ギルティこの恋は罪ですか ネタバレ。 【ギルティ5話】瑠衣の共犯者ネタバレ!裏切り者が続々登場!クズだらけ

【ギルティ~この恋は罪ですか?~】5話ネタバレ考察感想と見逃し配信や動画を無料で視聴する方法!

ギルティこの恋は罪ですか ネタバレ

『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の基本情報• タイトル:ギルティ~この恋は罪ですか?~• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• ドラマ公式Instagram• ドラマ公式LINE• 主演:新川優愛• ジャンル:ラブ・サスペンスドラマ• 放送局:読売テレビ・日本テレビ系• 放映日時:木曜 23:59 — 0:54• 登場人物全員が裏切り者という驚愕の「ドロドロ」な人間関係の中、許されない純愛に揺れる主人公・荻野爽(新川優愛)の「キュンキュン」な恋模様を描いたドロキュンの物語です。 キャスト一覧• 荻野爽(おぎの・さやか):新川優愛 29歳、女性ファンション誌の編集者、編集部のエース的存在• 秋山慶一(あきやま・けいいち):町田啓太 29歳、爽の高校時代の初恋の相手で初めての恋人、イタリアンレストラン店主• 荻野一真(おぎの・かずま):小池徹平 34歳、優しくて完璧な爽の夫、広告代理店勤務• 及川瑠衣(おいかわ・るい):中村ゆりか 25歳、Bar『チートン』で爽と出会った年下の友人• 寺嶋睦月(てらしま・むつき):神尾楓珠 21歳、爽の働く編集部のバイト、大学生• 小高かすみ(こだか・かすみ):戸田菜穂 50歳、爽の母、現在は施設に入っている• 秋山美和子(あきやま・みわこ):徳永えり 31歳、慶一の妻、家庭的でおっとりしたタイプ• 西村若菜(にしむら・わかな):筧美和子 29歳、爽の高校時代からの親友、7歳の娘の恵那を育てるシングルマザー• 横山優希(よこやま・ゆうき):大西礼芳 29歳、「プルミエ出版」で働く爽の同期• 龍(りゅう):阿部亮平 40歳、「チートン」の店長、バツ2• 未来(みき):長井短 20歳、「チートン」のバイト• 中村結(なかむら・ゆい):結城モエ 25歳、爽の編集部の後輩、寺嶋のことが好き• 及川明奈:矢田亜希子 瑠衣の母親• 桜田通:守屋直道 爽の同期入社の編集部員 スタッフ一覧• 原作:ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 作者:丘上あい 出版社:講談社 雑誌・レーベル:ビーラブKC• 監 督:河原瑶、林雅貴、野田健太• 脚本:泉澤陽子、大林利江子、三浦希紗• 音楽:中村巴奈重、田渕夏海• 主題歌 曲名:BE ALL RIGHT 歌手:Toshl 作詞:松尾潔 作曲:川口大輔、龍玄とし レーベル:ユニバーサル ミュージック• チーフプロデューサー:岡本浩一• プロデューサー:中間利彦、黒沢淳、水野督世• 制作協力:テレパック• 制作著作:読売テレビ 各話の視聴率 『ギルティ~この恋は罪ですか?~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 子供が欲しいのに、旦那の希望に合わせて常に避妊に応じてしまう自分に嫌気がさし、自分の中のもやもやを発散するために行きつけのバーに行くのが日課です。 バーのマスターやスタッフの未来、その店の常連客である瑠衣とも仲が良く、特に同性の瑠衣には普段相談しづらい内容も相談しており、旦那の愚痴やのろけも話す仲です。 瑠衣の言葉に後押しされ、我慢してきた「子供が欲しい」という自分の欲求をついに旦那に話すときがきます。 しかし、夜中の2時にも関わらず思い切って打ち明けた答えはノーでした。 結婚するときに行っていた「家族になりたい」という言葉の中に子供の存在はなかったのです。 すぐにバーに戻り、爽を心配して待っていた瑠衣にこのことを打ち明けます。 こんな状況でも笑顔を作ろうとする爽を、自分と彼氏のことは後回しにしてでも瑠衣は優しく受け止め、爽は落ち着き帰路につきます。 瑠衣も帰宅し、やっと彼氏との時間を過ごすとなったとき、そこに現れたのはなんと爽の旦那・一真だったのです。 夫・一真の不倫相手は瑠衣? 頭を冷やすとその夜外にでたまま帰って来ない一真は、瑠衣との時間を過ごしていました。 瑠衣は爽が一真の旦那だと知って関係を持っていますが、爽はもちろん、一真も瑠衣が爽のことを知っているとは夢にも思っていません。 その後、爽と一真の関係は表面上は修復しかけますが、あるとき爽は自分の鞄にGPSが入っていることに気付いてしまいます。 誰が仕掛けたか分からないGPSに、自然と自分の旦那を疑います。 あの夜一晩帰ってこなかった旦那の浮気を疑い、行動しやすいよう爽の行動を監視していたのではないかと。 全てを白状させようと問い詰めたが、犯人は一真ではなく瑠衣でした。 そんなことを知らない2人は再び喧嘩になってしいます。 そんな中、爽は友人が不倫していることを知ります。 誰にも言わないと約束はするが賛成はできない爽、そしてその直後にその友人の社内不倫が社内メールにて写真付きで一斉送信されました。 もちろん爽は疑われ、友人を無くします。 そんなとき、友人から「秋山」を見かけたとの情報が入ります。 秋山とは爽の高校時代の彼氏であり、母親のことが原因で別れざるを得なかった今でも爽の心に残る人物です。 爽の母親は男運がなく、小さい頃から爽を思い通りに動かそうとするような人でした。 今は精神医療センターに入院しており、爽のことを幼稚園生と思っています。 そして仕事でもトラブルが起きます。 撮影を予定していた店の予約が爽の名前でキャンセルされていたのです。 同僚の助けで代わりを見つけて事なきをえましたが、その代わりとなる店の店主が秋山だったのです。 何も知らない爽はバーで久しぶりにときめいた話を瑠衣たちにします。 その後、忘れ物を取りに行くなど爽と秋山はだんだんと接近していきます。 夫婦仲は修復したように見えても何かわだかまりがあった爽は、瑠衣に飲みに行こうと誘いますがいつものバーは定休日、ついその場に一真がいるにもかかわらず、瑠衣は爽を自宅に来るよう誘い、一真を追い出します。 瑠衣が知らないはずのことを知っていたり、このときの瑠衣の香りから爽は瑠衣に違和感を覚えるようになります。 そしてついに、瑠衣の部屋から一真が出てくることを目撃することになるのです。 そして頼った先はずっと一真の浮気について相談していた友人の若菜の場所です。 落ち着きを取り戻し帰宅途中に遭遇したのは会社のバイトの学生・寺嶋でした。 体調を崩したと聞いて心配してお見舞いを持っていきつけのバーに来ていたのを見つけ、しばらく飲むことに。 その帰り際、瑠衣が登場します。 一気に突っぱねようと仕掛けた爽ですが、瑠衣は怯むどころか笑いながら欲しいものは手に入れる主義だと一掃します。 しかしその後、瑠衣は一真との関係を終わらせ、爽も一真と話し合います。 そして瑠衣は再び爽に接近し、「いいこと教えてあげましょうか?当事者の旦那さんのことですよ」と尋ねるのです。 そのいいこととは、一真には子供がいるということでした。 一真は過去に結婚歴があり、子供もいました。 それも、自分の昇級を裏で操っていた自分の父親のすすめで、ほぼノーと言えない状況での結婚だったのです。 ほどなくして子供を授かるが全く可愛いとも思えず外で浮気を繰り返し、当時の妻が一真の父に相談したことがきっかけで探偵を使い知らべられ、母親に悪態をつきました。 それにより母親は自殺を図ったが、死に切れずひたすら一真に謝りました。 すべてにうんざりした一真は、記入済みの離婚届と指輪を置き、家を出ました。 これが一真の秘密です。 一真の事実にショックを受けた爽は家を出て、母親の病院を尋ねると、そこにはベッドに手足を拘束された母親がいました。 拘束を外して欲しいとお願いしたが、その後話をしている間に再び暴れ出し、また拘束を余儀なくされました。 そんな中、再び仕事でトラブルが続きます。 保存しておいたファイルがなくなる、撮影の為依頼をしていたヘアメイクが現場に来ないなど、またしても同僚の中村に助けられ乗り切ることになりました。 そんな中での母親の自殺未遂は、爽をどんどん追い込んでいきます。 そして、事を追っていくにつれ、この全ての出来事が瑠衣に繋がっているのだと気が付きます。 仕事でフォローをしてくれた中村は、瑠衣に動かされ撮影場所のキャンセルを入れるなどわざと爽の仕事のミスを作り、自ら助け舟を出しており、爽をずっと心配していた寺嶋も瑠衣と関係を持って動かされているコマだったのです。 さらには瑠衣は爽の母親の場所も特定しており、カーテン越しに母親と会話をし、自殺に追い込むようなことを言い聞かせていたのです。 そして一真に近付いたのも爽と出会ってから、つまり、爽の旦那だからこそ一真は狙われたのです。 瑠衣の正体が明らかになる! そして爽は思い出します。 高校生の頃、秋山の父が営む定食屋で小さい女の子を見かけたのです。 それは秋山の父の再婚相手の子、つまり秋山の義理の妹です。 瑠衣は幼い頃から兄である秋山が好きで、当時恋人として好かれていた爽を恨んでいたのです。 ここで新たに爽と一真に恨みを持つ人物が現れます。 自殺によりすでに他界している一真の元嫁の息子の駿と、元嫁の弟・睦月です。 母親と姉の自殺直後を目の当たりにした2人は、その後施設に入るなど事件の後遺症に苦しみ、ひどい思いをして過ごしてきたのです。 そしてこの2人も瑠衣と繋がっていたのです。 睦月は一真を刺し殺そうとするが、爽により阻止されます。 爽の会社では瑠衣に利用されていた中村と寺島は退職し、爽は週刊誌へ部署移動、瑠衣が母親に近づいていることを知り爽は母親を転院させました。 手駒がなくなってきた瑠衣は、再び自ら動き始めます。 秋山の子供・蛍太を誘拐したのです。 そしてその子供に本当の母親は爽だと吹き込み混乱させようとします。 次に瑠衣が接近したのは蛍太の母親であり秋山の妻である美和子です。 瑠衣は美和子を昔から知っており、秋山と結婚できるようピルを飲んでるふりをして子供を作ってしまえば良いと提案したのです。 それを実行したことを美和子自身に自然と言わせて録音し、揺する種としてもっているのです。 睦月が瑠衣への復讐を果たす その頃、睦月は姉である一真の元嫁の日記の存在を知ります。 内容は爽を悪く言うような内容でしたが、それは爽ではなく瑠衣だと睦月は気付いたのです。 姉を自殺に追い込んだ瑠衣を、秋山の目の前で階段から突き落とします。 爽も睦月がそうするのではと現場に駆けつけますが、間に合わず…。 以上、原作の『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』は、 まだ「まんが王国」で連載中のため、 現在における最新話までの展開を紹介させていただきました。 ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の最終回ネタバレ(予想) ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』は、原作が完結しておらず、かなり話が入り組んでいるので、ドラマでどこまでの内容を入れてくるか分かりませんが、結果的に及川瑠衣(中村ゆりか)は反省せず生き残るのではないかと予想します。 ただ、何もできないよう施設や事の次第によっては刑務所などに入るのではと。 そしてそこから出たときにまた何かしかけられるように作戦を練ったりしていそうです。 また、離婚した荻野爽(新川優愛)と荻野一真(小池徹平)は、ヨリは戻らないにしても、最終回では、もう一度一から関係を直していく流れになると予想します。 『ギルティ~この恋は罪ですか?~』各話のあらすじ 2020年4月2日から読売テレビ・日本テレビ系にて放送開始された新川優愛さん主演の連続ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 1話のあらすじネタバレ 「 ~この恋は罪ですか?」 💞こんや23時59分スタート💞 仕事に恵まれ、優しい夫と結婚生活を送る女性ファッション誌の編集者・荻野爽。 関連記事 2話のあらすじネタバレ このあと夜11時59分からドラマ「 〜この恋は罪ですか?〜」第2話🎬 自分のバッグにGPSが仕掛けられていたことに気付いた爽 は、一真 が仕掛けたのではと疑惑を抱く。 その後も一真の嘘を知り、ショックを受ける爽。 子供がいるという話は事実で、更に一真はバツ1だったとのことでした。 関連記事 5話のあらすじネタバレ 「 ~この恋は罪ですか?~」 第5話💕今夜23時59分放送💍 一真との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽💦 一方、一真は爽が出ていってから荒れた生活を送っていた。 瑠衣と寺嶋の目的は? 関連記事 6話のあらすじネタバレ 「 ~この恋は罪ですか?~」 第6話💕今夜23時59分放送💍 爽は、瑠衣の正体を知るために行動を開始する。 関連記事 7話のあらすじネタバレ 「 ~この恋は罪ですか?~」 第7話💕今夜23時59分放送💍 爽は一真から、寺嶋の正体を聞かされた。 瑠衣と寺嶋は手を組み、お互いの目的を果たそうとしていたことに気付いた爽は、瑠衣と寺嶋を止めなければならないと決意する。 関連記事 8話のあらすじネタバレ 『ギルティ~この恋は罪ですか?~』8話のあらすじネタバレは、2020年7月23日(木)23:59の放送後こちらに追加します。 今しばらくお待ちくださいませ。 スポンサーリンク.

次の

ギルティ~この恋は罪ですか~7話あらすじネタバレ・一真を庇う爽|みやびカフェ

ギルティこの恋は罪ですか ネタバレ

【ギルティ~この恋は罪ですか?~】原作のネタバレ 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】の原作漫画【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】のネタバレを紹介します。 ネタバレですのでご注意を。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】登場人物 原作漫画【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】の主な登場人物を紹介します。 ()内はドラマキャストです。 サクッとまとめてネタバレします。 爽の生い立ちと秋山慶一の恋 爽と秋山は高校の同級生。 相思相愛だが関係はキスまで。 爽には父と母がいるが、父が浮気をしてから母は狂い始める。 父は家庭に嫌気がさし行方不明に。 すると母は爽に依存していく。 すさんだ家庭に夢も希望もない中、爽にとっては秋山が心の支えだった。 しかし、爽に依存する母は秋山と別れることを要求。 「別れないと死ぬ」と言い出し、爽は秋山に別れを告げる。 のちに秋山はイタリアに修行に行く。 爽はその後、一真と知り合う。 現在、母は過去で記憶が止まっている。 母の中で爽は幼稚園児。 行方不明の夫(爽の父)とは夫婦関係が続いていると思い込んでいる。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】1巻のネタバレ 爽は35歳。 夫・一真と結婚して10年。 子どもが欲しいと思うのだが、一真に言い出せずにいる。 そんな爽の心のオアシス的存在が瑠衣。 爽の行きつけのBar「チートン」の常連客。 瑠衣のアドバイスもあり、爽は一真に「子どもが欲しい」というが拒否される。 瑠衣は爽に「彼氏はニート」だと話しているが、それは嘘。 瑠衣の彼氏は、爽の夫・一真。 そうとは知らない爽は瑠衣を信じ切っている。 子どもはまだ先でもいいと思うようにして、一真と外食する爽。 その時、一真から「チートンに連れてってよ」と言われる。 店の名前を内緒にしていたのに何故、知っているのか、爽は疑問に。 同時に、自分のバッグの中からGPSを発見し、一真が浮気をしているのでは、と疑う。 そのことを高校時代からの親友・若菜に相談。 若菜は一真のことをあまり信用していない。 一真が仕事と言いながら、休んでいることを知った爽は、GPSのことを一真に問う。 言い争いになり、一真はGPSを壊す。 そこで、GPS通信が切れてしまい、パソコンを見ている瑠衣は「壊れちゃった」と言う。 つまり、GPSは瑠衣が仕掛けたものだった。 仕事帰りに、同期の優希と焼肉を食べることに。 そこで優希が不倫をしていることを知る爽。 まっすぐな性格の爽は、それが許せない。 なんとなく、雰囲気が悪いままに……。 編集部のメーリングリストに優希の不倫デートの写真が。 優希は爽を犯人だと決めつけ、電話も通じなくなる。 優希はこの件で退職する。 そのことを一真に話す爽。 その夜、一真に抱かれた爽は幸せだと思うのだった。 しかし、それは瑠衣のさしがね。 一真は瑠衣に言われて爽を抱いていた……。 爽は母を見舞う。 一真は母のことは何も知らない。 内緒にしていることだった。 その頃、一真は瑠衣を抱いていた。 爽と暮らすマンションで……。 編集部にて。 ダブルブッキングで撮影場所が変更に。 急遽、イタリアンレストランで撮影することになる。 その店は秋山のレストラン。 爽は秋山と再会した。 ネタバレ 一真と爽は出会った日にお祝いをする。 二人だけの「出会った記念日」は誰にも話していない。 秋山と再会した爽。 この時、秋山が結婚していることを知る。 「チートン」でその話をしているとタイミングよく瑠衣が現れる。 瑠衣は爽に元カレのことでさりげなく探りを入れる。 「出会った記念日」はいつも通り、一真がケーキを用意して二人だけで祝う。 一真と瑠衣が会っている頃、爽は秋山の店に忘れたストールを取りに行く。 秋山の作ったパスタを食べ、ひと時を過ごす。 その帰り、瑠衣に電話をすると「うちに来ませんか」と誘われる。 瑠衣は、一真に帰るように促し爽を招いた。 爽は、食べきれなかったケーキを持っていくが、それが出会った記念日の物だとは言わない。 秋山から「おばちゃん」と言われショックを受けている爽を瑠衣がそっと抱きしめる。 その時、ある匂いが……。 この日、 爽は瑠衣の卒業アルバムの中に黒く塗りつぶされた写真を見つける。 翌「チートン」にて。 マスターがケーキを差し出すと、そこで、瑠衣の口から爽の「出会った記念日」の話がでる。 爽は、なぜ瑠衣が記念日のことを知っているのか不信に感じる。 さらに、 瑠衣から感じた匂いは、一真の匂いと同じだということ気づく。 一真と瑠衣が会っていると感じた爽は、瑠衣の家に遊びに行くと約束をし、指定した時間より前に行く。 そこで、 一真と瑠衣がキスをしているところを見てしまう。 ** 落ち込む爽は若菜の家に泊まる。 バイト大学生の寺嶋睦月から、具合が悪くて休んだ爽を気づかうメッセージが。 「チートン」に行くと、睦月がいた。 爽を心配してきたという。 その帰りに瑠衣に会い、爽は爆発。 一真との関係を認めた瑠衣は、態度が一変。 秋山と再会してときめき、秋山を支えにしている爽に 「心の浮気と体の浮気、どっちが罪なんですか?」 と、詰る。 ネタバレ ・瑠衣と一真の出会いは偶然ではない(4巻で判明) ・卒業アルバムのマジック塗りの解明は4、5巻。 ・爽を心配する風の睦月だが、実は狙いが。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】3巻のネタバレ 落ち込む爽のもとに、何も知らない秋山から電話。 取材をした記事が掲載されている本を持っていくことに。 店に行くと秋山の妻・美和子がいた。 秋山は居酒屋にいると言われ、そこに出向いた爽。 そして、ふたりで飲み、秋山の優しさに触れた爽は、一真と向かいあう覚悟を決める。 一真に「浮気をしているでしょ」と言う爽。 瑠衣の写メを見せ、詰め寄る。 すると、一真は浮気を認めた。 疲れ切った爽だが、朝になり仕事に向かう。 マンションを出たところで瑠衣が待ち伏せをしていた。 瑠衣から 「あの人、子供いますよ」 と衝撃的な発言。 一真の回想・過去 一真の父は厳格。 躾という名目で母と一真に暴力をふるう男。 一真は父に反抗し、父の会社の親会社に就職した。 自力で就職したと思っていたが、違っていた。 父のコネ入社だった。 さらに、親会社の娘との縁談があり、一真は弥生と結婚。 そして子供が生まれた。 駿という名の男の子。 この頃から一真は女遊びが激しく、父からの伝言で母がとがめた。 この時、一真は母を責める。 そして、そのショックで母は自殺未遂。 一真はやるせなくなり、離婚をし、父も母も捨てた。 そうして一人で生き始めたとき、爽と出会ったのだった。 一真は「二度と父親にはなりたくなかった」 だから、子供を欲しがらなかった……。 爽は手紙を置き家を出た。 編集部では、睦月が元気のない爽を心配する。 それが気に入らない結は、爽を何気に無視。 睦月とお昼を食べていて、爽は瑠衣がマンションの場所を知っていたことに気づく。 「瑠衣はうちに来たことがある」と。 ** 若菜は爽に隠していることがある。 爽は瑠衣から言われたことを気にして「あの人に子どもなんているわけないのに」と若菜に話す。 すると、若菜から……。 爽の結婚披露宴の時、トイレで優希らの話を聞いてしまったという。 優希からはっきりと「一真に子どもがいる」と聞いた若菜は、爽に言い出せず10年が過ぎてしまった、と。 ** 一真は瑠衣を問い詰めるが、一真と知り合ったあとに爽と出会った、好きだから言えなかった、と言う。 (これは演技。 瑠衣の大ウソ) 瑠衣は誰かと爽を追い詰める計画をしている。 ** 爽が落ち込んでいると秋山からLINEが来る。 ほっこりする爽。 仕事でミスが続き落ち込んでいると、秋山からまたLINEが。 爽から飲みに誘い、居酒屋で飲んでいると、病院から電話が来た。 母が自殺未遂をしたという連絡だった。 ** その頃、編集部では、何者かが爽のPCからニセメールを送信していた。 ネタバレ ・一真が結婚をして子どもがいたと若菜が告白。 ・結は睦月が好き。 二人の関係については4巻で。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】4巻のネタバレ 母のもとに駆け付ける秋山と爽。 母の自殺未遂、一真の浮気、瑠衣の裏切り。 苦しむ爽を秋山は「泣いていいから」と抱きしめる。 爽は秋山の胸で涙を流す。 抱きしめるだけの関係。 それ以上にはならない二人……。 瑠衣と一真は、相変わらず関係がある。 そんな中、睦月は瑠衣が妊娠しない体だと知る。 その頃、偶然、爽は秋山の妻と子供と出会う。 そんな二人の姿をみて、爽は秋山を奪うことなんてできないと悟るのだった。 子供の名前は蛍太。 ** 爽は離婚届を一真に渡し、秋山には「もう会わない」とメールする。 翌日、編集部で送別会が行われた。 爽は酔いつぶれてしまい、寺嶋睦月が介抱する。 二人でホテルに行き……。 何も覚えていない爽は、目覚めて驚愕するが、何もなかったということにホッともする。 翌日、会社に行くと睦月とホテルにいった時の爽のあられもない姿が貼りだされていた。 犯人は寺嶋睦月と結。 飲み会の席で睦月は睡眠薬をこっそりと爽に飲ませていた。 結は、睦月に言われるがまま、爽と睦月のツーショットを隠し撮りし、睦月に送っていた。 結は睦月を好き。 ゆえに言いなり。 出版社は休職扱いとなった爽に優希から電話がある。 優希の姉は、一真が弥生と結婚しているときの不倫相手だったと明かされる。 肩を落とした爽の前に瑠衣が現れる。 睦月との写真を持って……。 睦月は瑠衣と共謀していたのだ。 死のう、とまで考えていた爽を救ったのは若菜。 若菜と爽は推理する。 ・優希の不倫写真がばらまかれたのも瑠衣の仕業。 ・瑠衣は一真と出会う前から一真を知っていた。 瑠衣の目的は一真では。 ・瑠衣は一真に近づくために、振られた芝居をした。 その時の彼氏役は睦月。 爽は瑠衣の卒業アルバムを調べることにした。 すると、黒く塗りつぶされた写真には瑠衣が。 秋山の前に瑠衣が姿を見せる。 「久しぶり、お兄ちゃん」 ネタバレ ・結と睦月は組んでいる。 すべてを瑠衣が仕組んでいる。 優希の事件、爽の事件、一真との出会いなど、すべては瑠衣の仕業。 ・瑠衣は秋山慶一の妹。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】5巻のネタバレ 秋山は瑠衣の腕の傷がなくなっていることに気づく。 二人が店にいるのを見かけた美和子は、逃げ出す。 睦月と瑠衣が会っている。 これまでの事件は二人の仕業。 そして、まだ爽を落とそうとする瑠衣。 「あの女が私の人生を踏み潰した」と。 秋山は瑠衣を信じている。 爽が「瑠衣のことを知りたい」と言っても「そっとしておいてやってくれ」と言われてしまう。 優希と会った爽は、瑠衣が優希に声を掛けてきたと知る。 それは、爽が結婚して2年後くらい、一真に子供がいることは内緒にしてほしい、というものだった。 爽は一真に連絡をして会うことにした。 これまでの出来事、そして、母親のことも全部を打ち明ける。 瑠衣には共犯者がいて、その名が寺嶋睦月だと教える。 すると、一真から「 睦月は弥生の弟だ」と。 名前は東睦月。 一真の義理の弟になる。 その時、一真に睦月から電話があり、一真は睦月と会うことに。 睦月の回想・過去 睦月の慕う姉・弥生が一真と結婚した。 小さな睦月は、姉の結婚を寂しく感じていたが、駿が生まれてから、睦月は駿をとても可愛がっていた。 弥生は一真に捨てられ、駿との暮らしを始めるが、自殺をしてしまう。 それを見つけたのが駿。 以来、駿は引きこもりになり、現在は施設で暮らしている。 睦月のもとに一真が来る。 そこは、弥生のお墓の前。 弥生が自殺したと知らされた一真。 さらに睦月は、一真を横領事件の犯人に仕立てあげた捏造記事を週刊誌に掲載するという。 そこに、爽がやってきた。 睦月は姉・弥生の手紙を爽に見せる。 そこには、 弥生が大学時代から一真に片思いをしていたことが綴られていた。 好きな人と結婚したい弥生は、父親にお願いをして一真と結婚をしたのだった。 姉の自殺、駿の心の傷、それはすべて一真のせいだと思う睦月は、復讐のために瑠衣と手を組んだのだった。 すべてを知った一真と爽は、この時「離婚」する決意をする。 ** 爽が帰宅すると秋山が家の前で待っていた。 爽は、秋山から瑠衣のことを聞く。 その頃、瑠衣は白衣を着た男といる。 瑠衣の生い立ち 瑠衣の母と秋山の父は再婚。 瑠衣は連れ子なので、秋山とは血の繋がりはない。 誰とも話さない瑠衣だったが、秋山になついてきた。 ところが、秋山が爽と付き合いだしたら、また話さなくなった。 腕に傷があり、それは虐待によるもの。 瑠衣は実の母親からDVを受けていた。 その後、瑠衣の母と秋山の父は離婚。 瑠衣の母親は瑠衣を置いてどこかに行ってしまった。 つまり……。 瑠衣は秋山にそばにいて欲しいと思っていた。 しかし、秋山が爽と付き合いだし、独り占めできないことから爽を憎んでいたのだ。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】6巻のネタバレ 爽は一真と離婚。 睦月の捏造記事が掲載され、一真は居場所を失い爽の前からもいなくなった。 仕事復帰した爽は、週刊誌に異動。 この時、編集長から中村結が退職したと知らされる。 睦月と組んで、爽を嵌めた結は、爽のポジションを狙っていたと告白。 結から手紙を預かっていた編集長。 その手紙を読んだ爽は驚愕する。 そこには、 瑠衣が爽の母を自殺に追い込んだということが書いてあった。 爽は、母を急いで転院させる。 瑠衣と睦月はまだ続いている。 睦月は、すでに復讐を果たしているというが、瑠衣は「まだこれから」だと……。 若菜は娘の恵那と子供向けイベント会場へ。 そこで偶然、秋山親子と出会う。 妻の美和子が気を利かせ、恵那を預かり、蛍太と二人を連れて風船を貰いに。 若菜は秋山に、瑠衣が爽の母を殺そうとしたことやこれまでの瑠衣の犯したことをすべて話してしまう。 暫くすると、蛍太がいなくなってしまったと美和子が慌ててやってきた。 必死で探す秋山。 若菜から連絡を受けた爽も駆けつけ、秋山と爽は瑠衣の家に。 ところが、 瑠衣は引っ越しをしていた。 蛍太は迷子になっていて、無事に見つかる。 (本当は、睦月と瑠衣が仕組んだ罠。 蛍太を連れ出した瑠衣は「ママは泥棒」「本当のママは爽」だと入れ知恵) その夜、美和子に瑠衣から電話がある。 翌日、美和子は蛍太を連れて家を出た。 秋山は店の手伝いが欲しくて爽に電話。 爽が手伝い、なんとか仕事を終えた二人。 そこで、これまでの瑠衣のことを謝る秋山。 瑠衣は、秋山がイタリアに旅立つ前に姿を消したという。 瑠衣は秋山に依存していて、それが重荷になった秋山。 イタリアに行くことは、逃げる意味もあったと告白。 帰国してから美和子と出会い、結婚をしたのだ。 秋山に瑠衣から電話がある。 瑠衣と会った秋山。 そこで、瑠衣は10年前の出来事を話し始める。 それは、秋山がイタリアに旅立つ前。 爽と秋山はホテルに入った。 それを見ていた瑠衣は、秋山に「何をしてたの」と詰め寄る。 一方、爽は週刊誌編集部員の守屋から 「瑠衣の次の標的は秋山夫婦じゃないか」と言われ、胸騒ぎがする。 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】7巻のネタバレ ホテルのことを訊かれた秋山は、瑠衣に「縁を切る」と言って別れた。 10年前 爽と秋山は偶然出会った。 それは秋山がイタリアに行く1週間前のこと。 高校生のとき、爽の嘘に付き合い別れを承諾した秋山。 事実を知っても受け入れることしかできなかったという。 思わずキスをして、ホテルへ。 でも爽には一真がいる。 二人は、何もせず抱き合ったまま朝を迎えた。 イタリアに旅立つ時、秋山から電話がある。 「幸せでいてほしい、好きだったよ、さやか」 美和子に瑠衣から連絡がある。 秋山と爽が付き合っているというデマ。 (10年前のホテルインの写メを送り付ける)美和子は動揺し、爽の会社に怒鳴り込む。 秋山が駆けつけ収まる。 この時、爽と同僚の守屋は「爽は俺の女だ」と秋山に耳打ち。 美和子は万引きの常習犯。 万引きをしている動画が秋山のもとに送られていた。 秋山に問い詰められた美和子は、これまでのことを告白する。 美和子の生い立ち・秋山との出会い 両親が亡くなり親戚の家で育った美和子。 幼い弟妹は可愛がられていたが美和子には興味のない親戚。 高校卒業と同時に美和子は家を出た。 働きだした美和子は秋山と出会う。 秋山がイタリアに行っている間もひっそりと秋山を思い続け、戻ってきたのを知り、秋山の店のバイトに雇ってもらった。 その頃、瑠衣は美和子の前に現れた。 秋山を繋ぎとめるのには、ピルを飲んでいると嘘を言って妊娠してしまえばいいという。 それを実行した美和子は妊娠をして秋山と結婚した。 結婚後、瑠衣は自分が妊娠しない体だから、秋山の子供が見たかっただけだと言い出す。 万引きのこととピルのことを瑠衣に知られ、美和子は怯えていた。 秋山はそんな美和子に「大切な家族だ」と手を握り締める。 爽が母に会いにいくと、一真が訪ねてきていて母の話し相手をしていた。 一真は心を入れ替え立ち直っていた。 駿にも会いにいっているが門前払いだという。 そして、 弥生を自殺に追い込んだのは、瑠衣だと。 瑠衣が弥生に一真と爽の結婚を知らせたのだった。 一真と爽は、マンションに戻り話し合う。 そこに、守屋がやってきた。 一真に爽の母の居場所や蛍太の保育園の場所を教えていたのは守屋。 守屋と一真は以前、仕事がらみで面識があった。 守屋は一真から「爽を守ってほしい」と依頼されていたのだ。 ここで、3人はこれまでのことをまとめていく。 ・瑠衣は子供の頃虐待をされていた。 ・それを守ってくれた秋山を好きになり、爽を憎むように。 ・一真に近づき不倫。 ・睦月を編集部におくりこみ、同僚を使って爽を追い込んだ。 ・弥生に近づき嫌がらせをした。 以上のことから、秋山がイタリアに行っている間に瑠衣に何かがあったと推理する3人。 瑠衣は駿にも何かをしてくるかもしれない。 そう考えた爽は駿に会いに行った。 駿と会うことができた爽。 そこで駿から弥生の日記を見せてもらう。 その頃、守屋は一真に20年前の記事を見せる。 それは、未成年が母親を階段から突き落としたという事件。 その未成年が瑠衣ではにないかということだった。 睦月は瑠衣に会いに行く。 弥生の日記の一部を持って……。 その日記には、爽と一真の結婚、さらには、イヤミな電話の内容が書いてあった。 すべては瑠衣の仕業。 階段で話をする二人。 そこに秋山がやってきた。 睦月が呼び出したのだ。 睦月は瑠衣に言う。 「無様に死ねよ」 瑠衣の背中を押して、階段から突き落とす。 <続く> 【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】1~7巻の総まとめ すべての事件は瑠衣の仕業。 瑠衣に加担していたのが睦月。 爽にとって、秋山は心の支えだったが、瑠衣にとっても秋山は心の支えだった。 ・一真は瑠衣にはめられて不倫。 過去に結婚歴アリ。 子供はひとり。 前の結婚のとき、爽の同期の優希の姉と不倫。 ・瑠衣と秋山は兄妹(血のつながりはない) 秋山慶一に依存する瑠衣は、爽が憎い。 子供が生めない瑠衣は秋山の妻にも攻撃。 ・睦月は一真の元妻の弟。 元妻・弥生が自殺したことで一真を恨んでいた。 ・瑠衣は過去に、母を階段から突き落としている? 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】原作漫画の感想 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】原作漫画の皆様のツイートを紹介します。 なんで六巻から無料じゃないんだよぉおおお この本を読んでみてください: "ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 分冊版(5) BE・LOVEコミックス "(丘上あい 著) — Oxygen 🈂️ンソ Oxygen55990494 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】原作漫画の感想 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】はまだ連載中。 この先どんな展開になるのか、とにかくハラハラしまくりの漫画です。 ただの不倫漫画じゃなく、まさにサスペンス。 瑠衣の狂気っぷり、怖いですね。 ドロドロのハラハラ。 キュンキュンシーンは爽と秋山の高校時代。 「お前」としか言わない秋山が、イタリアに旅立つときだけ「さやか」と呼びます。 「好きだったよ」と……。 二人は、周りに流されて一緒にはなれずにいるけれど、最後には一緒になれるのでしょうか。 漫画の結末も気になります。 ドラマの結末はオリジナル!?ドラマも見逃せません。 ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?~】は、読売テレビ・日本テレビ系で木曜深夜放送です。 記事内画像: 記事内、アイキャッチ画像:.

次の

【ギルティ〜この恋は罪ですか?〜】原作漫画ネタバレ!1話から最新話まで。ドロキュン展開から目が離せない!

ギルティこの恋は罪ですか ネタバレ

主題歌 Toshl「BE ALL RIGHT」(ユニバーサル ミュージック) あらすじ 第4話 瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞かされた爽(新川優愛)。 信じようとしない爽に、瑠衣は「嘘かどうかはすぐ分かることですから」と言い放つ。 爽は出社したものの、瑠衣に言われたことが頭から離れず、仕事に身が入らない。 彼女は考えるうちに自分の留守中に瑠衣が家にあがり込んでいたと気付き、吐き気を催すほど気分が悪くなる。 そんな中、爽は若菜(筧美和子)とランチをすることに。 爽は若菜に、瑠衣から一真に子供がいると言われたことを話す。 すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。 爽は、若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。 疲れ果ててマンションに戻った爽は、幸せだった頃の一真との思い出が詰まった部屋を眺めるうちに気持ちを高ぶらせる。 思い出を振り払うように部屋の中をめちゃめちゃにしてしまう爽。 そして彼女は、一真に手紙を綴るのだった。 一真が帰宅すると、すでに爽はいなかった。 どうしてこうなってしまったのかと後悔する一真。 彼は、自分の過去を思い返す…。 爽は、かすみ(戸田菜穂)の見舞いに行く。 爽からカーディガンをプレゼントされて、喜ぶかすみ。 しかし、爽の父の話になると、かすみが取り乱して暴れ始める。 爽は、やはり母とは分かり合えないと落ち込む。 そんな爽のもとに、秋山(町田啓太)からメッセージが届く。 爽は、自分が辛い時にいつも支えてくれる秋山の存在を感じて励まされる。 その頃、一真は、瑠衣のマンションを訪れていた。 一真が、なぜ爽の夫と知りながら付き合っていたのかと尋ねると「初めて会った時から好きだったから」と瑠衣は涙を流す。 一真が帰った後、何者かに連絡をする瑠衣。 彼女は、まだ何かを企んでいるようで…。 より キャスト 荻野爽〈29〉 — 新川優愛 女性ファッション誌の編集者。 年齢の割に責任のある仕事を任されており、編集部の中でも頼れるエース的存在。 自分でも今の仕事が好きで、やりがいを感じている。 筋の通らないことが嫌いな、真っすぐな性格。 6年前、仕事で知り合った広告代理店に勤める荻野一真と結婚。 夫への『愛情』と初恋の人との『恋』のはざまで揺れ動く。 秋山慶一〈29〉 — 町田啓太(劇団EXILE) 爽の高校時代の初恋の相手で初めての恋人。 イタリアンレストラン店主。 明るく陽気な性格。 口が悪くぶっきらぼうだが、本当は優しい。 爽の名前も呼ばず、『好き』とも一度も言ったことはないが、 いつでも爽がピンチの時は駆けつけて助けてくれた。 荻野一真〈34〉 — 小池徹平 爽の夫。 広告代理店勤務。 顔も良く高給取りで、爽の仕事への理解もあり、家事の分担も率先してやる、優しくて完璧な夫。 お互いに触れてほしくない部分には適度な距離感を保ちつつ、それでいて愛情も感じられる存在。 及川瑠衣〈25〉 — 中村ゆりか 爽の年下の友人。 一年ほど前、Bar『チートン』で常連客であった爽と出会い、意気投合。 妹キャラで、爽に良く懐いている。 ニートの彼氏がおり、そのことを爽に愚痴ったり、また爽から夫の一真との関係で相談を受けたり、本音の女子トークをする間柄。 しかし爽に対して【話せていない事実】があり…。 寺嶋睦月〈21〉 — 神尾楓珠 爽の働く編集部でバイトしている大学生。 さわやかな好青年。 爽が昔担当した記事を読んで、編集の仕事に興味を持ったと話す。 爽のことが好きな素振りで、何かと爽に気を使ってくれるが、実は【隠している秘密】があり…。

次の