ヒアルロン 酸 と は。 ヒアルロン酸の保湿効果にはデメリットがあった!その秘密と安全性

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン 酸 と は

体内のヒアルロン酸は全身の組織に分布していますが、最も多くヒアルロン酸が含まれているのが 「皮膚」です。 体内のヒアルロン酸の約50%が皮膚に存在していると言われ、ヒアルロン酸の増減が、皮膚のハリや潤いの変化にそのまま直結します。 加齢によって皮膚の水分が失われてシワやたるみが気になるのは、皮膚(真皮)の中で水分を保持する役目であるヒアルロン酸が減るからです。 マイクロニードルパッチなどの肌からのヒアルロン酸ケアに加えて、ヒアルロン酸を多く含んだ食材を食べることで、内側からヒアルロン酸を補給するのも重要です! ヒアルロン酸は消耗しやすい 皮膚の若さやふっくら感を保つ成分の中でも、特にヒアルロン酸は非常に消耗しやすいと考えられています。 半減期(体内でその成分が半分まで消耗される期間)で比較してみると、美容成分として人気の コラーゲンに関しては約半年とされていますが、これに対して ヒアルロン酸はなんと約2週間。 しかも表皮のヒアルロン酸については、わずか約1日で半減してしまうそうです。 それでも若い頃はヒアルロン酸を体内で作り出す量が多く、どんどん作り出されるため、放っておいても肌の潤いやハリは保たれます。 しかし、年齢を重ねるごとにヒアルロン酸を作り出す能力が衰えていくため、肌のヒアルロン酸量は急激に減少していくことになります。 ヒアルロン酸が多く含まれる食材は? ヒアルロン酸の宝庫と言われる食材を、動物性と植物性に分けてご紹介します。 動物性食品• 魚の目玉• ウナギ• フカヒレ• 魚の煮こごり• 魚のあら煮• 鶏ガラや豚骨スープ など。 鶏、牛、豚、魚などの動物性食品の皮・骨・関節・腱・目に多い。 植物性食品• もずく• とろろ• オクラ など ヒアルロン酸は、ムコ多糖の代表格です。 ムコ多糖とは、ブドウ糖などの単糖が10個以上つながったネバネバした粘り気のある物質なので、食材選びに迷ったら、まずはネバネバした食べ物、ヌルヌルした食材を思い浮かべると参考になると思います。 食べたヒアルロン酸は吸収できるの? ご紹介したような食品を食べれば、体内でヒアルロン酸がどんどん増える!といえば理想なのですが、現実的には食べたものがすべてヒアルロン酸になるわけではありません。 諸説ありますが、ヒアルロン酸の分子量は非常に大きく、そのままの状態では腸から吸収されにくいといわれています。 さらに、ヒアルロン酸は熱に弱く、調理による損失量が大きいことが難点の一つ。 しかし、ヒアルロン酸を多く含んだ食材を意識して食べたことで、実際に「皮膚にハリが出てきた」、「小じわが薄くなった」、「顔がしっとりした」などの効果を実感するケースが多いのも事実です。 最近では、「ヒアルロン酸は腸内細菌によって体内で低分子化され、実は吸収されている」という結果を示す研究もあります。 でも手っ取り早く効率的にヒアルロン酸を摂取したいなら、低分子化されたサプリメントなどの健康食品を利用するのが最適かもしれません。 ヒアルロン酸のサプリメントは、鶏のトサカから抽出された天然由来のもの、またはバイオ技術による菌類培養製品などさまざまですが、鶏のトサカから抽出された高濃度のサプリメントが人気のようです。 「食べるヒアルロン酸」と「貼るヒアルロン酸」でWケア! 年齢を重ねることで体内のヒアルロン酸が徐々に減少してしまうのは、自然の摂理でもあるため止めることはできません。 でも、たとえば同じ60代の女性でも、肌のシワが多い人がいる一方で、肌のハリが保たれていてみずみずしい素肌の人もいますよね。 これは年齢にかかわらず、ヒアルロン酸の減少をある程度抑えられているからです。 皮膚のヒアルロン酸を補給するには、ヒアルロン酸が多く含まれた食材を意識した毎日の食事も大事ですが、やはり、肌にダイレクトにヒアルロン酸を届けることが近道。 特に、分子量の大きいヒアルロン酸でも肌の内部にしっかり注入できる マイクロニードルパッチの活用が効率的です。 美容医療で行うヒアルロン酸注射と違って、真皮に直接ヒアルロン酸を注入できる訳ではありませんが、表皮である角質層にヒアルロン酸を浸透させることができるので、塗るクリームや美容液より確実です。 ヒアルロン酸は表皮にとっても重要な存在! 肌のハリを支えるのは表皮のさらに深層にある真皮ですが、肌表面を守る表皮にもヒアルロン酸は存在しています。 表皮には血管がないため、水を抱えたヒアルロン酸が通路となり、栄養や酸素を表皮に送り込んで、表皮の新陳代謝に直接関わっています。 そのため、表皮のヒアルロン酸が減少してしまうと、表皮の代謝が衰えて古い角質が居座り続け、シミが沈着しやすくなったり、キメの荒いデコボコ肌になる可能性も。 年齢に負けないハリツヤ肌を目指すなら、ヒアルロン酸を含む食事の摂取とともに、マイクロニードルパッチで外側からのヒアルロン酸補給をおすすめします!.

次の

ボラックス ヒアルロン酸 ‑アラガン社‑

ヒアルロン 酸 と は

加齢によりひざが痛む「変形性膝関節症」。 その初期治療として一般的に行われているのが「ヒアルロン酸注射」です。 しかし注射を継続しているにも関わらず「痛みが治まらない」「治まっても痛みがぶり返す」……と、悩んでいる人が多くいます。 なぜ、痛みを取り切ることができないのか、ヒアルロン酸注射に変わる有効性の高い治療方法はないのか、変形性膝関節症の治療に詳しい大阪ひざ関節症クリニックの保田真吾院長が解説します。 変形性膝関節症の初期治療は「痛みの緩和」が目的 変形性膝関節症の治療には、大きく分けて「保存療法」と「手術療法」の2つがあり、軽度の場合は、薬物、ヒアルロン酸注射、寒冷/温熱などの保存療法が選択されます。 いずれも根本原因にアプローチするのではなく、痛みを軽減するための対症療法です。 変形性膝関節症の初期に行われる主な保存療法と、ひざの負担軽減を目的とした運動療法について簡単に説明していきましょう。 ただし内服薬や湿布など薬の種類や使用法によっては、胃腸障害や吐き気などの副作用のリスクも考える必要があります。 主治医とよく相談して判断するようにしてください。 医療機関では電気療法、レーザー療法、超音波治療を行い、セルフケアとしては温湿布やホットパック、入浴などで患部を温めて、血行の促進や可動域の拡大を目指します。 軟骨のすり減りを防ぎ、痛みを軽減する効果が期待できます。 膝を支える筋肉を鍛えることで痛みや膝への負担を軽減するとともに、ストレッチによって関節の可動域の維持と向上を目指します。 水中ウォーキングや軽いサイクリングもおすすめです。 薬物療法は副作用の懸念もあり、基本的に効果がない場合は長期に処方を続けません。 運動療法や温熱療法は劇的な痛み改善とならず、患者さん自身の意欲が続かないのが実際のところだからです。 とはいえ、ヒアルロン酸注射を長年続けても、結局は痛みが完全に取れるわけではありません。 その理由は、ヒアルロン酸が体内に吸収され、治療効果が長く続かない点にあります。 私たちの体内では皮膚に多く含まれる成分で、水分を保持する力に優れています。 加齢によって皮膚が乾燥するようになるのは、ヒアルロン酸の量の低下と大きな関係があります。 同様のことがひざ関節内でも起きています。 ひざ関節内は「関節液」と呼ばれる液体で満たされています。 関節液にはヒアルロン酸が含まれていますが、その成分は加齢とともに減少し、関節液の質が悪くなると、軟骨を保護できなくなります。 そうすると関節が動くたびに軟骨同士が接触し、すり減っていくようになります。 そこでヒアルロン酸を注射し、関節液に粘り気と保湿力をプラスし、軟骨を保護するのです。 これによって痛みが軽減されるとともに、軟骨自体がすり減るのを予防します。 正しい免疫反応ではあるのですが、その結果、ヒアルロン酸は1~2週間程度でひざ関節から消失してしまいます。 医療機関では健康保険適用の範囲で、週に1~2回のヒアルロン酸注射をすすめられるでしょう。 軽度であれば、症状が治まる場合もありますが、ヒアルロン酸には抗炎症作用や軟骨を再生する効果はありません。 多くの人は注射をやめれば痛みがぶり返すので、10年以上もヒアルロン酸注射を継続している人も珍しくはありません。 [PR]ひざの再生医療PDF無料ダウンロード 再生医療でひざの痛みは取りされるのか? 保存療法で痛みが軽減できなければ、チタンやスチール製の関節を装着する「人工関節置換術」を行う手術療法へと移行しますが、人工関節の寿命は10~15年といわれており、若いころに手術を受けてしまうと高齢期に再手術の必要が生じるというデメリットがあります。 そこで、40代、50代の変形性膝関節症の治療として、注目を集めているのが再生医療をはじめとする先進的な治療です。 当院でも、患者さん自身の血液を利用した「PRP-FD注射」や、腹部などから採取した脂肪を利用する「培養幹細胞治療」を行っていますが、治療を受けられた患者さん多くが、長期的な痛みの改善を実感されています。 一時的な痛みの軽減だけを目的にするのではなく、根本的な痛みの解決を目指すのであれば、根本的な解決を目指すのであれば、再生利用をはじめとする先進的な治療の検討をおすすめします。 [PR]ひざの再生医療PDF無料ダウンロード.

次の

ヒアルロン酸原液って知ってる?使い道と効果をプロが解説

ヒアルロン 酸 と は

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類というねばねばとした状態の物質であり、主に、皮膚の表皮と真皮、軟骨や目の硝子体に存在しています。 その驚異的な保水力を発揮することにより、各部位で潤いを保つ役割を果たしています。 ヒアルロン酸は人間の体のいたる所に存在している成分ですが、年齢とともに減少する性質があります。 体内のヒアルロン酸量は、20歳をピークにどんどんと減少し続けますが、40歳代からはその減少スピードが急激に速まります。 60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまで減少してしまうのです。 ギリシャ語で硝子体を意味するHyaloidからHyaluronic acid(ヒアルロン酸)と名付けられました。 その後の研究により、皮膚や関節、脳、心臓など体のいたる所に存在していることがわかりました。 1942年には、犬の関節の傷の治癒に有効と報告され、1958年には網膜剥離術後の硝子体置換術に有効と報告されています。 その後1987年には日本で医薬品としての使用が認められ、今日まで眼病治療薬、関節炎治療のための注射として用いられています。 また、サプリメントや化粧品としても使用されている優れた成分です。 特に多く存在する所は、目・肌・関節です。 ヒアルロン酸は目の形を保つ上で欠かせない成分です。 また、目の乾きの予防にも適しています。 肌にもヒアルロン酸は存在し、乾燥を防ぎ、みずみずしさやハリを与える上では欠かせない成分です。 また、関節の軟骨にもヒアルロン酸が存在しています。 軟骨は骨と骨の間のクッションの役割を果たしているため、曲げ伸ばしなどスムーズな動きをサポートする働きがあります。 また、ヒアルロン酸が含まれている食品は、ニワトリのとさか・魚の目・豚足など、続けて食べることが難しい食品が多く、普段の食事では補う事が難しい成分です。 よって、ヒアルロン酸はサプリメントなどの安定した形で摂取することが望ましいと考えられています。 最近では、吸収されやすいように分子を小さく加工したヒアルロン酸が配合されているサプリメントなどが多く販売されているため、上手に取り入れることが大切です。 ヒアルロン酸は涙には含まれていませんが、涙の成分であるという目の表面に涙をつなぎ止める役割がある成分と非常に似た性質をもちます。 また、目は体の中で唯一外気にさらされている臓器のため、最も水分を必要とする部位だといわれています。 硝子体は眼球の3分の2を占めており、さらに硝子体の99%は水分でできているため、ヒアルロン酸はその水分をつなぎ止めることで、硝子体を丸く保つ役割を果たしています。 さらに、硝子体は衝撃によって網膜を傷付けないためのクッションのような役割も果たしている重要な部分です。 その弾力のもとになっているのがヒアルロン酸です。 涙は、上まぶたの「主涙腺(しゅるいせん)」という部分から出ており、成人の場合、1日約0. 5~0. 75cc程度分泌されるといわれています。 涙は油層、液層の2つの層から構成されており、涙の表面にある油層が、水分の蒸発を防いでいます。 そして、涙の大半を占める液層があります。 液層には、糖たんぱく質を主成分とするムチンが含まれます。 粘り気のあるムチンが水分を目の表面にしっかりと固定し、栄養を補給する役割を持っています。 涙は、目を乾燥から守るために分泌されているだけではなく、角膜の表面の凹凸を均一にして、眼球の動きをなめらかにしてくれるほか、結膜についた汚れや病原菌などを洗い流す・殺菌することによって、目の健康状態を保つ重要な役割を担っています。 しかし、このように無意識に分泌される涙の量は、1年で換算しても牛乳ビン1本程度と非常に少なく、また、パソコンやスマートフォンに集中し、まばたきの回数が減少することにより、涙の分泌量はさらに減少します。 ヒアルロン酸が目薬やサプリメントに配合されているのは、ヒアルロン酸は涙の成分であるムチンと似た性質があるためです。 ヒアルロン酸が水分を角膜表面に繋ぎ止め、目の潤いを保つことから、涙の働きを助けるともいえます。 日本でドライアイが問題になり始めたのは1980年代で、当時は企業を中心にパソコンが急速に広まっていた時期です。 様々な事務作業が効率化された一方で、「OA病」という、OA機器を長時間にわたり使用する人に起こりやすい症状が問題視されるようになりました。 腰痛・頭痛などと並んで、ドライアイもOA病の症状のひとつとされ、眼精疲労の原因として注目されていました。 しかしながら、「ドライアイ=目が乾いているだけで、病気ではない」と考え、放置する人が多く見られます。 ドライアイは簡単にチェックすることができます。 10秒間まばたきをせずに目を開けた状態でいられない人は、ドライアイの可能性が高いといわれています。 現代では、国民の10人に1人はドライアイに悩まされているともいわれています。 パソコンやスマートフォンなどの長時間の使用により、まばたきの回数が減少したり、一年を通して冷暖房のきいた部屋で過ごすことが多いため、エアコンからの風に目がさらされたり、また、コンタクトの普及率が高まっている一方で、装着時間を守らず長時間着けっぱなしにしている人が増加しているために、現代人は涙が不足しやすい=目が乾きやすい環境にあるといわれています。 ドライアイが深刻化すると、目の表面が傷つきやすくなります。 放置すると、目の表面だけではなく、角膜や結膜にも傷が広がってしまう可能性があります。 さらに、視力が低下し、集中力ややる気が下がってしまうことにもつながります。 また、運転中に事故を起こすなどのトラブルも引き起こしかねません。 そして、ドライアイは目に関する症状だけではなく、肩こりや頭痛、腰痛など、全身の症状の要因にもなります。 症状が繰り返されると、ストレスがたまり、健康への悪影響を及ぼしてしまうのです。 このように、ドライアイを単なる目の異常・不快として捉えるだけではなく、症状を放置すると重大な事故を招く可能性もあると考え、日々予防することが大切だといえます。 このような乾燥型のドライアイには、目の潤いを保つヒアルロン酸が効果的だとされ、注目を浴びています。 皮膚は、外側から表皮・真皮・皮下組織の3層からなり、ヒアルロン酸は、真皮に含まれている成分です。 肌は、、、そしてヒアルロン酸によって潤いとハリが保たれています。 コラーゲンとエラスチンは、の一種です。 コラーゲンが肌の内部を支える柱、エラスチンはコラーゲン同士をつなぎ止める役割があり、しっかりとした骨組みをつくっています。 そしてヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンによってできた骨組みを埋めるような形で存在しており、水分を保つことによって、潤いに満ちたハリのある肌へと導くのです。 しかし、年齢を重ねることによって皮膚のヒアルロン酸の量が減ると、弾力も減少し、潤いも失われるために、肌のハリが衰えてしまうほか、カサつき・肌荒れの原因にも繋がります。 また、皮膚構造の柱の役割を持つコラーゲンも、年齢とともに不足してしまう成分であるために、徐々に肌のシワやシミ、たるみが目立ちやすくなります。 年齢を重ねると肌の若々しさが失われていくのは、ヒアルロン酸やコラーゲンが不足し、ハリや潤いが減少していくことによるものです。 潤い成分であるヒアルロン酸を補うことによって、弾力性のある肌を維持することができます。 また、シワやたるみを予防することで、みずみずしく、若々しい印象の肌を保つことができます。 そのため、ヒアルロン酸はアンチエイジング(抗老化)の成分としても注目されており、特に女性からの関心は非常に高いものとなっています。 美容を目的としたヒアルロン酸の利用方法としては、保湿をコンセプトとした化粧品やサプリメントが挙げられます。 また、ヒアルロン酸は安全性が高いことが評価され、美容外科・整形外科などの手術の際に使用されるヒアルロン酸注射としても利用されています。 歩く・階段を上る・立ち上がるときなどに、膝などの関節に痛みを感じることがありますが、このような関節痛にもヒアルロン酸は力を発揮します。 関節の中でも、特に膝の関節は全身の体重を支えているために、かなりの負担がかかってしまう部分です。 歩くだけでも体重の3倍もの負担がかかるといわれています。 クッションの役割を果たしている軟骨がすり減ることによって、骨と骨がぶつかり、日常生活の何気ない行動であっても痛みや炎症が引き起こされてしまうのです。 ヒアルロン酸は軟骨を形成し、スムーズな動きを手助けすることによって、痛みを和らげる効果があるといわれています。 基礎研究では、ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えることで、軟骨の形成が増加したという研究が報告されています。 しかし、年齢だけではなく、体重が増加することによって関節への負担が大きくなることも関節痛の原因のひとつと考えられています。 よって、近年問題視されているメタボリックシンドロームや肥満による痛みを引き起こす要因となり得るのです。 また、関節痛はスポーツ選手にとっても大きく関係しています。 スポーツ選手は、トレーニングを通じて同じ動きを繰り返す・関節の可動域を超えて無理に体を動かすことが多々あります。 このような習慣がある人は関節への負担が大きいために、関節軟骨のすり減りも速くなります。 このように、関節痛は年齢の幅を超えて注意が必要とされる悩みだといえます。 年齢を問わず、ヒアルロン酸を補うことが大切です。 実施された治療について73例を調べたところ、ヒアルロン酸治療によって、約40-50%の症例において膝関節症の疼痛を改善することが明らかとなりました。 【2】膝関節症に対する治療方法として、骨髄由来間葉系幹細胞が重要ですが、同様にヒアルロン酸も治療法として有益であることがわかりました。 【3】0. 3%濃度のヒアルロン酸により、ヒト結膜上皮細胞における活性酸素によるDNA傷害が緩和されました。 これはヒアルロン酸のもつ、高い抗酸化力によるものと考えられます。 参考文献 ・Colen S, van den Bekerom MP, Mulier M, Haverkamp D. 2012 Aug 1;26 4 :257-68. ・Suhaeb AM, Naveen S, Mansor A, Kamarul T. 2012 Jun;50 6 :383-90. ・Ye J, Zhang H, Wu H, Wang C, Shi X, Xie J, He J, Yang J. 2012 Jun 24. ・Grimaldi EF, Restaino S, Inglese S, Foltran L, Sorz A, Di Lorenzo G, Guaschino S. 2012 Aug;64 4 :321-9. ・Ramos HV, Neves LR, Martins JR, Nader HB, Pontes P. 2012 Jun;78 3 :14-18. ・Matsiko A, Levingstone TJ, O'Brien FJ, Gleeson JP. 2012 Jul;11:41-52. ・Guo MS, Wu YY, Liang ZB. 2012;18:1175-81. ・Voigt J, Driver VR. 2012 May-Jun;20 3 :317-31. ・Callahan LA, Ganios AM, McBurney DL, Dilisio MF, Weiner SD, Horton WE Jr, Becker ML. 2012 May 14;13 5 :1625-31. ・Riehl TE, Ee X, Stenson WF. 2012 May 3. ・Pilloni A, Annibali S, Dominici F, Di Paolo C, Papa M, Cassini MA, Polimeni A. A randomized-controlled clinical pilot study. 2011 Mar;2 3-4 :3-9. ・Longas MO, Russell CS, He XY. 1987 Jan 15;159 1 :127-36.

次の