アレルギー対策 枕。 ハウスダストアレルギーなのに掃除の仕事をしている私が症状軽減のためにやっていること|毎日交換用枕カバーの作り方も紹介★

ふとん寝具とアレルギー

アレルギー対策 枕

ふとんアレルギー症状と原因 アレルギー症状の涙、くしゃみ、鼻水は、花粉とかダニ、カビなどのアレルゲンが主な原因と考えられます。 ある日突然症状が現れます。 アレルゲンは布団のどこに アレルゲンとなっているダスト、ダニ、カビは布団のどこにいるのか?ダストは別にしてダニとカビは湿気を必要してます。 ふとん寝具で湿気を含むところは、圧倒的に敷き寝具と言えます。 体を圧着させているため湿気も熱も敷き寝具に移動しやすいためです。 羽毛布団などの掛け寝具にも湿気は含まれますが、掛け寝具は空気と接しているため乾燥のスピード速く、ダニ、カビが好む環境は敷き寝具の比ではありません。 湿気の原因は体から出る水分以外に結露によるものがあります。 結露とは暖気と冷気の境目に発生する現象です。 温められた敷き布団と冷たい床との接する面で結露が発生します。 この部分においてカビが発生することがよくあります。 アレルゲンの居場所として見落としがちなのが枕です。 以外と首とか頭は汗をかきがちです。 そして呼吸する際に最も近い所にあるのが枕です。 その次に、寝具と接している床とかカーペットにいます。 ダニの死骸とかダストは震動とか風により移動します。 舞い上がったものは自然と落下します。 当然落下地点は布団の表面であったり床に落ちます。 ふとんアレルギー原因と対策 アレルギー原因の除去 アレルギーの原因には、花粉、ダスト、菌類、ダニ・・等があげられますが、寝室での主な原因物質は、ダスト、ダニ 死骸、排泄物等も含 と言われています。 花粉は、屋外で干した時に布団に付いた花粉が原因です。 あるいは寝室の外から入った花粉が原因です。 布団に付けない様にすれば良いわけです。 原因物質を除去し阻止するには、寝具を頻繁に洗濯をすることと乾燥をしてダニ退治することです。 さらに寝具の内部にダニなどのアレルギーの基となるアレルゲンの侵入を防ぐカバー等使用することです。 ダニ、カビ等を増やさないためには、布団の湿気を取ることです。 毎日できることは、布団を敷きっぱなしにせずに、敷き布団を床から離すか折たたむだけで乾燥の効果があります。 ふとん寝具を洗濯したりカバー交換をする際に床に置いてするわけであり、まずは床の掃除が必要となります。 室内環境全体に注意する必要があります。 その特徴としては、4つの小さな空気穴を持ち、軽くて、保温力がある。 また、吸湿性が1%以下であり乾燥が簡単である。 回復性に優れてソフトな肌触りでり、乾燥機の使用もOKと紹介されています。 これらの特徴は、寝具を清潔にするために洗濯をすることができ、高温乾燥によるダニ退治が効果的にできる中綿素材と云えるのではないでしょうか。 また、防ダニ対策を施したカバーとあわせてご使用になれば一層効果的でしょう。 長繊維をシート状にした綿のふとんができています。 家庭洗濯ができ、脱水後、天日で3~4時間程度で乾くので気軽に洗濯ができます。 ダニ・ほこりを阻止 ダニ、ダストを布団に寄せ付けないためには、やはり高密度に織られたカバーを掛けるのも一つの方法です。 寝具店の考えでは、羽毛布団は生地自体が高密度に織られたものであり、ダニの阻止には掛け寝具として最適のように思います。 詳しくは、こちらののページをご覧ください。 花粉の季節にふとんを屋外で干す場合は、花粉対策用の屋外用カバーが販売されています。 ダニ、花粉、カビ等のアレルゲンの除去は、 室内環境全体に注意する必要があります。 また、ダニは湿気を好むので、 寝具の湿気を吸収するシートも販売されています。 高密度カバー お子様が幼い頃に喘息であったため羽毛布団の使用を避けていたが、寒いというのでアレルギー対応のカバーを掛けて、親の羽毛布団を使わせたが喘息は起こらなかった。 そこで新たに購入を検討しているが、当店の商品は大丈夫かとのお問い合わせでした。 アレルギーに対して100%大丈夫と断言はできないが、のページを紹介してお勧めできる旨を伝えたところ羽毛布団をご購入頂きました。 その後、アレルギー対応のカバーを掛けて問題なくご使用頂いている旨の連絡を頂き安心いたしました。 アレルギー対応のカバーは有効だと考えられますが、アレルギーの方において全て上手くいくとは考えられません。 アレルギーをおこすアレルゲンがどこに存在しているか?可能性が高いのが、枕、敷きふとん、毛布などに注意する必要があると考えます。 アレルギー関連サイトの紹介.

次の

【楽天市場】洗えるダニハウスダスト対策布団を適正価格にて直売!国産:スザキーズ楽天市場店[トップページ]

アレルギー対策 枕

去年の春ごろから、息子は鼻水やくしゃみ、咳が多くなりました。 花粉症かな?と思っていたのですが、秋ごろには咳がもっとたくさんでるようになってしまいました。 もし同じようにダニアレルギーと診断された方がいらしたら、、、と参考までに 「ダニアレルギー。 起きたことから、対処方法まで」を書きたいと思います。 ダニアレルギーとは ダニアレルギーは英語で 「Dust mite allergy」と言います。 家にいる、そしてダニアレルギーに一番影響する「ヒョウヒダニ」は、年中生息しており、特に春から夏にかけて増殖します。 その後、秋にかけて死ぬのですが、アレルギーはその 死骸やフンに反応して起こりやすいです。 つまり、 特に秋に症状が出やすいのです。 息子のアレルギーが判明するまで 昨年の春。 その年は花粉の量がとても多く、私はすでに花粉症なのですが薬を飲んでいるにもかかわらず、あまりの花粉の量に毎日クラクラしていました。 同時期、息子が咳や鼻血をよく出すようになり、あれ?まさか??と思って、小児科に連れて行ったところ、「症状からして花粉症かな?」と市販の花粉症薬を勧められて終了しました。 アメリカの小児科はそんな感じで、その時点ではアレルギーチェックはしませんでした。 しかもその時期は息子と同じクラスの子も発熱やら鼻血やら、花粉症になった!という子が続出していましたし、クラスのお母さんに聞いても病院で同じような対応をされていました。 で、薬を飲むとまあ少しは収まるかな。。。。 と、そんなこんなで気が付けば夏になり、たまに咳が出ていたけれど、あまり気にしませんでした。 そして、秋。 また咳が再発。 特に夜がひどい。 寝ているときに咳がひどく、ぐっすり眠れないぐらい咳がでて、目の下にはクマができてる。 こりゃまずい、と再び小児科に行くと、アレルギー、もしくは喘息の可能性があるから、アレルギー検査しようか、と採血後検査結果を待つこと1週間。 出ました! Dust mite!! え?!ダニいますか?! これでもちょくちょく掃除して、そこそこ部屋はきれいなんですけれど。。。。 もちろんもちろん、気が付く場所をどんどん掃除して構いません。 ただ、Dust miteアレルギーは、ダニの死骸やフンを吸引してしまうことが原因。 ダニがよく生息し、死骸やフンが出る場所を、まず徹底的に掃除しましょう。 ダニは、 マットレス、寝具、布張りの家具、カーペットおよびカーテンに生息しています。 が、その中でも一番影響を与えるのは、 マットレスと寝具。 特に子供は 1日の10時間弱を寝て過ごすので、マットレスと寝具を対策することが重要です。 確かに、息子の咳は寝た後が多かった。。。 といっても、ベッドマット。。。 えっ?!買い替え? ベッドマットや枕をこれを機に買い替えても構いませんが、またダニが発生してしたらまた買い替えますか? それより、死骸やフンが飛散しない 防塵用またはアレルゲン不透過性のカバーを使用すれば、十分対策できます(医師がまず第一にやるように、と言っていたのがこれです)。 実際に我が家が購入した商品のレビューは、後述します。 また、すべての寝具や毛布、専用のカバーなどはHOTの状態で1週間に1度は洗濯をしてください。 ぬいぐるみなども洗濯できるものに交換したほうがよいでしょう。 可能であれば、寝室はなるべくカーペットなど無駄な布類を取り除き、モップや雑巾でほこりを取り除きましょう。 HEPAフィルター内蔵なので、アレルゲンのダニや小さなほこりなどのごみをしっかりキャッチして、空気中に戻しません。 おかげで掃除機をかけている最中~終わってから、部屋にほこりっぽさはなく、掃除機をかけるとなんだか部屋の空気まできれいになった気がします(大げさかな?でもそう感じるんですよ)。 そのために湿度は50%以下をおすすめします。 除湿器またはエアコンを使用してください。 フレグランスはアレルギーや喘息の人に刺激を与え、悪化させる場合がある、とも言われています。 Seventh GenerationのFree&Clearの無香料洗剤はおすすめの一つです。 また、ローションなども無香料にしたほうがいいでしょう。 この VANICREAMは、にも書いたのですが、染料、ラノリン、香料なしのシンプルなローションで、花粉症で肌が荒れていた私はこれを使い始めて、まったく肌荒れがなくなったという、本当に奇跡の商品。 アレルギーなどで肌荒れが続いている方は、試してみるといいかもしれません。 アレルギー対策用のベッドカバーと枕のレビュー 小児科の先生と話し合った結果、まず ベッドカバーと枕をアレルギー対策用のものに変更すること。 それでも落ち着かなければ、もう少し対策範囲を広げましょう、ということになりました。 そこで、急いでベッドカバーと枕カバーをAmazonでチェックして購入。 結果、ベッドカバー、枕カバー、そしてついでに枕とマットレスも 変更したらぴたりと息子の咳が止まりました。 アレルギー対策用の商品は、まず ポリウレタン系かコットンか、に分かれます。 ポリウレタン系のほうが目が細かく、安価です。 一方コットン素材では、目が細かい製法にすると、高値な商品になります。 まず、枕は Aller-Ease社のアレルギー用の枕にしました。 この枕は ふかふかですごく気持ちがいいです。 ただ枕の中身はコットンではなくポリエステルなので、自分で枕の形を変えて眠りたい人にとっては、ふかふかが強いかもしれません。 枕がアレルギー対策用なので、もしかしたら必要ないかもしれないのですが、勢いで買ってしまったこちらも アレルギー対策用の枕カバーです。 ポリウレタン系の商品ですが、ツルツル光っているわけでもなく、若干パリッとしているなー、程度です。 言われなければ、コットン、と言われてもよくわからないと思います。 この枕カバーは、ポリウレタン系ですが 中温で洗濯、低温で乾燥させています(本当は高温で思いっきり洗濯するのが好きなのですが、ぐっと我慢。 )が、今のところそれほど劣化は目立ちません。 そして、マットレスをすべて覆うマットレスプロテクターは、ジッパーを使ってしっかりマットレスを包み込むタイプにしました。 当たって痛くないようにジッパーが奥にしまえて、カバーできるようになっているのは、よくできた商品だと思います。 こちらも ポリウレタン系の商品なので 少しサラサラとした肌触りですが、カシャカシャ眠るときに耳障りなわけでもないので、寝心地は悪くありません。 ただ問題なのが、 洗濯。 この商品、表面はコットンっぽくできていて寝心地は問題ないのですが、 裏面(内側)はツルツルのビニールコート。 なので、 洗濯機にかけると、内側に水が溜まって、脱水した後なのに内側びちょびちょ。 だから 乾燥機も最初、裏返して内側を乾燥させて、その後表に返して外側を乾燥させなくてはいけません。 これがまあ、めんどくさい~~!!!!! しかも、ポリウレタン系なので一応心配で、最初低温乾燥にしていたのですが、まったく乾かない。 ので、思い切って 中温乾燥しています。 今のところ、ダメージは見つからないので、まあいいか。 注意して!! というわけで、ガンガン洗濯、乾燥したいので、初期投資が高いけれど コットンの商品を買うことを、絶対おすすめします! ちなみにこのベッドカバーは子供用ベッドのサイズが売っていなかったので、もうじき変えようかな、と思っていたこともあり、ベッドマットなども一気に変更しました。

次の

防ダニ布団「アレルギークリア」 山清環境アレルギー研究所

アレルギー対策 枕

ダニアレルギーを起こすダニの種類は、チリダニの一種である ヤケヒョウヒダニと コナヒョウヒダニ。 いずれも家の中に多くいるダニで、生きているダニが問題になるわけではなく、死骸やフンに含まれるタンパク質がアレルギーの原因(アレルゲン)となります。 ダニによるアレルギーは、皮膚炎や結膜炎、鼻炎など、さまざまな症状として現れます。 また、気管支喘息の原因としても知られています。 1年を通じて鼻がグズグズするという通年性のアレルギー性鼻炎の原因のひとつは、ダニによるものです。 気になっている人は、アレルギー検査を受けるといいかもしれません。 ダニアレルギーがあっても対策をとらない!? 通年性のアレルギー性鼻炎のある患者さんの人数は、なんと2200万人。 このうちダニが原因でアレルギーが起こっていると推測されるのが、400万人です。 これほど多いにもかかわらず、「アレルギー性鼻炎をもつ患者の意識と行動に関するアンケート調査」によると、なんとその多くが治療をしていなかったり、アレルギー対策をとっていなかったりしていました。 しかも、こうした人たちの半数以上が、『鼻アレルギー診療ガイドライン』では症状が中等度以上であることも判明。 調査では「重症度分類と自覚症状の程度との間に大きな乖離が認められた」と報告しています。 今すぐ実践!有効なダニアレルギー対策5つ アレルギー症状の改善には、「 アレルゲン(ダニ)を減らすこと」が大切。 しかし、ダニの大きさは0. 2~0. 5mmぐらいで、目には見えないため、室内のダニをゼロにするのは現実的ではありません。 そこで、ポイントを抑えたダニ対策が大切です。 そのポイントとは、「 ダニを死滅させること」と「 ダニの死骸やフンを減らすこと」。 人の髪の毛やアカ、フケなどのエサが多いところなので、そこに対策を集中させましょう。 具体的には、次のような方法が勧められています。 掃除機がけは吸引部をゆっくりと動かし、1 畳あたり30秒以上の時間をかける• 掃除機がけは週に2 回以上行う• 布張りのソファやカーペット、畳はできるだけやめる• ベッドのマット、布団、枕にダニを通さないカバーをかける• 布団は週 2 回以上干す。 困難なときはふとん乾燥機で湿気を減らす• 週に 1 回以上、布団に掃除機をかける• フローリングなどホコリのたちやすい場所は、拭き掃除の後に掃除機をかける• シーツ、布団カバーは週に 1 回以上洗濯する (鼻アレルギー診療ガイドライン2020) このほか、防ダニ布団カバーなどの専用グッズも有効です。 ソファのクッションやぬいぐるみなどは、ダニの温床になりやすいので気をつけて。 治療と環境づくりでつらい症状を改善 一方、ダニアレルギーに対する治療には、薬物療法とアレルゲン免疫療法があります。 前者は鼻水や鼻づまりなどの症状を和らげる治療法で、 漢方薬の「 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」なども用いられています。 一方、後者はダニに対するアレルギー体質を根本から治療する方法で、新しい治療法です。 いずれにしても、先に紹介したアレルギー対策と一緒に実践していくことが大事です。 参照 認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク 鼻アレルギー診療ガイドライン2020 アレルギー性鼻炎をもつ患者の意識と行動に関するアンケート調査 愛知県衛生研究所 こちらも参考に! 悩み別漢方「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ」 悩み別漢方「小児喘息」 悩み別漢方「アレルギー性鼻炎・花粉症」.

次の