柏原芳恵 曲。 柏原芳恵さんの「春なのに」という曲の歌詞の意味がいまいち理解...

柏原芳恵

柏原芳恵 曲

柏原芳恵さんの「春なのに」という曲の歌詞の意味がいまいち理解できずにいます。 」という、失恋を表して知るのでしょうか。 また、卒業以外にも理由があるように受けとれます。 彼女は、卒業以外にどんな理由で彼と会えなくなると思っているのでしょうか。 彼が自分を好いていない、というのが理由だと思っているんでしょうか。 疑問系ではなく、「会えますよね」と確認のようなものを込めた肯定文だとおそらく思いますが、伝わりやすいように疑問文にしました。 言うつもりだったが、彼に「君の話しはなんだったの?」と聞かれたので、言えなかった。 なぜ、「君の話しは何だったの?」と聞かれたら「会えますよね」と言えないのでしょうか。 1番の歌詞とつながってて、友達が呼んでるから彼は友達の方に行こうとしていて、「あ、君の話は何?」「なんか言おうとしてたよね?」みたいな感じで、はやく彼女との話を切り上げて友達のところに行こうとしてる彼の態度 彼は悪気などは全くなく、彼女の気持ちに気づいてない天然 を感じ、自分と彼の想いの距離を感じて「これからも会えますよね」なんて言えなくなってしまったのでしょうか? また、1番の歌詞1行目で彼は「会えなくなるね」と言っているので、もう彼は会う気がないと知り、「これからも会えますね」とは言えなかったのかなとも思いました。 16行目の歌詞は、彼のボタンを貰い、失恋した悲しみや、彼への想い、彼との思い出 友達としての思い出 をボタンと一緒に空に捨てる、そんな気持ち、 ということですよね? この歌詞は、実際にボタンをもらったのではなく、独り言のような、心で彼女が思ってることだと思ったのですが、どう思いますか? 解釈が間違ってると思うところや、そもそも文章が読めてないところ、など、教えていただきたいです。 20歳なので、時代的に理解できてないところもあるのかもしれません。 些細な違いなども教えていただきたいです また、私はこの曲が大好き 歌詞は理解できてないですが なのですが、好きな方いたらどんなとこが好きかも教えて下さい。 ざっとですけど、要するにこの女の子の片思いが終わったって内容だと思います。 女の子はずっと彼のことを好きで、たまに喫茶店でお茶などもしていた。 でも男の子のほうは彼女に恋愛感情はまるでなく、卒業と同時にさようなら、もう会うこともないけど元気でね、という気持ちで最後の握手をしようとした。 それを悟ったので「卒業してもまたお茶しようね」と言えなくなった女の子。 「ごめん無理だ」って言われるのが辛いから。 会えなくなるのは卒業するからだけじゃなくて、彼女候補ではなかったからで、実際卒業式のあと(?)も彼は自分ではなく友達と予定がありそう。 そしてボタンの件も、あなたの解釈であっていると思います。 好きな人からのボタンをもらうことで恋心を満たす。 でもその恋は叶わないものであるので、諦める為に空に捨てる。 切ないですね。

次の

最愛 (柏原芳恵の曲)

柏原芳恵 曲

1」でデビューした、 歌手・柏原芳恵ちゃんを応援するページです。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 YOSHIE-chan! YOSHIE-chan! 赤い方が'99年玉川高島屋、白い方が'00年横浜高島屋の個展の時の物です。 (【赤】在庫僅かです、お早めに!管理人までお問い合わせ下さい。 (個人を非難中傷・批判する内容、輪を乱すような内容を含む。 当サイト内の画像・情報等の転載・無断複製を禁じます。 1」でデビューした、 歌手・柏原芳恵ちゃんを応援するページです。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 YOSHIE-chan! YOSHIE-chan! 赤い方が'99年玉川高島屋、白い方が'00年横浜高島屋の個展の時の物です。 (【赤】在庫僅かです、お早めに!管理人までお問い合わせ下さい。 (個人を非難中傷・批判する内容、輪を乱すような内容を含む。 当サイト内の画像・情報等の転載・無断複製を禁じます。

次の

柏原芳恵さんの「春なのに」という曲の歌詞の意味がいまいち理解...

柏原芳恵 曲

柏原さんは、同時代の代表的アイドル河合奈保子さんと並ぶ「Theアイドル」でした。 そんな 柏原芳恵さん、今はどうされているのでしょうか。 柏原芳恵さんの現在を調べてみました。 柏原芳恵さんは、1965年10月1日生まれ、大阪府大阪市ご出身です。 1979年秋、「スター誕生! 」(日本テレビ)に参加され見事合格、その後グランドチャンピオンになられます。 1980年6月に「ちょっと大物、夏ひとりじめ。 よしえはNo. 」というキャッチフレーズで、シングル「No. 1」(「柏原よしえ」名義)でデビューされます。 翌年1981年10月、7枚目シングル「ハロー・グッバイ」が大ヒットし、その年の「第23回日本レコード大賞」ゴールデン・アイドル賞を受賞。 その後、11枚目シングル「花梨」(1982年10月1日発売)より、「柏原芳恵」名義となられます。 以降、シングル曲「春なのに」や「最愛」等、ヒットを連発され、人気歌番組「ザ・ベストテン」(TBS)や「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ)の常連になり、「NHK紅白歌合戦」(1983・1985年)や「日本レコード大賞」(1981年~1987年)にも出場されました。 」コールが鳴りやみませんでした。 そして、あの皇太子さまも柏原さんのファンであられ、2年間イギリスへ留学に行かれた際は、部屋に彼女のポスターが貼られていたという事です。 また1986年10月に行われた、リサイタル「おんな飛翔」にもご出席・鑑賞され、バラ「プリンセスサヤコ」を一輪、彼女に贈られたそうです(そのお礼として、柏原さんは皇太子さまへ、サイン入りの写真集を贈られたとの事です)。 80年代後半になると、映画「必殺! ブラウン館の怪物たち」(1985年)、「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲」(1987年)、テレビ時代劇「暴れん坊将軍III」(1990年)や2時間ドラマ等、役者としての活動も活発になり、「はいからさんが通る」(1991年)といったミュージカルや舞台にも出演を重ねられました。 【柏原芳恵さんの現在】 80年代後半~90年代前半より役者の他に、グラビアの活動も行う様になり、写真集も多く出版されます。 そして、Vシネマ出演やライブ・ディナーショー等と、活動の幅を広げられます。 2017年7月に、自身の写真集「YOSHIE MODE」(徳間書店)が出版されます。 50代とは思えない抜群のプロポーションで、「また彼女に恋をしてしまいました」「永遠で現役最高のアイドルです!」とファンの方々を喜ばせました。 今年2018年には4月、ベストミニアルバム「芳恵 詩集」が発売され、12月には東京・大阪・茨城でクリスマスディナーショーが開催予定等、精力的に活動を続けられています。 相変わらずお綺麗です。 また、90年代後半~2000年代以降、テレビで見かける回数が少なくなった柏原さんですが、最近また幾つかのテレビ番組で、彼女の姿をお見かけする機会がありました。 2016年2月に放送されました「マツコの知らない世界」(TBS)にご出演、「春なのに」を熱唱され、「変わらない! 」とMCのマツコ・デラックスさんを驚かせました。 2018年4月24日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ)にご出演された柏原さんは、お笑いが好きで「吉本新喜劇」をよくご覧になられている事を話されました。 geocities. 美人でありながら、 1980年代に活躍した女性3人組のアイドルグループ「少女隊」を覚えてますか? その中で途中から加入し 1980年代後半〜1990年代にかけてバラエティーなどで人気のあった鈴木蘭々さん。 元気いっぱいで 1990年以降、色々なドラマに出演していた石田ひかりさん。 一時はテレビをつけると何かしらの番組に 1980年代中頃、夕方に『夕やけニャンニャン』というテレビ番組がありましたが、その番組にオーディショ.

次の