何 か が あっ た に 違い ない。 脚が細い人と太い人の決定的な違いとは?あなたはどっち [下半身ダイエット] All About

ことなかれ主義とやさしい人の違いは何でしょうか

何 か が あっ た に 違い ない

Wi-Fiルーターなどを購入する際に、MIMOやMU-MIMOなどの言葉を聞くことも多いのではないでしょうか。 この2つの違いはどこにあるのでしょうか。 今回はMIMOの概要やMU-MIMOとの違いについてご紹介します。 複数のアンテナを使い高速化したMIMO MIMOとは、Multiple Input Multiple Outputの略称です。 送受信側それぞれが複数のアンテナを用いて、同一周波数帯で同一通信を行うことで、通信を高速化させる技術です。 アンテナを増やすことで、電波も安定します。 MIMOは、「IEEE 802. 11n」に取り入れられ、Wi-Fiルーターなどで利用されています。 MIMOのメリット・デメリット MIMOは同一周波数帯を用いるので、周波数帯域を増やさなくても高速化できるメリットがあります。 一方で、送信される電波は合成波となり、これを通信したい情報にそれぞれ分離するためには演算が必要です。 そのため計算が複雑になり、アンテナの数が増えるほど消費電力も増えてしまうというデメリットも存在します。 また接続する端末の数が増えると通信速度が低下してしまいます。 出典元:KDDI 複数のユーザーに高速通信を提供するMU-MIMO MU-MIMOとは「Multi User MIMO」の略称です。 MIMOの中でも、複数の端末にデータを送信できる技術のことを指します。 MIMOは複数のアンテナを用いてデータの送受信を行う1対1の通信ですが、MU-MIMOはアンテナごとに異なる信号を複数の端末に送信する1対多の通信です。 MIMOは複数の端末に順番にデータを送信しますが、MU-MIMOは同時にデータを送信するので通信速度の低下を防げます。 またMU-MIMOには端末がある場所に最適な電波を送信する「ビームフォーミング」という機能が搭載されており、これで端末の位置を推測します。 電波の干渉が起きないように位相をずらして送信することで、複数の端末に同時に送信が可能になるのです。 MU-MIMOを利用する際の注意点 MU-MIMOを利用するためには、無線LANルーターとスマホなどの端末がどちらもMU-MIMOに対応していなければいけません。 またMU-MIMOは制御にアンテナを1本使うため、同時に送信可能なのはアンテナの本数から1本引いた数です。 3台以上になると速度が低下してしまいます。 出典元:KDDI ルーターと端末が両方対応しているかチェックを MUMOより通信を高速化させるMU-MIMOを使用するためには、ルーターと端末の両方が対応している必要があります。 Wi-Fiが遅いと感じたら、買い替える前にまずは対応しているかどうか確認しましょう。

次の

Wi

何 か が あっ た に 違い ない

「レジリエンス」とは、強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、「何かあっても立ち直れる力」のこと。 私はよく「しなやかな強さ」と訳します。 レジリエンスの入門書である本書では、もともと生態系と心理学の分野で発展してきたレジリエンスの考え方や、そこから教育、防災や地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で広がる取り組みをみていき、人生と暮らしのレジリエンスを高めるための考え方を紹介します。 先の見えない激動の時代をたくましく、しなやかに強く生き抜いていくためには、ひとり一人も家庭も、組織も、地域も社会も、レジリエンスの強化を考え、実行していくことがとても大事です。 持続可能性と幸せにつながるレジリエンスを高めるために、本書がお役に立つことを心から願っています。 まえがきより もともとは物理用語のひとつだった「レジリエンス」という言葉が、「外的な衝撃にも、ぽきっと折れてしまわず、しなやかに立ち直る強さ」という概念として、さまざまな分野で使われるようになったのは、それほど昔のことではありません。 しなやかな強さという意味での「レジリエンス」の概念は、生態系の分野と心理学の分野でそれぞれ発展してきました。 今ではそれらが重ね合うような広がりをもって、教育、子育て、防災、地域づくり、温暖化対策など、さまざまな分野で使われるようになっており、数多くの「レジリエンス向上」のための取り組みが展開されています。 レジリエンスの入門書である本書では、生態系と心理学の分野のそれぞれで、レジリエンスという考え方がどのように生まれてきたのか、そこから広がって、教育、防災や地域づくり、温暖化対策などのさまざまな分野で、どのようなレジリエンスへの取り組みが進められているのかを見ていきます。 英国や米国、オーストラリアなどでは、日本では考えられないほど、国としてレジリエンス強化に力を入れて取り組んでいるようすがわかっていただけると思います。 日本でも最近、政府の「国土強靱化」 ナショナル・レジリエンス の取り組みなど、「レジリエンス」という言葉を聞くようになってきました。 「国土強靱化」というと、国をコンクリートや堤防でがっちり固めるようなイメージもありますが、レジリエンスとは、ハード面を強固なものにすることではありません(強固すぎるとレジリエンスは失われます)。 東日本大震災でも、「東洋一の堤防」などハード面を強固なものにしたことで、「大丈夫」と安心していたところ、それが決壊して大惨事につながった地域もあります。 逆に、「かつてここまで津波が来たから、この下には家を建てないように」という石碑の教えを守り続けて、全員の人命を守った地域もあります。 本当のレジリエンスとは何なのか、どういった要素からつくり出すことができるのかを見ていきましょう。 また、米国などで盛んになりつつある、企業向けの「レジリエンス研修」が日本にも紹介されるようになってきました。 しかし、「折れない社員をつくる」、つまり社員のレジリエンスを高めるとは、どんな過酷な状況下でも会社のために働き続ける人をつくるためのものではありません。 同様に、いじめに対して、本人のレジリエンスを高めて、いじめられてもめげない強さを培うことも大事でしょうが、いじめが起きる環境をそのままにして、本人のめげない力を高めることで解決しようという取り組みは、自己責任論につながるだけで、真の問題解決にはなりません。 このように「レジリエンス」という言葉が日本でも使われるようになってきた現在、十分に理解されていないと感じるのは、「レジリエンスとは、システムの特性である」ということです 1。 システムとは、さまざまな要素が互いにつながったり影響を与え合ったりして、全体として何らかの営みをしたり機能したりしているものです。 レジリエンスとは、個別の要素の特性ではなく、そういった要素がつながってできているシステムの特性のひとつなのです。 組織のレジリエンスを高めたいのであれば、「社員のレジリエンスを高めればよい」と考えるのではなく、社員も経営陣をはじめとする内外のさまざまな環境・動機・行動など、さまざまな要素から成り立っている「組織」という「システム」のレジリエンスを高めるアプローチを考えなくてはなりません。 システム思考の第一人者のドネラ・メドウズ氏が言うように、「従業員がうまくいっていないのに、会社はうまくいくということは不可能」なのです。 のちに紹介するオーストラリア政府の「レジリエンス教育」プログラムは、日本と同じ悩みである、いじめ問題への対処として立ち上げられたものですが、その内容は、単にいじめられている子やいじめている子だけではなく、ほかの子どもたちも含めたクラス全体、教師、学校、地域などからなる、「システム」への働きかけを重視するものです。 完璧ではないでしょうが、よいお手本のひとつになると思います。 今後の不確実で不安定な世界に生きていく上で、個人にとっても組織や地域、社会にとっても、「レジリエンス」は、大事な考え方であり、日本でもさまざまな分野で取り組みが広がってほしいと強く願っています。 その際に、「レジリエンスの意味するもの」について、誤解や部分的な理解ではなく、「レジリエンスとは本来どういうものなのか」をしっかり理解した上で、取り組みを進めてほしいと思い、本書を書きました。 これからの激動の時代をたくましくしなやかに強く生き抜いていくために、私たち一人ひとり、それぞれの組織や地域、そして社会全体がレジリエンスの大事さを理解し、持続可能性と幸せにつながる「本当のレジリエンス」を高める取り組みが広がることを願ってやみません。 枝廣淳子.

次の

「恋心」にあって「好意」にはない5つのことって何?(1/2)

何 か が あっ た に 違い ない

Something good must have happened to herはまったく正しいです。 Did something good happen? といいますので。 She must have got something good. 下の文のほうが多かったです。 がOKならShe must have got something goodも言えることになります。 ただ、Something good must have happened to herのほうが「何か嬉しいことがあったに違いない。 」の意味としてはあてはまると思います。 She must have got something good. は 何かいいものを見つけたに違いない、ともとれます。

次の