過 保護 の カホコ 最終 回。 過保護のカホコあらすじ・ネタバレ10話(最終回)じぃじが行方不明?とカホコの決意!

『過保護のカホコ』最終回、2つの注目ポイント!

過 保護 の カホコ 最終 回

過保護のカホコ最終回(10話)ネタバレと感想 カホコは初代を失った悲しみがなかなか癒えず、泉も看病疲れで体調を崩してしまいます。 しかしカホコはそんな泉に改めて初との結婚を認めてもらえるように頑張ると宣言します。 妻を亡くして落ち込んでいる祖父・福士(西岡德馬)を心配してカホコは家を訪ねますが、家の中は人気がありません。 電話を掛けると、「バアバに会いに行ってくる。 そこにはバアバとの思い出がいっぱい詰まってるから。 もう探さないでくれ」と言って切られてしまいます。 ジイジは死のうとしているのではないか? 嫌な予感がしたカホコは警官の衛(佐藤二朗)に協力を仰ぎ、そこへ環(中島ひろ子)や節(西尾まり)も駆け付けてきます。 カホコは福士が行きそうな場所に心当たりはないかと尋ねますが誰も思い当たりません。 そこへ節から連絡を受けた泉が電話を掛けてきて、福士は自宅にいるに違いないと言います。 慌てて福士の家に戻ったカホコは庭の隅でうずくまっている福士を発見します。 しかし彼はそこから動こうとしません。 カホコは初代から聞いた福士との思い出話を語り、「元の明るくて、いたずら好きで、すぐ『皆で一緒に写真撮ろう』って言うジイジに戻ってよ」と励まします。 娘たちからも口々に励まされ、ようやく元気を取り戻した福士は早速皆で写真を撮ろうと言います。 そこへ福士を心配して衛が駆け付けてきますが、環と離婚した今はもう家族ではないからと言って写真に入ろうとしません。 カホコは初の力も借りつつ、衛と環がお互い辛い時だからこそ一緒にいるべきだと懸命に説得します。 その言葉を聞いた衛は「俺は君とずっと一緒にいたい!ここにいる皆とも!」と泣きながら環に訴えます。 衛の言葉に心を動かされた環は彼の手を握り、今度は簡単に別れないようカホコと初に承認になってもらおうと言います。 福士は今度こそ皆で写真を撮ろうと言いますが、カホコはまだ糸(久保田紗友)がいないから全員が揃ってからにしようと言います。 一方糸はチェロを売却するために楽器店を訪れていました。 糸がチェロを売りそうな店に目を付けて見張っていたカホコはそこへ飛び出して行き、チェロを奪って逃走します。 チェロを奪い返そうとする糸にカホコは自分がお金を出してチェロを買い取り、糸が必要になったらあげると言います。 どうしてそんなにお節介なのかと尋ねる糸。 カホコは 「どんなことがあっても糸ちゃんはカホコの家族であることはやめられないから。 どんなに嫌われてもカホコは糸ちゃんのこと守るから。 バアバと約束したから。 糸ちゃんとカホコの糸は切らないから」と語りかけます。 初も「自分が大好きな物から離れちゃだめなんだよ!」と懸命に説得し、糸は渋々ながらチェロを受け取り、もう売らないと約束します。 その帰り道、父方の実家に寄ったカホコと初。 教子(濱田マリ)は二階の空きテナントに親とあまり一緒にいられない子供たちがいつでも自由に集まって来られる場所を作ろうと着々と準備を進めていました。 借金の問題がまだ解決できていないと言う教子にカホコは自分の貯金を使って返済してほしいと通帳を渡します。 また、カホコはここで皆と一緒に働かせて欲しいと頼みます。 そして初との結婚を認めてほしいと頼むと、全員祝福してくれます。 正興(平泉成)と多枝(梅沢昌代)から結婚式は一生に一度だからした方がいいと勧められ、いよいよ泉と正高(時任三郎)に認めてもらわなくてはと覚悟を決めるカホコたち。 改めて泉と正高に向き合った二人。 まずカホコはこれからのことについて、教子が作ろうとしている子供たちのための施設で働くために保育士の資格を取りたいと言います。 「いつか人を幸せにするために働きたいって言ったけど、これがカホコの出した答えです」 正高はカホコがそう言うなら、と承諾します。 そして結婚について「今度の水曜日に婚姻届を出したいと思います」と言うカホコ。 結婚式は初の育った施設にある教会で、ドレスもケーキも用意が済んでいると聞き、正高と泉は唖然とします。 住む所はどうするのかと問われ、カホコは福士と一緒に済み、バアバが今までずっと守ってきた家を自分が守っていきたいと答えます。 正高は「パパはママがいいって言うなら賛成。 親子の縁を切ってまでカホコに結婚して欲しいと思わないから」と言います。 泉は初に 「私が聞きたいのは私以上にカホコを幸せにする覚悟があるかどうかよ」と問い掛けます。 辛い不妊治療の末に死ぬ思いで産んだ娘。 初は離婚すれば他人になれるけれども、自分はカホコの人生に一生責任を負わなくてはいけない、と話します。 「あなたに何ができるの?あなたはせいぜい愛するだけでしょ?」 初はそんな泉に、 「どんな時も彼女の傍にいて、この手を離さないで、いつかお母さんに認めてもらえるように歯食いしばって頑張りますから!」と力強く訴えます。 泉は「じゃ、勝手にすれば」と言って立ち去ってしまいます。 そして迎えた結婚式当日。 正高は泉を説得しますが、やはり会場に連れてくることはできませんでした。 福士は落ち込んでいても仕方がないので皆で写真を撮ろうと言い出しますが、ケーキをひっくり返し、弾みでドレスも破いてしまうというとんでもない事態に…。 正高は家に電話を掛け、再び泉に来るように説得します。 カホコが今日結婚式をすることにこだわっていたのは、今日が自分たちの結婚記念日だからだと話します。 「なあ泉、俺たち今までカホコを守るための壁だったけど、 今は逆にあの子が乗り越えられない壁になってないか? だったら門を開けてあげようよ。 あの子の未来だけは買ってあげられないんだから」 正高の言葉にようやく「分かった」と言う泉。 しかし、泉は自分の王国から一人で出る勇気がありません。 「泉、お前も今、壁を超えるチャンスだぞ」 せっかくの結婚式が台無しになってしまったカホコたちの前に決死の覚悟で境界線をくぐり抜けた泉が現れました。 泉はちょっと上手くいかなかっただけで結婚式をやめてしまうのかとカホコたちを叱咤し、自分が用意してきたケーキやご馳走の材料、衣装や小道具などをテキパキと車から出して家族たちにもう一度結婚式をやり直すよう指示を与えます。 泉の用意したドレスに身を包んだカホコは正高と共にバージンロードを歩いて教会に入って行きます。 行進曲をチェロで奏でているのは糸でした。 糸はカホコに感謝の気持ちがあるならちゃんと伝えに来いと泉に怒られたと言います。 そしてもう絶対音楽から離れない、音楽で人を幸せにすると宣言します。 指輪の交換の時、初は緊張のあまり指が震えて指輪を落としてしまいます。 その指輪を走って追いかけ、川へ落ちるギリギリのところで受け止めた泉。 泉はその指輪を渡して言います。 「カホコ、今までパパやママをいっぱい幸せにしてくれてありがとう。 今までみたいにずっとカホコの手を握っていたいけど、これからは初くんと一緒に生きて、ここにいる皆やこれから出会う人をいっぱい幸せにしてあげなさい。 カホコは皆の心のドアを開ける鍵を持っているから」 カホコはそんな泉に二つお願いをします。 一つ目はハグすること。 二つ目は長生きしてほしいということ。 そしてカホコは家族一人一人に「ありがとう」と言います。 「ここにいる誰か一人でもいなかったら、今のカホコはいませんでした。 皆、大好きだよ」 一年後、すっかり初代の家での暮らしに慣れたカホコは糸のお誕生日会の準備をしながらしみじみと呟きます。 「私、こんなの初めて。 バアバのすごさが今になってやっと分かった」 カホコは家の中も外も全部一人できれいにして、皆が集まる時には美味しいものをいっぱい作ってくれた初代のことを思い出し、本当に自分にこの家や家族を守ることができるのかと不安を口にします。 初はそんなカホコに「お前ならできるって。 ママみたいにどんな試練にも耐える強さを持ち続け、パパみたいな優しさをいつまでも忘れなければ」と言って励まします。 子供たちが集まる『カホコハウス』で伸び伸びと遊ぶ子供たち。 「どんなに辛くてもちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで生きていく」 カホコは初代の言葉を噛みしめながら初と共に青空を見つめるのでした。 最後まで結婚を反対し続ける泉を陥落させたのはなんとパパだったのですね! 自分の支配する王国から出ると途端に元気がなくなり話す声も小さくなってしまっていた泉。 カホコが困難を乗り越えて成長していったように、泉自身も超えなければならない壁があるということを教え、鼓舞したパパは本当にカッコ良かったですね! 最後にママをハグしたのも妄想ではなかったようです 笑 個人的には泉は最後まで許さないのではないのかなと思っていましたが、結局結婚式では最大に過保護を発揮してくれましたね。 泉が自分の壁(境界線)を乗り越えることができて初めて、カホコの手を離す勇気を持つことができたのだなと感じて胸が熱くなりました。 あれだけ心配だったこの家族がとっても愛おしい。 最終話をこんな形で終わらせる遊川さんってやっぱすごいんだわ。 育児は育自と言うけれど、まさにその通り。 成長するには親も子も覚悟が必要だ。 本当に素晴らしいドラマだった。 DVD買おうと思う。 — たえさん a142179 お子さんを持つ親の側から見てもハッとさせられるドラマだったようですね。 私もパパの台詞がすごく心に残りました。 一人の女性の成長を演じ切って下さった高畑充希さん、改めてすごいですね! 完全に初くんがカホコになっちゃったのも辛い。 カホコの純粋さとか家族の愛とかに胸打たれて影響されるまではいいけどさ、世間はやっぱりこうだよって今までみたいに常識を教えてあげてよ。 愛や夢だけじゃ生活できないこと。 現実は厳しいってこと。 そういう軌道修正してこそ初くんだ。 初がカホコそっくりになってしまっていて。 カホコはまだまだ社会人一年生。 これからも初にはカホコをしっかり導いてあげてほしいですね。 Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。 最近のドラマでは• 獣になれない私たち• ブラックスキャンダル• ドロ系• 今日から俺は!! 高嶺の花• サバイバル・ウェディング• ゼロ 一攫千金ゲーム• 正義のセ• Missデビル• 崖っぷちホテル! などが見放題となっています。 配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。 最初はカホコの言動が突拍子もなくてハラハラしましたが、だんだんと気持ちが引きこまれてその成長から目が離せなくなりました。 幼児のようだったカホコがいつの間にか本当に自分のやりたいことを見つけ、大好きな人と暮らすようになって…。 ダサい、ウザい、うっとうしい…最後まで反抗した糸のようにこのドラマを見ていた人もいると思います。 私自身、一人っ子で過保護気味な親のことを時には鬱陶しく思ったりすることもありますので、いつもいつも家族仲良くというのは理想かもしれません。 でもカホコが糸に言ったように何があっても家族であることはやめられないんですよね。 彼女の姿を通して家族の糸は切らないように努力して守っていかなくてはいけないなと感じました。

次の

過保護のカホコ。最終回。10話、ネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

過 保護 の カホコ 最終 回

スポンサーリンク ドラマ「過保護のカホコ」の第1話~最終回までのネタバレ&あらすじ、そして視聴率についてシェアさせていただきます。 また「過保護のカホコ」をつい見逃してしまった場合やもう一度見てみたい場合に今なら無料で視聴できる方法もご紹介いたします。 「過保護のカホコ」は第1話~全話が放送後、Huluで配信されています。 Huluは現在放送中の最新ドラマや名作ドラマ、映画、アニメなどなんと2万本以上もの選りすぐり作品が揃っています 今ならなんと「無料」で「2週間」の動画が視聴できるキャンペーン中となります。 主演は大人気女優の高畑充希さんです! 高畑充希さんが演じる過保護な箱入り娘のカホコ。 そんな箱入り娘のカホコは、日常生活のすべてにおいていまだに母親の泉(黒木瞳)に頼りっきりでした。 そんなカホコの状態を傍らで心配していたのは、カホコの父親の正高(時任三郎)でした。 初はカホコにこう言ったのです。 「お前にような過保護な奴がいるから日本が駄目になるんだ」と・・・ これって結構グサッとくる言葉ですよね・・ そんな形で自分が批判されたことがなかったカホコは、生まれて初めて自分が批判されたことにショックを受けます。 ・・・ そんな中、カホコの母親の泉の実家でカホコの誕日生会が開かれました。 この誕生日会には親戚一同が集まってカホコを祝うのです。 ここでもカホコへの超過保護ぶりが発揮されていますね。。 そんな親戚の中でなんとチェロの才能がある女性がいました。 その女性はカホコの従姉妹であり、高校生のイト(久保田紗友)です。 イトはチェロの才能があって、プロのチェリストになるために日々精進していたのです。 カホコは才能があり夢に向けてがんばっているイトを見て、自分には自慢できるものが何もない・・と感じてイトを羨ましく思っていました。 就職なんかせずに花嫁修業をすればいいと・・ その言葉を聞いてカホコはあっさりと就職活動をやめてしまったのです。 う・・ん、ほんとに大丈夫かな 笑 カホコは終活をやめましたが、以前、初から投げかけられた質問がずっと気になっていました。 その質問とは「何のために働くのか?」というものでカホコはこの質問に対する答えが見つけられないままだったのです。 そんなカホコは、今度は初に対して「何のために働くのか?」という問いを返しました。 というのも、初はひそかに自分の絵の才能と将来に不安を感じていたからです。 そしてカホコにその問いに対する答えができなかった初は苦し紛れにカホコに言いました。 「働いたこともない奴にこの質問の答えがわかるはずがない」と・・ そして、働いたことのないカホコに初は自分のアルバイトを押し付けようとしたのです。。 ・・・ このような初とのやりとりを通して、超過保護の箱入り娘のカホコはショックを受けつつも自分の中に眠る本当の力を目覚めさせて成長していくのです。。 「過保護のカホコ」の第1話のあらすじの概要は以上となります。 そんなカホコに母の泉(黒木瞳)は仕事をするよりも専業主婦になって家族を幸せにすればいいと提案します。 この話をカホコから聞いた泉は、まるで自分が言われたかのように憤りましたが、カホコは正高や親戚の人たちが働いている職場を見学して自分が求める仕事を見つけたいと言ったので、泉は仕方なくカホコに同行することにしました。 カホコと泉は早速、正高が勤める会社に見学に行きました。 そこで正高はカホコに自分の仕事を説明しました。 するとカホコは正高に「なぜ今の会社に就職したの?」と質問したのですが正高はうまく答えることができませんでした。 その次にカホコたちは警官の叔父の衛(佐藤二朗)や看護師をしている叔父の厚司(夙川アトム)の職場に行きました。 衛や厚司は、彼たちの仕事のきつい面やマイナスの面がカホコには合わないのではないか・・とコメントしたのです。 こんな感じでなかなか理想の仕事に出会えないカホコ。 そんな中、カホコはいろんな職業が紹介されている本を読みまくります。 この本は初から勧められたものなのですが、それでもカホコは理想の仕事を見つけることができなかったのです。 ・・・ そんな中、カホコは従姉妹のイト(久保田紗友)の元を訪れます。 イトはプロのチェリストを目指していて、そんなイトにカホコはチェロを始めた理由を聞きに行ったのです。 ・・・ コンクール当日。 親戚たちはイトが必ず優勝する!と勝手に決めつけています。 そして初との会話の中でカホコはショッキングなことを知ります。 入院しているイトの様子がおかしいので力になってほしいと・・ カホコはイトから本音をぶつけられて会いづらい状況だったので、むりくり初に頼んでイトと話をしてもうらうことにしました。 ・・ カホコは叔母の環に初との話をしましたが、環はカホコの気持ちは恋だと言われます。 そして、カホコの父親の正高が母親の泉を好きになったきっかけは泉の手作り弁当だったことを知ります。 カホコは早速、泉に弁当の作り方を教えてほしいと頼みました。 本当の理由は言わずに花嫁修業だと言って・・ そんな中、カホコは初に告白しようと決意し、インターネットでいろんな情報を調べたり、父親の正高に協力してもらって、初が好きそうな服を買ったりしました。 そんな様子を泉が見過ごすはずもなく、じっ~とカホコに目光らせていたのです。 果たしてカホコは無事に初に告白することができるのでしょうか? ・・ イトが無事に退院したので、この退院を祝うために親戚一同が集まりました。 人知れずカホコはイトとの再会に緊張していました。 イトとの確執は初にしか伝えていないですからね。 ・・ 第3話のあらすじの概要は以上となります。 第1話からの視聴率の経緯はこんな感じでした。 ドラマの内容は過保護な家庭で育った風変わりな女子大生のキテレツな成長物語であり、高畑充希さんの抜群の演技力でこのキャラが際立っています。 ちなみに遊川和彦さんがこれまでに手がけたドラマ作品は「〇〇妻」や「偽装の夫婦」などの数々の話題の作品となります。 最終回までにはぜひ13%を超える数字をぜひ出してほしいですね。 最終回のエンディングまで視聴率の推移は毎週ワクワクしながら見ていくことにしましょう。 ドラマ「過保護のカホコ」は地上波での放送後、Huluで配信されています。 この2週間の無料キャンペーン期間中にサービスを解約すればもちろん料金は一切かかりません。 この機会に「過保護のカホコ」を見逃すことなくじっくりと見たり、他の名作ドラマや映画、またアニメなどをゆっくりとリラックスして見てみてください。 以上で「過保護のカホコ」のあらすじ、視聴率、そして無料で動画を視聴できる方法についてのご紹介を終わりたいと思います。

次の

過保護のカホコあらすじ・ネタバレ10話(最終回)じぃじが行方不明?とカホコの決意!

過 保護 の カホコ 最終 回

カホコ(高畑充希)は、家族を失って辛い時こそ結婚すべきだという初はじめ(竹内涼真)の言葉に後押しされ、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する泉いずみ(黒木瞳)と正高まさたか(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言する。 初代はつよ(三田佳子)を亡くして落ち込む福士ふくし(西岡德馬)を心配したカホコは並木家を訪ねるが、家の中に人の気配は無く、福士は電話で初代に会って来ると言い残す…。 心配したカホコは、警官の衛まもる(佐藤二朗)の力を借り、環たまき(中島ひろ子)と節せつ(西尾まり)に聞いて福士が行きそうな場所を考えるが、思い当たるような場所は無く…。 さらに、離婚したばかりの衛と環は気まずい雰囲気に。 そんな時、騒ぎを聞きつけた泉が二人の思い出が詰まった場所は家しかないと断言。 初の力も借りて祖父母の家の中を捜索したカホコは、庭の隅で泣きながら小さくなっている福士を見つける。 初代を幸せにできなかったと自分を責める福士に、カホコは初代から聞いた福士との思い出を話し…。 さらに、ギクシャクした衛と環に、カホコは初の力を借りて「過去を悔やんだり将来を不安に思うより、今の自分たちを信じて生きた方がいい」と説得。 元気を取り戻し、家族写真を撮ろうとする福士だったが、カホコはまだイト(久保田紗友)がいないと話す。 チェロを売り払おうとするイトを待ち伏せしたカホコと初は、チェロを奪って逃走。 カホコは、自分がイトのチェロを買って、必要になったらイトにあげると話す。 カホコのお節介ぶりに呆れるイトだが、カホコはどんなに嫌われても自分とイトの家族の糸は切れないのだと言う。 初からも自分の好きなものから離れてはダメだと励まされたイトは、カホコからチェロを受け取る…。 今度こそ泉に結婚の許しを貰いに行こうと話す初だったが、初を連れてカホコが向かったのは根本家。 子供達のための施設を作る準備に追われながらも、借金の問題を解決できていない教子きょうこ(濱田マリ)に、カホコは自分の貯金を使って借金を返し、保育士の資格を取ったら一緒に働かせて欲しいと話し、皆を驚かせる。 さらに、カホコの結婚の話を聞いた正興まさおき(平泉成)と多枝たえ(梅沢昌代)は結婚式をすべきだと張り切りだす。 ついに家族の問題を解決し、泉と正高の許しを得に向かったカホコと初。 一生切れない親子の縁で繋がった母親として、自分以上にカホコを幸せにできるのかと迫る泉に、初が返した答えは…。 そして、結婚式当日。 泉の同意を得られないまま、カホコと初の結婚式は始まろうとしていた。 ntv. スポンサーリンク 『過保護のカホコ』最終回 視聴率は? 9月13日㈬ 最終回 14. その男前っぷりが、twitterなどで毎回好評ですが? 最初の頃は、ひねくれ者の要素が強かったのでカッコいいと言われたのは、ちょっと意外でした。 でも根は優しい人間だし、プラスに受け止めてもらえるのはいいことだなって。 おかげで芝居にも余裕が生まれて、どんどん役に入り込んでいけた気がします。 やっぱり純粋で一生懸命な女の子っていいですよね。 カホコはあまりにも真っすぐ過ぎるから、それがマイナスになっちゃうこともあるけど、それでもみんなに愛されるのは一生懸命だからだと思います。 あれぐらい何事も全力なのを見せられたら、こっちも頑張らなきゃってなりますよ。 コメディータッチのドラマでしたが、 【過保護】という家族・親子のテーマを、わたくし琴子、本当に考えさせられました~。

次の