冷蔵庫の下に敷く。 冷蔵庫の下のマットの選び方!フローリングの素材を知ろう!│家具インテリアの図書館

冷蔵庫から床を保護(へこみ・傷)する方法!ダンボールがNGな理由

冷蔵庫の下に敷く

冷蔵庫と言うのは生活になくてはならないものですが、冷蔵庫は重い上に、かなり長期間床に置いたままにする家電なので、気がつくと床がへこみ、床と冷蔵庫本体の間に入り込んでしまった汚れがたまっていてどかすとその状態にびっくりします。 そこで、冷蔵庫の下に下敷きを敷いて床のへこみと汚れ予防の対策をする事が必要になってくるのですが、この冷蔵庫の下に敷く下敷きにはどんな種類のものがあるのでしょうか。 冷蔵庫の下敷きの代表とも呼べる専用のマットから、100均商品でDIYをする方法などについて紹介をします。 100均 100均で販売されているジョイトンマットを冷蔵庫の下に敷く事で、冷蔵庫の下敷きとする事ができます。 このジョイトンマットというのは、何枚か連結する事でカーペットのようにして使用する事ができるマットなのですが、このマットを冷蔵庫の下敷きとして使用する事ができます。 このジョイトンマットを使用する方法以外にも、傷予防シートを貼る事で冷蔵庫の床に傷をつけるのを予防する事ができます。 フェルト製とコルク製があるのですが、フェルト製の方がよりたくさん販売されているので、もし100均で見つけたらすぐに購入しておきましょう。 ニトリ 家具を中心に、格安で良い商品を多数販売しているニトリでも、冷蔵庫下敷きにできる商品を販売しています。 冷蔵庫の下に敷いて使用するフェルト製の下敷きを中心に商品が多数販売されているのですが、ニトリではもう一歩先に進んだ冷蔵庫の下敷きになる商品を販売しています。 それが下記で紹介しているネット限定の床保護シートなのですが、透明なので部屋のインテリアにこだわりがある人でも安心して冷蔵庫の下敷きを使用する事ができます。 さらに、汚れてもサッと拭き取る事ができるので、冷蔵庫の下が汚れてもすぐに拭き取る事ができます。 インターネットで冷蔵庫の下敷きのことについて調べる時、「冷蔵庫の下敷き」と検索をかけますが、「冷蔵庫の下敷き」と検索をかけているのに、冷蔵庫の下敷きではなく冷蔵庫の下に敷くマットが出てきて、冷蔵庫の下敷きについて知りたいのに違う情報が出てきて困る、という事があります。 ですが「他の人に「冷蔵庫の下敷き」と言うと普通に通用しますので、余計に頭がこんがらがってしまいます。 冷蔵庫の下敷きと冷蔵庫のマットは何が違うのか、今後のためにも、ここではっきりとさせましょう。 違い 冷蔵庫の下敷きと冷蔵庫のマットの違いは一体なんなのでしょうか。 冷蔵庫の下敷きと冷蔵庫のマットの違いの最も大きい所は、マットだけを指しているのか、マット以外も指しているのかと言う事になります。 これも含め、冷蔵庫の下敷きと冷蔵庫のマットの違いを一覧にしました。 ここまで、冷蔵庫の下敷きに関して基本的なことを紹介しました。 ところで冷蔵庫自体下敷きを使用しなくても使用する事ができる家電ですが、冷蔵庫の下敷きというものは必要なのでしょうか。 冷蔵庫の下敷きが必要かどうかというのは、個人の主義主張やおかれている状況によります。 自分で所有している家の場合 自分で所有している家やマンションである場合は、床がへこんだり汚れてダメージを受けたら自分で費用を負担することになります。 冷蔵庫の下敷きを使用する事で床を傷つけたり汚れたりするのを予防することで床の持ちをよくする事ができます。 しかし、冷蔵庫というのは大体置き場所が決まっているものなので、冷蔵庫で床がダメージを受けていても新しい冷蔵庫をおけば見えなくなります。 冷蔵庫をおくことによる床のダメージが気になる人は冷蔵庫の下敷きが必要になりますが、そうではない人は冷蔵庫の下敷きは必要ないということになります。 賃貸 賃貸物件の場合、住んでいる間に何かしらの破損が生じると、修理費用が大家さん負担か借主負担かがすごく気になる部分になりますが、経年劣化や住んでいる限り仕方ない破損に関しての修理費用は大家さんの負担になります。 生活必需品である冷蔵庫によって床に破損が生じ、修理が必要になった場合は大家さんの負担になります。 ただ、大家さんによっては修理費用を支払うのを嫌がる事もあるので、特に新築の物件に住む事になった場合は冷蔵庫に下敷きを敷いて、傷や汚れ予防をするのが無難なので、冷蔵庫を購入する際は事前に冷蔵庫の下敷きも購入しておきましょう。 下の方についているのですごく目立たないのですが、実は大型冷蔵の下にはキャスターが付いていて、冷蔵庫をおいた冬期のへこみの原因となっています。 このキャスターによるへこみを予防するために開発されたのが、こちらの「冷蔵庫キズ凹み防止ゴムマット」になります。 こちらの商品は、大型冷蔵庫に設置することに特化しているので、キャスターを操作して乗せられるよう、片方に緩やかな坂がついてます。 なので、冷蔵庫を設置した後でも設置する事ができます。 もちろん、ストッパーとして使用する事ができるだけでなく、地震で冷蔵庫が動いてしまうことを予防することもできます。 大きさも厚みも硬さも適度でした。 ついでに良かったのがコンプレッサー作動時の音がかなり低減した事。 満足です。 冷蔵庫の下敷きにおすすめの板 では次に、冷蔵庫の下敷きとして板を使用する場合はどうしたらいいのでしょうか。 冷蔵庫の下敷きとして板を使用する場合、丈夫である事が何よりも重要になりますが、木材というのは素材で基本的な値段が変わりますので、そこそこ丈夫で安い木材が必要になります。 この時良い商品になるのは、別名「コンパネ」と呼ばれている構造用合板になります。 見た目がおしゃれではありませんが、建築の壁資材として広く使用されている合板なので、ゴム製やフェルト製の冷蔵庫の下敷きと比較すると、断トツの耐久力を誇ります。 ホームセンターの建築資材コーナーにある事が多いのですが、規定サイズにカットされたものが工作用として販売されている事があるので、ぜひ探してみてください。 針葉樹合板(構造用合板) ここまで、冷蔵庫の下敷きについて紹介をしてきましたが、冷蔵庫という家電はとても重い家電なので、設置してからでは冷蔵庫の下敷きを敷くという事が困難になってしまいます。 そこで、設置してからでもできる事として、冷蔵庫が置いてある床のダメージを少しでも少しでも減らす事を考えてみましょう。 冷蔵庫を設置すると、床と冷蔵庫本体の下に汚れが溜まりやすくなりますが、この冷蔵庫本体と床の間をこまめに掃除するだけでも冷蔵庫が設置されている床に対するダメージを減らす事ができます。 掃除方法はとても簡単で、基本的にはほうきやモップを差し込んで横にはき出すだけです。 たったこれだけなのですが、初回は今まで溜まっていたゴミが大量に出てくるので、かなりびっくりする事になります。 狭い場所の掃除なのですぐに終わりますが、冷蔵庫の下は汚れがすぐ溜まる場所なので、こまめに掃除をしましょう。 マルチフロアーモップ3点セット.

次の

冷蔵庫の「マット」って意味ある?効果からデメリットまで詳しく解説

冷蔵庫の下に敷く

2020年7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 カテゴリー• 846• 276• 129• 3 価格:244,800円(税込、送料込) 合板の端材を冷蔵庫の下に敷き、仮置き状態ですが〝〟の合板で〝 冷蔵庫の下に敷く板〟を加工します。 2012. 2 画像で分かると思いますが絨毯とクッションフロアーの境目にある見切り 茶色 は絨毯よりも5㎜ほど盛り上がっています。 そして絨毯とクッションフロアーは数ミリですが仕上がりの高さが違っています。 左右別々で板を敷くのであればレベル調整は簡単なのですが・・・・ 冷蔵庫の下には一枚物で敷板を作ります。 一枚物にこの冷蔵庫を載せかえるのは難しそうですが、庫内には何も入っていない今しかチャンスはなさそうです。 〝〟に使ったパネコートを冷蔵庫の下に敷くことにしています。 5㎜のベニヤを木工用ボンドで貼り付け。 順調に加工が進んでいましたが、突然の友人夫婦の訪問です。 ここでしばらく休憩、友人夫婦とお茶を飲みながら一時間ほど雑談 休憩の後、少し遅れてしまった作業を再開 ボンドで貼り付け後5. 5㎜のベニヤ側からトリマーで深さ10㎜、6㎝幅で見切り分の溝を掘り込み、冷蔵庫正面側に左右角を R加工。 この後四方の切り口を ペーパー掛け、 ウレタン塗装を施して完成です。 仮設置の端材と交換しましたが思いのほか簡単に乗せ替えが出来ました。 そして70㎝ほど冷蔵庫全体を前面に滑らせて移動、一人が冷蔵庫を少し後ろに傾け全面の脚部に隙間が出来たところに出来る限り奥まで下敷き板を敷き込みます。 次に下敷きが前の方に滑っていかないように冷蔵庫を下敷きの上を滑らせて載せていきます。 本当に少しづつという感じです。 後は冷蔵庫を下敷き板に載せたまま所定の位置まで滑らせます。 庫内に物が入っていたら敷き替えはまず二人では出来なかったと思います。 冷蔵庫よりも出っ張りを押さえ左右角を R加工 左右高さが違うので少し細工が必要です。 ご苦労様です。

次の

冷蔵庫の下にはマットなどを敷いた方が良いのか?床の保護はどうするべきか。

冷蔵庫の下に敷く

あなたは冷蔵庫から床を保護するために、 冷蔵庫の下に何か敷いていますでしょうか? 冷蔵庫はかなり重量があって、 一度設置すると動かす事がほとんどないため、 冷蔵庫を床に直置きしてしまうと、 へこみや傷がついてしまう原因になるのですが、 この冷蔵庫による床のへこみや傷は、 賃貸にお住まいの場合は退去時に 補修を求められる事もあるようです。 そこで、 今回は冷蔵庫から床を保護するには どうしたら良いのか? ということについて調べてみたのですが、 この事について調べてみると、 私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、 今回は冷蔵庫から床を保護する方法について みなさんにシェアしていきたいと思います^^ 冷蔵庫から床を保護 へこみ・傷 する方法! 冷蔵庫を動かしてみたら、 床にへこみが出来てしまっていた… なんて事にならないようにするためには、 どのように床を保護すれば良いのでしょうか? この事について疑問に思っている方も 少なくないようなので、 冷蔵庫から床を保護する方法について 1つずつ解説していきたいと思います。 方法1・へこみ対策マットを敷く 冷蔵庫から床を保護する方法の1つ目は… 専用のへこみ対策マットを冷蔵庫の脚の下に敷く という方法になります。 この方法が最も確実に冷蔵庫の重さから 床のへこみや傷を予防できる方法になると思います。 また、防振性があるマットを使用すれば、 地震が来た時に冷蔵庫の振動を抑えられたり、 冷蔵庫が動くのも防止することができるので、 安全面にも効果があるといえるでしょう。 方法2・タイルカーペットを使用する 冷蔵庫から床を保護する方法の2つ目は、 タイルカーペットを使用するという方法になります。 タイルカーペットを フローリングの上に敷いて冷蔵庫を 設置するだけでもかなり床の へこみや傷予防になるのですが、 タイルカーペットを冷蔵庫の脚の大きさにカットして、 床面にカーペット面、冷蔵庫の脚面にカーペットの裏面が 来るようにタイルカーペットを冷蔵庫の脚に貼り付けると より一層床を保護する効果が高まります。 ・ また、タイルカーペットはかなり手頃な 値段で手に入れることができるので、 できるだけコストをかけたくないという場合にも おすすめできる方法になります。 ちなみに、 タイルカーペットを選ぶ際は、 厚手で裏面の強度がしっかりしたものを 選ぶようにすると良いですよ。 ダンボールで冷蔵庫の重さから床を保護するのがNGな理由とは? 冷蔵庫から床を保護するためには、• へこみ対策マット• タイルカーペット を活用すると良いということだったんですが、 「ダンボールを冷蔵庫の下に敷けば、 床を保護することができるのでは?」 と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 確かに、ダンボールを冷蔵庫の下に敷けば、 床を保護する事はできるのですが、 ダンボールを冷蔵庫の下に敷くと、• 見た目がチープになってしまう• ダンボールに虫が発生する可能性がある という2つの問題がありますので おすすめすることはできません。 見た目の面は気にしないから大丈夫… という方もいらっしゃるかもしれませんが、 冷蔵庫は食品を保管する場所ですから、 衛生面を考えると虫が発生したりする可能性が高い ダンボールを近くに置いておくのは良くないでしょう。 冷蔵庫による床のへこみは補修義務があるの?【賃貸】 ここまでは、 冷蔵庫から床を保護する方法についてご紹介しましたが、 賃貸に住んでいて冷蔵庫による床のへこみや傷が 出来てしまっていた場合は退去時に 「床のへこみを補修してください」と 言われてしまう事もあるようです。 ただ、冷蔵庫による床のへこみや傷は、 生活している限り経年により発生してしまうものなので、 管理者の負担に該当する経年劣化の可能性もあるので、 退去時に冷蔵庫による床のへこみや傷の 補修を依頼されてしまった場合は、 管理者負担の経年劣化という事を主張した事で 補修しなくても良くなったという事もあるようです。 とはいえ、 今回ご紹介したような方法で、 冷蔵庫から床を保護していれば、 そもそも床がへこんだり傷ついたり ということは起こらないので、 気持ちよく退去できるのではないかと思います。 まとめ 今回は、冷蔵庫から床を保護する方法について ご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 冷蔵庫を床に直置きしてしまうと、 床にへこみが出来たり、傷がついてしまう ということが少なくないので、 冷蔵庫を設置する場合は、 へこみ対策マットやタイルカーペットなどを敷いて、 床を保護してから冷蔵庫を設置する というようにした方が良いでしょう。 ということで、 この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^.

次の