ロマサガ 斬 全体。 冥術解説

ノエル攻略

ロマサガ 斬 全体

斧の技の派生• トマホーク(6)• メガホーク(16)• スカイドライヴ(36)• ヨーヨー(34)• オービットボーラ(41)• スカルクラッシュ(10)• 大木断(14)• ブレードロール(21)• 次元断(21)• デッドリースピン(40)• 次元断(19)• マキ割ダイナミック(26)• ウォークライ(5)• ジンギスカン(15)• ハイパーハンマー(16)• アクセルターン(22)• オービットボーラ(36)• アクセルターン(21)• オービットボーラ(36)• ブレードロール(25)• 次元断(21)• デッドリースピン(40)• 次元断(21)• マキ割ダイナミック(30) 武器固有技 トマホーク 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・遠距離 消費技力 1 特殊効果 - 詳細 スカルクラッシュ 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 3 特殊効果 骸骨特効 詳細 大木断 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 4 特殊効果 植物特効 詳細 ウォークライ 種類 補助 限定武器 - 攻撃タイプ - 有効範囲 自分 消費技力 1 特殊効果 - 詳細 ハイパーハンマー 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 4 特殊効果 スタン 詳細 アクセルターン 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 5 特殊効果 - 詳細 ブレードロール 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵全体 消費技力 5 特殊効果 - 詳細 メガホーク 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵全体 消費技力 6 特殊効果 - 詳細 次元断 種類 特殊 限定武器 - 攻撃タイプ 状 有効範囲 敵全体 消費技力 6 特殊効果 - 詳細 マキ割ダイナミック 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 8 特殊効果 植物特効 詳細 スカイドライブ 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・遠距離 消費技力 9 特殊効果 - 詳細 デッドリースピン 種類 攻撃 限定武器 - 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 10 特殊効果 - 詳細 ヨーヨー 種類 攻撃 限定武器 小型斧 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・遠距離 消費技力 5 特殊効果 - 詳細 ジンギスカン 種類 攻撃 限定武器 バイキングアクス 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 3 特殊効果 - 詳細 オービットボーラ 種類 攻撃 限定武器 ホークウインド 攻撃タイプ 斬・殴 有効範囲 敵単体・近距離 消費技力 11 特殊効果 - 詳細 技について 技の覚え方 技は、武器や武器についている技を使っていると閃いて覚えます。 1人のキャラクターにつき8個まで覚えることができ、新しい技を覚えたいときは、覚えた技や装備中の技を封印して外し、技が7個以下の状態にします。 <極意修得> 覚えたばかりの技は、覚えたキャラクターしか使用できませんが、極意を修得すると他のキャラクターも装備して使用することができます。 技の極意は同じ技を使用していると覚えることができます。 技ポイント(WP) 技は、各技ごとに決められた技ポイント(WP)を消費して使用します。 消費した技ポイント(WP)は、アイテムを使用したり宿屋に宿泊すると回復することができます。 戦闘中に武器や技を使用すると、戦闘が終了したときに技ポイントの最大値が上がることがあります。 技の封印 技を封印すると、覚えた技を忘れたり、装備している技を外したりできます。 技の封印には、メニュー画面の「技」から「封印する」を選択し、技の順に選べます。 赤色の文字は極意を修得していない技で、封印すると消えてしまいますが、戦闘中に再度覚えることができます。

次の

ドラゴンルーラー(緑)との戦いRomancingの攻略

ロマサガ 斬 全体

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の

【ロマサガRS】R杯新チーム「スピリッツ」登場!ざっくり敵データと攻略まとめ!【斬属性で真っ二つ!】

ロマサガ 斬 全体

低コストの全体攻撃持ち一覧(属性別) 全体攻撃で効率よく周回するためには、やはり敵の属性を意識することが重要ですよね。 「 斬属性に耐性のある敵」に「 斬属性の全体攻撃を撃っても」たいしたダメージは出ません。 弱点を突いてこそ、高ダメージを叩き出せて本領を発揮します。 ということで 属性別に低コストの全体攻撃を所持しているキャラを列挙していきたいと思います。 どこまでを低コストとするのか!? ここでは 消費BP4以下としておきます。 リンククリックでそのキャラの性能や実際につかってみた評価もご覧いただけます。 斬属性の低コスト全体攻撃持ち スタイル 技or術名 消費BP おすすめ度 風切り 3 ミラージュステップ 4 弧月 4 茜舞 4 打属性の低コスト全体攻撃持ち 打属性の全体攻撃をBP4以下で撃てるキャラは現状いません。 最も低コストで撃てるのがBP6。 銃の でたらめ弾と、土術の クラックだけです。 (例外もいますが) 「初手は単体攻撃で、2ターン目から全体攻撃。 」 これだと少し不便なこともあります。 初手から全体攻撃できるキャラ やはり初手から全体攻撃ができたほうが便利なのは間違いありません。 絶対に全体攻撃しかしないキャラ ・1ターン目に行動せずBPが13になってしまった。 ・戦闘が長引きBPが3しかないので4の技が撃てない。 初手から全体攻撃できるキャラであっても、上のような場合には単体技や通常攻撃を使ってしまうこともあり不完全。 まとめ 以上、低コストの全体攻撃持ちキャラ一覧とおすすめでした。 例えば、冷属性に耐性のある敵にガラハドやメサルティムを使っても大したダメージは出せません。 って、上述したような気がしますが、重要なのでもう1度。 あとは 同じ全体攻撃であってもファストのほうが圧倒的に便利です。 ファスト全体技や術もチェックしておくといいかもしれません。 関連:.

次の