どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン。 違約金を負担してもらえるいつでも解約サポートとは?制度があるポケットWiFi・WiMAXの種類や乗り換え先や乗換方法

どんなときもWiFiのお得なキャンペーンを紹介!

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

今のプロバイダに不満があって 「とにかく早く安くWiFiを乗り換えたい!」という人も多いと思いますので、まず最初に結論をお伝えしようと思います。 そもそもWiFi自体いろいろあって、なんだかわかりにくいですよね! そこで、先ずは WiFi3種類の違いや金額を分かりやすくまとめてみました。 スマホのデータ通信料を節約できる。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 BroadWiMAXは月額料金が最安値! 1つ目のポイントは、 BroadWiMAXの月額料金がとても安いこと! せっかくWi-Fiを乗り換えするのに、今よりも料金が高くなってしまうのは絶対避けたいですよね。 BroadWiMAXは、 データ容量の月間制限がないギガ放題プランでも、どこよりも月額料金が安いんです。 固定回線を契約している人だと、光回線の料金とプロバイダ料金を合わせて5000円以上かかっている人が多いと思います。 ですが、BroadWiMAXならプロバイダ料金のみで良いので、 月額2,726円〜と非常に安いです。 端末も、なんと最新のものを無料で使うことが可能です。 デメリットがほとんど見当たらないですよね! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 広く知られている例としては携帯電話(スマートフォン)の 「2年縛り」ではないでしょうか。 これは、2年契約という 決められた契約期間"以外"で「解約」や「乗り換え」をすると、解約金や違約金が発生するシステムです。 しかし、契約満了後に契約を更新した場合も再び 『2年間契約』となり、再度この契約期間満了前に解約をすると解約金が発生してしまうのです。 そのため、 WiFiを解約する理由は様々だとは思いますが、最初に契約したプロバイダのサービスが、 思っていたより良くなった、料金をもっと安いプロバイダに変更したい!と言う理由から解約したい方もいるでしょう。 やはり、そこでネックになるのは 『解約違約金』ですよね。 本当は、もっと早くプロバイダを変更したいのに、 契約満了月が遠くて解約できない場合があります。 そうすると、満足していないサービスに月額料金を支払わないといけませんし、乗り換えたい他社のお得なキャンペーンに間に合わない場合もあります。 とても簡単です。 また、BroadWiMAXを使ってみてやっぱりポケットWiFiより固定回線が良いと感じた人のために、業界初の『いつでも解約サポート』として、 BroadWiMAXから他社の固定回線へ乗り換える場合のみ解約違約金が0円になるサービスもあるのです! WiFiのヘビーユーザーのみならず、はじめてWiFiを購入する方も安心できる良いサービスではないでしょうか? また、BroadWiMAXは、月額のデータ容量制限がない「ギガ放題」プランの月々の使用料が、 2ヶ月間2,726円、その後も月々の 使用料金は3,441円と、他プロバイダに比べて圧倒的にお得です! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 BroadWiMAXに違約金の請求書を送付 保存したYahoo! WiFiの請求書を、BroadWiMAXにメールで送付しましょう。 あて先は info wimax-broad. jpです。 メール内容には、「違約金の負担をお願いします。 」など、違約金負担についてだとわかるような内容にしましょう。 その後手続きのメールが届くので、口座等の指定をすれば、1ヶ月後を目安に 最大19,000円まで振込してくれます。 この違約金負担キャンペーンの金額は、あくまでも「最大」が19,000円。 なので、もし以前使っていたプロバイダの違約金が9,500円だったら、9,500円が振り込まれる事になります。 必ず満額の19,000円をもらえるわけではないことを覚えておきましょう! 違約金負担があるので乗り換えにおすすめのBroadWiMAX。 なんと、 もしBroadWiMAXを使ってみて不満があった場合、他社のポケットWiFiや光回線に無料で乗り換えが出来るんです! いつでも解約違約金が無料になるサービスなので、BroadWiMAXに乗り換えて損をすることはありません。 そんなの 「いつでも解約サポート」について解説します。 いつでも解約サポートの乗り換え先は? BroadWiMAXの「いつでも解約サポート」の乗り換え先は、全部で12種類あります。 ポケットWiFiプロバイダ• どんなときもWiFiは、通信制限がないのが話題ですよね。 3日10GBの制限が乗り換えの理由なら、どんなときもWiFiをおすすめします。 ホームルーター• 工事不要で家のコンセントにさすだけで、すぐに快適なネット環境が手に入れられます。 ソフトバンクスマホを利用している方なら、自宅のインターネットをセットにすることで割引がありますよ。 光回線プロバイダ• もう外出先でWiMAXを使うことがなくなったり、家で高速インターネットを楽しみたいという人は光回線へ乗り換えましょう。 光回線プロバイダはたくさんあって悩みますが、携帯電話会社と同じにすると料金が安くなったりしますよ。 いつでも解約サポート利用の流れ いつでも解約サポートを利用するには、電話またはWebから問い合わせができます。 固定回線サービスの場合 固定回線が開通したら、「いつでも解約サポート」の電話窓口に連絡してください。 電話連絡後、BroadWiMAXが解約となります。 いつでも解約サポートは、 手間がかからず、無料で簡単にネット環境がかえられるのが大きなポイントと言えますね。 違約金もかからず、しかも面倒な乗り換え先の手続きまで行ってくれるという、なんてすごいサービスなのでしょう! しかも 「いつでも解約サポート」は、BroadWiMAXを〇ヵ月利用後などといった利用期限がないので、いつでも利用できる安心サポートです。 不安な点は電話やチャットですぐ聞けるのも魅力です。 中には解約後に端末の返却が必要な場合もあるので、手続きの際にしっかり確認してください。 公式サイトではわかりやすく動画で紹介もしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 WiFiの契約満了時期っていつなの? さて、絶対に違約金を支払いたくない場合、WiMAXの解約や乗り換えの際に重要になるのが 「契約満了のタイミング」です。 余計なお金(=解約金・違約金)は払わないで済むに越したことはありませんから、解約金が発生しない契約満了月に解約や乗り換えするのがベストです。 しかし、この契約満了のタイミングも結構厄介なのです。 契約満了っていつなの? 厄介な理由としては、まず、 契約満了となる月が何月なのかものすごくわかりづらいのです。 例えば、3年縛りのプランを1月に利用し始めた場合、契約満了月は何月になるのでしょうか? 実はこの場合の 契約満了月はプロバイダによって様々なのです。 これはどういうことなのか、具体的に説明していきましょう。 なので、1月から利用し始めた場合は2月から実質の契約スタートとなり、37ヶ月目である3年後の1月が契約満了月になります。 3年契約の場合、契約満了は37か月後 しかし、解約金や違約金がかからないのは実はこの月ではなく、その翌月(=契約更新月)になります。 なので、そもそも「解約金がかからない月=契約満了月」と思っている人もいると思いますが、これは間違いです。 正しくは 「解約金がかからない月=契約更新月」になります。 よって、 1月に利用を開始した場合は3年後の2月が解約金がかからない月になります。 プロバイダによっては37ヶ月目ではなく 38ヶ月目が解約金がかからない月になることもあります。 また、一部プロバイダで利用開始月の月額料金が無料になるところもあり、その場合はさらにもう1ヶ月先になることもあります。 更には、解約金が発生しない月でもその月の 月末だともう解約対応を受け付けてくれないこともあります。 とにかく契約するプロバイダの解約満了月については、事前に確認するようにしましょう。 他社からの乗り換えを支援するBroadWiMAXの解約金がかからない月は、「契約更新月」の1ヶ月間です。 契約更新付きの1ヶ月間のみ、違約金がかかりません。 それ以外の月は違約金が発生することを頭に入れておきましょう。 乗り換えするとキャッシュバックキャンペーンは貰えない? さらに乗換時期の注意点として挙げられるのが、いくつかのプロバイダがキャンペーンで行っているキャッシュバック金額の入金時期です。 例えばGMOとくとくBBでは、末端発送月を含む 11ヶ月以内に解約してしまうとキャッシュバックがもらえません。 他にも特典の適用外となる場合として• 料金未納によるサービス一時停止や強制解約• ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受け取り口座の連絡をいただけなかった場合• またはお受取口座情報に不備がある場合• 解約しようと考え中の方は、キャッシュバックを貰える時期も踏まえて乗換時期を考えることをおすすめします。 さいごに:とにかく事前に知っておくことが大事!.

次の

どんなときもWiFiからの乗り換え先に最適なWiFiサービスを全力で紹介します!|たびやしゃ

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

どんなときもWiFiのおすすめポイント どんなときもWiFiの利用を考えているなら、まずはどのような特徴を持ったサービスなのか、基本的な理解を深めておくことが大切です。 特徴的なポイントは、次の5つがあげられます。 インターネットが好きなだけ使い放題• 外出先でも使える• プラン選びに悩まない• 海外でも利用可能• 工事が必要ないのにすぐに使える そもそもどのようなサービスなのかを知り、自分に合っているかどうかをチェックしておきましょう。 インターネットが好きなだけ使い放題 月々のデータ容量が決まっていないどんなときもWiFiでは、 通信制限なしで使い放題であることが大きな魅力です。 他のモバイルルーターサービスでは、使い放題のプランでも直近3日間で10GB以上利用すると、一時的に通信制限がかかることが多いですが、どんなときもWiFiにはこの制限もあります。 制限なしで使い放題であるため、動画の視聴やオンラインゲームなど、大容量通信を頻繁に行う人におすすめです。 ただし短期間でネットワークを占有してしまうほどの通信量だったり、不正利用などがあったりすると制限がかかることはあるため注意しなければなりません。 通常利用している分には速度制限のないサービスであるため、使い方を間違えなければ常に快適に利用できます。 外出先でも使える どんなときもWiFiはモバイルルーターサービスであるため当然外出先で利用できますが、その範囲が広い点は大きな魅力です。 どんなときもWiFiはクラウドSIMという技術を導入しており、端末ではなくクラウド上に通信接続のSIMを保管しています。 クラウドにはauとソフトバンク、ドコモの3つのキャリア回線のSIMが保管されているため、それぞれに接続可能です。 状況に応じて3つの回線を自動で切り替えて接続できるので、対応エリアは非常に広く、 全国ほぼすべてのエリアを網羅しているといえます。 その時々で最適な回線に自動で接続されるため、常に快適な通信環境を実現しやすく、場所が変わっても性能を落とさずに利用しやすいです。 プラン選びに悩まない 他社のモバイルルーターサービスではプランがあまりにも多く、どれにすべきかと悩むことも少なくありません。 どんなときもWiFiではプランは1つだけであり、悩まずすぐ契約内容を決められる点も大きな特徴です。 プランが固定であるためコストの管理もしやすく、いくらかかるのか費用の計算もシンプルでしょう。 海外でも利用可能 どんなときもWiFiは 国内だけではなく、海外でも利用できます。 海外利用の際にも特別な手続きは不要であり、端末の電源を入れるだけですぐに使えます。 海外で使用する場合は渡航先によって料金が変わり、月額ではなく使った日数に応じて料金が請求されると考えましょう。 そのため例えば3日海外に行ったとしても、使用したのが1日だけなら請求されるのは1日分の料金のみです。 海外でも手続きなしで簡単に使えるだけではなく、状況に応じて使うかどうかを決め、費用を最低限に抑えられる点も大きな魅力でしょう。 工事が必要ないのにすぐに使える モバイルルーターサービスのどんなときもWiFiは光回線のように 自宅で回線工事を行う必要がありません。 端末の電源を入れるだけで使えるため、工事不要で手間をかけずにWiFiが使える点も、おすすめポイントの1つです。 工事が不要であることで利用開始までの手間は少なく、かつ初期費用もほとんどかからないといった魅力もあります。 加えて端末は申し込んでから遅くとも1週間以内には到着するため、契約から利用開始までのスパンが比較的短いです。 すぐに利用でき、かつエリアを選ばずに利用できるため、旅行によく出かける人や転勤などで引っ越しが多い人にも向いているサービスでしょう。 ので、ぜひご一読ください。 キャンペーンを適用することでお得に使える場合は多いですが、基本の料金を知っておかないと本当に安く使えるのかどうかが判断がつきにくいです。 料金システムから実際の月額料金まで知り、金銭的な負担がどれくらい発生するのかを把握しておきましょう。 料金は2年間ずっと変わらない 他社のモバイルルーターサービスでは使用月ごとに料金が変動するケースが多いですが、どんなときもWiFiではこの心配がありません。 契約期間は2年であり、契約時から更新月まで料金は変わらないため、コストの計算がしやすいです。 他社では最初の数ヶ月のみ安く、特定の期間以降は月額料金が高くなって、結局契約期間のトータルで見ると高額な費用がかかっているということも少なくありません。 月々の支払いは3,480円~ 契約時から更新月までコストが変わらないだけではなく、毎月3,480円 税抜 と比較的安価であることも、どんなときもWiFiの魅力です。 他社モバイルルーターサービスでは、使い放題のプランだと月額4,000円程度になることも少なくありません。 それらと比較するとどんなときもWiFiは月額料金が数百円程度安く、かつ通信制限もなく利用できるため、コストパフォーマンスのよいサービスといえるでしょう。 どんなときもWiFiのキャンペーンは2種類 どんなときもWiFiでは、月額料金の割引についてのキャンペーンが実施されています。 キャンペーン内容はクレジットカード払いと口座振替払いのどちらを選択するかで異なります。 支払い方法が変わるとキャンペーンで得られる割引額も違ってくるため、それぞれの違いを把握した上で、支払い方法を決めましょう。 クレジットカード払いのキャンペーンの特徴 クレジットカード払いだと月額料金の割引が受けられ、よりお得にどんなときもWiFiを利用できます。 モバイルルーターサービスはクレジットカード払いを基本とすることが多く、複数の支払い方法が選択できる他社でも、カード払いのほうが充実した特典を得られることは多いです。 24ヶ月月間930円の割引がある クレジットカード払いを選択すると、 契約時から24ヶ月間で月額930円の割引 が受けられます。 月額3,480円で利用できるため、より安価でモバイルルーターサービスを使えます。 また、25ヶ月目以降は割引の内容が異なり、長期割となって430円 税抜 の割引が適用されることも覚えておきましょう。 割引額は小さくなってしまうものの、常に割引を受けながら使える点はどんなときもWiFiならではの魅力といえます。 法人契約であれば口座振替も可能 月額930円 税抜 の割引が24ヶ月続くキャンペーンは、通常クレジットカード払いを選択した場合のみ適用されます。 しかし法人契約の場合は口座振替を選択しても、例外的に同様のキャンぺーンが適用可能です。 これが可能なのは法人のみであり、個人で口座振替を選択すると、口座振替用の別のキャンペーンが適用されます。 口座振替払いのキャンペーンの特徴 支払い方法で口座振替を選択した場合は、クレジットカード払いとは別のキャンペーンが適用されます。 モバイルルーターサービスでは口座振替を選択できるプロバイダは少ないため、この支払い方ができるという点は魅力といえます。 ただしクレジットカード払いと比較すると、割引率が低かったり、別途費用がかかったりして、コストが高くなりやすいこともあります。 クレジットカード払いより料金は高い 口座振替を選択した場合は契約時から24ヶ月目までの割引額が少なくなります。 24ヶ月間の割引は月額430円となり、月額料金は3,980円 税抜 でクレジットカード払いよりも毎月500円コストアップします。 また24ヶ月間の割引が終了した後は、クレジットカード払いのように長期割に切り替わることもないため、月々のコストは4,410円 税抜 です。 クレジットカード払いのプランよりも費用が高額なのはもちろん、プロバイダによっては他社のモバイルルーターサービスよりもコストが高いため、口座振替は金銭的な負担が大きいと考えましょう。 口座振替手数料が必要 割引額が小さくなるだけではなく、口座振替だと振替手数料が必要となり、かかるコストは増大します。 振込手数料は毎月200円 税抜 であり、結果的に実質の月額料金はクレジットカード払いよりも700円 税抜 上がると考えましょう。 毎月700円もコストアップすると、例えば 2年利用すると16,800円 税抜 もの差ができてしまうため、どんなときもWiFiを利用するならクレジットカード払いを選んだほうが確実にお得です。 どんなときもWiFiを契約するときの注意点 お得に契約し、快適にどんなときもWiFiを利用するには、注意点も把握しておく必要があります。 違約金が高い• 25ヶ月目から料金が高くなる• 解約時は端末を返却する これらのポイントは詳細まで理解しておき、契約時に失敗や損をしないようにしましょう。 違約金が高い どんなときもWiFiは2年の自動更新契約であり、契約途中での解約には違約金がかかります。 解約するタイミング次第では、高額な違約金が発生することもあるため、注意しなければなりません。 0〜12ヶ月目に解約した場合は、違約金は19,000円 税抜 でもっとも高額となります。 13〜24ヶ月目に解約する場合は、14,000円 税抜 の違約金です。 25ヶ月目の更新月に解約するなら違約金は無料であり、以降は9,500円 税抜 がかかります。 解約するなら違約金が発生しない更新月を狙うか、少しでも違約金が安くなるタイミングまで待ったほうがよいでしょう。 25ヶ月目から料金が高くなる 月額料金の変動がないどんなときもWiFiですが、25ヶ月目以降は割引内容の変更によって、コストアップする点には注意が必要です。 クレジットカード払いを選択している場合だと、24ヶ月目までは3,480円 税抜 のところ、25ヶ月目から3,980円 税抜 と500円高くなります。 そのまま使い続けても構いませんが、お得に使いたいなら月額料金が上がるタイミングで一度解約し、新規で契約し直すとよいでしょう。 割引が切り替わるタイミングなら更新月であるため違約金は発生せず、解約しても余計なコストを出さずに済みます。 新規契約を組み直すなら再度割引が適用されるため、お得に使い続けるには契約更新月に解約し、新たに契約を組み直すことがおすすめです。 解約時は端末を返却する どんなときもWiFiでは端末は 買取ではなくレンタル品として使用しているため、解約時には返却しなければなりません。 解約後は所定の期間までに返却する必要があり、期限までに返却しないと18,000円 税抜 の機器損害金が発生します。 また期限内に返却した場合でも、返却物に不備があったり、端末が故障や破損していた場合は同様に18,000円 税抜 の機器損害金を支払わなければなりません。 機器損害金は高額であるため、余計なコストを出さないためにも解約後の返却は速やかに行い、使用時には壊さないように丁寧に扱うことを心がけることが大切です。 どんなときもWiFiの申込方法は どんなときもWiFiの申し込みは公式サイトから行います。

次の

どんなときもWiFiからの乗り換え先に最適なWiFiサービスを全力で紹介します!|たびやしゃ

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

どんなときもWiFiコロナウィルス対策の設備増強工事とは どんなときもWiFiの利用者が増えてきた場合、株式会社グッドラックは携帯電話会社との契約を変更して帯域を増強する工事を行うことになります。 この工事には、おおむね数週間の準備期間が必要です。 その準備期間の間に、接続帯域の変更に関わるさまざまな契約書を締結したり、工事日程の調整を行ったりします。 工事日当日には、携帯電話会社の接続装置の制限帯域を変更するための設定変更を行い、問題がなければ工事完了、ということになります。 どんなときもWiFiコロナウィルス対策の設備増強工事が行われるとどうなる? お昼休みや通勤通学時間帯など、接続帯域が混雑していることが通信品質の低下の原因である場合は、携帯電話会社と株式会社グッドラックの接続帯域の増強が行われると、通信が快適になります。 ただ、お客さまの通信品質の低下の原因が接続回線区間の帯域ではない場合は改善できません。 特定の駅や地下鉄、イベント会場などの人口密集地でのみ起きるような通信品質低下の場合は、混雑しているのが携帯電話会社の基地局設備や無線区間である場合があります。 こういった通信品質低下は、株式会社グッドラックによる設備増強で改善することは期待できません。 また、ネットワーク装置の追加やリプレースなどの設備増強工事は、現時点で発生している混雑への対策というよりも、長期的な処理能力の確保や、設備運営の安定化を目的に、予防的に行われることもあります。 こういった設備増強工事の場合は、終了後に直ちにお客さまの電波や速度が変わることはありません。 どんなときもWiFiはコロナウイルス発生前は通信障害はなかった? どんなときもWiFiは、コロナウイルス発生前は通信障害などは一時的にありましたがすぐに復旧していました。 通信不具合が頻発したり長期に及ぶことはありませんでした。 ただし、時間帯によって通信速度が遅いことはありました。 どんなときもWiFiには混雑しやすい時間帯がありました。 具体的には午前7~9時の通勤・通学の時間帯、午後0時~2時のお昼休みの時間帯、午後5~7時の退勤や下校時間、そして午後9時~11時の帰宅後の時間帯です。 これらの利用者が集中する時間帯は格安SIMの通信速度が落ちていました。 どんなときもWiFiコロナウィルスによる利用者増で、通信速度は変わる? どんなときもWiFiがキャリアから借りた回線を利用者間で分け合う仕組みとなっています。 回線を複数車線の道路、データを車と例えると、車が多いと、道路は混雑して速度は落ち、渋滞で動けなくなります。 車 が少ないと、当然速度が上がり、進みやすくなります。 借りる回線の量は株式会社グッドラックが決めていますが、利用者の急激な増減などで、その回線の量が適切ではなくなってしまうこともあります。 これは帰省ラッシュ時の高速道路のような状態です。 利用者増加への対策として株式会社グッドラックでは回線の増強等をしていますが、回線の増強には一定の期間を要するので、実際に対策が実施されるまでにはどうしてもタイムラグが出てきてしまいます。 新型コロナウイルスのせいでWiFi使えなくなりましたと主張するどんなときもWiFiさん 補償内容は使えない時期の日割り料金免除とかナメてんのかカス — とんぬ ぱわた ptriots10nula どんなときもWiFiは死にました。 株式会社グッド・ラックはこの状況でも新規申し込みやテレビCMを止めない糞馬鹿企業です。 コロナウイルスを理由にしても構わないので今すぐに倒産してください。 — VITORIA! VEGALTAの中の人 vitoriavegalta どんなときもWiFiが名前負けしている。 どんなときも 繋がりにくい WiFiになっている。 でも原因の1つにコロナウイルスの影響があるらしいから何とも言えない。 別のポケットWiFiに変えるしかないのかね。 SARSも収束に半年以上かかってるし、コロナはSARS以上の世界的混乱なので今年中に収束するかもわからない。 下手したら永久に収束しない。 それでもどんなときもWiFiはサービス提供出来るのかよ。 — y. toshiya1982 Toshiya1982Y どんなときもWiFi~きた説明の中にあったけどコロナウイルスの影響関係ある??会社自体に不信感しかない。 本日WiFiが届いたのですが、全く使い物にならないので解約したいのですが、WiFiの乗り換え先のオススメを教えて下さい。 — なぽ PUYsqb2Q2SeGVPC どんなんときもwifi、やはりコロナウイルスの混乱によるものだった。 ウチは悪くないんや!って言ってるような謝罪メール要らないんで。 なんでもかんでもウイルスに責任転嫁すればいいと思ってんなよ — めろんきゅん a. 角野としひろ melon0613 どんなときもWiFi 回線がコロナウイルス🦠に感染して通信障害になったらしい😡 — game game86790254 コロナウイルスも大変な事になっていますが、『どんなときもWiFi』も何で今…って感じですよね。

次の