外壁塗装 耐用年数 減価償却。 アパートなどの賃貸物件を外壁塗装する場合の減価償却の年数とは

アパート経営者必読!外壁塗装の減価償却と修繕費について

外壁塗装 耐用年数 減価償却

外壁塗装をするのは一軒家だけではありません。 アパートやマンションであっても、外壁は経年劣化するので塗り替えが必要になります。 アパートは一軒家よりも規模が大きいことが多いため、必要になる費用も大きくなってしまいます。 ですが賃貸物件ですので外壁塗装にかかった費用は修繕費として計上可能なこともあります。 申告時にこれを申告しないとかなり損をすることになるため注意が必要です。 修繕費として計上するのであれば、複数年にわたる減価償却ではなく、一括計上となるでしょう。 ということはその該当年の分の税金は安くすることができます。 しかし修繕費としての計上ではなく、減価償却を行う形になると少々事情が異なってくるでしょう。 申告の時には減価償却をしなくてはならず、その年数が外壁塗装で使用する塗料の種類によって異なってきます。 法定耐用年数を元に減価償却を行う形となるでしょう。 例えばウレタン樹脂の塗料を用いて外壁塗装をした場合、法定耐用年数は10年となります。 ということは、10年間減価償却を行うということです。 例えば外壁塗装に1000万円かかった場合、10回に分けて経費を計上するという認識です。 一度に全額計上できないので目に見える税金の安さは感じにくいかもしれません。 上記したように減価償却をすることになると、法定耐用年数が関わってきます。 具体的な法定耐用年数は、アクリル系の樹脂塗料が5年から7年、ウレタン系が10年となっています。 そしてシリコン樹脂系の塗料が12年から15年、フッ素樹脂系は15年から20年となっています。 これらはあくまで目安ですし、修繕費に該当するのか、それとも資本的支出に該当するかは、判断がしづらいこともあります。 不安であれば税務署に相談するのがベストでしょう。 アクリル系が5年から7年、フッ素系が15年から20年、これは一般的に目安とされている耐用年数に準じているのが分かるでしょう。 本格的にアパート経営を行っている人や、専門的な知識を有しているのなら別ですが、多くのケースでは、確定申告の際に修繕費に入れられるかどうかで悩むものです。 修繕費で計上したものの結果NGで、減価償却せざるを得ないなんてこともあるはずです。 基準自体が曖昧ですし、分かりづらい判断基準となっているため、事前に確認した上で外壁塗装を行うと安心です。

次の

【外壁塗装】減価償却について、わかりやすく解説します

外壁塗装 耐用年数 減価償却

法人所有の建物を外壁塗装する場合、 工事費用の計上の仕方によって大きく節税することができます。 しかし、 費用の一括計上には注意が必要です。 一括計上の結果、大幅に利益が減少して赤字の年となると、 融資の審査に影響することもあります。 一括計上の他には、 外壁塗装を資産として減価償却する方法もあります。 会社の状況に合わせて、外壁塗装でうまく節税するために修繕費と資本的支出の違いや減価償却の仕組みを知る必要があります。 外壁塗装の法定耐用年数と減価償却による節税効果を見ていきます。 外壁塗装の法定耐用年数と減価償却による節税効果 外壁塗装の経費処理は、 費用を一括で計上する方法と費用を法定耐用年数で分割して計上する方法があります。 一括で計上する場合は、 費用を修繕費とみなしてその年の確定申告で一括して計上します。 一括の計上は、 大幅な節税が可能です。 特に 利益が大きく外壁塗装の費用が小さい場合におすすめです。 修繕費は、 建物の価値を上げる要素を計上できない点に注意が必要です。 大きな金額の工事やフッ素などハイグレードな塗料の使用を希望する場合は、 別の方法での計上を検討しましょう。 また、計上の結果赤字となる場合は、 融資の審査への影響も懸念されるため、一括での計上をおすすめしません。 法定耐用年数で分割して計上する方法は、 外壁塗装を建物の資産価値を上げる投資のための資本的支出とみなして減価償却を行います。 特に 外壁塗装の費用が高額になる際におすすめです。 外壁塗装を減価償却していく場合、外壁塗装を行った建物の法定耐用年数を使用します。 建物の構造は同じでも、 住宅なのか事務所なのかなど用途によって法定耐用年数は異なります。 木造の建物を例にして、用途別の耐用年数を見ていきます。 木造・合成樹脂造の建物の法定耐用年数 事務所 24年 店舗・住宅 22年 飲食店 20年 旅館・ホテル・病院・車庫用 17年 工場・倉庫 15年 公衆浴場 12年 同じ構造の建物でも、 使い方によって劣化速度が異なるため耐用年数が設定されています。 例えば、木造の住宅を350万円掛けて外壁塗装を行ったとします。 木造の住宅の法定耐用年数は、22年となるため 350万円を22年間かけて15万9千円ずつ減価償却していくことになります。 建物の法定耐用年数は、 国税庁のWebサイトに詳しい情報が記載されています。 法人所有の建物を外壁塗装する場合は、 修繕費か資本的支出になるのか確認した上で工事を始めるようにしましょう。 確定申告の直前で修繕費ではなく資本的支出だったことが判明すると、申告内容や所得税が大きく変わってしまうこともあるため注意が必要です。 まとめ 外壁塗装の法定耐用年数と減価償却による節税効果について見てきました。 内容をまとめると以下のようになります。 最低限の修繕工事は修繕費• 資産価値を上げる工事は資本的支出• 外壁塗装の法定耐用年数は建物と用途の法定耐用年数に準拠する 修繕費として 一括計上する場合は、外壁塗装を行なった年は大幅に節税することができます。 しかし、金額によって修繕費とならない場合や 利益を圧迫してしまう場合もあるため注意が必要です。 資本的支出を行なった減価償却は、外壁塗装を行なった年の利益を損なわず長期的に節税を行うことができます。 その反面、外壁塗装を行なった年の 節税効果が少なくなります。 どのような税務処理にすれば良いのか迷った時は、 税理士や専門家と相談し、施工業者とよく打ち合わせした上で外壁塗装を行いましょう。 外壁塗装は一括見積で安くなる.

次の

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?長持ちの秘訣は塗替え&メンテナンス

外壁塗装 耐用年数 減価償却

外壁塗装費用は減価償却費、修繕費どちらで計上すべき?耐用年数は? 不動産を保有している場合、不動産にかかる経費が計上可能かどうか、分からずに困っているという方も多いと思います。 特に外壁塗装費用は高額なので、減価償却費として計上できるかどうかは不動産オーナーにとって非常に重要なポイントだと思います。 ここでは、不動産の外壁塗装費用が減価償却費として計上できるかどうか、また計上する際の注意点などについて詳しく解説いたします。 不動産の外壁塗装費用は減価償却費と修繕費どちらでも計上可能! 事業用の不動産の外壁塗装費用は、確定申告をしなければならず、どのような目的で外壁塗装を行ったかによって、修繕費、減価償却費(資本的支出)のいずれかで申告する必要があります。 どちらで計上するかによって、控除の方法が変わり、納める税金額が変わってくることがあります。 そもそも減価償却費って一体何? 減価償却費とは、経理上「資本的支出」として処理される費用を耐用年数の全期間にわたって分割して毎年計上する確定申告の項目です。 資本的支出とみなされる外壁塗装には次のようなものがあります。 1.建物そのものの価値を高めるための塗装 ・外壁をより美しい色にするために塗装する。 ・もとの外壁の塗料よりも良い塗料で塗装する。 2.外壁のデザインを変える塗装 ・外壁を魅力的なデザインに変更するために塗装する。 ・外壁を豪華な外観にするために塗装する。 3.建物の耐久性を高めるための塗装 ・もとの外壁の塗料よりも耐久性の高い塗料で塗装する。 外壁塗装費用を減価償却費で計上する利点は? 減価償却費として計上するとメリットが大きいのは、毎年経費を計上できることです。 例えば塗り替えを行った年の翌年に大きく売り上げが伸びた場合でも、減価償却費が計上されますので所得が抑えられ、節税になります。 減価償却費の場合は数年にわたって計上していくため、利益が少ない年は翌年に繰り越すというような、臨機応変な対応ができます。 また、売り上げの増減が大きい場合には、減価償却費が計上されることによって所得の増減が緩和されますので、銀行からの融資を予定している場合に有利になることがあります。 修繕費とは? 修繕費とは、外壁塗装費用を一括で経費として計上する確定申告の項目です。 修繕費とみなされるのは、外壁塗装の目的が、「建物の通常の維持管理」や「建物の現状の回復」のための修繕として行った場合などです。 ・外壁のひび割れや剥がれなどの補修を目的として塗装する。 ・色が落ちてきた部分や傷のついた部分を補修(塗装)する。 外壁塗装費用を修繕費で計上する利点は? 外壁塗装にかかった費用を、施工した年の修繕費としてすべて計上することができますので、該当年に支払う税金を安くすることができます。 外壁塗装の耐用年数の設定方法とは? 税の考え方として、外壁は建物の一部ですので、建物の「法的耐用年数」が適用されます。 従って、外壁塗装の減価償却期間は建物としての償却期間となります。 塗料の「耐用年数」が償却期間となるわけではありませんので注意が必要です。 税の考え方として、外壁は建物の一部ですので、建物の「法的耐用年数」が適用されます。 従って、外壁塗装の減価償却期間は建物としての償却期間となります。 塗料の「耐用年数」が償却期間となるわけではありませんので注意が必要です。 外壁塗装費用はどちらで計上するのがベスト? 外壁塗装は建物を守るために行うものですが、事業用の不動産の場合には、経費として計上することができますので、節税対策になります。 その経費を、修繕費として一括計上するのか、減価償却費として毎年計上していくのかについては判断が難しい部分もありますし、全く自由に選べるわけではなく、最終的には税務署の判断によります。 あらかじめどういった税務処理がよいのかを考え、塗装業者と話し合いをして塗装方法などを決定する必要があるでしょう。

次の