あながち 間違っ て ない。 #りんさく あながち間違ってない。

タマトイズのローション、あながち間違ってないのかも?

あながち 間違っ て ない

買い物の帰り、何となくコンビニに寄った。 「あ、これ良いじゃん」とついつい商品を手に取り、レジへ。 並んでいると「お待ちのお客様、こちらへどうぞ」 アルバイトと思われる性店員に誘導された。 まぁ、これは良くあることだ。 そしてその女の子のレジへ。 商品をスキャンしている時にシャンプーと思われる香りがした。 「良い香りだな~。 香りの主はこの女の子 店員さん だろう。 20代半ばくらい、、、いや、もしかしたら大学生くらいかな?」 そんな事を考えながらふと気づいてしまった。 いや、、、待てよ?、、、これ、、、嗅いだことあるぞ、、、!? そう、タマトイズのローションだ。 シャンプーの香りとして書いたこれにそっくりな香りだった。

次の

【あながち】の例文集・使い方辞典

あながち 間違っ て ない

買い物の帰り、何となくコンビニに寄った。 「あ、これ良いじゃん」とついつい商品を手に取り、レジへ。 並んでいると「お待ちのお客様、こちらへどうぞ」 アルバイトと思われる性店員に誘導された。 まぁ、これは良くあることだ。 そしてその女の子のレジへ。 商品をスキャンしている時にシャンプーと思われる香りがした。 「良い香りだな~。 香りの主はこの女の子 店員さん だろう。 20代半ばくらい、、、いや、もしかしたら大学生くらいかな?」 そんな事を考えながらふと気づいてしまった。 いや、、、待てよ?、、、これ、、、嗅いだことあるぞ、、、!? そう、タマトイズのローションだ。 シャンプーの香りとして書いたこれにそっくりな香りだった。

次の

「イクメンは出世できない」はあながち間違っていない

あながち 間違っ て ない

私の持っている山に興味があるというのもあながち嘘ではないらしいしな。 先日、クリンゲルの山を任せているものから、スラファトの魔銃士官が頻繁に山へやってくると報告があった。 … 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』 より引用• そして、夫婦とわかったあとも、「とても結婚しているとは思えなかった」「智子さんはきれいだ」「二十六、七にしか見えなかった」といった言葉を口にし続けた。 三児の母である三十三歳の寮母は、あながち悪い気はしなかったようだ。 だが広岡智子は、他の子どもとだったら一緒に行く買物も拓也とは行っていない。 … 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』 より引用• なぜだかおぬい自身には判らないけれどもどうしてもできなかった。 自分が 卑怯 ひきょうだからそうなのかと考えてもみたが、あながちそうでもない。 … 有島武郎『星座』 より引用• 金庫のなかに拳銃が隠してあるに違いない、史郎はそう読んだのだろう。 七年間暴力団に在籍していた経験も、あながち無駄ではなかったらしい。 とはいえあの拳銃を目にしたところで、澄子が反撃に出るとは、明日美にはとても思えなかったのだが。 … 小川勝己『葬列』 より引用• 弾をそれこそ霰のようにばら撒く。 殱滅という言葉があながち嘘でもないことを教えてくれる素敵な武器だ。 アズリルは手綱を取って歩き出した。 … 海原育人『ドラゴンキラーあります』 より引用• 一人で嬉しそうに呟き、煮物を箸でブスッと、皿まで突き破らんばかりの勢いで突き刺す。 成長を拒否しているというのはあながち間違っていないかもしれない。 とにかくころころと表情を変え、せわしなく動き回る。 源義は言ったが、あながち冗談でもないことは当の本人がよく知っていた。 夏とはいえ、山奥である。 … 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』 より引用• オックスフォード出身というのも、あながち嘘ではないかもしれません。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』 より引用• それが今は有馬ごときよそ者の山の青二才に権威を否定されてしどろもどろになっている。 それはあながち、有馬に運命的な圧力を受けた 所為 せいばかりではなかった。 もう一つの理由があったのである。 … 森村誠一『虚無の道標』 より引用• ワイシャツにつよく押しあててくる彼女の胸の動揺を感じた。 こういうことになったのも、あながち彼のほうばかりが悪いのではなかった。 彼は、独身者の好奇にみちた持続力の強い記憶で、彼女の服が、彼女の息づかいが、彼女の指先が与えてくれた、あの最初の思いがけない愛撫の感じをありありと憶えていた。 … ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』 より引用• 完全に女だけの園、男子禁制の場所だからでしょうね。 でも、そう言われるのも、あながちまちがいではないという気もするの。 わがグラールは、他の諸国から『西の善き魔女』とあだ名されているでしょう。 … 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』 より引用• 州波は明らかに動揺している。 つまりは、芹沢の推理があながち間違いではなかったということなのだ。 この声の明らかな変化が、そのことを裏付けている。 … 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』 より引用• 上原がこう想像してみるのは、あながち根拠のないことではなかった。 魚崎が外遊に出かけた大正の終りの年、ほぼ同じ時期に、上原には縁談が二つ持ちこまれていたのである。 … 丸谷才一『年の残り 他』 より引用• 白い肌は七難をかくす、という古い言葉を信じ続けている女だ。 それもあながち 嘘 うそではないな、と貴之は沙織の肌に触れる度にそう思う。 … 梅田みか『別れの十二か月』 より引用• 靴裏についた土を石畳に大量にばらまきながら駆け寄る彼らに道を開けて、レイムは横にしりぞいた。 蹴散らされそうな 雰囲気 ふんいきに恐怖しなかったとも、あながち言いきれない。 男たちは最下位の魔道士に目もくれず、一直線に娘と飛龍を出迎えに馳せ参じた。 … 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』 より引用• 確かに日本の産業界にはそんな一面があったし、現にいまでさえそうである。 そういう意味では、伊藤の指摘もあながち間違っていたとは思わない。 だが、少し理想を追いすぎたような気もする。 … 中川靖造『海軍技術研究所』 より引用• しかし、佐渡が主張してやまないのは、この場合、世間の通り相場としての彼の「何をなすべきか」だった。 それを、耳のそばでささやかれているのも、あながち悪い心地ではない。 佐渡に責められている間は、自分の良心から責められるのを逃れていられるのである。 … 平林たい子『うつむく女』 より引用• 親切な保護者に両親はなるべきもので監督者にはなるもんじゃあない。 保護者として自分が思うのはあながち両親ばっかりと限ったわけでもない。 その人の云った事なら千世子は心から満足して随う事が出来る。 … 宮本百合子『千世子(二)』 より引用• 何か恐ろしく硬いもので閉ざされているのを感じる。 それはあながち金の光がいつもに比べ、恐ろしく弱いせいばかりではない。 … 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』 より引用• 抗弁したとたんに、彼女は私の腕をへし折るのではないか。 彼女の大きい肉体を見ればあながち非現実的とは思えなかった。 彼女は容易に力をふるえる。 … 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』 より引用•

次の