琵琶湖 競艇 開催 日。 6/8開催分ボートレース(競艇)無料予想結果【競輪・競艇・オート】 #g_uc : ギャンブルあんてな速報

6/8開催分ボートレース(競艇)無料予想結果【競輪・競艇・オート】 #g_uc : ギャンブルあんてな速報

琵琶湖 競艇 開催 日

4387 平山智加(香川)• 4482 守屋美穂(岡山)• 4190 長嶋万記(静岡)• 3900 香川素子(滋賀) V候補の筆頭に挙がるのは平山智加だ。 産休による長期欠場はあったが、戦列復帰後の前々期、前期はともに7点オーバーの勝率をマーク。 女子戦ならほぼ優出は外さない走りを披露している。 今回は約10年半ぶり2回目のびわこVへ力強く進んでいくはずだ。 その平山に迫るのがともに当地初Vを目指す守屋美穂と長嶋万記か。 守屋は当地では2節連続で優出中。 長嶋は7月からA2級に陥落するが、女子界トップクラスの手腕で存在感を示したい。 中谷朋子、大瀧明日香、鎌倉涼らA1ランカーの面々もV争いを盛り上げそう。 海野ゆかり、谷川里江、三浦永理、淺田千亜希らはA2級&B級ながらV歴のある水面で大暴れの場面は十分だ。 これら遠征陣を迎え撃つのが香川素子。 最近4節でV1回、準V2回の強さを見せる地元水面で2月のW優勝戦に続く連覇を狙う。

次の

秩父宮妃記念杯2020【琵琶湖競艇場】

琵琶湖 競艇 開催 日

コース別成績・決まり手 びわこ競艇場のコース別成績と決まり手データです。 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 47. 9 18. 2 10. 5 2 17. 0 24. 5 16. 9 3 14. 1 20. 7 19. 7 4 13. 2 17. 9 20. 6 5 5. 6 11. 6 18. 1 6 2. 2 7. 4 14. 6 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 92. 4 ー ー ー 7. 5 2 ー 27. 6 63. 1 ー 8. 1 3 ー 37. 4 15. 6 34. 9 11. 2 4 ー 40. 3 21. 3 27. 7 9. 7 5 ー 26. 0 9. 4 54. 3 10. 2 6 ー 25. 5 17. 6 43. 0 9. 8 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別成績 2018 コース 1着率 2着率 3着率 1 49. 8 18. 7 8. 8 2 15. 9 27. 2 17. 7 3 12. 9 19. 4 20. 2 4 13. 2 17. 0 20. 4 5 6. 0 10. 9 18. 0 6 2. 3 7. 2 15. 3 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% コース別決まり手 2018 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 93. 2 0. 0 0. 0 0. 0 6. 5 2 0. 0 26. 1 65. 7 0. 0 7. 6 3 0. 0 44. 3 20. 1 26. 6 7. 6 4 0. 0 38. 7 24. 2 26. 3 9. 4 5 0. 0 22. 4 9. 0 54. 5 10. 4 6 0. 0 26. 9 17. 3 44. 2 9. 6 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% 条件別データ 優勝戦データ 優勝戦のコース別成績 2016-2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 51. 2 20. 2 4. 7 2 19. 4 20. 2 14. 0 3 6. 2 17. 8 17. 8 4 14. 0 14. 7 24. 8 5 7. 8 15. 5 17. 8 6 1. 6 11. 6 20. 9 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 優勝戦のコース別決まり手 2016-2019 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 97. 0 ー ー ー 1. 5 2 ー 40. 0 52. 0 ー 4. 0 3 ー 37. 5 37. 5 12. 5 12. 5 4 ー 50. 0 16. 7 22. 2 5. 6 5 ー 50. 0 0. 0 30. 0 20. 0 6 ー 0. 0 0. 0 100. 0 0. 0 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 記念レースデータ 記念レースでの成績は、2016~2019年に琵琶湖で開催された以下の10節です。 2016 G1 第17回 マスターズチャンピオン G1 開設64周年記念 びわこ大賞 2017 G1 開設65周年記念 びわこ大賞 G2 第60回 秩父宮妃記念杯 G2 第61回 秩父宮妃記念杯 2018 G1 第61回 近畿地区選手権競争 G1 開設66周年記念 びわこ大賞 G2 びわこモーターボート大賞 2019 G1 開設67周年記念 びわこ大賞 G2 第62回 秩父宮妃記念杯 琵琶湖G1・G2のコース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 49. 9 18. 8 7. 4 2 15. 6 22. 8 17. 9 3 12. 4 19. 3 18. 4 4 13. 8 15. 8 20. 9 5 5. 4 14. 6 20. 3 6 3. 1 8. 8 15. 2 集計期間:2016年~2019年 琵琶湖開催G1・G2 単位:% 琵琶湖G1・G2のコース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 89. 1 ー ー ー 10. 9 2 ー 26. 8 62. 5 ー 8. 9 3 ー 43. 8 11. 2 25. 8 16. 9 4 ー 24. 2 32. 3 32. 3 9. 1 5 ー 20. 5 7. 7 61. 5 10. 3 6 ー 9. 1 40. 9 27. 3 13. 6 集計期間:2016年~2019年 琵琶湖開催G1・G2 単位:% びわこ競艇場の特徴・傾向 ボートレースびわこ 日本最大の淡水湖、琵琶湖の南西部にあるレース場。 水質は淡水で硬く、標高がモーターパワーに影響して波乱レースも多い印象です。 また、水面レイアウトや琵琶湖特有のうねりもあり、 「インの弱さ」は全国でも上位となっています。 各種データから、ボートレースびわこ競艇場の特徴や傾向を見ていきます。 標高の高さはモーターに影響する びわこの標高は85mで、これは桐生競艇場に次いで 全24場中2番目の高さ。 標高が高いと気圧が低くなり、出足関係に影響します。 燃焼効率が落ちて、モーターの回転の上がりが悪くなるためと言われています。 出足が弱い場合は、助走距離の短いインが不利になる傾向があるので考慮しておきたいですね。 びわこ水面図 コース 1 2 3 4 5 6 1枠 99. 2 0. 7 0. 1 0. 0 0. 0 0. 1 2枠 0. 3 94. 1 4. 5 1. 0 0. 0 0. 0 3枠 0. 1 1. 0 91. 8 5. 6 1. 3 0. 2 4枠 0. 1 1. 3 0. 8 87. 9 7. 8 2. 0 5枠 0. 2 1. 3 1. 2 3. 2 85. 1 9. 1 6枠 0. 2 1. 7 1. 8 2. 4 5. 9 87. 9 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 1マーク側を見てみると、 センターポールからの振りが13mと若干大きいレイアウトです。 この振りにより1マークが狭くなっており、 インは斜めに走る形で距離が長くなるので不利。 逆に、 センター・アウト勢が距離が短くなるため、有利になります。 同じ近畿地区のインが強い住之江・尼崎と1マークの振りを比較すると、住之江が6m、尼崎は無し。 コース幅なども影響するので1マークの振りだけでは判断できませんが、びわこのインが弱い要因の一つです。 また、 ホームストレッチは外側が伸び、バックでは内側が伸びる位置があると言われており、 1マークの狭さと合わせて「まくり」や「差し」も決まりやすく、多彩なレース展開が見られるレース場です。 データで見ると、 決まり手は例年「差し」比率が高くなっています。 琵琶湖特有のうねり 琵琶湖特有のうねりによりターンが流れたり暴れたりと、インが弱く波乱が増える要因となっています。 発生する主な原因は2つ。 1つめは、水位の高い時期に風が吹いている場合。 びわこの水位は、年間を通じて1m程度と大きく変わります。 雪解け水が入る3月~6月頃が水位が高く、この状態で沖からの風が吹くとうねりが強く出ます。 2つめは、観光船の通過による影響。 びわこクルーズ船がレース場の近くを航行しており、その波が1マーク側から入ってきてうねりが発生します。 競争水面を囲う消波装置はありますが、1マーク側が開いているようです。 観光船は冬季に減便されるため、水位の低下と合わせてうねりの影響は少なくなります。 また、 うねりが無くても水位が高いと水面が不安定になって乗りづらくなると言われており、 春から夏にかけては波乱決着が多い傾向があります。 うねりの有無を完全に把握することは難しいですが、この時期は特に荒れやすいことは覚えておきたいですね。 風データ 風向きと風速によるコース別成績データです。 横風は各5%程度なので省略しています。 無風 無風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 50. 9 18. 9 7. 8 2 14. 6 27. 0 13. 0 3 14. 3 21. 4 18. 9 4 13. 7 15. 8 23. 9 5 5. 3 11. 2 21. 1 6 1. 2 5. 6 15. 2 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 無風時の1着率 2016-2018 1 2 3 4 5 6 無風 53. 6 17. 2 10. 3 11. 5 5. 5 1. 9 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 無風時はスリットが揃いやすく、イン勝率が上昇傾向です。 向かい風 向かい風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 49. 6 13. 8 11. 6 2 15. 0 23. 8 17. 8 3 11. 9 21. 3 20. 9 4 14. 6 18. 8 18. 4 5 6. 2 12. 9 16. 4 6 2. 7 9. 5 15. 0 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 向かい風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 46. 6 16. 4 16. 8 9. 7 8. 0 2. 5 2m 48. 3 17. 3 12. 4 10. 0 8. 8 3. 2 3m 48. 4 15. 0 9. 2 14. 1 7. 9 5. 3 4m 47. 5 18. 1 13. 3 12. 5 5. 8 2. 8 5m以上 40. 6 14. 9 14. 9 17. 5 8. 9 3. 2 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 風速5mを超えると3〜5コースの1着率が上昇傾向です。 「向かい風はインの加速がつかないので不利」が競艇のセオリーですが、びわこでは 風速5mを超えるまで逆にインが強くなっています。 標高の高さから出足が鈍り、助走距離の少ないびわこのインですが、向かい風だからこそ早めの起こしから全速でスタートを決めることで、ダッシュ勢に対抗できる加速がついている可能性もあります。 追い風 追い風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 47. 6 19. 6 10. 6 2 17. 8 24. 2 18. 3 3 14. 8 20. 4 19. 5 4 12. 2 17. 8 19. 9 5 5. 2 11. 1 17. 4 6 2. 4 6. 9 14. 3 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 追い風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 50. 1 17. 6 11. 9 12. 5 6. 1 1. 8 2m 45. 0 19. 5 13. 8 12. 0 7. 4 2. 4 3m 45. 8 16. 2 13. 7 14. 5 6. 7 3. 0 4m 45. 0 17. 0 14. 5 14. 2 6. 6 2. 7 5m以上 42. 6 16. 4 15. 5 16. 7 6. 9 1. 9 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 追い風ではインが流れて「差し」が決まりやすく、2コースの1着率が上昇傾向です。 風が強まるとセンターが強く、「まくり」が増加しています。 コース別成績・決まり手分析 びわこと他のレース場との比較順位です。 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 22位 5位 3位 2 1位 19位 24位 3 4位 15位 21位 4 3位 11位 15位 5 14位 16位 10位 6 5位 4位 9位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 4位 19位 ー 14位 3 13位 4位 15位 12位 4 17位 8位 11位 11位 5 5位 5位 17位 15位 6 10位 5位 14位 17位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 20位 4位 14位 2 8位 4位 18位 3 8位 20位 12位 4 3位 23位 14位 5 11位 23位 19位 6 4位 5位 4位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 11位 11位 ー 23位 3 4位 2位 21位 24位 4 19位 5位 13位 15位 5 8位 10位 16位 13位 6 10位 4位 14位 18位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 コース別成績・決まり手分析 1コース 全国トップクラスの「インが弱い」水面です。 企画番組などの影響でイン勝率は押し上げられていますが依然弱く、記念レースでもワーストクラス。 以下は、1アタマの占有率と回収率データ。 出目 回収率 占有率 1 — 2 — 3 91. 1 6. 03 1 — 2 — 4 80. 6 5. 6 3. 09 -0. 41 1 — 2 — 6 67. 9 2. 49 -0. 20 1 — 3 — 2 86. 2 4. 31 -0. 52 1 — 3 — 4 75. 1 4. 13 -0. 01 1 — 3 — 5 59. 8 2. 28 -0. 70 1 — 3 — 6 67. 4 1. 92 -0. 36 1 — 4 — 2 61. 5 3. 08 -0. 49 1 — 4 — 3 70. 0 2. 82 -0. 17 1 — 4 — 5 80. 6 2. 15 1 — 4 — 6 53. 3 1. 46 -0. 31 1 — 5 — 2 77. 4 1. 49 -0. 52 1 — 5 — 3 45. 9 1. 17 -0. 54 1 — 5 — 4 66. 1 1. 20 -0. 21 1 — 5 — 6 55. 5 0. 81 -0. 28 1 — 6 — 2 66. 9 1. 03 -0. 31 1 — 6 — 3 45. 1 0. 70 -0. 40 1 — 6 — 4 57. 6 0. 66 -0. 29 1 — 6 — 5 54. 0 0. 66 -0. 04 出目データを見てみると、 1-3-2:回収率103. 2% 2017年 1-2-3:回収率103. 6% 2018年 占有率の高い出目が回収率100%を超えています。 びわこのインが弱いことは有名なので 1アタマにオッズ妙味があるレースが多い傾向でしたが、2019年データではイン回収率が大幅に低下。 選手の力量と機力だけでなく、「無風」や「水位が低い時期」「壁の有無」などインに優位な条件に注目して狙いたいですね。 2コース 「差した艇がバックで伸びる」びわこの特徴通り成績は上位で、記念レースでも高い勝率で推移。 2019年データでは全場で1位となっています。 決まり手では当然「差し」が多いですが、「まくり」率も平均以上です。 追い風で1着率と「差し」が増加傾向ですが、どの風でも1着率は平均以上あるので常に想定しておきたいですね。 「2コースが 差しで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 63. 0 2 — 3 11. 8 2 — 4 12. 7 2 — 5 8. 3 2 — 6 4. 2 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「2コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 10. 7 2 — 3 32. 7 2 — 4 25. 4 2 — 5 20. 2 2 — 6 11. 0 集計期間:2016年~2019年 単位:% 3コース 2016年のデータでは4コースより低い1着率でしたが、 近年は上位。 スロースタートの中では最も助走距離が取れて加速がつくので攻め手にもなり、カドが利く琵琶湖のカド受けでもある、取捨選択が難しいコースです。 決まり手は「まくり」優位ながら、琵琶湖らしく「差し」比率が高め。 「差し」が多い水面は複雑な決着になりやすく、2・3着が絞りにくい面もあります。 選手や機力にもよりますが、個人的にはセンター・アウトの1着想定時は買い目を広げる方がおススメです。 「3コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 24. 3 3 — 2 18. 0 3 — 4 31. 9 3 — 5 17. 0 3 — 6 8. 9 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「3コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 53. 6 -4. 3 3 — 2 20. 1 3 — 4 11. 8 3 — 5 10. 4 3 — 6 4. 1 集計期間:2016年~2019年 単位:% 4コース 例年1着率はトップクラスで、記念レースでも高い勝率で推移。 風が強まると更に1着率が上昇傾向です。 カドからの「まくり」一撃や、バックで伸びる「差し」、展開を突いた「まくり差し」とバランス良く決まっています。 「4コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 22. 9 -1. 5 4 — 2 18. 8 4 — 3 12. 4 4 — 5 31. 2 4 — 6 14. 7 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「4コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 31. 7 -7. 6 4 — 2 13. 0 4 — 3 29. 2 4 — 5 17. 7 4 — 6 8. 4 集計期間:2016年~2019年 単位:% 5コース 例年1着率は平均~やや下位ですが、 3・4コースが攻めやすい水面なので、展開を突いた5コースの差し抜けで波乱決着も。 2018年9月開催の「G1 びわこ大賞」では節間で「5コースまくり差し」が5本決まり、平均配当は¥36,920と優秀な結果となっています。 「5コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 22. 0 -6. 2 5 — 2 23. 5 5 — 3 10. 6 5 — 4 12. 9 5 — 6 31. 1 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「5コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 32. 2 -3. 6 5 — 2 17. 0 5 — 3 12. 9 5 — 4 28. 1 5 — 6 9. 8 集計期間:2016年~2019年 単位:% 6コース 例年1着率は上位で、2・3着率も高いコースです。 バックで内伸びする琵琶湖の特性が反映され、最内差しでの舟券絡みが多くなっています。 びわこのモーターは中間整備に注目 びわこといえば、モーターの中間整備が有名。 中間整備については、公式サイトに詳しい説明があったので引用します。 モーターに関してはやはり中間整備は外せないファクターだ。 中間整備とは非開催日に整備士が行う本体整備のことだが、これによってパワーが劇的に上昇するモーターが多い。 全国的にもびわこの中間整備は効果が非常に大きいことで有名だ。 これまで低調機だったものが、エース級のモーターに変貌したケースが何度も見られるほど。 開催初日の出走表に整備状況が記載されているものの、その後はモーターの2連対率だけで相場を判断するのはほぼ不可能だ。 他場ではモーターの更新時期が近づくと「2連対率通りにパワー相場は固まっている」となるが、びわこではその概念は通用しない。 びわこは毎年6月がモーターの更新時期。 しかし春を迎える頃には中間整備によって数字以上のパワーを秘めた好モーターが多数存在し、 2連対率は関係なしのパワー相場になっているのが例年のパターン。 スポーツ紙などで情報をチェックするのは必須だといえるだろう。 より引用 中間整備が入ると、モーター素性が数字に表れないこともあるため厄介です。 悪いモーターが整備されるので、性能が均一化されやすいとも言えますね。 の「出走表PDF」の裏面に記載されていますが、判断は難しいです。 前節の最終日に転覆したモーターの整備も中間整備になるので注意。 公式サイト上のサンスポ記者さんの予想コメントや、レース中継での情報はチェックしておきたいですね。 季節毎の傾向 季節毎のコース別成績です。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 49. 9 17. 6 8. 3 9. 2 6. 8 8. 0 2 18. 2 31. 1 17. 7 12. 6 11. 1 8. 9 3 13. 3 19. 1 21. 3 19. 8 15. 4 10. 8 4 13. 9 15. 6 19. 3 19. 8 17. 0 13. 9 5 4. 0 10. 6 19. 6 19. 8 22. 8 22. 8 6 2. 4 7. 5 15. 3 19. 9 25. 9 28. 7 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% 季節毎の傾向 春 3〜5月 雪解け水により水位が高い うねりが出やすい時期 夏 6〜8月 秋に向けて水位が下がっていく時期 観光船によるうねりは増える 6月にモーター交換 秋 9〜11月 一年で一番水面が穏やかな時期 冬 12月〜2月 水位は以前低い時期 追い風傾向 企画番組 びわこの企画番組は1・5・6Rに組まれています。 オーソドックスな企画番組ですが、他場と比較するとイン勝率は低めです。 5R「ゴゴイチびわこ」 1コース1着率:68. 4% 2コース1着率:19. 1-2、2-1決着では3ケタ配当も多く、本命狙いでは買い目を絞らないと勝てないですね。 6R「スゴ6!びわこ」 1コース1着率:56. 8% 3コース1着率:23. 4% 4コース1着率:11. A級選手の1着率は91. 9%、平均配当は¥3,383となっています。 まとめ.

次の

びわこ競艇場の特徴を見抜いた稼げる方法とは?

琵琶湖 競艇 開催 日

概要 [ ] 施行者は(滋賀県総務部事業課)。 現在、全24場の中で唯一、施行者がである。 競走水面がにあり、スタンドからは(向正面)や・(2マーク)、・(1マーク)等と琵琶湖のほとんどを眺める事が出来る。 モーターは現在番号制となっているが、以前は各モーターに滋賀県および近郊の地名が付けられていた。 キャッチフレーズは「スイリとスリル」。 また、に競艇場外発売場「」を開設している。 沿革 [ ] びわこ競艇場が開場したのは(27年)。 全国で2番目に公認コースとしてレースが開催された競艇場である(第1号はの)。 琵琶湖国際モーターボート選手審判員養成所()が全国で初めて競艇選手養成機関が設置され、後に連合会の公認養成所となる(1956年10月に廃止)。 マスコットキャラクターは、ビワコオオナマズの「ビナちゃん」で、2013年12月4日にデザインがリニューアルされた。 からは、当競艇場とととの共同で、ファミリー層を含む新たな新規ファン獲得を目指しロボットヒーロー『』を誕生させている。 売上額の推移は最も落ち込んでいた年は181億円だった(平成17年)度であり、反対に最も好調だったのは(平成2年)の518億円。 1990年からはレジャーの多様化やファンの高齢化によって売り上げが減少していたが、ボートレース界でを用いたインターネット投票が導入されて以降は業界全体で売り上げが右肩上がりとなり、(平成30年)度は売り上げが382億円となるほか2019年現在では滋賀県の一般会計への繰入額が4億円となり県の財政に貢献する公営競技としての側面を取り戻しつつある。 施設など [ ] 予想専門紙として、「競艇ニュース」「競艇ダービー」が発売されている。 関西スポーツ5紙(・・・・)にも予想は掲載されているが、以上のレースおよび各社主催のタイトル戦を除くと、・に比べて割かれている紙面のスペースは著しく小さい。 また、販売圏が滋賀県東部に及んでいるにもびわこ競艇の予想が掲載されている。 以前よりでが同時期に開催されていたことから、の場外発売を行っていなかった。 しかし、は高松宮記念杯競輪が6月中旬に移動したことから発売した。 電光掲示板 主要開催競走 [ ] 周年記念 として、びわこ大賞が行われている。 また例年4月頃に「妃記念杯」 を開催。 企業杯 として、カップが行なわれている。 新鋭リーグ戦の名称はびわこ新人王決定戦。 女子リーグ戦の名称はびわこプリンセスカーニバル。 正月には新春滋賀県知事杯争奪戦競走、ゴールデンウィークにはマスコットキャラクターでもあるビナちゃんにちなんでビナちゃんカップ、お盆にはびわこカップが行なわれる。 更にからはプロバスケットボールの地元球団・に因んで滋賀レイクスターズカップが開催されると同時に、びわこ競艇場側も滋賀レイクスターズのオフィシャルスポンサーにもなった。 水面の特徴 [ ] 競走水面は湖で、水質は淡水である。 海抜85mと他の競艇場に比べて高い位置にあるため気圧が低く、特にモーターの出足が落ちる傾向にある。 また春先などは、雪解け水の流入による水位上昇やスタンドとは逆の沖の方向からの風、観光船から生じる波によって乗り辛くなることから、ターンで流れやすくなり内を差されるケースが多い。 出力低減モーター導入前は、1コースの勝率の低さから「全国屈指のイン受難水面」とされていた。 その一方で天候コンディションが良いときはスピード水面でもあり、2012年1月26日には地元のが3周1800メートルでの日本最速レコードとなる1分42秒2を記録した。 湖や河川敷、海水などにある競艇場では・の時間がレースの展開を左右することから、満潮・干潮の時間を掲載しているが、沿いにある当競艇場ではその表記がされていない。 琵琶湖でも理論上は潮汐現象が現れるが、観測できるほどの水面変化ではない。 SG開催実績 [ ] 年度 競走名 優勝者 出身 1957 第3回 貴田宏一 976 岡山 2003 第6回 3304 徳島 滋賀支部所属の主な選手 [ ]• (3278・京都)• (3580・京都)• (3721・京都)• (4262・京都)• (4502・滋賀) アクセス [ ]• から徒歩10分• より徒歩13分、またはで5分• から無料送迎バスで7分• ・から各15分 無料駐車場あり 脚注 [ ] []• びわこボートガイド. びわこボート. 2012年11月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 モーターボート競走場設置告示(昭和27年7月25日付け告示第239号)• 2014年10月19日, at the. 2013年12月4日 ボートレースオフィシャルWeb• 中日新聞. 2019年11月29日閲覧。 びわこボートガイド. ボートレースびわこ. 2018年8月20日閲覧。 参考文献 [ ]• 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』、2006年。 びわこボート. 2010年5月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 びわこボートガイド. びわこボート. 2012年11月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 びわこボートガイド. びわこボート. 2012年12月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年3月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 滋賀県• 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の