奥川恭伸 中学。 奥川恭伸(星稜)の出身中学校は?中学校時代には全国優勝を経験も!

奥川恭伸(星稜)の彼女がかわいい?名前の読み方や父親,母親についても調査!!

奥川恭伸 中学

基本情報 選手名:奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ) 利き手:右投右打 ポジション:投手 生年月日:2001年4月16日 年数:1年目 出身地:石川県 来歴:星稜高校-ヤクルト(19年1位) 身長体重(公称):184cm82kg 推定年俸 1600万円(単年契約) 背番号 11(2020-) 主な球種 ストレート、スライダー、フォークなど 登場曲 未発表 獲得タイトル なし 寸評 ファンのハイタッチに応じる奥川恭伸(公式フォトギャラリーより引用) 高校生離れした完成度の高いピッチングでゲームを支配し、甲子園を沸かせたツバメの次世代エース。 2年秋の神宮大会および3年夏の甲子園大会ではチームの準決勝に貢献するも、優勝にはあと一歩届かなかった。 2019年ドラフトでは3球団競合の末、ヤクルト入団が決まる。 高校時代からの勤続疲労か、軽い右肘の炎症で出だしに箸休めをしたものの、その後の経過は順調。 2年秋で僅かに届かなかった神宮での栄冠を、プロでものにしてほしい。 完成度の高いピッチング 奥川恭伸を表するのに「完成度が高い」という表現が使われる。 レベルの高いストレートと変化球の組み合わせはもちろん、終盤でも息切れしないスタミナと、奪三振能力の高さが際立っている。 高校3年夏の甲子園大会で奪った51奪三振に比べ与四死球は僅か5。 20という驚異的な数値を記録した。 中でも第2回戦の智弁和歌山戦は圧巻で、延長14回を一人で投げぬいて23奪三振を記録し、黒川史陽(楽天2位)や東妻純平(DeNA4位)らを擁する強力な智辯和歌山打線を完全にねじ伏せた。 一軍デビューは遠くない 入団一年目はいきなり新型コロナウイルス蔓延による前代未聞の混乱に巻き込まれるかたちとなったが、練習では投球をするたびにマスコミが殺到し、大きな反響を呼んだ。 6月1日には初めて打撃投手として打者と対戦し、平均球速150キロに迫る安定感で、対戦した打者は手も足も出ないという感じだった。 一軍の指揮をとる 監督も、奥川の素材を絶賛しており、早い時期での一軍デビューも期待されるが、怪我に配慮した細心の注意を払い、万全のコンディションでデビューしてもらいたい。 ゲーム内でも先輩投手陣を唸らせる 甲子園大会で圧倒した右腕は、ゲーム内でも圧倒します。 高卒一年目時点のカタログスペックで、既にエース級の能力を持っており、先日公開されたパワプロの対戦動画では、周りの投手が軒並み140キロそこそこのストレートを投げるなか、新人ながら150キロ中盤の速球を披露した。 これには、ゲーム好きのチームの大エース・から「球が速い」と驚嘆の声があがった。 奥川投手がゲーム好きかは知りませんが、いつかはゲームの対戦動画に出演するような選手になってほしい。 球歴 プロ入り前 石川県宇ノ気中学校時代では硬式のシニアチームではなく、軟式野球部に所属し、全国大会制覇を達成した。 高校時代にバッテリーを組んだ山瀬慎之介(巨人5位)とは中学時代からバッテリーを組んでいる。 地元の強豪・星稜高校に進学すると、入学早々ベンチ入り。 卓越したゲームメイク能力で、チームを2年春から4季連続の甲子園出場に導いた。 奇しくも同一リーグの同地区のライバルチームに所属することになったが、近い将来投手と打者として対戦する日も来るだろう。 混合チームが組まれれば、高校以来となるバッテリーも実現されるだろう。 2019年ドラフトでは高卒ながら即戦力の投手として期待され、ヤクルト・巨人・阪神の3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得する。 背番号は由規や荒木大輔などが背負った「11」番を継承。 ツバメの次世代のエースとしてのプロ野球人生が、華々しく始まった。 プロ入り後 プロ入り後の記者会見で、目指す投手像を聞かれて「田中将大投手」(現ニューヨーク・ヤンキース)と回答。 これに対して田中将大投手は、高校時点での実力であれば、自分よりも上と太鼓判を押した。 新人としては異例の出来高を含む契約が行われた。 契約金1億円、年俸1,600万円プラス出来高5,000万円は高卒の新人としては最大の評価だ。 出来高については5年目シーズンの2024年まで有効だという。 キャンプ右肘に軽度の炎症が発覚。 高校時代の連投による勤続疲労も懸念されたが、経過は問題なく回復し、現在は練習段階で150キロを連発するなど、影響を感じさせない調整ぶりを見せている。 リハビリ中にはノースロー調整を義務付けられていたものの、反射的にスローイングをしてしまう。 これについては、池山隆寛 二軍監督から厳しい注意がいったが、野球人としての本能が相当なものを持っているのだろう。 高卒1年目の投手とは思えないハイスペックな能力で、レベル等をマックスに育てれば、他の一軍レギュラー投手陣やOB投手らと引けをとらない成績を残してくれる。 奥川恭伸特集• This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

奥川恭伸(星稜)球種や球速やコントロールは?出身小学中学校も!|Promising選手名鑑

奥川恭伸 中学

そして4年生の時に現在もバッテリーを組む山瀬 慎之助 選手と出会い、6年生の時には石川県大会で準優勝、北信越大会に出場しています。 その後、 かほく市立宇ノ気中学校に進学し野球部に入りました。 もちろん山瀬 慎之助 選手も一緒で中学校でもバッテリーを組みました。 奥川 恭伸 選手が中学3年生時に新潟県で初開催となった 「2016年 全国中学校軟式野球大会」に出場し、見事優勝を果たしました! 中学生の時からすでに世代トップレベルの投手であることがわかります! そして、山瀬 慎之助 選手とのバッテリーもこの時から健在であることもわかりますね! Sponsored Link 奥川恭伸の身長と性格 身長は183cmと体格にも恵まれていて、体重も82kgとしっかりとした体格となっています。 見た目もだいぶガッチリしている印象です。 高校生だとまだ体が追いつかない選手もいるかと思いますが、奥川 恭伸 選手の場合は体もしっかり作ってきている印象なので、だからこそあの力強い投球ができるのかもしれませんね! そんな奥川 恭伸 選手ですが、やはり真面目で努力家な性格だそうです。 また、出身中学である宇ノ気中学校の監督である三浦監督は、奥川 恭伸 選手のことを「とにかく謙虚」と評価しています。 同世代で奥川 恭伸 選手の実績に並ぶ選手は一握りのうような気がしますが、それにおごることなくストイックに練習に励んでいるということですね! また、奥川 恭伸 選手でとても印象に残っているのが笑顔がとても多いことです。 県大会の決勝や甲子園の舞台では誰もが緊張してしまうかと思いますが、そんな舞台でも笑顔で試合を楽しめる奥川 恭伸 選手はかなり大物です。 奥川 恭伸 選手本人は 「常に笑顔でいることで、観客やいろんな人を味方につけられる。 野手にも安心感を与えられる」と語っており、意識して笑顔をしているkとが見受けられますが、野球が楽しくて笑顔になっているのも本音なのではないでしょうか。 ちなみに、星稜高校のスローガンは「必笑」だそうです。 まさにチームのスローガンを体現している存在です! 夏の甲子園でも奥川 恭伸 選手の笑顔が見たいですね!! Sponsored Link 奥川恭伸の最高速度と球種 そんな笑顔の素敵な奥川 恭伸 選手ですが、笑顔とは裏腹に投げる球はとても力強く世代屈指のピッチャーです。 佐々木 朗希 選手 大船渡高 、及川 雅貴 選手 横浜高校 、西 純矢 選手 創志学園高 、と並び「高校生四天王」の1人とされていて、奥川 恭伸 選手が登板する試合にはプロのスカウトがこぞって集まり奥川 恭伸 選手の投球に目を光らせます。 変化球はスライダー、ツーシーム、フォーク、カーブ、チェンジアップと多くの球種投げることができます。 ストレートとスライダーを中心に投球を組み立てることが多いですね。 また三振を取ることが得意で春のセンバツでは大阪の強豪校である履正社高校を相手に17奪三振、2年生時に出場した北信越大会の準々決勝では10連続奪三振を記録して話題となるなど、 奪三振数がとても多いです。

次の

奥川恭伸(星稜)の出身中学校は?中学校時代には全国優勝を経験も!

奥川恭伸 中学

Contents• 奥川恭伸の性格が分かるエピソード ・謙虚な性格 奥川恭伸選手はドラ1候補ということでものすごい注目されていますよね。 注目されると人は有頂天になったり、調子に乗ったりして天狗になることもあると思うのですが、奥川恭伸選手の場合はそういうことはまったくなくて謙虚な性格をしているようです。 中学時代の野球部の監督である三浦隆則先生は奥川恭伸選手の性格について、 「とにかく謙虚な性格」と絶賛していたそうです。 星稜高の林和成監督も どんなに活躍しても天狗にならないということで奥川恭伸選手の謙虚さについて高く評価していました。 成果をだしても驕らずに謙虚な姿勢をもっていますね。 やっぱり謙虚さって大事ですよね。 調子に乗って天狗になると練習しなくなったり、感謝を忘れたりしてプロとして成功するのは難しくなってしまいますよね。 謙虚さをしっかりもった奥川恭伸選手ならプロでも驕らずに結果を残せそうですね。 ・真面目な性格 奥川恭伸選手はまじめで努力家の性格をしているようです。 中学時代に全国中学校軟式野球大会に出場する前に体重を5㎏増やしてくると言ったそうです。 そして、そのとおり体重を増やして体を作ってきて見事、真夏の5試合の大会を投げ切ったそうです。 自分の中で課題をしっかり見つけて、それを克服するために努力をして練習をしていくということで真面目な努力家なのでしょうね。 ・仲間思いな性格 奥川恭伸選手は甲子園でも仲間を大事にしている様子が伝わってきましたよね。 甲子園にのぞむ際にも家族には 「優勝とかよりも、みんなと1日でも長く野球をやりたいんだよね」 と話していたそうです。 野球が大好きでチームメイトも大好きということで仲間と一緒に野球をしたいという気持ちが強かったみたいですね。 甲子園の決勝で惜しくも敗退したときにも 「最高の仲間と野球ができていること実感しながら決勝を楽しむことができました」 と話していたそうですし、仲間に対する思いはかなり強いのでしょうね。 仲間からの信頼も厚くて人望もあるみたいですごい慕われているようですし、仲間からもすごい愛されているみたいですよ。 ・礼儀正しい性格 奥川恭伸選手は礼儀正しいということでも知られています。 相手に対するリスペクトを忘れない性格をしているようです。 甲子園で智弁和歌山と対戦し、校歌を歌ったあとに智弁和歌山のベンチに向かって一礼したそうです。 これが礼儀正しいということでネット上でも話題になっていました。 審判団にも礼をしっかりしてあいさつするなど気配りもできる性格をしているようです。 本当に大人顔負けの立派さですね^^ 校歌を歌い終わって、智弁和歌山ベンチに一礼する奥川選手 紙一重の試合の緊張感の後になかなか出来る事じゃない。 きっとご両親が礼儀正しい子になってほしいということで、幼少期から礼儀についてしっかりと教えて育ててきたのでしょうね。 インタビューなどにも礼儀正しく誠実に答えていますし、本当に立派ですね^^ ・シャイな性格 奥川恭伸選手は周囲からはシャイな部分があると言われているとインタビューで答えていました。 初対面の人は男女問わず話すのが苦手なんだそうです。 すぐに人と打ち解けて仲良くできるタイプなのかなと思っていたので、ちょっと意外でした。 まあでもそこがかわいらしいですね^^。 マウンド上では堂々としていますが、目立つのはそれほど好きではないらしいです。 春の選抜の開会式でも目立つのが嫌で列のはしっこで式が始まるまでひっそりと待っていたというエピソードもあるそうです(笑)。 Sponsored Link ・気が強い性格 奥川恭伸選手は昔から負けん気が強くて練習もかなり真面目に取り組んでいるようです。 負けん気の強さというのはアスリートには絶対に必要な性格ですよね。 その気の強さは甲子園の敦賀気比戦で木下元秀選手と対戦したときにも表れていました。 4回に木下元秀選手に三塁打を打たれてしまいました。 そのときに「悔しかった。 倍にして返してやろう」と思ったそうです。 そして、6回に、すべて直球勝負で木下元秀選手を空振りにして、8回にも150キロの速球を2度駆使して空振り三振に仕留めています。 一度打たれた相手に対して強気に攻めるというのはすごいですよね。 普通ならちょっと弱気になったり慎重になったりしそうですけど、こういうことをできるのはプロ向きの気の強さといえますね。 ・気配りができる性格 奥川恭伸選手は周囲をよく見ていて気配りができる性格をしているようです。 周囲の状況や人を冷静にしっかり見ていて判断力もあるので適切に対応できるみたいですね。 奥川恭伸選手の特徴といえば笑顔ですが、 笑顔でいることで仲間が安心できるということで意識して笑顔でいるようにしているそうです。 どんな状況でも前向きで周囲に気を配ることができるというのは本当にすごいことですよね。 甲子園の準々決勝の仙台育英戦では伝令としてマウンドにいき、「俺は今日は投げたくないぞ」と言って仲間の緊張をほぐして笑わせたりもしましたし、仲間思いでかなり性格は良いみたいですね。 明るくてユーモアもありますし、本当に素晴らしい性格の選手ですね。 ドラフトの評価も野球選手としての評価だけではなく、その人間性も高く評価されているみたいですよ。 奥川恭伸選手がいるとチームの雰囲気もよくなりそうですよね。 謙虚でいじられキャラっぽい愛される部分もあるようですし、すごい人格者という感じですね。 奥川恭伸選手について、いろいろ調べてみましたが、本当に魅力的な選手ですね。 誰からも愛される人柄のようですし、プロに行けばさらに人気者になりそうですね。 どこの球団にいくのか非常に楽しみですね。 わたしは巨人ファンなので、ぜひ巨人に来てほしいなと思います^^ 追記 ヤクルトに1位指名されましたね!ヤクルトは楽天から嶋基宏捕手が入団しましたし、2020年楽しみですね。 奥川選手は田中将大選手を尊敬しているそうですし、嶋選手から学べることも多いのではないでしょうか。 監督も投手出身の高津監督が就任しますし、いろいろ吸収できることも多そうですね。 ヤクルトはチームが低迷していますが、山田選手や村上選手などいい選手も多いですし、投手陣が立ち直ればいいところまでいけそうですね。 プロの世界は大変だと思いますが、奥川選手には頑張ってほしいですね^^ 奥川投手がヤクルトでどんな活躍をしてくれるのか見逃さずに見たいという方はDAZNを利用してみてはいかがでしょうか。 2020年はヤクルトの主催試合も配信してくれるそうですし、楽しめること間違いないと思いますよ。 DAZNの評価や評判について紹介した記事もありますので、興味があればこちらを参考にしてみてください。

次の