工事請負契約書 見本。 悪徳悪質工務店が用いる不適切な見積書、不適切な工事請負契約書見本

悪徳悪質工務店が用いる不適切な見積書、不適切な工事請負契約書見本

工事請負契約書 見本

このページは、「工事請負契約書 3 」の書き方(雛形・テンプレート・フォーマット・サンプル・例文・定型文)をご提供しています。 「工事請負契約書」作成の際にご活用ください。 文例は、このページの下部に掲載しています。 「請負」については、民法で次のように定められています。 第632条(請負) 請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。 原則として、口頭でも契約は有効に成立しますが、後日のトラブルを予防するために、契約書という書面に残します。 「契約書」という名称の他にも、「確認書」・「合意書」・「覚書 覚え書き 」・「念書 約束事を記した書面を相手に差し出したもの 」、「同意書」、「証書」、「協定書」、「誓約書」などがありますが、約束 意思表示の合致 の内容や事実を証明する書類である以上、その効力は同じです。 商取引に関する契約書を作成するうえでのポイントは下記ページをご参照ください。 スポンサーリンク 「工事請負契約書 3 」の参考文例 以下参考文例です。 工事請負契約書 注文者〇〇〇〇(以下、「甲」という。 )と請負人〇〇〇〇(以下、「乙」という。 )は、次のとおり建築請負契約を締結した。 第1条(目的) 乙は甲に対して、末尾記載の建物の建築工事(以下、「本件工事」という。 )を請け負い、これを完成することを約し、甲は、これに対し報酬を支払うことを約した。 第2条(工期) 本件工事の工期は以下のとおりとする。 以上、本契約成立の証として、本書を2通作成し、甲乙は署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。 平成〇〇年〇〇月〇〇日 (甲) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番〇号 氏名 〇〇〇〇 印 (乙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番〇号 氏名 〇〇〇〇 印 スポンサーリンク.

次の

工事請負契約書の作成ポイント!標準約款や雛形の安易な利用は危険|咲くやこの花法律事務所

工事請負契約書 見本

工事請負契約書の必要性|作成時の注意点 冒頭でも少しご紹介しましたが、工事の場合は発注者と施工会社との間で工事請負契約書を作成するのが通常です。 ここでは、工事請負契約書があることでどのような意味を持つのか、その必要性と作成時の注意点について解説します。 工事請負契約書とは 工事請負契約書とは、発注者と施工会社との間で 工事の内容、方法、条件等の詳細について取り決めた契約書のことです。 例えば工事請負契約書には、工事内容・工事場所・工事着手の時期および工事完成時期・製作物の仕様・請負代金の額・請負代金の支払い時期と方法・調停人・その他などを規定しますが、これに限られるものではありません。 また工事請負契約書には、契約書とは別に、設計図面・見積書・工事請負契約約款が添付され、工事に関する詳細が取り決められることも多いです。 工事請負契約書があることで、発注者と受注者との間の工事に関する認識を共有することができ、「こんな工事は聞いていなかった」というトラブル防止の役割を果たします。 工事請負契約書の作成義務 建設工事の場合はより、 施工業者には契約書の作成義務があります。 したがって、契約書の作成をしない業者は違法業者ですので、工事を依頼すべきではありません。 工事請負契約書の作成時の注意点 工事契約請負書には、 標準約款雛形が公表されていますので、通常はこの約款に従って作成されます。 もっとも、工事の内容や性質によっては約款と異なる合意も必要となることもあろうかと思われます。 このような場合は、適宜、約款を修正する形で契約書を作成することが一般的でしょう。 工事請負契約書に記載すべき14の事項 ここでは、工事請負契約書に記載すべき14の事項について、詳しくご紹介させて頂きます。 1:当工事請負契約をする目的 工事着工に関する契約の目的を記載します。 どちらが発注者で受注者であるのかしっかりと明記する必要があります。 2:当該工事の内容などの表示 当該工事における工事内容の詳細を表示します。 例文 1. 工事名:〇〇建設工事 2. 工事内容:添付の図面No. 1〜No. 10、仕様書No. 1〜3の通り 3. 工事場所:〇〇県〇〇市〇〇町 4. 請負代金額:〇〇円 6. 引渡時期:検査合格後 〇〇日以内 3:当該工事の内容 期間 に追加や変更があった場合の対応 工期の遅延により工期を変更できる場合について、詳細に記載します。 例文 1. 甲は、必要に応じて、本件工事の設計仕様を変更することができる。 工事の追加・変更にかかる工事代金については、甲乙協議の上、これを決定するものとする。 乙は甲に対して、必要に応じて工事の追加や変更および、これに伴う工事代金の増減額を提案し、甲の承諾により工事内容および工事代金の追加や変更を行うことができる、工事完成引渡時期についても、甲乙協議の上、決定するものとする。 4:当該工事中の損害に対する負担割合 工事の途中で建物や建設機械等に損害を発生させた場合、発注者と受注者でどのように損害を負担するのかを決めておきます。 例文 乙の契約不履行、および工事の遅延または工事不完全などの事由により甲に損害が発生した場合には、乙はその損害を賠償するものとする。 5:当該工事が第三者へ損害を与えた場合の負担割合 着工中の当該工事が近隣住民などの第三者へ損害を与えた場合、損害賠償責任について、発注者と受注者でどのように負担をするのか明記する必要があります。 例文 当該工事の施工のため、第三者の生命、身体に危害を及ぼし、財産などに損害を与えたとき又は第三者との間に紛争が生じたときは、受注者がその処理解決に当たるものとする。 ただし、発注者の責めに帰するべき事由による場合には、その限りではない。 6:当該工事に関する近隣への説明・クレームに対する役割分担 当該工事に関する内容を近隣住民へ説明する、または近隣住民からのクレームにどのように対応するのかについて、あらかじめ受注者、発注者との間で締結します。 注意点としては、標準約款の場合、近隣からのクレーム対応により工事中止の場合にも、その工期は延長できない旨になっています。 これはしっかりとにて記載されており、施工のために第三者と紛争が生じた場合には、受注者がその処理解決をしなければならず、これによって工期は延長されないことを定めています。 つまり、 独自のオリジナル工事請負契約書を作成し、近隣住民からのクレーム対応時には、工期を延長できる旨を明記しておくと良いでしょう。 7:当該工事の完了後の対応 当該工事の完了後の検査や引渡し方法について明記しておきます。 8:請負代金支払いの手続きに関する取り決め 工事請負代金支払いの手続きについて明記しておきます。 9:違約金に関する取り決め 工事が遅延した際、受注者が発注者に支払う違約金や工事代金の支払いについて、明記しておきます。 10 :瑕疵担保責任を負う受注者と請負人の範囲 工事完了後、引渡し後に発見された不具合について、受注者がどの程度の責任を負うのか、さらに責任の範囲を明記しておきます。 例文 本件工事後の引き渡し後5年の間に、瑕疵が発見された場合、甲は乙に対し、瑕疵の修補を請求することができる。 ただし、瑕疵が重要ではなく、かつその補修に過分の費用を要する場合、瑕疵の修補を請求できない。 11 :発注者の契約解除に関する責任 発注者側から契約を解除できる場合について、その詳細を明記しておきます。 また解除の場合には、契約解除までに行った工事代金の支払いはどうすれば良いのかも明記しておきます。 例文 乙が次の事由の1つでも該当した場合、甲は何らかの催告を要することなく、本契約を解除することができる。 本契約に違反し、違反状態が解消されない場合 2. 営業停止および営業許可の取り消しなどの処分を受けた場合 3. 破産手続き開始、民事再生手続開始、会社更生手続き開始、特別清算手続き開始などの申し立てがあった場合 4. 差押、仮差押、仮処分などの強制執行または公租公課の滞納処分を受けた場合 5. 支払い停止または支払い不能に陥った場合や手形が不渡りとなった場合 6. 解散、合併または営業の全部、重要な一部の譲渡を決議した場合 12 :受注者の契約解除に関する責任 受注者側から契約解除を申請できる条件について明記しておきます。 13 :権利義務の譲渡禁止に関する取り決め 受注者、発注者ともに、契約に基づく権利義務を第三者に譲渡することはできないことを明記します。 14 :契約書に記載がない問題の解決方法について 工事請負契約書に記載がない項目については、双方の協議により解決することを明記します。 工事請負契約書の作成時のポイントと注意点について ここでは、工事請負契約書の作成時のポイントと注意点についてご紹介します。 工事遅延の場合の違約金について 自社にあった工事遅延による違約金について適切な価格で設定する必要があります。 標準約款では、により、 年14. 工期の延長について なお工事請負契約書の中では、工期の延長が必要な場合についても、しっかりと明記しておく必要があります。 を参考にすると、工事事業者における工期の延長は 不可抗力によるとき又は正当な理由があるときとされています。 また、その場合の工期延長については、 発注者と協議をして定めることとしています。 しかしこれには問題点もあり、「不可抗力による正当な理由」には「天候不順」や「施主側の仕様決定の遅れ」などのケースも含まれるのか、という点のほか、工期の延長日数についても発注者の承諾がなければできないとされていて、不透明な部分が多いです。 このことを踏まえると、「天候不順」等により工事ができなかった場合には、 発注者の同意がなくても工期を延長できる旨を工事請負契約書に記載しておくと良いでしょう。 また同様に、施主側の仕様決定の遅れによる工期の延長についても記載する必要があります。 例として、「工事事業者からの仕様の問い合わせに対して、施主が1週間以内に仕様を決定していなかった場合、発注者が同意をしなくても工事事業者から工期を延長できる」などと記載します。 追加工事代金について によると、工事の追加や変更により工事代金を変更する必要があるときは 発注者と受注者との間で協議により定めると記載されています。 しかし、標準約款通りのままにしてしまうと発注者の承諾がなければ、追加工事代金を請求できないため、発注者の承諾がない場合でも、追加工事代金の請求が可能になるよう書き換えることをおすすめします。 近隣からのクレームについて 近隣からのクレームで気をつけなければならないこととして、によって「施工のために第三者と紛争が生じたときは、受注者がその解決をしなければならず、これによって工期は延長されない」と定められていることが挙げられます。 つまりこのままでは、受注者が近隣住民からクレームを受けた際に工事が中断しても、 工事の遅れによって、 工事事業者が違約金を支払わなければならないという事態になります。 このことを踏まえると、標準約款のままではなく、工事事業者に責任のない近隣からのクレームで工事が中断せざるを得ない場合には、その中止期間の日数分を延長できるように明記しておきましょう。 さらに、工事事業者に責任がない近隣からのクレームについては、発注者の責任や費用で解決を目指すことも明記すると、より良い工事請負契約書になります。 地中障害物等について 地中障害物等を発見して、思わぬところで工事費用がかさんでしまっても、標準約款では追加請求が難しいです。 その理由として、にて「土壌汚染、地中障害物の発見、埋蔵文化財の発見などによって請負代金を変更する場合は、発注者と受注者が協議をして定める」と明記されていることが挙げられます。 したがって、当初予定していなかった地中障害物等が発見された場合は、発注者の承諾がなくても追加費用を請求できるよう、内容を書き換えて作成することをおすすめします。 工事請負契約書にかかる印紙税とは ここでは、工事請負契約書にかかる印紙税についてご紹介します。 【注意】契約書には税金がかかる! 請負に関する契約書である、工事請負契約書・工事注文請書・物品加工注文請書・広告契約書・会計監査契約書などが、請負に関する契約書になります。 これらの請負に関する契約書には、 印紙税がかかります。 印紙税の相場 印紙税の相場については、国税庁の公式ページを参考にすると以下の通りです。 記載された契約金額 税額 1万円未満 非課税 1万円~100万円以下 200円 100万円を超え、200万円以下 400円 200万円を超え、300万円以下 1,000円 300万円を超え、500万円以下 2,000円 500万円を超え、1,000万円以下 1万円 1,000万円を超え、5,000万円以下 2万円 5,000万円を超え、1億円以下 6万円 1億円を超え、5億円以下 10万円 5億円を超え、10億円以下 20万円 10億円を超え、50億円以下 40万円 50億円を超え る場合 60万円 契約金額の記載のないもの 200円 参考: 2020 年3月31日までの工事請負契約書には減額措置がある 平成26年4月1日から平成32年 2020年 3月31日までの間で作成される、 不動産譲渡契約書と 建設工事請負契約書には、印紙税の軽減措置があります。 このうち、建設工事請負契約書に関する減額措置は、契約書に記載された 契約金額が100万円を超えるものが対象です。 以下を参考にしてください。 記載された契約金額 税額 100万円を超え、200万円以下 200円 200万円を超え、300万円以下 500円 300万円を超え、500万円以下 1千円 500万円を超え 、1,000万円以下 5千円 1,000万円を超え 、5,000万円以下 1万円 5,000万円を超え、1億円以下 3万円 1億円を超え、5億円以下 6万円 5億円を超え、10億円以下 16万円 10億円を超え、50億円 32万円 50億円を超える 48万円 参考: まとめ 工事請負契約書の作成にあたっては、標準約款等の雛形が用意されていますが、そのまま使用してしまうと自社に合った契約書にはならず、おすすめできません。 請負契約書に詳しい弁護士のリーガルチェックや、工事請負契約そのものの作成をサポートしてもらうことおすすめします。 発注者と受注者との間で、できる限りトラブルがおきないよう防止策をとりましょう。 正しい契約書を作成することで、 有事の際にあなたと会社を守ることができます。 この記事では、リーガルチェックをする具体的なメリットや費用、弁護士の探し方をご紹介します。

次の

リフォームの工事請負契約書について

工事請負契約書 見本

請負契約とは 請負契約とは、請負者がある仕事の完成を約束し、発注者がその仕事の結果に対して報酬を支払う契約のことを言い、 民法632条に定められています。 請負契約の注意点 請負契約の注意点として、契約の内容に着目してみましょう。 民法第632条にある通り、請負契約は『 仕事の完成』を目的としています。 それは、『仕事の結果』に対して責任を負うということを意味します。 そのため、請負者は結果責任を問われることになります。 ですから、完成した仕事についてミスがあってはならないのです。 万一、成果物にミスがあった場合、請負者はその ミスの修正や損害賠償をしなければなりません。 このように請負契約は、『 瑕疵担保責任』を負うことを覚えておきましょう。 委託契約・請負契約・委任契約の違い 自社でできない業務がある場合、専門家や他社にその業務を『 委託』することがありますね。 その時に締結する契約が 請負・ 委託・ 委任のどれになるのかは、実は大変重要なことなのです。 意味は似ていますがそれぞれの持つ責任は異なり、税法上の扱いも変わってきます。 それぞれの意味を詳しく見てみましょう。 委託 第三者に何らかの依頼をすること 請負 仕事の結果について責任を負い業務を完成させること 委任 一定の行為について責任を負い業務を遂行すること つまり、『委託』という方法に『請負』と『委任』の種類があると考えると、わかりやすいでしょう。 請負は結果に対して責任を負い、委任は行為に対して責任を負います。 つまり、請負契約のほうがより重い責任を負うことになるのです。 契約書を作成する前に、当該事案は請負契約に該当するのか委任契約に該当するのかを、あらかじめ確かめておきましょう。 例えば『請負契約書』として書類を作成しても、必ずしも請負契約と判断されるわけではありません。 あくまでも 重要なのは内容です。 印紙や割り印について 上記で請負契約と委任契約の意味の違いについてご説明しましたが、印紙についても対応は異なります。 請負契約は第2号文書に該当するため、課税扱いになります。 それゆえ印紙の貼り付けが必要になります。 一方、委任契約の場合は、原則不課税です。 請負契約書は、 通常2通以上作成し、請負者と発注者がそれぞれ保管することになりますね。 割り印は、2つ以上の独立した文書につきそれらの同一性・関連性を示すために押印されます。 そのため、請負契約書にも2つの文書をまたいで割り印をしておきましょう。 約款について 契約書には、約款が別添されることがあります。 約款とは、多くの取引を画一的に行うために定型化された契約条項を指しています。 取引数が多い場合、その都度契約内容を細部まで交渉していては時間がかかってしまいますよね。 そのため、契約条項をあらかじめ準備しておくものが約款となります。 現在のところは約款について法律の定めはありません。 今後、民法改正によって約款についての規定が新設されるようですので、動向には注目しておきましょう。 請負契約を解除した際の違約金や損害賠償について 法律で規定されている『 解除権』によれば、請負契約で完成された成果物に瑕疵があった場合や、請負人が仕事を完成しない間(仕事に着手したか否かを問わず)、注文者は請負契約を解除できることになっています。 ただし、請負人の損害を賠償しなければなりません。 しかし、契約の解除そのものは損害賠償をする前に行うことができます。 逆に請負人は、注文者が破産手続開始の決定を受けた場合、請負契約を解除できます。 ただし原則として、請負人には解除権が認められていません。 解除を契約されたのち『 破産財団の配当に加入すること』において、報酬、費用、損害の賠償を請求することが可能です。 注文者の財政状況によっては、違約金などの請求ができないこともありますから、契約締結前に注文者の信用状況に注意を払うことが大切です。 では、工事請負契約、システム開発業務請負契約を例にとって、書き方を見ていきましょう。 工事請負契約書 工事請負契約は、建築・建設業の中でも締結される機会の多い請負契約です。 成果物に対して責任を負いますから、例えば図面通りの建物が完成することで契約履行となります。 その建物に欠陥があれば瑕疵担保責任を負うことになりますね。 工事請負契約書に記載される項目例は下記の通りです。 工事名• 工事内容• 工事場所• 引渡の時期• 請求代金• 支払方法• 成果物に対して責任を負いますから、注文通りにシステムが導入され、それが機能することで契約履行となります。 例えば開発されたシステムが機能しなければ、 瑕疵担保責任を負うことになりますね。 システム開発業務請負基本契約書に記載される項目例は下記の通りです。 本契約の有効期間• 契約の成立• 請求金額と支払方法• 委任契約も似ていますが、その責任範囲が大きく異なります。 契約を締結する前に注文者の信用状況や、契約内容を精査しましょう。 テンプレートを参考にして、契約書を作成してください。

次の