西洋 ニンジン ボク。 チェストベリー(西洋ニンジンボク)の育て方!地植えでの方法や成長・利用方法も

セイヨウニンジンボク(西洋人参木)

西洋 ニンジン ボク

こんにちはす! 園芸店で働きながら園芸店を開くことを夢見るごとうです。 気になる木シリーズ第2段。 今回は『西洋ニンジンボク・プルプレア』です。 よくこの名前で流通していますが、正しくミツバハマゴウ・プルプレアです。 西洋ニンジンボクなんて言ってますが本家の西洋ニンジンボクとは雰囲気がかなり違います。 本家の西洋ニンジンボクは葉が明るい緑色で細めなのに対して、こちらのプルプレアは葉が大きく、表は緑色、裏が紫色をしています。 プルプレアの方が少しガッチリした印象です。 西洋ニンジンボクと同じクマツヅラ科ハマゴウ属の植物で半耐寒性落葉低木です。 最終樹高で2〜3mぐらいです。 西洋ニンジンボクに比べて成長はゆっくりです。 なーんて書いてますが、私が少し育てた印象はかなり違います。 これがお店で現在販売している西洋ニンジンボク・プルプレアです。 3寸ポットに入っていて背の高さは10cmぐらいです。 まさにこれぐらいの苗をルーツポーチに植えて1年経ったものがコレです。 しかも成長期に2週間に1回ぐらい細かい剪定を繰り返してこれです。 僕としては非常に成長が早く感じました。 本家の西洋ニンジンボクに比べると遅いのかもしれません。 ただし切るたんびに出てくる新芽を見るとニョキニョキ出てきます。 剪定しながら成長する姿を見てるのはすごく面白い木です。 ちなみにあんまり切らないとこんな感じになります。 お店で西洋ニンジンボク・プルプレアの大きめを仕入れるとこんなのが入荷します。 剪定すれば細かい枝分かれをしてくれるのですが、剪定しないと伸びた枝がそのまま伸びていきます。 しかも落葉樹と書きましたが常緑で越冬している気がします。 このあたりは1年しか育ててないのですこーし不安ですが、私は常緑と考えています。 ここはまたはっきりとわかり次第更新したいと思います。 こちらは神奈川県茅ヶ崎市で見かけた地植えの西洋ニンジンボク・プルプレアです。 土地柄、海に近いこともありこの辺りなら地植えでも越冬してくれるみたいです。 これだけボリュームよく大きくなってくれると見応えありますねー! 花も咲きますが、そこまで目立つ花ではないためカラーリーフとして楽しんでいただくのが一番良いのではないかと思います。 鉢植えで移動しながら試し切りを兼ねて育ててみてはいかがでしょうか。 けっこう適当にチョキチョキやってるだけでボリューミーに育ってくれますよ。 それでは素晴らしいグリーンライフを!.

次の

チェストベリー(西洋ニンジンボク)の育て方!地植えでの方法や成長・利用方法も

西洋 ニンジン ボク

栽培環境・日当たり・置き場 午前中に日が当たるような場所から日なたで、冬に乾燥した寒風が当たらない場所を選びます。 水はけがよく、乾きすぎない土壌が適します。 旺盛に生育し、短期間で大きくなるので、植え場所は直径3mほどの広さが必要です。 水やり 特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりします。 肥料 2月から3月に寒肥として、油かすや緩効性の化成肥料を施します。 病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:特にありません。 植えつけ、 植え替え 庭への植えつけは、霜の降りなくなった3月から4月、または涼しくなる9月下旬から11月に行います。 なお、根が粗いので移植が難しい植物です。 植え場所は、よく吟味して選びましょう。 ふやし方 さし木:その年に伸びた枝を9月に、または、前年に伸びた枝を3月にさし木してふやします。 枝を2~3節で切り取り、節の下1cmのところをナイフやカッターなどで斜めに切り直します。 日陰に置き、乾かさないように管理します。 主な作業 剪定:適期は2月下旬~3月です。 セイヨウニンジンボクは枝数がそう多くないうえに、自然と樹形が整うので、強剪定は控え、樹形を乱す徒長枝や、株の内側の枯れ枝を切り除く程度に剪定します。 なお、大きくなりすぎた場合は、切り戻すこともできます。 特徴 セイヨウニンジンボクは、花が少なくなる7月から、さわやかなスミレ色の花を咲かせます。 生育旺盛で育てやすい落葉低木ですが、あまり栽培されていません。 ハマゴウ属には約250種が含まれ、主に熱帯に分布します。 日本にもハマゴウ(Vit...

次の

セイヨウニンジンボク(西洋人参木)

西洋 ニンジン ボク

こんにちはす! 園芸店で働きながら園芸店を開くことを夢見るごとうです。 気になる木シリーズ第2段。 今回は『西洋ニンジンボク・プルプレア』です。 よくこの名前で流通していますが、正しくミツバハマゴウ・プルプレアです。 西洋ニンジンボクなんて言ってますが本家の西洋ニンジンボクとは雰囲気がかなり違います。 本家の西洋ニンジンボクは葉が明るい緑色で細めなのに対して、こちらのプルプレアは葉が大きく、表は緑色、裏が紫色をしています。 プルプレアの方が少しガッチリした印象です。 西洋ニンジンボクと同じクマツヅラ科ハマゴウ属の植物で半耐寒性落葉低木です。 最終樹高で2〜3mぐらいです。 西洋ニンジンボクに比べて成長はゆっくりです。 なーんて書いてますが、私が少し育てた印象はかなり違います。 これがお店で現在販売している西洋ニンジンボク・プルプレアです。 3寸ポットに入っていて背の高さは10cmぐらいです。 まさにこれぐらいの苗をルーツポーチに植えて1年経ったものがコレです。 しかも成長期に2週間に1回ぐらい細かい剪定を繰り返してこれです。 僕としては非常に成長が早く感じました。 本家の西洋ニンジンボクに比べると遅いのかもしれません。 ただし切るたんびに出てくる新芽を見るとニョキニョキ出てきます。 剪定しながら成長する姿を見てるのはすごく面白い木です。 ちなみにあんまり切らないとこんな感じになります。 お店で西洋ニンジンボク・プルプレアの大きめを仕入れるとこんなのが入荷します。 剪定すれば細かい枝分かれをしてくれるのですが、剪定しないと伸びた枝がそのまま伸びていきます。 しかも落葉樹と書きましたが常緑で越冬している気がします。 このあたりは1年しか育ててないのですこーし不安ですが、私は常緑と考えています。 ここはまたはっきりとわかり次第更新したいと思います。 こちらは神奈川県茅ヶ崎市で見かけた地植えの西洋ニンジンボク・プルプレアです。 土地柄、海に近いこともありこの辺りなら地植えでも越冬してくれるみたいです。 これだけボリュームよく大きくなってくれると見応えありますねー! 花も咲きますが、そこまで目立つ花ではないためカラーリーフとして楽しんでいただくのが一番良いのではないかと思います。 鉢植えで移動しながら試し切りを兼ねて育ててみてはいかがでしょうか。 けっこう適当にチョキチョキやってるだけでボリューミーに育ってくれますよ。 それでは素晴らしいグリーンライフを!.

次の