畳 カビ 取り。 畳のカビについて

畳のカビ対策<カビ退治法><かび除去法><カビの生えない畳>

畳 カビ 取り

白カビの落とし方はとっても簡単。 『パストリーゼ』などのアルコールスプレーがあればキレイに除菌ができます。 表面につくことが多いので、 アルコールを含ませた布などで拭き取るだけで十分。 カビに直接吹きかけるとスプレーの勢いで菌が舞うため、布に吹きかけてから拭き取るのがポイントです。 念のため白カビがあった場所よりも 広めに拭き掃除すると、拭き残しがなく再発防止になります。 拭いたあとの布はすぐに捨てられるものがいいので、キッチンペーパーや着古したTシャツなどを使いましょう。 カビができるのは木材や畳などのデリケートな部分に多いので、 『カビキラー』や『ハイター』などの強い洗剤はNG。 どうしても使いたいなら目立たない場所で傷みや色落ちがでないかを確認してからにしましょう。 白カビをできにくくするには、「白カビが好む環境を作らない」ことが1番です。 ポイントは 「風通しをよくすること」。 意外と簡単に予防できるので次の方法を試してみてください。 干してから収納する 下駄箱や押し入れにモノを収納するときは、半日ほど干すと湿気がない状態で収納できます。 イヤな臭いも予防できて一石二鳥ですよ。 扉を少しあける 押し入れや下駄箱の扉を少しだけ開けておくだけで、中に風が入りやすくなります。 空気がこもらなくなってカビの発生を抑えられます。 すのこを敷く 布団など、どうしても湿気がたまりやすいものは下にすのこを敷いて風が通るようにするのがおすすめ。 下駄箱ではつっぱり棒などを活用すると底を浮かせた収納ができますよ。

次の

白カビとは?木や畳にできやすいの?再発させない落とし方は?

畳 カビ 取り

畳にカビが生えでしまったら、"カビを取るにはどうすればいいのか?"と悩む方もいるでしょう。 昔の家は通気性が良かったため、畳にカビが生えることはほとんどありませんでした。 しかし、現在の家は密閉性や断熱にも優れているためカビが生えやすいです。 また、近年ではカビが生えにくいビニール素材で作られた畳もありますが、昔ながらの天然イ草の畳を使っている家もあります。 天然イ草の畳にカビが生えた時は厄介で、市販のカビ取り剤を使えません。 では、市販のカビ取り剤以外で天然イ草の畳に生えたカビを落とすには、どうすれば良いのでしょうか? 今回は、天然イ草の畳に生えたカビを落とす方法・カビの予防対策をチェックしましょう。 カビは一定の条件を満たすと生えますが、特に新しい畳 1年くらいまで はカビが生えやすいと言われています。 では、どのような条件が揃うと畳にカビが生えるのでしょうか? カビが生える条件を簡単にまとめました。 風通しが悪い場所や日当たりが良くない場所は、湿気や熱がこもりやすいためカビが繁殖しやすいです。 高温多湿が大好きなカビは25度前後になると活発になりますが、36度以上になると活動が鈍くなります。 さらに、カビは畳の上や隙間に落ちているホコリなどを栄養源にして、どんどん根を広げていきます。 他にも、食べカスや飲みこぼし・人やペットのフケなどをエサにして大きくなっていきますが、空気だけを栄養源にして成長することも可能です。 畳にエタノールをスプレーしてカビを除去しましょう。 エタノールには無水エタノールと消毒用エタノールがありますが、 畳のカビを除去するなら『無水エタノール』がおすすめです。 無水エタノールは濃度が濃いのが特徴で、カビの分子を分解してカビを除去し、揮発性も高く畳がシミになる可能性もほとんどありません。 ただし、無水エタノールは原液のままだと刺激が強いため、水で薄めたスプレー状のものを使います。 では、無水エタノールの作り方と使い方を見てみましょう。 【必要な物】 ・無水エタノール6に対して水4 ・スプレーボトル ・タワシ、歯ブラシ、目地ブラシなど ・雑巾やタオル 【作り方と使い方】 スプレーボトルの中に無水エタノールと水を入れたら良く振ります。 次に、無水エタノールスプレーを畳に吹きかけ、ブラシで畳のカビを優しく擦って落としましょう。 最後に雑巾やタオルで乾拭きをして終わりです。 ちなみに、エタノールとアルコールの違いを知っていますか? 無水エタノールはご紹介した通りですが、『アルコールは消毒用エタノール』のことを指しています。 アルコールは無水エタノールよりも濃度が薄いため、皮膚への刺激も強くないことから消毒用として使うのが一般的です。 また、揮発性もないためしばらく濡れています。 つまり、 アルコールはカビの除去に不向きで、カビの発生や繁殖を防ぐ予防対策に向いています。 畳のカビがエタノールで除去できなかったら、重曹と酸素系漂白剤のペースとでカビを落としましょう。 ただし、 重曹と酸素系漂白剤のペーストで畳のカビを落とすと変色する場合があります。 必ず目立たない場所で試してから使いましょう。 では、重曹と酸素系漂白剤のペーストの作り方や使い方をご紹介します。 次に、水を含ませて固く絞った雑巾でペーストを塗った部分を叩きながら、重曹や酸素系漂白剤をしっかり取り除きます。 畳に重曹と酸素系漂白剤が畳に残ってしまうと変色するため、重曹と酸素系漂白剤はしっかり取り除くのがポイントです。 最後に乾拭きをします。 畳の上に布団を敷いて寝ている方や、万年床になっている方はいませんか? 畳に布団を敷いて寝ている方は敷布団を毎日干しましょう。 すると、畳の中や裏側にたまっている湿気や熱・敷布団の湿気を逃がすことができます。 畳の上に布団を敷いて寝ることは悪いことではありません。 しかし、人は1晩でコップ1杯分の汗をかき、汗は敷布団が吸収し湿気となり最後は畳が吸収します。 また、 敷布団を干さないと敷布団にも湿気がたまり人の体温が畳にも伝わるため、敷き布団も畳も高温多湿の状態になりやすいです。 このように、畳の上に布団を敷いて寝ていると寝汗により、畳にカビが生えやすくなります。 特に注意したいのは万年床で、常に湿気がこもっている状態です。 畳の上に布団を敷いて寝ている方は万年床は避け、毎日敷布団を干して畳に湿気や熱がこもらないようにして、敷布団の湿気も飛ばしましょう。 床下に防湿シートを敷いて余分な湿気を吸収し、畳のカビの予防対策をするのも効果的です。 床下に防湿シートを敷くと畳の裏に湿気がこもりにくくなるため、カビが生えにくくなります。 特に、畳の裏のカビ予防対策をしたい方におすすめです。 また、地下や半地下・1階に畳の部屋がある場合は地面に近く畳に湿気がたまりやすいため、季節に関係なく畳にカビが生えやすい環境と言えます。 畳に湿気がこもらないように風通しを良くしたり除湿機などを使う方法に加え、床下に防湿シートを敷いて、畳のカビの予防対策効果をアップさせましょう。 ただ、床下に防湿シートを敷くために1度畳をどかす必要があるため、畳を取り替えるタイミングで防湿シートを敷くのも良いです。 畳の裏の湿気対策もしっかり行い、カビの発生を予防したい方は畳店に相談しましょう。 クエン酸スプレーを畳に吹きかけるとカビの予防対策ができます。 クエン酸は重曹のようにカビの分子を分解することはできませんが、 抗菌効果があるためカビの発生や繁殖を予防することが可能です。 では、クエン酸スプレーの作り方や使い方をご紹介します。 クエン酸は水でも溶けやすい物質のため、数十秒混ぜれば溶けます。 クエン酸が溶けたら蓋をしましょう。 1週間に1回はクエン酸スプレーを畳に吹きかけましょう。 1週間~2週間以上経ったクエン酸スプレーは成分が変質しており、畳のカビ予防対策効果が落ちるため注意しましょう。

次の

畳のカビ除去/エタノール等の掃除方法、臭い取りなど畳の防カビ対策

畳 カビ 取り

スポンサードリンク 新しい畳にカビが発生する原因は? 畳にカビが発生する時期は、だいたい 梅雨に入る6月~9月の湿気の多い時期です。 「でもなんで、よりによって新しい畳にカビが生える訳?欠陥品じゃない?」 と思われるかもしれませんが、新しい畳だからこそ、カビが生えるのです。 また新しいのでイ草に養分があります。 夏は、気温・湿度・養分と畳にカビが発生するのにピッタリな条件になるのです。 でも畳が古くなればカビが生えにくくなるので、 新しい2~3年の間は注意するようにしましょう。 畳にカビが生えた時の取り方を畳屋に聞いてみた 既に発生してしまったカビはどうすればいいのでしょう? すぐに業者さんに来てもらえれば良いのですが、 今!なんとかしたい場合のカビの取り方です。 まず 水拭きは絶対にNG!!だそうです。 水拭きすると、その時は綺麗に取れても畳に水分をしみ込ませてしまうので、さらにカビが生えやすくなります。 畳屋が推奨するのは、乾拭きです。 先に、部屋の湿気を取るために部屋を換気するか、エアコンのドライにして乾燥させます。 掃除機で、畳目に沿ってていねいに吸います。 乾拭きをします。 乾拭きの際も畳目に沿ってしっかり拭いて下さい。 乾拭きの時 エタノールスプレーを吹いてから拭くと、カビの根絶と今後のカビの予防になります。 エタノールも水分なので湿度を上げそうな気がしますが、揮発性が高くすぐ蒸発するので問題ありません。 また酷いカビの場合、 タワシとエタノールを使ってしっかりカビを取る方法もあります。 掃除機でしっかりカビを吸います。 エタノールを畳に吹き付けてから、畳目に沿ってタワシでこすります。 浮き出たカビを掃除機で吸います。 乾拭きして完了です。 濃度が大切!なんです。 机の上を拭いたりする時に使う、除菌用アルコールスプレーなどはエタノールの濃度が50%程度です。 これはあまり効果がありません! では薬局においてあるエタノールはというと、濃度が99%の無水アルコールと、濃度が80%の消毒用アルコールがあります。 濃度が高い方が効果がありそうですが、エタノールの殺菌効果が一番発揮されるのが 75~80パーセントの濃度のものなんです! なので、エタノールを選ぶ時は濃度が80%の消毒用のエタノールを選びましょう。 99%の無水アルコールしか家にない場合は、水で薄めて75~80%の濃度にすれば問題なく使えますよ。

次の