バレンタイン 手作り 簡単 かわいい。 【手作りバレンタイン】簡単かわいいレシピ14選!100均アレンジ法&大量生産系まで

バレンタインのかわいいチョコレシピ!簡単に手作りできちゃう!

バレンタイン 手作り 簡単 かわいい

チョコレートの定番トリュフをオレオ味で作ろう(画像出典:) オレオトリュフはアメリカでは大人気のお菓子です。 作り方は、オレオ16枚をジッパー付きの袋に入れ、袋の上からすりこ木などで叩いて砕き、細かく砕けたら、ボウルに移します。 常温に戻し柔らかくなったクリームチーズ200gをボウルに加え、しっかりと混ぜ合わせます。 生地がよく混ざったら、生地を手で丸めます。 丸めた生地をクッキングシートに並べ、冷蔵庫で30分間冷やしましょう。 次にコーティング用チョコレートを湯煎で溶かし、チョコレートの中へ冷やした生地をくぐらせ、クッキングシートの上にのせて乾かします。 コーティング用チョコレートが乾かない内に、ココアパウダーや粉砂糖をまぶしたら出来上がりです。 作業時間はわずか5分なので、気軽に手作りできるのも魅力です。 はじめに湯煎で柔らかくしたペンタイプのチョコレートで、ハートの型の表面に模様を描きます。 次にチョコレートを溶けやすい大きさに刻んで、耐熱容器に入れます。 チョコレートは1000wの電子レンジで1分30秒、ホワイトチョコレートは1分20秒かけて溶かします。 溶かしたチョコレートとホワイトチョコレートを型に入れます。 好みの模様になるように、交互に入れましょう。 冷蔵庫で冷やし、固まったらできあがりです。 お好みで中にラムレーズンやナッツなどをいれるとより美味しくなります。 まずはクッキーの作り方からご紹介。 室温に戻したバターをゴムべらで練り、ホットケーキミックスを加えてよく混ぜてください。 次にデコレーションの作り方です。 粉砂糖に卵白を加え、ゴムべらでよく混ぜたら、二等分して一つの方に水で溶いた食紅を加え、白とピンクのアイシングが用意できました。 ゴムベラでクッキーの表面にアイシングを塗ります。 線や点などの細かいデコレーションも楊枝で行い、アイシングが乾く前にアラザンを飾りましょう。 デコレーションは完全にクッキーが冷めてから盛り付けます。 小さなお子様でも、ママと一緒に楽しみながら作れます。 まずチョコレートを湯煎で溶かしましょう。 5ミリ~1センチの量を目安に、溶かしたチョコレートを型に注ぎます。 チョコの表面が少し乾いたら、トッピングの盛り付けです。 ここは是非、お子様におまかせしましょう。 トッピングを終えたら、冷蔵庫で約30分冷やします。 ひとつずつラッピングしたら完成です。 カラフルで可愛いデコレーションとラッピングで、見た目も楽しめますよ。 ラップを敷いたバットに混ぜたチョコレートを流し入れ、冷蔵庫で固めます。 固まったら、12等分にして手で丸め、再び冷蔵庫へ。 次にコーティング用チョコの用意をしましょう。 粗く砕いた板チョコレートを耐熱性の容器にいれ、電子レンジで溶かします。 冷蔵庫で冷やしていたストロベリーチョコレートにコーティング用チョコレートをかけたら、バットに入れたカカオパウダーをまぶします。 コーティング用のチョコレートが固まってくるので、手早く行うのがポイントです。 チョコレートが固まってきたら、電子レンジにほんの少しだけかけて、再び溶かしてください。 ラム酒や刻んだドライフルーツを加えたり、周囲にまぶすものをアーモンドダイスやクッキーを細かく砕いたものに替えたりしてお好みでアレンジも可能です。 細かく刻んだチョコレートに沸騰した生クリームを少しずつ加え、ゴムべらで全体が滑らかになるまでよく混ぜます。 ラップを敷いた容器に流し入れ、上からもラップをして冷蔵庫で固めます。 チョコが固まったら、8等分に分割して丸めましょう。 ラップで包むと、手につかず成形しやすいです。 カカオパウダーを入れたバットの中で転がし、全体にカカオパウダーをまぶしたら完成です。 耐熱容器に粗く割った板チョコレートと生クリームを入れ、電子レンジにかけてチョコレートを溶かし混ぜます。 チョコレートの全体がなめらかになったら、卵黄を加えてよく混ぜ、薄力粉とカカオパウダーを合わせてふるい、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。 卵白にグラニュー糖を2回に分けて加えハンドミキサーで混ぜてできたメレンゲを2~3回に分けて加え、ムラがなくなるまでよく混ぜます。 あら熱がとれたら、お好みでカカオパウダー 分量外 をふって出来上がりです。 最初にミックスナッツとマシュマロを混ざりやすい大きさになるようカットし、下準備をしましょう。 粗く手で割ったチョコレートを耐熱容器に入れ、600wの電子レンジに2分かけて溶かします。 様子を見ながら全体を1~2回混ぜ、ミックスナッツ、ドライフルーツを加え、さらに混ぜます。 次にマシュマロを加え、もう一度よく混ぜてください。 最後にクッキングペーパーを敷いた型に入れ、平らにならして冷蔵庫で冷やし固めます。 完全に固まったら型から取り出し、お好きな大きさにカットするだけです。 薄力粉にベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておきます。 次に、粗く刻んだチョコレートと無塩バターを合わせて、電子レンジで溶かします。 型にわら半紙を敷いたら次のステップです。 溶きほぐした全卵とグラニュー糖をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜたら、バニラエッセンスを加えて再度混ぜます。 そこにふるっておいた薄力粉を加え、粉っぽさが無くなるまで混ぜましょう。 先ほど溶かしておいたチョコレートとバターを加え、泡立て器で全体が完全に混ざるまでよく混ぜます。 型に入れたまま粗熱を取り、10分ほどしたら、カットします。 ボウルにホットケーキミックスを入れ、カカオパウダーを加えます。 泡立て器を使い、全体がまんべんなく混ざるようにしましょう。 およそ2cm角に切ったバターを加え、バターを粉の中で切るようにして、米粒大になるまで混ぜ込みます。 チョコレートチップを加え、全体に行きわたるように、ざっと混ぜます。 少しずつ牛乳を加えて、全体がひとまとまりになるようまとめます。 オーブンペーパーの上で円形にまとめ、お好みの厚さにのばし、ナイフで9等分に切り分けます。 均一のサラサラの状態になったら、バニラエッセンスと卵を加えてフードプロセッサーのスイッチを入れ、まとまりが出たらスイッチを止めましょう。 取り出してラップにぴっちり包み、冷蔵庫で1時間冷やします。 取り出したら厚さ5ミリに伸ばし、星型で抜き、端につま楊枝で穴を開けます。 抜いた残りの生地を集め、ココアを加えて混ぜてココア味クッキーを同じ手順で作ります。 冷ましたら、クッキーの穴に、細いりぼんかヒモを通すとデコレーションまで完成します。 卵とバターは室温に戻し、薄力粉・ベーキングパウダー・塩は合わせてふるっておきます。 下準備を終えたら、ボウルにバターを入れてゴムべらでよく練り混ぜ、きび砂糖を加えたらまた練り混ぜます。 そこに溶き卵を加えて、さらによく混ぜましょう。 次に薄力粉を加え、全体をさっくりと混ぜます。 粉が見えなくなったらチョコチップを加え、チョコチップが均等に混ざるように混ぜ合わせます。 ティースプーンで生地をすくい、天板に間隔を空けて落として表面を指で平らにします。 予熱しておいたオーブンで20分焼き、焼き上がったら粗熱をとって出来上がりです。

次の

バレンタインクッキーレシピ31選!おしゃれでかわいい【手作り】

バレンタイン 手作り 簡単 かわいい

バレンタインっていつ始まったの? バレンタインの起源は西暦3世紀のローマにさかのぼると言われています。 その頃、愛する家族から離れるのを嫌がり戦争へ出るのを渋る若者に皇帝は結婚の禁止を命じました。 そんな若者に対しキリスト教司祭であるバレンタイン氏が内緒で結婚を手助け。 そのことが皇帝にバレてしまい、2月14日に処刑されてしまいました。 約200年後のローマで、毎年2月14日に教皇によりこのイベントは殉教したバレンタイン氏を守護聖人とした行事に改められたのです。 このようにして始まったバレンタインは、恋人同士がギフトを交換する日として次第に現在に近いものへと変わっていきました。 ケーキの種類にはどんな種類があるの? ケーキと聞いてどのようなものをイメージしますか? 様々な種類があるケーキですが、一部例をあげてご紹介します。 まずは、バレンタインにピッタリなチョコレートケーキ。 ケーキの生地にココアパウダーを混ぜてたおなじみのケーキですよね。 次に、贈り物としてラッピングしやすいカップケーキ。 その名の通りカップに入れて焼いた1人分サイズのミニケーキです。 男女問わず人気のチーズケーキは、チーズの種類や作り方によりニューヨークチーズケーキやレアチーズケーキ、スフレチーズケーキなどに分類されます。 そのほか、ふんわりとした食感が人気の、中心が穴の開いた高さのあるスポンジケーキをシフォンケーキ、薄いスポンジケーキでクリームを包んだものはロールケーキです。 このように、ケーキの種類はたくさん。 ぜひこの機会に、色々なケーキのレシピをみて、お気に入りのケーキを見つけてくださいね。 湯煎して、冷やし固めるだけでケーキができちゃう簡単レシピ。 ドライフルーツ入りで華やかな見た目がGOOD。 砕いたクッキーと溶かしバターで土台を作ったら、湯煎したチョコに生クリームを混ぜた生チョコを流し込み、ドライフルーツを盛りつけます。 あとは冷やすだけで完成。 生クリームを分離しないよう、湯煎からはずし、粗熱が取れてから混ぜるのがポイントです。 スポンジとチョコが二層になっていて、食感の違いが楽しめるチョコケーキです。 バレンタインにピッタリなハート型なのがかわいいですよね。 作り方は、まずマーガリン・塩・砂糖・卵を順に入れよく混ぜます。 そこへ、アーモンドプードルと振るった粉類、湯煎したチョコを投入。 よく混ぜたら、型に入れ焼きましょう。 焼き上がったら型から外し、型に湯煎したチョコを流し込んでスポンジと合わせてください。 あとは冷やし固めるだけ。 型はシリコン型を使うのがよいでしょう。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

バレンタインの友チョコ作り!簡単でかわいいのに安い美味しいレシピ!

バレンタイン 手作り 簡単 かわいい

チョコレートの定番トリュフをオレオ味で作ろう(画像出典:) オレオトリュフはアメリカでは大人気のお菓子です。 作り方は、オレオ16枚をジッパー付きの袋に入れ、袋の上からすりこ木などで叩いて砕き、細かく砕けたら、ボウルに移します。 常温に戻し柔らかくなったクリームチーズ200gをボウルに加え、しっかりと混ぜ合わせます。 生地がよく混ざったら、生地を手で丸めます。 丸めた生地をクッキングシートに並べ、冷蔵庫で30分間冷やしましょう。 次にコーティング用チョコレートを湯煎で溶かし、チョコレートの中へ冷やした生地をくぐらせ、クッキングシートの上にのせて乾かします。 コーティング用チョコレートが乾かない内に、ココアパウダーや粉砂糖をまぶしたら出来上がりです。 作業時間はわずか5分なので、気軽に手作りできるのも魅力です。 はじめに湯煎で柔らかくしたペンタイプのチョコレートで、ハートの型の表面に模様を描きます。 次にチョコレートを溶けやすい大きさに刻んで、耐熱容器に入れます。 チョコレートは1000wの電子レンジで1分30秒、ホワイトチョコレートは1分20秒かけて溶かします。 溶かしたチョコレートとホワイトチョコレートを型に入れます。 好みの模様になるように、交互に入れましょう。 冷蔵庫で冷やし、固まったらできあがりです。 お好みで中にラムレーズンやナッツなどをいれるとより美味しくなります。 まずはクッキーの作り方からご紹介。 室温に戻したバターをゴムべらで練り、ホットケーキミックスを加えてよく混ぜてください。 次にデコレーションの作り方です。 粉砂糖に卵白を加え、ゴムべらでよく混ぜたら、二等分して一つの方に水で溶いた食紅を加え、白とピンクのアイシングが用意できました。 ゴムベラでクッキーの表面にアイシングを塗ります。 線や点などの細かいデコレーションも楊枝で行い、アイシングが乾く前にアラザンを飾りましょう。 デコレーションは完全にクッキーが冷めてから盛り付けます。 小さなお子様でも、ママと一緒に楽しみながら作れます。 まずチョコレートを湯煎で溶かしましょう。 5ミリ~1センチの量を目安に、溶かしたチョコレートを型に注ぎます。 チョコの表面が少し乾いたら、トッピングの盛り付けです。 ここは是非、お子様におまかせしましょう。 トッピングを終えたら、冷蔵庫で約30分冷やします。 ひとつずつラッピングしたら完成です。 カラフルで可愛いデコレーションとラッピングで、見た目も楽しめますよ。 ラップを敷いたバットに混ぜたチョコレートを流し入れ、冷蔵庫で固めます。 固まったら、12等分にして手で丸め、再び冷蔵庫へ。 次にコーティング用チョコの用意をしましょう。 粗く砕いた板チョコレートを耐熱性の容器にいれ、電子レンジで溶かします。 冷蔵庫で冷やしていたストロベリーチョコレートにコーティング用チョコレートをかけたら、バットに入れたカカオパウダーをまぶします。 コーティング用のチョコレートが固まってくるので、手早く行うのがポイントです。 チョコレートが固まってきたら、電子レンジにほんの少しだけかけて、再び溶かしてください。 ラム酒や刻んだドライフルーツを加えたり、周囲にまぶすものをアーモンドダイスやクッキーを細かく砕いたものに替えたりしてお好みでアレンジも可能です。 細かく刻んだチョコレートに沸騰した生クリームを少しずつ加え、ゴムべらで全体が滑らかになるまでよく混ぜます。 ラップを敷いた容器に流し入れ、上からもラップをして冷蔵庫で固めます。 チョコが固まったら、8等分に分割して丸めましょう。 ラップで包むと、手につかず成形しやすいです。 カカオパウダーを入れたバットの中で転がし、全体にカカオパウダーをまぶしたら完成です。 耐熱容器に粗く割った板チョコレートと生クリームを入れ、電子レンジにかけてチョコレートを溶かし混ぜます。 チョコレートの全体がなめらかになったら、卵黄を加えてよく混ぜ、薄力粉とカカオパウダーを合わせてふるい、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。 卵白にグラニュー糖を2回に分けて加えハンドミキサーで混ぜてできたメレンゲを2~3回に分けて加え、ムラがなくなるまでよく混ぜます。 あら熱がとれたら、お好みでカカオパウダー 分量外 をふって出来上がりです。 最初にミックスナッツとマシュマロを混ざりやすい大きさになるようカットし、下準備をしましょう。 粗く手で割ったチョコレートを耐熱容器に入れ、600wの電子レンジに2分かけて溶かします。 様子を見ながら全体を1~2回混ぜ、ミックスナッツ、ドライフルーツを加え、さらに混ぜます。 次にマシュマロを加え、もう一度よく混ぜてください。 最後にクッキングペーパーを敷いた型に入れ、平らにならして冷蔵庫で冷やし固めます。 完全に固まったら型から取り出し、お好きな大きさにカットするだけです。 薄力粉にベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておきます。 次に、粗く刻んだチョコレートと無塩バターを合わせて、電子レンジで溶かします。 型にわら半紙を敷いたら次のステップです。 溶きほぐした全卵とグラニュー糖をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜたら、バニラエッセンスを加えて再度混ぜます。 そこにふるっておいた薄力粉を加え、粉っぽさが無くなるまで混ぜましょう。 先ほど溶かしておいたチョコレートとバターを加え、泡立て器で全体が完全に混ざるまでよく混ぜます。 型に入れたまま粗熱を取り、10分ほどしたら、カットします。 ボウルにホットケーキミックスを入れ、カカオパウダーを加えます。 泡立て器を使い、全体がまんべんなく混ざるようにしましょう。 およそ2cm角に切ったバターを加え、バターを粉の中で切るようにして、米粒大になるまで混ぜ込みます。 チョコレートチップを加え、全体に行きわたるように、ざっと混ぜます。 少しずつ牛乳を加えて、全体がひとまとまりになるようまとめます。 オーブンペーパーの上で円形にまとめ、お好みの厚さにのばし、ナイフで9等分に切り分けます。 均一のサラサラの状態になったら、バニラエッセンスと卵を加えてフードプロセッサーのスイッチを入れ、まとまりが出たらスイッチを止めましょう。 取り出してラップにぴっちり包み、冷蔵庫で1時間冷やします。 取り出したら厚さ5ミリに伸ばし、星型で抜き、端につま楊枝で穴を開けます。 抜いた残りの生地を集め、ココアを加えて混ぜてココア味クッキーを同じ手順で作ります。 冷ましたら、クッキーの穴に、細いりぼんかヒモを通すとデコレーションまで完成します。 卵とバターは室温に戻し、薄力粉・ベーキングパウダー・塩は合わせてふるっておきます。 下準備を終えたら、ボウルにバターを入れてゴムべらでよく練り混ぜ、きび砂糖を加えたらまた練り混ぜます。 そこに溶き卵を加えて、さらによく混ぜましょう。 次に薄力粉を加え、全体をさっくりと混ぜます。 粉が見えなくなったらチョコチップを加え、チョコチップが均等に混ざるように混ぜ合わせます。 ティースプーンで生地をすくい、天板に間隔を空けて落として表面を指で平らにします。 予熱しておいたオーブンで20分焼き、焼き上がったら粗熱をとって出来上がりです。

次の