腎 前 性 急性 腎 不全。 急性腎不全

急性腎障害|腎・高血圧内科|順天堂医院

腎 前 性 急性 腎 不全

腎不全とは 腎不全とは、 何らかの原因で腎機能に異変が起き、生体の恒常性が維持できなくなった状態のことである。 腎不全は、腎不全状態の出現する過程により「 急性腎不全」と「 慢性腎不全」に分類することができる。 2つのうち、今回は急性腎不全について、その仕組みや一般的な治療法を解説していく。 急性腎不全とは 急性腎不全とは、糸球体ろ過速度(GFR)が 急速に低下することで、水や電解質、老廃物などの調節が阻害される疾患のことである。 急性腎不全では腎機能が短期間のうちに障害されるが、 速やかに対症療法を行うことで腎機能の回復が期待できる(= 可逆性)。 また、可逆性の疾患ではあるが障害を起こすスピードが早いため 罹患者の死亡率は50%以上(諸説あり)とされている。 死亡に至る場合の多くは「 高K血症による心肺停止」である。 急性腎不全の分類 急性腎不全の分類 ・腎前性急性腎不全 ・腎性急性腎不全 ・腎後性急性腎不全 腎前性急性腎不全とは、腎そのものは正常であるが、出血や脱水などによる循環血液量の減少、心疾患による心拍出量の低下、輸入細動脈の収縮などが原因で 腎血液量が減少(=腎血虚)して発症する腎不全である。 また、腎血流量の減少が起こると体液量の確保のためナトリウムと水分の再吸収が亢進し、結果として尿浸透圧の上昇や尿中ナトリウム低値を伴った乏尿が見られる場合がある。 腎臓の中で特に障害を受け易いのは 尿細管と間質であり、その他にも糸球体や腎血管などで障害が見られる場合がある。 持続的な腎血虚・腎毒性物質の蓄積の要因 ・腎前性急性腎不全の進行(急性尿細管壊死) ・糸球体腎炎 ・間質性腎炎 ・全身エリテマトーデス ・薬剤による急性尿細管壊死など 腎後性急性腎不全とは、尿路の狭窄や閉鎖により、腎臓の内圧が上昇した結果起こる腎不全のことである。 GFRの急速な低下により体重増加・末梢の浮腫や高血圧などを生じ、進行すると心不全・肺うっ血・肺水腫を発症する恐れがある。 また、尿量は一般的に減少し乏尿や無尿になる場合が多い。 腎前性と腎性の判断 腎後性急性腎不全に関しては、超音波検査及びCT検査で判断可能な場合が多い。 それに対して、腎前性・腎性急性腎不全の区別はこういった検査のみでは難しく、以下の点を考慮する必要がある。 また、腎機能を回復させるための対症療法として代表的なものは 食事療法・薬物療法、血液浄化療法である。 食事療法は、タンパク質制限、カロリー摂取、食塩制限、カリウム制限(腎機能の低下により体内にカリウムが蓄積するため)などに重点に置き行っていく。 薬物療法では、利尿薬を用いて、腎機能の低下により貯留した水分を減少させる。 食事療法と薬物療法で病態のコントロールができなかった場合、血液透析(HD)を使うことも考慮する。

次の

腎不全の看護|原因と症状・治療・看護計画と看護のポイント

腎 前 性 急性 腎 不全

1、腎不全とは 腎不全とは、腎臓の機能が低下して、正常な機能の30%以下にまで働かなくなった状態のことをいいます。 腎臓の機能が何らかのきっかけによって低下し、急激に悪化するものを急性腎不全といい、数ヶ月から数年かけて腎臓の機能がゆっくり低下するものを慢性腎不全といいます。 急性腎不全は、適切な時期に適切な治療を行うことによって、腎不全となった原因を取り除けられれば腎臓の機能は回復する可能性もあります。 0〜2. また、腎機能低下が見られる場合は、血清クレアチニン値が前回測定した値よりも50%以上上昇したものを急性腎不全といいます。 腎臓自体に異常はなく、腎臓に到達する前の段階で循環障害(出血性ショック、心原性ショックなど)によって腎血流量が急激に減少したことによって起こる腎前性、急性腎炎や薬剤、重金属、農薬などの腎毒物質によって起こる腎性、尿管の閉塞や、前立腺肥大、結石になどによる尿管の圧迫によって尿を排泄できないために起こる腎後性に分けられます。 検尿や生化学検査の他に、KUB(腎・尿管・膀胱単純X線撮影)や超音波検査によっての両側の腎臓の萎縮が確認されると、慢性腎不全と診断されます。 進行が末期になると尿毒症を発症することがあります。 2、腎不全の原因 腎不全の原因は、慢性腎不全と急性腎不全とで異なります。 腎臓が原因であるために、腎性急性腎不全と呼ばれています。 内因性は尿細管障害によるもので、横紋筋融解や多発性骨髄腫によって尿細管が破綻するために起こります。 外因性は、薬剤によるものが最も多く、尿細管毒性が原因となります。 造影剤によるものは時間単位で、抗菌薬によるものは日や週単位での腎機能低下が見られます。 また、アレルギー反応による急性間質性腎炎をきたす薬剤もあり、週単位で腎機能低下が見られます。 他に非ステロイド性消炎鎮痛剤や、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬などによっても腎機能低下が見られることがあります。 外因性には他に前立腺肥大や結石、血栓による尿管閉塞もあります。 その原因となる疾患として、最も多いのは糖尿病で、慢性糸球体腎炎、高血圧性腎障害(腎硬化症)などがあります。 糖尿病性の慢性腎不全は、糖尿病の合併症として発症し、その発生機序は血糖、活性酸素、酸化窒素などの因子が複雑に関与しているとされています。 日本で最も多くみられている糸球体腎炎であるIgA腎症は、血尿、蛋白尿を呈するメサンギウム増殖性糸球体腎炎で,原発性慢性糸球体腎炎の一つです。 このIgA腎症患者は、20年の経過で約40%が末期腎不全へと進行しています。 3、腎不全の症状 腎不全の症状は、急性腎不全と慢性腎不全によって異なります。 また、尿量の減少の他に、初期には体重の増加や手足、顔のむくみなどがみられ、進行すると胸水を引き起こして呼吸困難となることもあります。 尿が出せないことで、有害物質が体内に蓄積し、全身倦怠感、嘔気、嘔吐、高血圧、頭痛、脱力感が起こることもあります。 これが進行すると、けいれんや、意識障害などを引き起こすことがあるので、注意が必要です。 腎臓の機能が正常時の30〜60%程になると、尿や血液検査での異常とともに手足のむくみが出現し、15〜30%程になると、胃疲労感や貧血などの症状が現れます。 腎機能が正常時の15%以下になることを末期腎不全と言いますが、これはさらに嘔気や全身浮腫、全身掻痒感、食欲不振、呼吸困難、高血圧、高度の貧血、心機能低下、視力障害などが現れることがあります。 10%以下になると透析を行う目安となります。 透析には血液透析と腹膜透析があります。 さらに進行すると、腎移植という方法を行うこともあります。 8〜1. 5〜1. 3〜2. 0〜5. 0〜4. 8〜8. 0〜6. 5〜5. 5〜8. 30〜7. 35 ・貧血(RBC、Hb、Htともに低下) 第3期の症状に加えて、心不全、肺水腫、出血傾向など 引用: 4、腎不全の治療 急性腎不全と慢性腎不全では、原因が異なるために治療法も異なります。 急性腎不全の治療は、尿量が減少している原因となっているものを排除し、水分調整や体内の電解質バランスを整えるように治療を行います。 慢性腎不全は、治療によって腎臓の機能を回復することは難しいため、症状を悪化させないようにすること、そのために患者自身が疾患を悪化させない生活を送ることができるように援助することが大切です。 また、慢性腎不全の場合は、高血圧薬、糖尿病薬などの対症療法を行うこともあり、末期腎不全患者には透析を行います。 腎臓の正常な働き 腎不全の症状や合併症 1. 老廃物の排泄 嘔気、嘔吐、食欲不振、便秘、下痢、浮腫 2.水・電解質、酸・塩基平衡の維持 夜間尿、不眠、頭痛、痙攣、掻痒症、心不全、不整脈、肺うっ血、心外膜炎、尿毒症肺、末梢神経炎、restless leg、アミロイドーシス、尿毒症性脳症 3.造血調節 腎性貧血(エリスロポエチン産生) 4.血圧調節(レニンの産生など) 高血圧 5.ビタミンD活性化、Ca・P代謝 二次性副甲状腺機能亢進症 (腎性骨異栄養症、繊維性骨炎など) 6.種々のホルモン代謝の調節 成長障害、性機能障害など 引用: 5、腎不全の看護問題 腎不全患者に対する看護問題としては、次のようものがあります。 #1浮腫や高血圧のために体液量が過剰である #2全身倦怠感がある #3透析導入によるライフスタイルの変化がある #4ボディイメージの変化による不安がある 6、腎不全の看護目標 上記に挙げた看護問題に対する看護目標は、次の通りです。 #1体液量をコントロールし、合併症を起こさない #2症状の伴う苦痛を緩和することができる #3透析導入を受け入れ、生活することができる #4疾患を理解し、ボディイメージを肯定的に評価できる 7、腎不全の看護計画 それぞれの看護計画を見ていきます。 そのため、看護のポイントとしては尿量やバイタルサインなどの観察やアセスメントが重要になり、早期発見に努めることが大切です。 慢性腎不全は、徐々に進行していくため、早期発見に努めることの他に、悪化させないように工夫すること、また、透析導入や慢性の疾患であることに対しての精神的なケアや患者教育が看護ポイントになります。 まとめ 腎不全は、急性腎不全と慢性腎不全によって原因や進行度が違い、看護の目的が異なります。 早期発見によって症状を悪化させないようにすることも可能なので、状況に応じた看護ケアが必要なのです。 参考文献 急性腎不全 日本腎臓学会誌(菱田明|Primers of Nephrology-4: Vol. 44 2002 No. 2 P94-101) 腎不全の病態と治療(日本内科学会雑誌|杉山敏|Vol. 96 2007 No. 3P578-583) 慢性腎不全の病態と治療(日本内科学会雑誌|富野康日己|Vol. 99 2010 No. Suppl P59a-63a) jdepo.

次の

急性腎障害|腎・高血圧内科|順天堂医院

腎 前 性 急性 腎 不全

腎前性腎不全と腎性腎不全はどう違うのか 急性腎不全では腎臓が急激に機能低下することにより、濾過されなくなり尿量が減る。 するとBUNやクレアチニンが上昇。 尿細管での排出能力も落ちるのでカリウム上昇やアシドーシスになる。 急性腎不全の原因として腎前性、腎性、腎後性がある。 原因としては、 腎前性は文字通り腎臓の前の段階に問題がある。 すなわち腎臓への血流が低下したことにより腎臓が機能しなくなる。 つまりはショック状態である。 一方、 腎性の場合、アミノグリコシド・アムホテリシンBなどの薬剤が原因で腎臓がダメージを受ける。 もしくは腎前性腎不全のショックにより腎性腎不全を引き起こすこともある(腎臓を栄養する血液が来ないので急性尿細管壊死となる)。 尿の濃さの違い 腎前性では少ない尿量でがんばって沢山の溶質を出すので尿は当然濃くなる。 5である。 濃縮されない垂れ流し。 尿中ナトリウム濃度の違い 腎前性では血液量が少ない状態なので、糸球体血液量を増やそうという代償が働き、ナトリウムの再吸収が亢進する=水も一緒に再吸収される。 腎性では尿細管が死んでるのでナトリウムの再吸収ができずに垂れ流し状態。 よって尿ナトリウムは濃くなる。 大事なことは腎前性では腎臓は生きている。 腎性では腎は死んでいるというイメージ それでは腎後性腎不全とは? 尿路の通過障害により尿がうっ滞することで生じる急性腎不全である。 尿がうっ滞することにより腎盂が拡大して水腎症。 水腎症により尿細管が破壊されてしまうと病態としては腎性腎不全とおなじになる。 尿がうっ滞する原因については を参照 tsunepi.

次の