カラオケの鉄人。 「カラオケの鉄人」の鉄人化計画、新型コロナの影響で16億円の赤字へ(東京商工リサーチ)

カラオケの鉄人に行って採点してみた!

カラオケの鉄人

全国から絞り込み• 北海道 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 茨城県 0• 栃木県 0• 群馬県 0• 新潟県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 山梨県 0• 長野県 0• 岐阜県 0• 静岡県 0• 愛知県 0• 三重県 0• 滋賀県 0• 京都府 0• 大阪府 0• 兵庫県 0• 奈良県 0• 和歌山県 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 徳島県 0• 香川県 0• 愛媛県 0• 高知県 0• 福岡県 0• 佐賀県 0• 長崎県 0• 熊本県 0• 大分県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0.

次の

【カラオケの鉄人 船橋店】舞浜・浦安・船橋・幕張・カラオケ・パーティ

カラオケの鉄人

首都圏でカラオケルーム62店舗を運営する鉄人化計画。 業績悪化が顕著だ(記者撮影) 8月3日、「カラオケの鉄人」を運営する鉄人化計画(東証2部上場)の臨時株主総会が、都内でひっそりと開催された。 内容は新たな取締役人事の決定。 創業者の日野洋一氏がこの6月、筆頭株主の資産管理会社を通じて行った株主提案だ。 参加した株主は約70人。 株主からは「いままでの経営陣の何が問題だったのか」や「社長の解任請求が求められていなかった場合はどのような打開策を考えていたのか」など、業績悪化に対しての認識を問う質問が相次いだ。 しかし、経営陣からは「議案の趣旨とは外れる」ことを理由に明瞭な説明がなされることはなく、約1時間で臨時株主総会は終了。 創業者側が行った人事案は、結局賛成率約94%で可決された。 創業者が社長の解任を要求 会社側が6月12日に開示した資料によれば、役員の更迭を迫った日野氏は「独断的職務遂行の取締役の解任と当社のための当社生え抜きの社員による経営への回帰」を理由に、当時社長だった堀健一郎氏の解任と取締役4名の選任を迫っている。 結果、堀氏は6月末で社長と取締役を辞任。 日野氏は資産管理会社と個人保有で鉄人化計画の39. 2%の株式を保有する。 創業者の提案に他の株主の大半も賛同したことになる。 この臨時総会は「生え抜きの社員による経営への回帰のため」に招集されたにもかかわらず、同日の取締役会が社長に選んだのは、日野氏の資産管理会社の役員を務める岡﨑太輔氏だった。 会社側はその理由を「ガバナンスの一層の強化のため」と説明する。

次の

鉄人化計画

カラオケの鉄人

『カラオケの鉄人』(通称:カラ鉄)が テレワーク向けのサービスに力を入れている件に関しては、でもお伝えした。 未だ収束の気配をみせない新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を余儀なくされる人は増え続けている。 そんな中カラ鉄はさらに強力なキャンペーンを打ち出した。 なんと 980円(税抜)ポッキリでお部屋が11日間使い放題なのだというが……そんなうまい話があっていいのだろうか? 念のため店舗へ急行してみた。 ・人、激減 都の外出自粛要請が明けた月曜、いつも賑やかな新宿・ 歌舞伎町はお正月並みに人通りが少ない。 わずかに歩く人々もみな、遊びに来たというわけではなさそうな雰囲気だ。 カラ鉄に出入りする人も見当たらない。 っていうか………… 閉まってるゥ!!! きけば一連の新型コロナウイルス騒動の影響で、店舗によっては臨時休業や営業時間短縮を行っているとのこと。 利用する人は事前に電話やホームページなどで確認してほしい。 営業中だった店舗へ行き「テレワークパスを……」と告げれば即座に発行してもらえた。 通常のカラオケ同様、受付表に名前等を記入するだけでOK。 ・お得でしかない カラ鉄の 『テレワークパスポート』は3月27、30、31、4月1、2、3、6、7、8、9、10日の計11日間、開店〜19時までの間で使い放題という内容だ。 「4月10日までの土日を除く全平日」というふうに理解すればいいだろう。 こういう場合よくあるのが「1店舗限定」等といった制限だが、今回のキャンペーンは 東京・神奈川の全店舗(一部例外あり)が対象。 税込1078円を支払ってパスを手に入れてしまえば店舗を変えても利用でき、おまけに同日の店舗移動も可能というから驚きである。 そしてさらに驚くべきは…… ドリンクバー込み!!!!! 11日間毎日利用すれば室料だけでも100円を切るというのに、通常800円(フリータイムの場合)のドリンクバーが込みとあっては赤字覚悟どころか 「完全な赤」である。 利用するのが申し訳なくなるほどだ。 ・環境に不足なし 広いカラ鉄フロアは正午現在、2組ほどの在室があるのみでガランとしている。 通されたのは本来なら5〜6人で利用するような広い部屋だ。 疲れたら横になれるけど寝てはいけない。 店舗や部屋によると思われるが、今日私が通された部屋には電源差し込み口が4つも完備。 Wi-Fiもサックサクである。 個人的に「カラオケはテーブルの位置が低い」というイメージがあった。 しかし今回の部屋は座るとテーブルの高さがヘソのやや上くらいであり、これは自宅の仕事机と大差ない。 肩や腰に爆弾を抱えるテレワーカーにも優しい造りになっているぞ! ・ただし…… 当然といえば当然であるが、今回のテレワークパスポートには禁止事項がある。 それは 「カラオケの利用とアルコールの提供」だ。 あくまで今回のプランはテレワーク難民に対する カラ鉄の粋な計らい。 テレワークパスでカラオケ歌いに来る不届き者はいないと思うが、念のため注意しておこう。 カラオケ店は「行くべきではない場所」として論じられることも多いのが現状である。 しかし問題なのは「他人との接触」であって、カラオケ店自体は何も悪くないのだ。 いつもお世話になっている店から客足が遠のき、苦しい経営を強いられることは誰しも望むところではない。 ちなみに今回のプラン、通常のカラ鉄ルールと同様に飲食物の持ち込みは不可だが、確認したところ 途中外出が可能。 お腹が空いたらどこかへ食べに行ってもいい ……が! カラ鉄ではが充実していることもお伝えしておきたい。 店と客が手を取り合えば、この苦境を乗り越えてゆけると私は信じている。 そしてきっとカラ鉄も同じ想いなのではないだろうか。 ……と、いうわけでカラ鉄の『テレワークパス』、明日(3月31日)購入すれば計9日間利用できるぞ! 急げ! Report: Photo:RocketNews24.

次の