猫 嘔吐 透明。 【獣医師監修】猫がよく吐く理由は?危険な嘔吐との見分け方について

猫が吐く水っぽい透明の液体の正体は?病気かも!?

猫 嘔吐 透明

嘔吐物が黄色や茶色など色がついている場合 嘔吐物に、 黄色や茶色などの色が ついている場合があります。 そんなときの嘔吐の原因は、• 黄色は胆汁の色で、 空腹によって胆汁が逆流して 吐いてしまうのです。 特に心配はいりませんが、 嘔吐が落ち着いたころに 柔らかめのフードやおやつを 少し食べさせてあげてください。 茶色は血液の色で、 胃腸炎・猫風邪・異物が原因で 胃腸などから出血したものが酸化して 茶色の嘔吐物となるのです。 かなり 炎症が進行している証なので、 すぐに動物病院に 連れていってあげてください。 嘔吐物が透明の液体や泡の場合 嘔吐物が、 透明な液体や 透明な泡を含んでいる場合があります。 そんなときの嘔吐の原因は、• 透明の液体は胃液で、 空腹や食べ過ぎによって 一時的な胸やけをおこし、 胃液を吐いてしまうのです。 特に心配はいりませんが、 何日も繰り返し嘔吐するようなら 胃炎などを起こしているかもしれません。 注意して様子をみてあげてください。 透明の泡も胃液が泡になったもので、 空腹が続くと胃酸過多になって 透明の泡がまじった嘔吐物となるのです。 また毛玉が胃の壁を刺激して 胃酸がたくさん出ている 可能性もあります。 基本的に心配はいりませんが、 あまり続く場合は 腎臓や肝臓に炎症が おこっている恐れもあります。 すぐに動物病院に 連れていってあげてください。 猫が何度も吐く時に、すぐにするべき対処法とは? 猫が何度も吐く時、 『どうしようどうしよう!!』 と慌ててしまいますが、 すぐにするべき4つの対処法があります。 嘔吐物の色と形を観察する 先ほどお話したように、 嘔吐物の色と形を観察すれば 治療が必要な嘔吐かどうか、 ある程度判断できます。 嘔吐物に猫が触らないようにする 感染症が原因の嘔吐の場合、 嘔吐物に触れると 感染が広がる恐れがあります。 嘔吐物に猫が触らないように、 掃除と消毒をしましょう。 嘔吐の回数と間隔を記録する どのくらいの間隔で 何回嘔吐したのかは、 原因の特定に役立ちます。 獣医師に詳しく説明できるよう、 嘔吐の回数と間隔を記録しましょう。 落ちついた環境で様子をみる 2・3回の嘔吐しても その後ケロっとしているなら、 数日様子をみても大丈夫です。 猫にとって落ち着ける環境で、 冷静に見守りましょう。 まとめ いかがでしたか? 猫が何度も吐く時に 考えられる原因としては、• 猫風邪• 胃腸炎• 異物の誤飲• 腎臓・肝臓・膵臓の病気• お腹がペコペコすぎる!• 食べ過ぎた・・・• 毛玉がなかなか出ない・・・ の6つが考えられます。 嘔吐物の色や形から だいたいの原因がわかるため、 猫が何度も嘔吐するときには 冷静に観察することが大切です。 とはいえ、 いざとなったら慌ててしまいますよね。 ご紹介した4つの対処法を 日ごろから頭の片隅においておくと安心です。 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

【ショッキング】血ですか?!猫が嘔吐したら胃液がピンク色

猫 嘔吐 透明

喵星人是很常出現嘔吐症狀的一種動物,也因此很多貓奴都覺得貓咪吐吐沒什麼大不了的,牠們就是很常會嘔吐!事實上,貓咪嘔吐有時候的確不是什麼大問題,但也有些嘔吐的狀況是不能掉以輕心的哦!讓我們一起來看看,在什麼情況下貓奴們要提高警覺吧! 比較不用擔心的嘔吐 .吃太快 貓咪有時候會因為吃得太快太猛而嘔吐。 通常牠們只會把剛剛吃下去的又原封不動地吐了出來,吐完又是一尾活龍,因此這種狀況比較不用擔心!如果是多貓家庭,常常會因為擔心食物被搶而導致貓咪進食速度過快;雖然不是什麼大問題,但長期下來對貓咪的腸胃也不是好事,貓奴們可能要注意這一點。 .吃貓草誘發嘔吐 貓草是小麥草或一些禾本科植物的總稱,因為貓咪喜歡吃故得其名。 貓咪在肚子裡的毛球吐不出來、或覺得胃漲氣時,會去吃貓草刺激腸胃,藉以將肚子裡的東西吐出來。 除非是發生的頻率過於頻繁,否則吃了貓草而吐的情況也不用太擔心! .吐毛球 貓咪每天都會幫自己或其他貓咪理毛,用舌頭理毛的下場當然是會吃進很多毛!所以有時候牠們會把肚子裡結塊的毛球給吐出來~如果毛球塊累積在消化道裡吐不出來,稱之為毛球症;把毛球吐出來反而是比較好,所以貓奴也不用太擔心。 然而貓咪如果太常吐毛球,表示吞進去的毛過多,這時候貓奴們可以幫愛貓梳毛,或是給予化毛成份的飼料,來減少貓咪得到毛球症的機會。 需要提高警覺的嘔吐 .嘔吐物中帶血 嘔吐物中帶有血絲,或是看起來有點暗褐色,有可能是潰瘍或是腫瘤等原因,應及早就醫檢查。 .嘔吐物中有異物 若發現貓咪的嘔吐物裡有不是食物的東西,例如沒看過的植物或是針線等生活用品,都應該立刻帶貓咪就醫!即使已經將異物吐出來了,貓咪還是有中毒或是內出血的可能! .嘔吐物聞起來有便便的臭味 如果嘔吐物聞起來像貓便便,表示貓咪有可能出現了腸阻塞的狀況!最好盡早就醫檢查。 .反覆不停地吐 貓咪一直吐不停,有可能是消化系統的疾病、中毒、病毒感染、腸炎等等原因;一天若吐二次以上就得懷疑貓咪是否生病!此時帶貓咪就診時應告訴醫生貓咪嘔吐的次數、間隔的時間等等細節,幫助醫生判斷病因。 .嘔吐同時伴隨拉肚子、發燒、痙攣等症狀 若不是單純的嘔吐,而是伴隨著其他症狀時,都應該盡速就醫! 只吐液體的話? 如果吐出來是有點透明帶有白色泡泡的,那是胃液;若是黃色的則是膽汁。 通常貓咪會吐這些液體出來表示牠們處於空腹狀態,貓奴們可以將吃飯時間的間隔縮短,別讓貓咪空腹過久;一天只吐一次的話還不用太緊張,但超過二次以上還是要趕快去看醫生哦! 有細心的貓奴才有健康的貓咪,千萬別忽略任可日常生活的小事,才能在第一時間發現貓咪的異狀! 本文經《寵毛網 petsmao 資訊平台》授權刊登。

次の

猫が吐く泡が白い原因は?病気の可能性はある?

猫 嘔吐 透明

この記事の目次• 見なぜ猫は吐くの? 猫は肉食動物なので、食べ物 獲物 を丸呑みしようとする習性があるため、食べ物一気に飲み込むことが多いです。 一気に飲み込もうとするので吐き戻してしまうことが多いのですが、 吐き出すのは獲物の骨や毛などの不要なものをだすためだともいわれています。 猫が吐くのは食事の後が最も多く、吐き戻してしまう場合の多くは胃ではなく食道から戻っています。 そのほかに猫が吐くものと聞いて、 毛玉を思いつく人も多いでしょう。 猫は日常的に毛づくろいをしますが、猫のザラザラとした舌には細かい突起があり、ヘアブラシのような役割もしています。 飲み込んでしまった毛が、お腹に詰まってしまわないように自分で毛玉を吐き出しているのです。 このようなケースは猫の習性によるものなので心配する必要はほとんどありませんが、 なかには異物を飲み込んでしまったり病気が潜んでいたりいることもあるので、猫が吐いた場合は内容物をしっかりチェックする習慣をつけておきましょう。 胆汁が逆流してしまった原因は空腹、 猫の食事は 1日2回のことが多いため、どうしても空腹の時間が長くなってしまうこともありますよね。 空腹時間が長くなり胃の動きが鈍くなっていると、本来は 腸へ流れる胆汁が胃に逆流してしまい、空っぽの胃を刺激して吐いてしまうのです。 食事の回数を増やすかカリカリをいつでも食べられる状態にしておけば、胆汁の嘔吐はせることが可能ですが、もし何日も連続で黄色い液体を吐く場合は「 胆汁嘔吐症候群」の可能性も否定できません。 「胆汁嘔吐症候群」は胃炎や食道炎を併発する危険も高いので、嘔吐が続く場合は早めに病院に連れて行きましょう。 ほとんどの場合は空腹により吐くことが多く、吐く時間帯も 食事前などが多いです。 しかしなかには、 ビニール袋のかけらや 輪ゴムなどの異物を飲み込んで、吐いているケースもあるので、内容物はしっかり確認する習慣をつけておきましょう。 もし、何度も続いて吐いたり食欲がなかったりする場合は、膀胱・腎臓・胃腸の病気も考えられるため、状況に合わせて病院へ連れて行くのが安心です。 歯周病などによる出血 歯周病は年を取った猫に多く、ひどい場合は病院で治療をしてもらうこともできますが、普段から 口の中をケアすることで予防することができます。 歯周病にかかると口臭がきつくなり、歯茎もぶよぶよしてきたり 口内炎ができやすくなったりすることもあります。 ストレスなどによる胃炎 猫もストレスなどで胃炎にかかることがあり、胃炎になると胃液の色はピンクになります。 そのほか、 毛玉による刺激でも胃液の色がピンク色になることがあるので一度で判断はできませんが、何日も続く場合は病院へ連れて行くようにしましょう。 寄生虫 猫回虫と呼ばれる寄生虫の卵を猫が食べてしまった場合、「 猫回虫症」を発症することがあります。 「猫回虫症」にかかると胃液の中に虫がいる場合が多いので、注意深く観察すれば発見するのは難しいことではありません。 この寄生虫は小腸に寄生するので下痢などの症状のほか、毛艶も悪くなり子猫の場合は発育も悪くなります。 最悪の場合は「腸閉塞」を引き起こすケースや、人間に感染することもあるので早めに病院へ連れて行き適切な処置を受けましょう。 胃腸炎 異物の誤飲や 猫パルボウイルスなどが原因で、猫が胃腸炎にかかった場合もピンク色の液体を吐く場合があります。 これは胃や腸の表面から出血していることが原因でおこり、 下痢や 食欲低下などの症状も見られることが多いです。 何度も嘔吐を繰り返したり下痢が続いたりすれば、脱水症状になることもあるので続く場合は動物病院へ連れて行くよういしましょう。 口の中や食道からの出血の可能性のほか、内臓が炎症を起こしているなど 消化器系の病気の危険性があります。 念のため吐いたものをビニール袋などに入れておき、 獣医さんに見せるのもいいでしょう。 カリカリや猫缶を吐いた場合も茶色っぽく見えますが、この場合はどちらかといえば明るい茶色で、食べたものが混ざっていることがほとんどです。 胃や腸から出血している場合は、焦げ茶色やコーヒーのような茶褐色が多く、なかには腫瘍や潰瘍が原因で出血していることもあります。 放っておくと危険な場合もあるため、早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。 猫は吐くのが当たり前だと思ってはいけない 長く猫と暮らしていると、毛玉を吐いたり食べ過ぎて吐いたりする光景に慣れてしまい、「 あーまた吐いたか」くらいに思ってしまうことがあると思います。 この記事を書くまで筆者である私もどこかで「 猫が吐くのは当たり前」だと考えていたように思います。 しかしながら吐くことにはそれぞれ原因があるので、慣れてしまわずしっかりチェックを続けることを忘れないことが、とても大切だと改めて考えさせられました。 「当たり前の中に潜んでいるかもしれない危険」を見抜けるのは、飼い主さんだけだということを忘れないようにしたいものですね。

次の