生理後 ダイエット おすすめ。 痩せ期を利用してラクに痩せよう♡ 生理後ダイエットのポイント

生理中のダイエットでやってはいけないこと!時間で差をつける効果的な食事や運動

生理後 ダイエット おすすめ

女性の痩せ期は生理後?生理の期間とは まずは痩せ期と言われる生理後。 女性の生理周期について、簡単に説明していきます。 生理というと、月経期間だけを意識する女性も多いかもしれませんが、女性の体は1ヶ月で4回、変化しているのです。 まずは月経期。 女性にとって一番意識する、経血が出る時期ですね。 それから、卵胞期、排卵期、黄体期というのがあります。 ダイエットに効果的と言われているのは、月経期のあと。 卵胞期と呼ばれる生理後の約1週間がダイエットに向いていると言われています。 つまり、卵胞期が女性の痩せ期になるのです。 痩せ期は生理後1週間!痩せる時期として効果的な理由 生理が終わったあとが痩せ期として女性にはおすすめと言われますが、その理由は何があるのでしょうか? 生理後1週間が痩せ期と言われる理由としては、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるためです。 エストロゲンはダイエットの味方、女性の体を健康的に整える働きがあると言われています。 エストロゲンの分泌は、次の排卵期まで。 なので、生理後の1週間がダイエットには向いている、おすすめの痩せ期となるのです。 この1週間の間に食事内容を整えたり、運動をしたりすることで、1ヶ月でマイナス3キロ体重を落とすこともできると言われています。 やみくもに毎日ダイエットするよりも、痩せ期を利用して、上手く体重を落とすようにしていきたいですね。 痩せ期の反対、痩せにくい時期、ダイエットが成功しづらい時期は生理前 生理後が痩せ期だとしたら、痩せにくい時期は生理前になります。 よく、「生理前だからイライラする」「生理前はご飯を食べ過ぎる」といったことはありませんか?生理前に精神的にも、体調面でも不調になるのはよくあること。 生理前の黄体期と呼ばれる時期には、プロゲステロンというものが多く分泌されるからと言われています。 妊娠や出産の関係のあるホルモンなので、多く分泌されるのは仕方ないこと。 この痩せにくい時期にダイエットしても、成功しづらいでしょう。 生理前の黄体期には無理にダイエットせず、気持ちを落ち着けさせる、リラックスするなど、自分を労わるようにするといいでしょう。 無理に食欲を抑えようとすると、かえってストレスが溜まることもあります。 また、むくみやすい時期でもあるので、痩せにくい時期だと理解して、生理前には無理なダイエットを控えるようにしましょう。 痩せることに関係ある、女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」 ここで、痩せ期に関係ある「エストロゲン」と痩せにくい時期に関係ある「プロゲステロン」について、改めて紹介です。 痩せ期に関係ある「エストロゲン」 痩せ期である卵胞期には、女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌されるようになると紹介しました。 エストロゲンは、女性を綺麗にするホルモンとも言われています。 生理が終わったあとに、肌が綺麗になった、髪がつやつやになったという経験はありませんか?これは、エストロゲンが関係しているものです。 内臓脂肪が溜まっていくのを抑えるという働きもあり、水分や老廃物が体の外に排出されていくでしょう。 体のむくみも解消されていくため、ダイエットをしていくと効果が実感しやすくなります。 イライラする時期も過ぎているため、食事制限や運動といったダイエットにも精力的に励むことができるでしょう。 痩せにくい時期に関係ある「プロゲステロン」 痩せにくい時期である黄体期には、女性ホルモンのプロゲステロンが分泌されるようになっています。 プロゲステロンは妊娠や出産に関係のあるホルモンで、受精卵を育てる準備のために子宮内の調子を整える働きがあります。 そのため、なかなか排便されない、体がむくみやすい、ご飯をたくさん食べたくなるなどといった、ダイエットとは反対の反応が多くなることも。 ダイエットしても体は排出ではなく、溜め込む時期に入っているため、なかなか痩せにくいのです。 また、イライラしやすくなる時期でもあります。 ダイエットしても効果がない、痩せる気がしないといったとき、イライラしてしまうかもしれません。 落ち着くまで、ダイエットを休む、自分の体の調子を整えるといった方向にシフトチェンジするのもいいでしょう。 痩せ期である生理後にダイエットして-3kgを目指す! それでは、痩せ期である生理後1週間を利用してダイエットするには、どうしたらいいのでしょうか?ダイエット方法は主に2つ。 食事内容を見直すか、運動をするか。 どちらも効果を実感しやすい時期になるので、とにかく1週間、黄体期に入る前に実践してみましょう。 生理後のダイエット!食事内容を見直す 生理後の1週間で食事内容を見直して、-3kgを目指しましょう。 今、食事方法を見直すダイエットは色々ありますよね。 カロリー制限だけでなく、炭水化物抜きダイエット、糖質制限ダイエット、バターコーヒーダイエット、朝食置き換えダイエットなど。 ダイエット方法は自分がやりやすい方法を取るのがいいでしょう。 ただ、食事制限をしつつ、運動もするなら糖質を過剰にカットするのはNGです。 糖質は体のエネルギー源になります。 エネルギーがなくなって動けない…ということにならないよう、やりすぎダイエットにならないように注意してくださいね。 生理後のダイエットで-3kg!運動をする 生理後のダイエットで-3kgを目指すなら、運動を取り入れるのもいいでしょう。 運動は痩せるだけでなく、自分の体の調子を整えるのにも適しています。 痩せ期に運動量を増やすことで、体のシェイプアップを目指すことができます。 筋肉量を増やすと、基礎代謝のアップも期待できます。 生理後は痩せやすい時期。 体重を減らすためだけでなく、継続的に体が痩せやすい体質になるよう筋肉をつけていくのもいいでしょう。 そのときは、食事制限で糖質量を減らしすぎないように注意してください。 糖質は体のエネルギーになります。 まとめ 生理後1週間が女性にとっての痩せ期、ダイエットがしやすい時期と言われています。 女性にとって、切っても切り離せないものになっているのが、生理でしょう。 その生理周期を把握して、痩せ期はいつか?痩せにくい時期はいつか?というのをチェックしましょう。 ダイエットしている方はぜひ、痩せ期を利用して体重を落とすようにしてみてくださいね。 いつもより、効果が感じやすいかもしれません。

次の

生理周期ダイエット! 月経タイミングに合わせた1ヶ月プログラム [食事ダイエット] All About

生理後 ダイエット おすすめ

ダイエットがなかなかうまくいかないとお悩みの女性も多いのではないでしょうか。 特に生理前は体重が増えてしまいがっかりしてしまうなんてことも。 女性は生理や排卵により身体のサイクルが変化しているため体重が増えやすい時期があるのです。 逆に体重が減りやすい時期、それが生理後でありダイエットには最適な時期なんです。 この痩せやすい時期に集中してダイエットをすると結果が出やすいためダイエットに励む女性の間では話題になっています。 生理後1週間~2週間に集中的に行うダイエットは生理後ダイエットと呼ばれ、効率的に体重を減らしたいという方にはおすすめのダイエット方法なのです。 今までなかなか痩せることができなかったという女性も結果が出しやすいダイエット方法です。 生理後のダイエットが効果的なのはなぜ? 女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が多い 女性の生理周期には個人差はあるものの、生理日と1日目として数え28日~31日というのが一般的な周期になります。 この生理周期はさらに4つに分けることができます。 生理周期のサイクル• 月経期(1日目~6日目)• 卵胞期(7日目~13日目)• 排卵期(13日目~16日目)• 黄体期(17日目~28日目) ダイエットに効果的な女性ホルモンのエストロゲンが分泌されるのは卵胞期です。 つまり生理後約1週間が最もダイエットに適してる期間と言えます。 排卵期に入るとエストロゲンの分泌量は変わりませんが、プロゲステロンの分泌が徐々に増え始めます。 プロゲステロンの分泌が増えてくると徐々に痩せにくくなってしまいますので、生理後ダイエットを行う目安としては生理後~最大でも2週間を目安にすると良いでしょう。 ダイエットって大変、、美味しいごはんをガマンしたり、運動しないといけない。 でももうそんな時代は終わったんです!『食事制限もナシ』『辛い運動もナシ』で簡単に痩せれる方法があります!その方法は、テレビでも話題殺到の超簡単な飲むだけダイエット!あなたが痩せないのは、実は酵素の不足が原因だったのです! 溜め込んだものをスルッと酵素力でサポートし、"美ボディ"を実現しましょう!楽天ランキング5冠を達成した、芸能人も御用達の神サプリ。 生理後ダイエットの方法!1週間の食事のポイント 甘い物、主食は控えめに 生理後はデトックス効果も高まり新陳代謝が活発になる時期ですので食べる量を減らすことで身体に蓄積された脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。 そこで控えたい食べ物が炭水化物やイモ類、甘い物です。 これらは糖質を多く含む食べ物になります。 身体は食べ物からエネルギーを得る場合、糖質をエネルギー源とします。 糖質の多い食べ物を摂取すると糖質はすぐにブドウ糖となりエネルギー源として使われますが、エネルギーとして使われなかった余分な糖分は脂肪となり身体に蓄積されてしまいます。 つまり糖質の多い食べ物を食べるほど身体に蓄積された脂肪は使われず、余分な糖分が脂肪として蓄積されてしまうのです。 生理後の新陳代謝が活発になっている時期には蓄積された脂肪を除去するチャンスですので糖質は摂りすぎないよう心がけましょう。 糖質が多い食べ物• トウモロコシ• 小麦粉• ジャガイモ• サツマイモ• かぼちゃ• ビール• 発泡酒• 洋菓子 繊維質を多く含む食材を取り入れる 身体の代謝をアップさせるには血流を良くすることも大切です。 血液中のヘモグロビンを作り上げているのがたんぱく質であり、たんぱく質を摂取することで血流も良くなります。 他にもたんぱく質にはエストロゲンの分泌を促す作用があるという研究結果も出ています。 また痩せやすい身体には筋肉が必須ですが、たんぱく質は筋肉を作る材料ともなっています。 筋肉が正常に稼働すれば効率的に代謝が行われますのでたんぱく質の摂取が必要なのです。 たんぱく質を多く含む食材としては、肉類、魚介類、卵、大豆、乳製品があげられますがたんぱく質は大量に摂取しても身体の中に取り込める量が決まっていますので、毎回の食事で少しずつ取り入れる、飲み物で取り入れるなどの工夫が必要です。 鉄分補給も忘れずに 生理後ダイエットをより効果的な物にするためには生理前から準備をすることも大切です。 生理前はプロゲステロンの影響で気持ちが不安定になりやすく、無理な食事制限などは逆効果になってしまうことがあります。 そこで、取り入れたいのが大豆です。 大豆製品に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため生理前に乱れやすい女性ホルモンのバランスを整えてくれます。 生理前に起こりやすいむくみや脂肪を溜め込まずに済みます。 また大豆サポニンには食欲を抑える作用があるため、生理前の暴飲暴食を防ぐことができます。 簡単に大豆を取り入れる方法としては生理の7日~10日前から市販の豆乳パック200mlを飲むと良いでしょう。 生理前、生理中はリラックスして過ごす ダイエットと睡眠、一見関係ないように思えますが、生理後のダイエットを効果的なものにするには睡眠も重要です。 睡眠が足りないと脳や身体が疲労するとエネルギー代謝が落ちてしまうのです。 また身体は疲れると甘い物を欲します。 甘い物を食べてしまうとせっかくのダイエットが台無しになってしまいます。 睡眠をしっかりとるのは長く寝れば良いわけではありません。 ホルモンバランスが安定する22時~午前2時の間に睡眠を確保するなど質の良い睡眠をとりましょう。 早寝早起きを心がけ、できるだけ毎日同じ時間に就寝するようにしましょう。 なかなか難しいかもしれませんが、ダイエット成功のために心がけてみて下さいね。 有酸素運動の前に無酸素運動を ダイエット中の運動として効果的なのがジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動であり、もちろん有酸素運動だけでも効果は期待できます。 しかし、より効果的なものにするためには有酸素運動の前に無酸素運動を行うのがおすすめです。 無酸素運動は短時間に身体に負荷をかける運動で、瞬発力が求められるため代謝を行うための筋肉を鍛える効果があります。 効果的な有酸素運動を行う前に無酸素運動で土台を作るわけです。 簡単にできる無酸素運動として筋トレがあります。 おすすめの短期集中筋トレ• クッションやボールなどを準備しうつ伏せに寝る• ひざを90度に曲げ、かかとにクッションを挟む• 手のひらを肩の横に置く• お尻をきゅっと締めながらクッションを天井方向に持ち上げる• ゆっくり元の姿勢に戻る これは生理後ダイエットにぴったりの短期集中型の筋トレです。 特に下半身の筋肉を鍛えるのに効果があります。 お腹の筋肉をアップさせる筋トレと一緒に行うとさらに効果的です。 クッションを天井方向に持ち上げる時にはおへそは床に付けた状態にして、腰から下だけで持ち上げるのがポイントです。 30回を目安にすると良いでしょう。 今まであまり筋トレを行っていなかったという方はいきなりたくさんの負荷をかけてしまうと身体を傷めてしまうことがありますので、無理はせず徐々に慣らしていくようにしましょう。 特に筋トレの場合は瞬発力を必要としますので注意しましょう。 まとめ いかがでしたか?ダイエットがなかなかうまくいかない原因としては女性特有のホルモンの影響によるものがあります。 痩せる時期と痩せにくい時期がありますが、生理後は痩せる時期になりますのでダイエットには最適です。 生理後のダイエットは1週間が勝負です。 ポイントをおさえた食事や軽い運動を取り入れることでダイエットがより効果的なものになりますので、1週間は集中して頑張ってみましょう。 また生理前からの準備も大切です。 食事や飲み物で大豆を摂取したり、リラックスした時間を過ごすことを心がけてください。 今までダイエットがなかなかうまくいかなかったという方も、生理後の1週間で痩せることができますよ! 【痩せたい人向け】ダイエットには、腸内環境を整えるのが手っ取り早い! 食事制限・運動ナシでマイナス10kgする方法とは? 美味しい食べ物を前にすると、いざダイエット中でも食べ過ぎてしまい、肥満が気になってしまいますよね。 でも、 大食いなのにほっそりしたモデルさんや、大食いアイドルなどを見たことはありませんか? 実は、そうした太りにくい女性たちにはある それは、にあったのです! たくさん食べているのに太りにくい人たちの腸内には、(ビフィズス菌、酪酸菌など)がありました。 この善玉菌が多いと、 余計なものは吸収せず、ドバッと外に出してくれるのです。 だから痩せるためにはこの 「腸内環境」が重要なカギになっているんです。 「腸内の善玉菌」を増やせば、普段の生活に必要な栄養だけを取り込んでくれるのです。 腸内環境を整えるためにはどうすればいいの?.

次の

【女性必見】生理前・生理中・生理後のダイエットを徹底解説!

生理後 ダイエット おすすめ

筋トレに励んでいる女性で、生理中でも行って良いのか不安を感じている人は多いでしょう。 体を酷使してはいけないと自分で解釈して休んでしまうともったいない側面もあるので、知識をつけておくことが重要です。 今回は、生理中に筋トレをするメリットと注意点、そしておすすめの方法を紹介します。 良い点は活かし、悪い点は注意するようにして、体を労わりながらトレーニングを続けてみましょう。 生理中に筋トレを行うメリット 生理中に筋トレをすることで、どのようなメリットが期待できるか紹介します。 意外な効果もあるので、ぜひ参考にしてみてください。 筋肉がつきやすい 生理中に筋トレをすると、普段よりも筋肉がつきやすくなります。 女性ホルモンには、脂肪を蓄える、筋肉の生成を妨げる、といった働きがありますが、生理中ではエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が少なくなるので、筋肉がつきやすくなるという仕組みです。 筋肉がつくと代謝が上がり痩せやすい体になるだけでなく、見た目も引き締まって見えるので、ダイエットに興味のある人は生理期間を有効活用してみましょう。 生理痛の緩和 生理中は血液循環が悪くなり冷えやむくみが発生しがちです。 その結果、生理痛が起こりやすくなります。 筋トレを行うことで血液循環が良くなり体が温まるので、生理痛を緩和させることが可能です。 生理中の筋トレで注意すること 生理中に筋トレを行ううえで、注意すべき点を紹介します。 ポイントをおさえて体に悪い影響を与えないように注意しましょう。 体調不良に気をつける 生理中は貧血や頭痛、生理痛などの症状が出やすいので、自分の体調をしっかり考慮して筋トレを行うようにしてください。 生理中は多くの回数を行ったり重さを増やしすぎると体への負担が大きくなってしまいます。 普段よりも注意して無理のない範囲で行うことが大切。 激しいメニューはやらない 普段よりも生理中の筋トレは体が疲労しやすいので、軽めのメニューを選んで行いましょう。 重いメニューは疲労が蓄積しやすく体調不良に繋がり、筋トレの継続に支障を来たす場合があります。 生理痛を緩和して、気分がリフレッシュできるような筋トレを行うのがおすすめです。 生理中のおすすめ筋トレメニュー3選 生理中に行う、おすすめの筋トレメニューを3つ紹介します。 特別な道具などは必要なく手軽にできるものなので、ぜひ実践してみてください。 ブリッジ まずは床に仰向けに寝ます。 両手を頭の横につけたら、つま先と手の指先に力をいれて腰を持ち上げ、体全体でアーチを作りましょう。 両手はなるべく肩の真下に持ってくるのがポイントです。 30秒ほどキープできたら、ゆっくり腰を下ろします。 スクワット 足を肩幅に開き、かかとに重心を置いてください。 両手は床と平行になる高さで前に伸ばします。 顔は正面に向け胸を張って、椅子に座るようにお尻をつき出し、ゆっくりと腰を落としていきましょう。 膝の角度が90度になったところで、ゆっくりと立ち上がります。 1セット10〜15回を目標に行ってください。 ヒップリフト 床に仰向けで寝て、足を90度に曲げます。 手は体から少し離れた位置に置き、お腹と膝が一直線になるまでお尻を上げてください。 次に、上げたお尻をゆっくりと下ろし、床につかないギリギリのところまで下げたらまた上げます。 ヒップリフトは10回繰り返しましょう。 まとめ 今回は、生理中に筋トレをするメリットや注意点、おすすめの筋トレメニューについて紹介しました。 生理痛を緩和させたり、気分をリフレッシュさせるためには、筋トレが効果的。 体調を考慮しながら、無理をせずにトレーニングを続けてみましょう。

次の