年齢 認証 格安 sim。 OCNモバイルONEでLINEは使える?年齢認証が必要なID検索は?

格安SIMでもLINE@で年齢確認して1対1トーク(個別返信)できる認証方法!マイネオや楽天モバイルに対応|じゅんいっちゃんねる

年齢 認証 格安 sim

スマホの料金が圧倒的になる格安SIMの利用者が年々増えています。 しかし、 格安SIMの大きなデメリットの1つに「LINEの年齢認証ができない」というものがあります。 LINEの年齢認証ができないと何が困るのかと言うと、 「ID検索」「電話番号検索」の2つが使えなくなります。 大手キャリアなら年齢認証は簡単にできますし、格安SIMでもLINE自体は問題なく使えるので、年齢認証ができないというのは格安SIMに変えた後に気づくという人が多いです。 ID検索と電話番号検索は普段から多様する機能ではないとは言え、やはりないと困る場面が出てくるのも事実です。 そんな格安SIMのLINE年齢認証ですが、実はある方法を使えば突破することができます。 今回は格安SIMでLINEの年齢認証を行う方法、回避策、代替案などについてまとめて行きます! 目次• LINEの年齢認証はなぜ存在する? そもそもなぜ年齢認証をする必要があるのか疑問に思う人もいると思いますので、サクッと説明しておきます。 LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。 このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。 そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。 引用元: 上記はLINEの公式ブログに記載されている文章です。 要するに、18歳未満の子がネット上でトラブルに巻き込まれないようにするための措置ということですね。 格安SIMで年齢認証を行うための準備 「格安SIMでも契約時に年齢を入力してるじゃん」と思うかもしれませんが、基本的に格安SIMはLINEと連携を行っていませんので、格安SIM側に年齢情報があってもLINEにその情報を送る手段がありません。 それ故、格安SIM自体では年齢認証ができないのです。 しかし逆に考えれば、格安SIM以外のところからなら年齢認証は突破できるということでもあります。 というわけで格安SIMでもLINE年齢認証を行う方法は以下の3通り。 大手キャリアのSIMカード• そのキャリアのサポートアカウント LINEの年齢認証は、契約中か解約済みかは関係なくスマホに挿入されているSIMカードがどこのキャリアのものかで手続きが変わります。 例えばドコモのSIMカードでLINE年齢認証の手続きをしようとすると、自動的にドコモのサポートアカウントのログインを求めるページに遷移します。 ここでログインすることができれば、年齢認証は突破できるわけです。 しかし、SIMカードは解約後も手元に残っても、キャリアのサポートアカウントは解約後は使えなくなってしまうと思いがちですよね。 実は大手キャリアのアカウントは解約した後も使用することができます。 利用方法や使える期間はキャリアによって違いますので、それぞれ解説していきます。 まずは大手キャリアのサポートアカウントを使える状態にしましょう。 LINE年齢認証の手順は後述します。 ドコモの場合 解約日から200日以内ならネット上でdアカウントの継続利用手続きを行うことができます。 もし200日を過ぎてしまっている場合はドコモショップでの手続きが必要になります。 dアカウントのIDはドコモのキャリアメールアドレス XXXXX docomo. jp に設定している人が多いですが、 解約前に手動で別のメールアドレスに変えておくことをお勧めします。 もう解約済みでIDが使えないという場合は以下に変わっている可能性がありますので試してみて下さい。 手続きはスマホ、PCどちらからでも可能です。 からログインを行うと継続利用手続きの画面に切り替わるので、メールアドレスを入力して次へ進みます。 入力したメールアドレス宛にワンタイムキーが届くので、そちらを入力して「手続きを完了する」をクリックすれば完了です。 auの場合 auの場合は特に手続きをしなくてもau IDの利用が可能です。 ただし、利用できるのは解約してから6ヶ月以内です。 また、au IDを電話番号のままにしていた場合はIDが自動的に変わるため、解約前に手動で変更しておくことをオススメします。 既に解約済みでIDが電話番号のままだったという場合は、電話番号に解約日を追加することで利用できます。 ソフトバンクの場合 ソフトバンクの場合は特に手続きをしなくてもMy Softbankの利用が可能です。 ただし、 解約から3ヶ月経過後は利用ができなくなるので注意して下さい。 他人に大手キャリアのSIMカードを借りる 1番の方法が使えない場合、友達などに契約中の大手キャリアのSIMカードを借りるという方法もあります。 キャリアはドコモ、au、ソフトバンクどれでも大丈夫です。 LINEの年齢認証は一度完了してしまえば、LINEアプリを消去しない限りずっと有効です。 他の人の情報で年齢認証を完了しても、自分のLINEの情報に何か影響があるということは特にありませんし、LINEアカウントが停止されるということもありません。 ただ、人によっては自分の情報で認証してないことに後ろめたさを感じるかもしれませんので、この方法を使うかどうかはあなた次第で。 LINEモバイルを利用する この方法が一番手っ取り早いです。 はLINE社が提供する格安SIMのため、 唯一格安SIMの中でもLINEの年齢認証を行うことができます。 実際にLINEで年齢認証の手続きを進めてみると分かるのですが、選択肢に「LINEモバイルをご契約の方」という項目があります。 こちらを選択して手続きを進めれば、大手キャリアと同様に年齢認証を完了させることが可能です。 2年契約みたいな縛りもないので、解約する時に1万円とか高額な違約金を払う必要もありません。 ある程度使ってみて良さそうならメイン回線を乗り換えする時に登録事務手数料の3,000円を浮かせることもできます。 短期間で利用する場合は以下の記事に詳細な方法をまとめているので参考にして下さい。 LINE年齢認証の手順 LINEアプリを起動して以下の手順を行って下さい。 PC版LINEからのID検索も年齢認証を完了していないとできなくなった ネット上の多くのサイトで、LINEの年齢認証を回避する裏技として、PC版LINEを使ったID検索を紹介しています。 これはLINEの年齢認証をしていない状態でも、PC版LINEを使用すればID検索ができるというものです。 しかしこの方法は現在では使えなくなっており、PC版LINEでのID検索も年齢認証を完了していないと使うことができません。 LINEの年齢認証ができない場合の代替法、回避法について 年齢認証をすることで使えるようになるID検索ですが、友だち追加の方法はID検索だけではありません。 LINEの友だち追加には「ふるふる」「QRコード」「SMS招待」「メール招待」など様々な方法があるため、ID検索を使わずとも問題がない場合がほとんどです。 代替法、回避法については以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

次の

格安SIMペンギンモバイルの【メリット・デメリット】は?

年齢 認証 格安 sim

格安SIMの大きなデメリットの一つに「LINEが使えない問題」があります。 「格安SIMでもLINEは使えるの?」「MVNOではID検索できないって本当?」「格安SIMで年齢認証する方法はないの?」「格安SIMユーザーはLINEの友達をどうやって追加すればいい?」そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 格安SIM MVNO でLINEを使う場合、「年齢認証」ができないので「ID検索」と「電話番号検索」が使えません。 そこで、この記事では、格安SIMでLINEを使う際に「年齢認証」する裏技と、「ID検索」「電話番号検索」の代替案をお伝えします。 格安SIM MVNO への乗り換えを検討している方や、格安SIMでLINEを使う際は、参考にしてください。 格安SIMではLINEの「年齢認証」ができない 格安SIMでは、「トーク・スタンプのやり取り」や「無料通話」といったLINEの基本的な機能は使えますが、「年齢認証」ができません。 また、他の人が自分をIDや電話番号で検索しても検索に引っかかりません。 自分のIDは存在しますが、他の人が自分のIDを検索しても、検索結果には表示されないのです。 LINEの年齢確認は、キャリアのマイページにログインさせ、携帯利用者が大手キャリアと契約した時の年齢と照合しているのです。 なので、18歳以上であっても格安SIMユーザーは、LINEの年齢認証ができません。 LINEと各MVNOでシステムが連携していないからです。 ラインの「年齢確認」は18歳未満のユーザーの保護が目的 そもそもなぜ、ラインでは年齢確認をしないと「検索機能」が使えないのでしょうか?その理由は、18歳未満のユーザーをトラブルから保護するためです。 LINEの公式ブログでは、以下のように発表されています。 LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。 このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。 そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。 簡単に言うと、変な大人と18歳未満の若い子が出会い、よからぬトラブルが起こる事を事前に規制している訳です。 ワイモバイルとLINEモバイルは「年齢認証」ができる 格安SIMの中にも年齢認証ができるブランドが二つあります。 それはワイモバイルとLINEモバイルです。 ワイモバイルを格安SIMに含めるかは議論がありますが、運営会社がソフトバンクだから、システムの連携(契約)ができているのでしょう。 ワイモバイルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 ワイモバイルの公式サイトはこちら。 LINEモバイルはLINEのグループ会社が運営しているため、当然、年齢認証できます。 もしかしたら、LINEが他の格安SIMで年齢認証ができないのは、他社のMVNO=つまりLINEモバイルのライバルに対して、自社の優位性を保つために、システムの連携を拒否しているのかもしれませんね。 もちろん、MVNO各社の方がシステムを保有していない可能性もありますが、楽天モバイル(楽天系)やUQモバイル(KDDI系)、OCN モバイル ONE(NTT系)等の大手MVNOや、IIJmio、mineo等の人気のMVNOでもLINEの年齢確認に対応していないのは、さすがに違和感があります。 ちなみに、LINEモバイルはLINEのトークや無料通話を使っても高速通信が消費されない「カウントフリー」という機能が搭載されています。 なので、「LINEをよく使う」という人にはLINEモバイルは相性が良いです。 LINEモバイルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 LINEモバイルの公式サイトはこちら。 【参考】大手キャリアのSIMを使えば「年齢認証」ができる? 格安SIMで年齢認証をする裏技的な方法がネット上では出回っています。 ただし、グレーなので、実践するかは自己判断でお願いします。 それは、友だちや家族から大手キャリアのSIMを借りて、そのSIMを自分の端末に挿して、LINEの年齢認証をするという方法です。 なお、借りた大手キャリアのSIMの「電話番号」と「会員サイト(MY SoftBank、MY docomo,My au)のパスワード」が必要なので、借りる時に確認しておきましょう。 1度でも年齢認証をすれば、その後、格安SIMに差し替えても年齢認証した状態が維持されます。 年齢は不可逆なので、一回でも18歳以上と認められばOKのようです。 年齢認証が済むと「ID検索」と「電話番号検索」が使えるようになります。 ただし、違うスマホ端末でLINEを使い始めると、年齢認証が済んでいない状態に戻ります。 「ID検索」と「電話番号検索」の代替案~MVNOユーザーがラインで友だち追加する4つの方法~ 年齢認証ができなくても、下記4つの代替案を使えば、MVNOユーザーでも、新しい相手とラインで友だちになれます。 ここでは、簡単にできるものから順に紹介していきます。 「ID検索」と「電話番号検索」の代替案• 相手が「QRコード」を読み込むか「LINEアカウントのURL」をタップすると、相手の友だちに追加されます。 送信方法は、下記のとおりです。 ちなみに、QRコードを送っても、受け取った相手がスマホ以外にパソコンやタブレットなどの端末を持っていないと、スマホでQRコードを読み込めません。 なので、メモなどに記録しておくと、次回は手軽にURLをメールやSMS、他のSNS等で送れます。 設定後、相手の電話番号をスマホのアドレス帳に入力すれば、自動で友だちに追加されます。 「友だち自動追加」機能の設定方法は下記の通りです。 「友だち追加」されたくない人は「オフ」に設定しましょう。 このパソコン版のLINEからなら、年齢認証をしなくてもID検索と電話番号検索が使えます。 パソコン版のLINEのインストール方法は以下の通りです。 格安SIMでもLINEの年齢認証ができるようになって欲しい 格安SIMでLINEを使う場合、「トーク」や「無料通話」などの基本的な機能は使えます。 また、ID検索が使えなくても、友だちを追加する方法はいくらでもあります。 しかし、ワイモバイルとラインモバイル以外のMVNOで年齢認証ができないのは、少し不公平だと感じてしまいます。 年齢確認が18歳未満のユーザーの保護を目的としているなら、18歳以上の格安SIMユーザーは年齢認証ができるようになっていいはず。 本人確認を必要としないデータSIMと違って、音声SIMは契約時に本人確認をしているので、全ての格安SIMで年齢認証ができるように早くなって欲しいものですね。

次の

OCNモバイルONEでLINEは使える?年齢認証が必要なID検索は?

年齢 認証 格安 sim

普通に毎月最低6,000円ほどかかるdocomo、au、SoftBankの3大キャリア(MNO)の通信料金と異なり、データ通信だけなら月500円ほどから、音声通話をつけても1,000数百円から利用できる、MVNOが提供する格安SIMは、じわじわと人気を広げています。 通信施設を持つ 3大キャリアはMNOと呼ばれ、そこから 通信施設を借りて通信サービスを提供する場合はMVNOと「Virtual(仮想)」が付きます。 MNOの施設を利用しているため 通信エリアは3大キャリアと同じですが、回線の一部を借りてユーザーに市販していることから、その分 通信品質は劣る傾向があります。 その代わり各社で特徴あるプランを打ち出しているので、 自分の使い方にあったプランを割安で使える場合が多く、しかも3大キャリアの 2年縛りにくらべて縛りが緩いため、試してみて 自分に合わないようならすぐに乗り換えられるという気楽さもあります。 しかし そんな便利な格安SIMも、ことLINEで利用するとなると大きな問題が発生します。 LINEの 年齢確認(認証)は、電話会社に契約条件を確認して、利用者が18歳以上であることを認証してもらう機能です。 ところが この機能に対応している電話会社は、3大キャリアと2つのMVNOしかないのです。 そのため、それ以外の格安SIMのユーザーや、電話番号登録をせずにFacebookアカウントでLINEアプリを利用しているユーザーは、年齢確認機能を利用できないのです。 しかし、ほかのSNSやチャットアプリでは年齢や生年月日は自己申告制なのを思えば、どうしてLINEではこんな面倒な年齢確認を行っているのかと不思議に思う人もおいででしょう。 LINEが、わざわざ電話会社に確認をとるという面倒な年齢確認機能を導入したことには、当然のことながら理由があります。 話はLINEがリリースされて、高校生を中心に人気が広まっていった時期に遡ります。 当時、掲示板などの出会い系のサイトで、電話番号を公開するよりも抵抗の薄いLINE IDが使われることが多く、そのためLINEが危険なものとして白眼視されつつありました。 そこでLINEではこうした事態への対応策として、LINE IDを使った検索・追加に対し、年齢確認による制限を行い、18歳未満とのLINE IDでの友だち登録ができないようにしたのです。 ただ、この当時はまだMVNOの存在感がさほど大きくはなかったため、3大キャリアさえ協力すれば問題はこれ以上起きませんでした。 しかし、その後MVNOが占める割合が増えつつあるため、格安SIMで年齢確認ができない問題は次第に大きなものになっているのです。 先に「この機能に対応している電話会社は、3大キャリアと2つのMVNOしかないのです。 」と記したように、実は MVNOの格安SIMの中にも年齢確認(認証)に対応しているところがあります。 それは LINEモバイルとワイモバイル(Y! mobile)です。 LINEモバイルはLINEのMVNOですから年齢確認に対応しているのは当然と言えるでしょう。 LINEモバイルは、それだけでなくLINEアプリの通話・トーク利用時の通信コストがゼロになるLINEフリープランなども備えており、 LINEを中心として使うための格安SIMとしては最適なものとなっています。 もうひとつのMVNOの ワイモバイルは、格安SIMの中では通信品質・コストが共に高く、 格安SIMというよりもMNOとMVNOの中間の、SoftBankのセカンドブランドという存在です。 そのためSoftBankの年齢確認システムをそのまま使えるようになっています。 格安SIMを使って年齢確認の罠を回避するなら、これらのMVNOの利用をおすすめします。 この状況で、あなたの スマートフォンに解約済みのSIMを挿します。 その上で Wi-Fi環境下で年齢確認を行います。 年齢確認の際には、挿されているSIMはあくまでもユーザーサポートページに飛ぶためのキャリアを判別するためにしか使われず、電話番号や開通しているか、などといった情報は無視されています。 そのためすでに解約済みのSIMであっても、正しいユーザーサポートページに飛べるのなら問題は起きないのです。 あとはまるで3大キャリアを契約中であるかのごとく、年齢確認を終えれば大丈夫です。 端末自体が年齢確認の認証をうけたことになるので、このあとSIMを差し替えても年齢確認は回避できたままです。 したがって これで格安SIMを利用していても年齢確認を回避することができました。 引き継ぎ作業を行っておらず、あなたのサポートページにアクセスできなくなった場合は、やむを得ません。 素直に年齢確認の回避を諦めるか、グレーゾーンの手法に手を染めるかです。 おすすめはしませんが、グレーゾーンの手法は以下の通りです。 友だちのSIMを借りてあなたの スマートフォンに挿し、そのまま 年齢確認を行います。 キャリアの ユーザーサポートページへのアクセスには友だちのIDとパスワードを借ります。 そうすれば、年齢確認は問題なく終了します。 あとは友だちのSIMを返却して、元の格安SIMを挿入し直します。 これで格安SIMによる年齢確認は回避できました。 ただし、 この手法は完全に他人の情報を流用するのですから、事実が発覚した際にLINEからなんらかのペナルティが下る可能性があります。 年齢確認を回避しても、ペナルティを回避できないのではなんにもなりませんので、 手を出さないほうがよろしいでしょう。 ふるふるは、近くの友だちと一緒にスマートフォンを振ることで、お互いのLINEアカウントを登録し合える機能です。 もしスマートフォンを振る動作が大げさで嫌ならば、画面タップで済ませることも可能です。 隣にいる知り合い同士でスマートフォンを振り合うのが基本ですが、GPSによる位置情報を利用しているためその範囲は 半径1km程度と広く、そ の中で10人が振れば10人の、100人が振れば100人のLINEアカウントを登録できます。 場合によっては、 大きなパーティー会場で参加者全員が、 それどころかコンサート会場や球場などでオーディエンヌが一斉にLINEアカウントを交換することさえ可能な機能です。 一緒にスマートフォンを振り合うという操作方法がパーティーなどで盛り上がったとき向きで、LINEの普及時期には、LINEアカウントを送る新しい方法として人気を呼びました。 ふるふるが近くにいる大勢の友だちと一度にLINEアカウントを交換するのに向いている対し、 QRコードは近くの友だちと1対1でお互いにLINEアカウントを交換したり、離れたところにいる友だちにメールで送ったり、ほかのSNSで画像を伝えることで大勢の人に自分のLINEアカウントを伝えたりできる、便利な方法です。 自分のマイQRコードは、自分の好きなタイミングで変更できるため、SNSなどで時限的に自分のLINEアカウントをさらしておいて、時期が来たらそのQRコードでは登録できないようにすることも可能です。 逆に言えば、こんなに便利な機能を年齢確認なしで利用できるようにしておくのであれば、ID検索と電話番号検索だけ年齢確認をする必要があるのだろうか、という疑問も湧いてきます。 これについては、その当時は主流だったID検索と電話番号検索を、やはりその当時の雰囲気で年齢確認しなければいけなかったのだ、と言わざるを得ないのが実情です。 LINEの とても便利な機能であり、一方で批判の対象となってもいるのが、この友だち自動追加機能です。 一見 手間がかからず便利な機能に思えますが、 連絡先に載っているだけで特にLINE上で友だちになりたくもない仕事先や学校の知人が勝手に友だちに登録されるという悲劇も生まれます。 この機能についても、「連絡先に登録しているくらいだから面識はあるはずだ」という理由から年齢確認の対象から外れています。 そういった意味では安心して使えるのですが、上に記したような問題点もあるため、全力ではおすすめしがたい機能でもあります。 あくまでも自分の都合に沿っているかを考えた上で利用してください。

次の