け根 眉間辺り に当てて、タオルが冷めるまでそのままにしておきます。 タオルが冷めてきたら、 再度お湯につけタオルを温めてからまた、鼻に当てます。 これを 3回ほど行いますと鼻腔が広がり気道を確保することができ、鼻がとおって みるみる呼吸が楽になります。 鼻を温めるタオルに好きな香りの アロマオイルを少し垂らしてみることで更に気持ちが良くなり、リラックスもできますから 眠れないような鼻づまりのときには合わせてお試し下さい。 この方法は、大人の方だけでなく 赤ちゃんにも効果がありますからお母さんたちは、参考にしてみて下さい。 息を止めて頭を上下に振る 鼻づまりが辛くて即効で治したいという時にオススで、息を止めて頭を上下に振る簡単な運動で鼻づまりを解消する治す方法になります。 お仕事をされている方なら会社でもできますし、学生の方なら学校でもできますから 即効で鼻づまりを解消したいときには、ぜひ実践してみて下さい。 簡単鼻づまり解消法• 大きく息を吸って、吐く息がなくなるまでゆっくりと息を吐きます• 息を吐ききったら鼻をつまみ、上下にゆっくり頭を動かします。 これを息が必要 苦しくなる というところまで繰り返します。 こちらの動画を参考にしながら試してみて下さい。 これだけで 鼻がスーとして、空気の通る感覚をわかるという不思議な方法です。 強制的に酸素不足の状態を作ることで、脳が体に酸素を取り入れるように指令を出すのですが、その際に 鼻腔を広げてくれて鼻がスッキリとよく通るようになるのです。 ただ、鼻づまりを早く治したいからといって無理はしないようにして下さい! ペットボトルを脇に挟む なんで脇の下なんだろうと思われるかもしれませんが、ペットボトルを脇に挟むことで 脇の下にある自律神経を刺激し血管を収縮させて鼻の粘膜部分の腫れを改善してくれるのです! やり方としては、鼻が詰まっている逆側のワキ、例えば右の鼻が詰まっているのであれば左の脇の下に500mlのペットボトルを挟むのです。 そしてギュッと脇を閉めて1分間程度しますと不思議と鼻がとおるようになってきます。 ペットボトルが一番適していますが、テニスボールなどでも代用は可能で 鼻腔に空気の通り道を作ってくれるという効果が得られますから、ぜひ実践してみて下さい。 枕元に玉ねぎを置く 普段玉ねぎを切るとツーンとして涙が出てしまうと思いますが、その成分は 「硫化アリル」というのですが硫化アリルは、 鼻づまり解消に効果を発揮するのです。 玉ねぎを使って鼻づまりを解消する治す方法ですが、まず玉ねぎをスライサーや包丁を使って 薄くスライスし、スライスした玉ねぎを皿に入れあとは 枕元に置いて寝るだけです。 この方法は、赤ちゃんやお子さんなどが寝てしまって鼻づまりで苦しそうにしているときにオススメです。 温かいタオルが一番効果的ではありますが、寝てしまって起こすのがかわいそうな 赤ちゃんの鼻づまりに実践してもらいたい方法になります。 鼻うがいをする 鼻うがいは、ときの治し方としても有効ですが、鼻づまりがなかなか治らないときにも効果的な対処法になります。 鼻の穴の奥に詰まっている鼻水や膿のほかに、花粉やホコリなども洗い流すことができますから鼻腔を掃除して空気のとおりをよくするのには効果的な方法なんです。 鼻うがいは、水道水だと痛みを感じますから、鼻腔の体液の濃度とほぼ同一である食塩水を使用することをおすすめ致します。 気をつけなければいけないのが、食塩水の濃度が濃すぎますと鼻の粘膜を傷つけてしまいますから、水と塩を正しい分量で混ぜてつくることがポイントになります。 こちらの動画にて鼻うがいに使う食塩水の作り方と鼻うがいの方法について解説していますので参考にしてみて下さい 鼻づまりで寝るときに行うとよい対処法 鼻づまりで寝るときにおすすすめしたい対処法についてご紹介したいと思います。 鼻腔拡張テープを貼る 鼻腔拡張テープですと最も有名なのがグラクソ・スミスクライン社から販売されている ブリーズライトです! 花粉症などで鼻づまりの際には、このブリーズライトが欠かせないという方も多くいらっしゃる、人気の商品になっています。 鼻粘膜の腫れによって鼻づまりが起こっている場合には、夜なかなか眠れない状態になっていますから、鼻腔拡張テープ:ブリーズライトを寝るときに鼻の根元に貼るだけでスーと鼻がとおり空気のとおる道をつくってくれます。 鼻呼吸ができるようになりますから、眠りの質があがり快眠できるようになります。 ブリーズライトは、貼る位置によって効果が変わってきますから正しい位置に貼るようにして下さい。 市販の薬を使用する 鼻づまりに効果がある市販薬では、塗るタイプと服用するタイプがありますが、寝るときに使用する場合は塗るタイプを選ぶようにしたほうがいいでしょう。 小さなお子さんからお年寄りまで使える ヴィックスヴェポラップが胸に塗るだけでスーと鼻が通るようになりますからおススメです。 服用するタイプの鼻炎薬を選ぶには、眠くなりにくいという作用が働く薬が多い第2世代ではなく、抗ヒスタミン薬の第1世代を選んだほうが良いと思います。 鼻づまりの改善に役立つ食べ物 即効性は、低いのですが鼻づまり改善に役立つ食べ物もいくつかありますからご紹介したいと思います。 生姜 生姜には鼻水を出し切る効果が期待できますから、鼻づまり解消のためにおすすめの食べ物になります 生姜の主要成分であるジンゲロールにはアレルギー反応を抑えるという働きがあり、また香りが強いことから鼻水が出やすくなるという特徴があるのです。 レンコン レンコンには、鼻の粘膜を収縮させる収れん作用や炎症を抑える効果があるため、鼻づまり解消にオススメできる食材になります。 青魚 アジやイワシ・サバなどの青魚に多く含まれるDHA、EPAなどがアレルギー症状を緩和してくれます。 ラーメン ラーメンを食べた後に鼻水が出てきてしまうことはありませんか? これは温かいラーメンを食べることによって血行が良くなり、鼻づまりが解消されやすくなります。 また、ラーメンから立ち上る湯気も温かく、これがダイレクトに鼻の毛細血管を温めてくれるため、鼻づまりの解消が期待できるのです。 ラーメンだけでなく、カレーライスなど汗をかくような料理や、鍋など湯気が出ている料理なども鼻づまりの解消にオススメです。 氷 鼻炎や花粉症に伴うアレルギーによる炎症が原因であるときは氷をなめることで鼻づまりが改善されることがあります。 これは、氷によって鼻腔周りの炎症を冷やすことができるため、空気の通り道を広げられるからなのです。 ミントガム ミントの風味が強めのガムは味がなくなるまで噛み続けることで鼻づまりは改善しやすくなることが多いのです。 鼻づまりに効く飲み物 飲み物でも鼻づまり改善に効果が期待でくるものもありますから、ご紹介したいと思います。 炭酸飲料 炭酸飲料なら種類は問いませんので、ゆっくりと少しずつ炭酸を感じながら飲むのがポイントです。 緑茶 緑茶には、カテキンやメチル化カテキンに効果があり、鼻づまりの改善だけでなく目や皮膚によるアレルギー症状をも抑える働きを持つと言われています。 ゆず茶 ゆずにはビタミンCが多く含まれているため、粘膜を保護し、鼻づまりの改善する効果期待できます。 カモミールティー 抗アレルギー効果や抗炎症作用があると言われているカモミールティーは湯気を鼻から吸い込むだけでも効果を感じることができるため、オススメです。 まとめ 鼻づまりは、とても辛い症状ですから早く解消して治したいものですよね! 今回、お伝えしました 鼻づまり解消法では、薬などを使わずに対処するなら、 鼻づまり解消のツボ・鼻を温める方法・息を止めて頭を上下に振る方法の3つが効果が高いです! グスグスして気持ち悪いときには、鼻を温める方法が一番良く、外出先や自宅のどちらでもでき即効性を求めるなら、鼻づまり解消のツボマッサージ・息を止めて頭を上下に振る方法が最もおススメの鼻づまりを解消する治す方法になります。

次の