西友 楽天。 楽天西友ネットスーパーでお得に買う方法。楽天スーパーポイントで安い西友商品が0円に!

西友楽天ネットスーパーで楽天カードを使うとポイント2倍!でもさらにお得なクレジットカードもある?!

西友 楽天

seiyu. com」で、「楽天 Kobo」の提供する電子書籍やオーディオブック、電子書籍リーダーなどを、量販店として独占販売することになりました。 という海外への布石がメリットかな。 通販自体は既に海外でも行ってたよね? 楽天西友ネットスーパー まぁまぁ基本的な通販に関しては正直どうてもいいんだよ。 電子書籍も割と反対派で、ドッグイアしまくってボロボロになるまで読み込むのが気持ち良い派。 でもネットスーパーに関してはどうなのか。 ネットショップ担当者フォーラムによると、 との事なので、ヨカードーネットスーパーは存続しつつ、ロハコ経由でも使える「IYフレッシュ」とは違い、完全に置き換わる事となり大きな改変が観られそうです。 運用が始まれば直ぐ分かると思うけど、我々のメリットやデメリットをちょっと予想。 ・楽天西友ネットスーパーとして正式に運用が始まるのは「2018 年度第 3 四半期(7-9 月)」あたりとの事。 メリット 配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性の強化を行います。 配送については、西友の実店舗からの配送に加え、2018 年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大します。 品揃えについては、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した商品を提供します。 生鮮食品や日用品だけでなく、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天ならではのお取り寄せグルメも取り揃えます。 ・ 配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性の強化 と比べて当日や前日注文がいっぱいで出来ないことが多かったが、配送能力の拡大でエリアの拡大よりも受注数の拡大を期待したいですね。 これは「配送件数を大幅に拡大」で解決されそう。 専用の配送センターによって対応するようだけど、はこの提携の伏線だったのかもしれない。 品揃えの拡充については個人としては生鮮重視なので余り必要なさそう。 ただお菓子がビッグセーブばりに充実しそうな感じで、そうなると嬉しい。 範囲拡大と商品充実によって ビッグセーブが終了して落胆していた同志達も救済されるかもしれない。 「昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充」 これはライバルであるヨーカドーとロハコが提携したIYフレッシュのコンセプトと似ている。 基本コスパ重視でカット野菜や半調理食品を買うくらいなら外食するのであまり注目はしていない。 忙しい方には便利だろう(IYフレッシュの時も書いたような)。 楽天と提携したからといって弁当(お取り寄せグルメではなく)や総菜がレベルアップすることはないだろうから、調理済みの品についてはヨーカドーまだまだ上かも。 でも楽天ネットスーパー(楽天マート)による業務用や冷凍食品の充実は期待したい。 ウォルマート経由の海外製品も並ぶ可能性がありますね。 ・ 楽天スーパーポイント これはイイネ!楽天の通販は余り使わないけど、デリバリーは結構使うし、どれも楽天ポイント対応なので何かと貯まるし使えるな。 西友ネットスーパーのポイントは2017年1月末に廃止しましたが、この頃から密かに提携の話はしていたのだろうか。 恐らく日本人だけではない)の住所に発送されたことがあった。 たまたま自宅にいてメールでアカウントが変更された事に直ぐ気付き、楽天ではないカード会社が即効で止めてくれたので大事には至らなかったが、自ら注文をキャンセルし、楽天側に連絡。 この 楽天への連絡がどこへ連絡してよいのかまったく見当たらず凄い不信感を得た。 ポイントは元に戻ったけど、お詫びとして 期間限定の数百ポイント(確か200pt... )が付与されただけ。 まぁ楽天側が悪いかと言えば厳密には判断しかねるけど、楽天アカウントは物凄く悪い奴らのターゲットになっているのは明らかで、この影響でネットスーパー側も巻き込まれるリスクが高まる気がしてならない。 心配しすぎだけど、それくらい嫌な思い出。 ・ インターフェース 他でよく見かけますが、西友ネットスーパーの関連商品に別(楽天)通販の商品が表示される可能性。 ロハコはyahoo通販と、確かアマゾンフレッシュもプライム側が表示されてたと思いますが邪魔でしかない。 それと楽天のごちゃごちゃしたインターフェースにならないことを祈る。 検索エンジンに詳しい関係者がいれば、そうはならないだろう。 どちらともいえない事 ・今回の提携によってアフィリエイトの幅が広がるかもしれないね。 でも楽天広告が一番ITP(Safariブラウザのクッキーリセット機能のようなもの)の影響を受けていると実感しているので、これを真っ先に解決して貰わなくては困るな。 とはいえ張替面倒だから恐らく積極的には使わないけど。 ・ 専用カード それとウォルマートカードと楽天カード どちらもポイント付与率は同じなのだろうか。 ・ 基本料金 完全な有料会員制度にはならないと思いますが、ビッグセーブのように割引サービスが付く月課金の有料会員が出る可能性も。 ウォルマートの大容量 海外製品が並ぶ事になったとしたらコストコと被りなんとなくイメージが沸く。 ・ キャンペーンはどうなる? ディー・エヌ・エー(DeNA)との提携が解消になり、それに付随したキャンペーンもなくなりますね。 温泉のキャンペーンに応募したことがありますが当然ハズれ、それ以降なんか目新しいキャンペーンがなく、ヨーカドーと比べるとイマイチでしたが楽天が入る事によってかなり増えそうな感じはありますね。 しかし、西友ネットスーパー内では完結せずに他楽天通販をたらいまわしにしたあげく、メールマガジンの嵐になる予感。 止めて欲しい。 ロハコも最近その気配がある。 そんな意味ではやはりヨーカドーは素晴らしいと思います。 期待してます し、あちらは着々と勢力を伸ばしている感じがし、西友側の心配をしていましたが、実際に焦っていたのはヨーカドー側で単に先手をとっただけだったのかも。 結果的にはIYフレッシュも対応地域がまだまだ限定されていて空気なのと、するようになってしまったので、これは西友が巻き返したかな?! これによって賑わってくれれば昔程度にまで配送料の無料ラインが落ちてくれるかも。 なんやかんやで期待してます。 しかしながら、自分は野菜やお肉、劣化しやすい乳製品といった「スーパーマーケット」としての利用に重点を置いているので、生鮮が1つの小さいカテゴリになってしまい、ただの大規模通販サイトになってしまうのは抵抗があります。 「ネットスーパー」というからには誰もが手に取れる大手食品メーカーの一般商品や生鮮に力を注いで欲しい。 西友さん。 2018年、SEIYUドットコムネットスーパーは、「楽天西友ネットスーパー」へと生まれ変わります。 「楽天西友ネットスーパー」では、楽天の運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を導入し、ポイントを貯めたり使ったりできるようにすることで、お客様により便利でお得なお買い物体験を提供いたします。 また、「質」と「低価格」の両方を実現した商品のご提供はそのままに、昨今の時短ニーズに対応し簡便商品の品揃えの充実など さらに利便性の高いサービスのご提供を進めております。 すでに楽天IDをお持ちのお客様は、簡単なお手続きで「SEIYUドットコムネットスーパー」から「楽天西友ネットスーパー」へ お買い物の履歴などの引き継ぎを行っていただくことが可能となる予定です。 具体的な日付は分かりませんが、引き継ぎは恐らく簡単だろうとは思うな。 クレカのポイントについても未だ不明ですが、去年に楽天の格安携帯に乗り換えたので、ポイントは色々とまとめて使えそう。 ・配達のおじちゃんに開始日などそれとなく聞いてみましたが、非公開というよりもまだ知らされていない感じでした。 いつから開始する?? とりあえず西友ネットスーパーのアフィリエイト広告は6月30日で終了するらしい。 そして楽天西友ネットスーパーのラクマアプリ登録キャンペーンも6月30日に終了。 そうなると、突然「7月1日からサービス開始」なんて浮かんだりもしたのですが、西友も楽天も少なからずメンテナンス期間は必要であり、そういったお知らせも全然来ていないので、早くてもお盆明けくらいになるのではないかと予想しています。 ただ、公式発表で7-9月中なので本当に7月から開始の可能性も捨てきれませんね。 追記:の報道が一時出ましたが、リニューアルオープンし、「売却の予定はない」という事で落ち着きました。

次の

【楽天西友ネットスーパー】更新時間はいつ?注文できない方へ、配送時間が選択できる裏ワザ教えます|今日もむー気分。

西友 楽天

もくじ• 楽天西友ネットスーパーの中では西友の人気商品が本当に買える! こちらが です。 さすが楽天と統合しただけあって、見た目的には「楽天市場」にレイアウトがそっくりです。 以前の楽天ネットスーパーでも人気商品であった、お手軽に作れるミールキットなども引き続き購入できるようになっています。 西友店舗でもでも大人気のメチャクチャ安いPB商品「きほんのき」も、楽天西友ネットスーパーで購入可能です。 これもうれしい! ネットで日用品を買うと、結構高くついてしまいますが、西友の安い日用品も引き続き買うことができます。 西友の「毎日低価格」の商品もあり、 食料品から日用品まで、1つのネットスーパーで買えてしまう点が、楽天西友ネットスーパーのいいところであるのです。 楽天西友ネットスーパーで実際に利用する手順はこちら 「楽天西友ネットスーパー」は エリア限定サービスです。 ネットスーパーを始める前に、配送地域かどうかを確認してみましょう。 参照: 配送エリア対象の方で利用をはじめるには、楽天会員IDと楽天西友ネットスーパー利用登録が必要です。 楽天会員IDがまだの方は、最初に登録しておきましょう。 参照: ネットスーパーは、土日など人気の時間帯はすぐに埋まってしまう可能性大です。 ログイン後は、最初に配送日時を選択しておきましょう。 配送時間や送料は配達エリアによって違いますが、私のエリアでは配達が10時〜22時まで利用できます。 「西友ドットコム」のときは20〜22時の配達時間指定がなかったので、これはうれしい! 送料も 5,000円以上なら無料になり、 15時までの注文なら「当日」届けてもらえます。 これは「西友ドットコム」の時と同じ仕様ですね。 ネットスーパーに難しい操作なんていりません。 カテゴリから好きな商品を選び、かごに追加を押すだけでOKです。 商品の詳細は、商品名をクリックすれば見ることができます。 ネットで食料品を買う時はとても不安になりますが、ネットなら店舗以上にじっくり原材料などを見ることができます。 楽天市場のように、対象商品購入でポイント最大20倍など、ポイントアップ商品などもあります。 ハーゲンダッツが ポイント5倍でしたので、早速購入! 配達日時や買い物カゴの中身をここで確認します。 店舗に行ったらカゴの下の方の商品を取り出すのは至難のワザですが、ネットスーパーは 簡単に商品を確認できる点がメリットです。 商品が万が一売り切れだった場合は、代替品と変更するかどうか選択もできます。 代替品に変更せずキャンセルした場合、送料無料基準に達しない場合でも、送料はかかりません。 楽天スーパーポイントがあれば、ポイントだけで買い物代0円に! 楽天西友ネットスーパーのスゴい点は、 西友の商品も楽天スーパーポイントで買える点です。 「楽天市場」で貯めた楽天スーパーポイントが、なんと 9,311ポイント 円相当 も貯まっていましたので、全てポイントで支払うことに。 楽天スーパーポイントを使って支払い金額0円なんて、食費が浮いてうれしすぎる!しかも、買い物金額100円につき、1ポイント貯まります。 次の楽天西友ネットスーパーでの買い物や楽天グループへの買い物に充てることができちゃうのです。 1ヶ月に2万円の買い物をしたとしたら、 年間で4,800円もお得になるのです。 「楽天西友ネットスーパー」で買い物をする方にとってみたら、 とってもお得なカードであることは間違いありません。 最短3営業日とスピード発行されますので、お財布に1枚ぜひ入れておきましょう。 楽天カードで支払いをすれば、いつでもポイント2倍に! は、いつでもどこでも、どこのお店でも 100円につき1円相当のポイントが貯まります。 「楽天西友ネットスーパー」で「楽天カード」で支払うと、 いつでもポイント2倍に! 貯まった楽天スーパーポイントは、 1ポイント=1円相当として利用することができます。 楽天関係のサービスを使えば使うほどポイントが貯まっていき、電子マネー「楽天Edy」とも ポイントが相互交換可能です。 楽天スーパーポイントを貯めたい人には、「楽天カード」は 本気で持っておいて損はない最強のクレジットカードと言えるでしょう。 貯まった楽天スーパーポイントは楽天西友ネットスーパーで使おう! 実際に配送していただいた商品です。 20時ちょっと過ぎに自宅に届きましたので、かなりスムーズに届いたことになります。 「貯まった楽天スーパーポイント、何に使おうかな?」と悩むことが多いですが、日常の買い物でスッキリとポイントを消化することができるようになりました。 スーパーに買い物に行きたいけれど、仕事や育児で忙しく、なかなか思い通りに買い物に行けないことが多いですよね。 そんなときにを活用すれば、 スーパーに売っている同じ商品を自宅に届けてくれる点が非常に便利です。 しかも、楽天グループユーザーなら、楽天スーパーポイントを食費や日用品費に充てることができ、家計費をグンと浮かすことができちゃいます。 「西友ドットコム」時とほとんどシステムは変わっておりませんが(汗)、これからどう変わっていくのかが要注目ですね。 「楽天スーパーポイントの使い道どうしよう?」と思ったら、 を使って、日々の買い物をお得に買い物を済ませてしまいましょう。

次の

西友楽天ネットスーパーで楽天カードを使うとポイント2倍!でもさらにお得なクレジットカードもある?!

西友 楽天

楽天と西友は26日、ネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を協同運営すると発表した。 新サービスは2018年の第3四半期 7-9月 に提供開始となる予定だ。 中身を知ると双方に大きなメリットがありそうだが、楽天が西友の上を行きそうにも見える。 楽天と西友がネットスーパー事業でタッグ 「楽天西友ネットスーパー」は、西友の親会社ウォルマート・ストアーズ・インクと楽天が戦略的提携を結んだことで誕生するネットスーパー事業だ。 現在、楽天には生鮮食品宅配サービス「楽天マート」があり、西友にもネットスーパーの「SEIYUドットコム」がある。 独立独歩でのサービス展開もありそうだが、戦略的提携を機に、統合によるサービス強化のほうが双方に大きなメリットがあると考えたようだ。 サービス統合のメリットとは? 具体的には、配送能力の向上、品揃えの拡充と利便性の向上が見込まれる。 配送では、西友の実店舗からの配送に加えて、ネットスーパー専用の配送センターを2018年内につくり、配送件数の大幅な増加を目指す。 品揃えの面では補完しあう関係となりそうだ。 もともと、楽天マートでは生鮮食品や日用品の販売を目的としてスタートしたネットサービスだが、現状を見る限り、こだわりの食品・食材の取扱いが多いように見受けられる。 対して、SEIYUドットコムは生鮮食品や日用品の取り扱いが多い。 時短ニーズに対応した商品も提供。 将来は共同開発商品の構想も 新事業では西友の強みとなる質と低価格を実現した商品を提供し、そこに楽天のこだわり商品を併せて販売していくという考えのようだ。 これらのことから、双方にとって足りないものを補うこととなりそうだ。 利便性の向上に向けては、楽天スーパーポイントを新サービスに導入し、楽天のECサイト運営ノウハウやビッグデータやAIを活用したレコメンド機能の提供や品揃えの最適化を図っていくという。 こうしたテクノロジーも活用しつつ、西友は楽天の持つ9300万人の会員基盤にリーチできるようになるというわけだ。 楽天の真の狙い 新事業は相互補完の関係にありつつ、享受するメリットは双方ともに大きい。 しかし、楽天が得るメリットは西友の上を行くとの見方もできるのだ。 楽天の基本戦略を知ると、その意味がわかる。 楽天はマーケットプレイスを主軸にしたビジネスからは脱却、すでに会員基盤をもとにデータの利活用を進めるデータカンパニーへ移行している。 蓄積したデータを分析・活用して、広告ビジネスや投資活動へと結び付け、収益化を図ろうとしているのだ。 こう考えると、楽天にとっての最大のメリットはサービス利用者の購買データであり、事業収益だけではない。 西友の上を行くメリットを持った事業提携に見えてくる。 この見立てが正しければ、楽天が今後も別業種・業界で事業提携を進めてもおかしくはなさそうだ。 今回は、新たなネットスーパーの誕生がニュースとなるが、楽天がデータカンパニーとして、歩を進めていると捉えることもできるのではなないだろうか。 予めご了承ください。 関連記事•

次の