ドライバー スイング 基本。 ドライバーとアイアンの違い。打ち方やスイング、アドレスの違い

【図解】ドライバーの打ち方を綺麗なスイングで打つための3ステップ

ドライバー スイング 基本

ゴルフスイングの基本はこれ! インサイドイン クラブヘッドが内側から入ってきて内側に抜けていく軌道がゴルフでは良いと言われています(図解では赤いラインです)。 これを身につけることで、安定した振りができるので大叩きすることが減ってきます。 オンプレーン インサイドインで振れると、クラブのシャフトがインパクトプレーンに沿って降りてきます。 これがゴルフの基本になり、理想的なインパクトを迎えることができます。 アマチュアのNG例 アウトサイドイン ゴルフでは、図解の黄色の矢印のように外側から内側にヘッドが通ることを言います。 飛距離も出なくなり、フェースの向き次第で、引っ掛けになったり、スライスになったり不安定になります。 原因は、手や腕でクラブをコントロールしようとするからです。 プロや上級者は、ダウンスイングのとき、体重を左に移動してからクラブを降ろしてきます。 体重を移動することで内側にクラブを降ろしやすくなります。 逆にアマチュアの方は、肩や手から動かし始めるので、そのまま打ちにいき、外側からクラブが降りてきてしまうので、球にカット回転がかかって右に曲がってしまいます。 インサイドアウト ゴルフでは、図解の黄色の矢印のように内側から外側にヘッドが通ることを言います。 その軌道だと、プッシュ(球が右側に飛び出す)したり、フックしたりします。 ボールの曲がり幅が大きいと距離も出ません。 フェースがかぶってインパクトを迎えると、チーピンになる恐れがあります。 アマチュアゴルファーは、飛ばそうとするとダウンスイングで右肩が下がりやすくなるので、極端に内側からヘッドを降りてきやすくなります。 右肩が下がると、インパクト後グリップが身体から離れしまい、クラブは外側に抜けていってしまいます。 正しいゴルフスイングの基本 クラブの長さによってスイングに必要な要素は変わりますが、どんな時も守らなければいけない動きというものがあります。 ゴルフ初心者や中級者は必ず習得していただきたい基本的なポイントです。 スタンス幅やトップ位置、フィニッシュの位置は打ち方によって変わります。 グリップ グリップは唯一カラダと接するところです。 「ゴルフのほとんどのミスはグリップが原因」というほど、グリップが間違った握り方をしていると、スイングは良くてもインパクトで緩んでしまって、フェースの向きが狂ったり、打点が安定しないので飛ばなかったりします。 方向性も悪くなります。 正しいグリップの握りがナイスショットを打つためには必要になります。 ゴルフ初心者の方からベテランの方まで、改めて自分のグリップについて再確認してみてください。 図解のグリップは「インターロッキング」と言います。 タイガー・ウッズ、松山英樹もこの握り方です。 ゴルフグリップの基本的な握り方をまとめました。 ぜひ、チェックしてみてください! アドレス ゴルフでは、アドレスの向きで方向性が決まってきます。 アマチュアは、ターゲット方向を見ながらアドレスを合わせます。 左側にOBがあると、左に行かないように身体が反応して、右に右にとアドレスを取ってしまいます。 ナイスショットを打ったとしても右にプッシュしたようになり、結果、トラブルになってスコアを落としてしまいます。 アドレスを取るときは、クラブヘッドのフェースをターゲットに合わせてからアドレスを構えましょう。 上半身の前傾角度をキープする ゴルフボールを打つ基本のポイントが、前傾角度のキープです。 初心者だけでなく中級者にもよくあるダフリ・トップ。 このミスはスイング中に上半身の前傾角度が変わってしまうことが大きな原因です。 アドレスで作った前傾角度をキープしましょう。 前傾角度をキープするためには、図解のように、背骨に一本の棒が入っているような意識を持って、背骨を軸として回転するように振りましょう。 また、猫背になっているとブレ幅も大きくダフリが増え、反対に背を反りすぎると上体が起き上がりやすくトップする確率が上がります。 頭を動かさない(ビハインド・ザ・ボール) ゴルフスイングでは、アドレスからインパクト、フォロースルーにかけて軸がブレないことが基本になります。 スウェー(ターゲット方向や後方に体が流れる)してブレ幅の度合いが大きければ大きいほど球をミートすることが出来なくなります。 安定させる秘訣は「頭」です。 腰や肩は移動しても頭の位置が動かないようにすることで自然と軸が作れます。 動かしてはいけないのは顔ではなく頭の位置です。 球より左側、つまり飛球線方向に頭がブレなければOKです! 打ちにいこうとして上体を突っ込ませず、リラックスして振る事が効果的です。 ゴルフ初心者は特に意識してください。 リズム ゴルフには、3つのリズムがあります。 リズムが悪くなると必然的にミスをおかしています。 ゴルフは歩くスポーツですので、テンポや歩幅が狂ってしまうだけでもリズムが崩れてきます。 カートから降りて自分のボールのところに行く短い間でも、同じ歩幅歩いてみることを意識するだけでも、テンポが良くなりリズムも良くなってくるでしょう。 「インサイドイン」基本の練習方法 ゴルフで、インサイドインで振るには、どんなイメージを持てばいいでしょうか?ゴルフ雑誌やレッスン動画の図解などでは、円軌道をイメージさせていますが、なかなか練習しても身につきませんよね。 今回は「八の字ライン練習方法」をご紹介します。 打ちっぱなしや自宅で素振りするときに効果的ですので、ぜひ試してみてください。 ゴルフボールを頂点にして、クラブまたはアライメントスティックを「八の字」に置いてください。 テークバック、ダウンスイング、フォローまで「八の字」をなぞるようにヘッドを直線的に動かします。 これを意識することで、ヘッドを動かす方向が具体的にイメージできるようになります。 外側から入ってくる人の場合は、インサイドから入れるイメージが出ますし、アウトサイドに振り抜く人は、インパクト後にインサイドに振り抜きやすくなります。 八の字のラインを意識することで、どのタイミングでインサイドに振り抜けばいいのかがわかるようになります。 ゴルフ|ドライバーとアイアンショットの基本 ドライバーは、ほとんどティーアップして浮いている球を打っていきます。 アイアンの場合は、ほぼ地面からのボールを打っていきます。 アイアンとドライバーでは環境がまったく異なりますので、打つ時のイメージを必ず変えなければいけません。 ドライバー ゴルフでドライバーを打つ時は、図解のように適度なアッパーブローで打つことをイメージしてください。 適度にというのは、ほぼ横から打つレベルブローに近いアッパーブローです。 ほんの少しだけ上昇軌道で打つことを意識してください。 アッパーブローで打ったほうがバックスピン量を減らすことができるので、ランの出る(転がる)ボールを打つことができます。 ランが出ると飛距離を稼ぐことができます。 注意点としてアッパーブローになりすぎると、明治の大砲のような形になるので、ダフったりチョロしたりのミスが出やすくなります。 気をつけましょう。 ドライバーはティーアップできるという環境がありますので、適度なアッパーブローで打つことを意識してください。 ゴルフでドローが打てるとカッコイイですよね!ぜひ、チャレンジしてください。 飛距離アップ間違いなし! 基本の動作を身につける! ハーフスイングを徹底練習する(ビジネスゾーン) 図解を見てください。 クラブヘッドの通り道のインパクト前後の動きになります。 最初は、アドレス幅から動かし、膝の高さ、最終的には腰の高さまで上げて、インパクト前後の動きを安定させる範囲になります。 その範囲を徹底的に練習します。 ゴルフでは、インパクトが安定することで芯に当たる確率が高くなります。 毎回同じスピン量、高さで飛んでくれるので、狙ったところに運ぶことができます。 ゴルフでは、左右の曲がりも嫌ですが、縦の距離感もコントロールできないとストレスが溜まってきます。 飛距離が伸びても、狙ったところに落とせないと良いスコアを出すことができません。 ビジネスゾーンを練習して打点が一定に揃うと、ピンの位置、レイアップ(次打打ちやすい所)する場所に球を置くことができます。 リズムが一定になると調子を崩したときでも、最低限のショットが打てるので、大幅なスコアの崩れがなくなります。 飛距離を出すにはまず芯に当てることが大切です。 特にドライバーは、いくらヘッドスピードが早くても芯を外すとまったく飛んでくれません。 ビジネスゾーンをマスターすると、手打ちが無くなるので、ゴルフボールは遠くまで飛んでいきます。 参考にどうぞ。 次のコンペに間に合うかも!.

次の

ゴルフはやさしく!ドライバーのスイング軌道はストレートに!

ドライバー スイング 基本

アドレスに入った時は 色々なことを考えず 出来る限り 無心になること。 また、体全体が 安定するようにし 力を入れ過ぎないように構えることも大切。 2 背骨を中心に イラスト 2)のように 肩の回転と同時に 腕を引くように スイングを始動させる。 ここでは クラブヘッドを飛球線の後方に真っ直ぐ引くイメージだが クラブをインサイドに 腕を引き過ぎないこと。 左右の体重移動でボールを飛ばすのではなく 体の回転を利用する訳だから クラブを引くと同時に 体を 左右に動かさない。 3 バック スイングでは 肩の回転が 腕の振りをリードするように 肩を確り回転させ 腕の振りを押さえ気味にして クラブを引き上げていく。 腕は 背骨を中心とする 肩の回転運動が 無駄なく クラブヘッドを加速するために使い易いような位置、即ち、体の回転の力を クラブヘッドのコントロールとスピードアップに無駄なく使うのに最も都合の良いところに動かす。 バック スイングで 体重は 通常 右足により乗ることになるが あくまでも 体の回転運動を 効率良く利用して 安定した リピータブルな スイングすることに配慮し 体重移動は あまり大きくせずに 重心移動が最小限になるようなスイングにすることが望ましい。 肩の回転をフラットにし 腕の振りを ややアップライトにするくらいのバランス意識で 良いだろう。 腕を 横に振って 手が腰の周りを動くようでは 良くないし 逆に 腕を 高く上げ過ぎたり 頭の後ろにまで引いたりする打ち方も 効率が悪い。 体重を 逆に ここで左足により乗せる スタック・アンド・ティルト打法というスイング理論さえあるくらいで 体重移動に関しての定説はない。 背中がターゲットの方を向くまで 肩が確り回転すれば 腕は 然程 振り上げなくとも 手の位置は イラスト 4 のように 十分な高さまで上がる。 肩の回転と 腕の振りの関係に対する正しい認識なしに 肩が十分回転している状態で 腕を高く振り上げれば オーバー・スイングになる可能性が高い。 5 フォワード スイングでは 下半身が その動きをリードするようにして 腕をゆっくり落として行くが クラブヘッドが手よりも遅れて落ちるように 腕と手の力を抜く。 肩の回転に両腕が付いて行くイメージで 左右のバランスをキープする。 この時、下半身は右足で蹴るような動きになるが それが出来れば イラスト 5 のような形ができる。 腕とクラブは出来る限り 一定のスピードで振るようにし インパクトの瞬間に合わせて 力を入れて スイングのスピードをアップさせようとか 手首を インパクトの時に合わせて反そうと言う考え方や意識は 排除しよう。 6 インパクトは 1 ~ 5 の動きの結果で ここで フェースが開いたままであれば スライスになるだろう。 このステージでは 落としてきた腕を 水平に 横に振って ボールを 確り 捕まえるイメージ。 ここで 左腕は 旋回 スーピネート する訳だが リストを瞬間的に反すような意識は 厳禁。 左腕は 素直に 水平に 引くこと。 7 フォワード スイングの動きは 下半身がリードする形で始動し それに続いて 腕を落としていくが クラブヘッドが 腕よりも遅れて落ちてくるように 腕は ゆっくりと落とす。 上半身は 肩の回転に両方の腕が付いて行くように 左右の力がバランス良く使えるよう 肩が背骨に対して なるべく直角な位置関係で プロペラのように 回転させる。 フォロースルーでは 上半身が左に突っ込まないよう注意すべきだが 逆に 体重と重心が右側に移動して 背骨が右に傾き過ぎるのも良くなく 回転軸が 前後左右に ブレないようにバランスをとることがポイント。 8 フォロースルーからフィニッシュでは 左 前足 に体重を移動させる。 ドロー、フェードなど、ショットの打ち分けは フィニッシュの高さや方向を変えることで。 フィニッシュで 体のバランスが崩れるようなら スイング全体の流れやバランスに問題がある。 その他の注意点 以上が ドライバーショットの打ち方の基本と注意点であるが ドライバーは 最も長いクラブだから スイングプレーンは 最もフラットなものになる。 肩の回転をフラットにするイメージで 腕も応分に横から振ることになろうが ダウンスイングの前半では 腕を落とす意識でいた方が良いだろう。 正しいスイング軌道は インサイド・スクウェア・インで そのインパクト時のイメージは 右図のとおりである。 なお、ダウンスイングのステージの前半から 上半身の重心を左に移動させ始めてしまう人がいるが それでは 背骨が右に傾くという形にならず ダウンスイングのプレーンが バックスイングよりも立って アウトサイド・インのプレーンになり スライスボールが出るスイングになってしまうだろう。 また、パワーのソースは ボディーターンで 腕や手首の動きではないということも忘れずに。 手首は インパクトの時に意識して反すのではなく ボディーターンと共に自然と インパクトから フォロースルーにかけて反るものである。 インパクトの時に 手首を反そうとするような動きは ショットの方向性、安定性に悪影響を及ぼすだけだから 決して手首はこねくり回さないようにしよう。 ゴルフ用具の知識 最後になるが 自分の打ち方や 癖にあった仕様のドライバーを 選ぶということも ドライバー ショットの改善と言う観点からは 大切なことである。 そうした意味では 当サイトの で説明しているコンテンツ(特に、、、、、などの頁)も 参照下さい。

次の

図解!ゴルフの基本がわかる初心者スイング入門書

ドライバー スイング 基本

アドレスに入った時は 色々なことを考えず 出来る限り 無心になること。 また、体全体が 安定するようにし 力を入れ過ぎないように構えることも大切。 2 背骨を中心に イラスト 2)のように 肩の回転と同時に 腕を引くように スイングを始動させる。 ここでは クラブヘッドを飛球線の後方に真っ直ぐ引くイメージだが クラブをインサイドに 腕を引き過ぎないこと。 左右の体重移動でボールを飛ばすのではなく 体の回転を利用する訳だから クラブを引くと同時に 体を 左右に動かさない。 3 バック スイングでは 肩の回転が 腕の振りをリードするように 肩を確り回転させ 腕の振りを押さえ気味にして クラブを引き上げていく。 腕は 背骨を中心とする 肩の回転運動が 無駄なく クラブヘッドを加速するために使い易いような位置、即ち、体の回転の力を クラブヘッドのコントロールとスピードアップに無駄なく使うのに最も都合の良いところに動かす。 バック スイングで 体重は 通常 右足により乗ることになるが あくまでも 体の回転運動を 効率良く利用して 安定した リピータブルな スイングすることに配慮し 体重移動は あまり大きくせずに 重心移動が最小限になるようなスイングにすることが望ましい。 肩の回転をフラットにし 腕の振りを ややアップライトにするくらいのバランス意識で 良いだろう。 腕を 横に振って 手が腰の周りを動くようでは 良くないし 逆に 腕を 高く上げ過ぎたり 頭の後ろにまで引いたりする打ち方も 効率が悪い。 体重を 逆に ここで左足により乗せる スタック・アンド・ティルト打法というスイング理論さえあるくらいで 体重移動に関しての定説はない。 背中がターゲットの方を向くまで 肩が確り回転すれば 腕は 然程 振り上げなくとも 手の位置は イラスト 4 のように 十分な高さまで上がる。 肩の回転と 腕の振りの関係に対する正しい認識なしに 肩が十分回転している状態で 腕を高く振り上げれば オーバー・スイングになる可能性が高い。 5 フォワード スイングでは 下半身が その動きをリードするようにして 腕をゆっくり落として行くが クラブヘッドが手よりも遅れて落ちるように 腕と手の力を抜く。 肩の回転に両腕が付いて行くイメージで 左右のバランスをキープする。 この時、下半身は右足で蹴るような動きになるが それが出来れば イラスト 5 のような形ができる。 腕とクラブは出来る限り 一定のスピードで振るようにし インパクトの瞬間に合わせて 力を入れて スイングのスピードをアップさせようとか 手首を インパクトの時に合わせて反そうと言う考え方や意識は 排除しよう。 6 インパクトは 1 ~ 5 の動きの結果で ここで フェースが開いたままであれば スライスになるだろう。 このステージでは 落としてきた腕を 水平に 横に振って ボールを 確り 捕まえるイメージ。 ここで 左腕は 旋回 スーピネート する訳だが リストを瞬間的に反すような意識は 厳禁。 左腕は 素直に 水平に 引くこと。 7 フォワード スイングの動きは 下半身がリードする形で始動し それに続いて 腕を落としていくが クラブヘッドが 腕よりも遅れて落ちてくるように 腕は ゆっくりと落とす。 上半身は 肩の回転に両方の腕が付いて行くように 左右の力がバランス良く使えるよう 肩が背骨に対して なるべく直角な位置関係で プロペラのように 回転させる。 フォロースルーでは 上半身が左に突っ込まないよう注意すべきだが 逆に 体重と重心が右側に移動して 背骨が右に傾き過ぎるのも良くなく 回転軸が 前後左右に ブレないようにバランスをとることがポイント。 8 フォロースルーからフィニッシュでは 左 前足 に体重を移動させる。 ドロー、フェードなど、ショットの打ち分けは フィニッシュの高さや方向を変えることで。 フィニッシュで 体のバランスが崩れるようなら スイング全体の流れやバランスに問題がある。 その他の注意点 以上が ドライバーショットの打ち方の基本と注意点であるが ドライバーは 最も長いクラブだから スイングプレーンは 最もフラットなものになる。 肩の回転をフラットにするイメージで 腕も応分に横から振ることになろうが ダウンスイングの前半では 腕を落とす意識でいた方が良いだろう。 正しいスイング軌道は インサイド・スクウェア・インで そのインパクト時のイメージは 右図のとおりである。 なお、ダウンスイングのステージの前半から 上半身の重心を左に移動させ始めてしまう人がいるが それでは 背骨が右に傾くという形にならず ダウンスイングのプレーンが バックスイングよりも立って アウトサイド・インのプレーンになり スライスボールが出るスイングになってしまうだろう。 また、パワーのソースは ボディーターンで 腕や手首の動きではないということも忘れずに。 手首は インパクトの時に意識して反すのではなく ボディーターンと共に自然と インパクトから フォロースルーにかけて反るものである。 インパクトの時に 手首を反そうとするような動きは ショットの方向性、安定性に悪影響を及ぼすだけだから 決して手首はこねくり回さないようにしよう。 ゴルフ用具の知識 最後になるが 自分の打ち方や 癖にあった仕様のドライバーを 選ぶということも ドライバー ショットの改善と言う観点からは 大切なことである。 そうした意味では 当サイトの で説明しているコンテンツ(特に、、、、、などの頁)も 参照下さい。

次の