最初 は くさ 強い から 弱い を。 なろう系(主人公が最初から超強い)の元祖ってなんだろうな:MAG速

「最初からチートな主人公が無双しまくる漫画」or「弱い主人公が成長していく漫画」←どっちが好き?(画像あり)

最初 は くさ 強い から 弱い を

[形][文]つよ・し [ク]• 1 力や技がすぐれていて他に負けない。 2 健康である。 心身が丈夫である。 3 物事に屈しない精神力がある。 少しのことでは参らない。 ひるまない。 4 環境や条件に屈しない。 物事に耐える力がある。 5 程度や度合いが大きい、また、はなはだしい。 6 ゆるみがない。 かたい。 7 断固としている。 きびしい。 8 はっきりしている。 明確である。 9 得意とする。

次の

【ポケモン剣盾】ターフタウン石碑の謎解きでお宝を入手!

最初 は くさ 強い から 弱い を

おお!そういうストーリー大好きです。 主人公がやばいぐらい努力してます。 野球マンガです。 松本大洋の「ピンポン」もまさにですね。 主人公は自分の才能を過信し怠惰と妥協のヒーローなんですが、非情になれない天才の親友や、自らの凡才を受け入れて血反吐吐くまで練習した幼なじみなどなど…すごく熱いマンガです。 4さんも挙げている、「ホーリーランド」もオススメです。 いじめで不登校になった主人公が引きこもって鍛えて路上へ。 「はじめの一歩」もオススメです。 少年漫画なので潜在能力みたいのがちらほらでてきますが、主人公のスキルは育った環境によるものが大きいとおもいますし、やっぱり頭が下がるほど努力します。 最後に蛇足ですが、あだち充の「H2」の木根くんをマジでオススメします。 主人公じゃなきゃ当てはまるマンガは星の数はど出てくるんですけど、あだちのマンガは努力しますけど最後は主人公の才能です。 なのでここには挙げられないんですが、脇を固める木根君は才能はないんですが、その生き方は最高に涙腺を刺激しましたのでオススメしときます。 『4P田中くん』、『風光る』 七三太郎&川三番地(講談社) 主人公が本当に弱くて、がむしゃらに努力していく野球漫画です。 ただ、弱小な割には勝ち進んでいちゃいますが。 『がんばれ元気』 小山ゆう(小学館) 主人公は努力も才能も十分なのですが、離別や友との戦いで苦悩しながら チャンピオンになるボクシング漫画です。 今でもたまに読み返す、涙なくしては読めない熱い作品です。 『風の大地』 坂田信弘&かざま鋭二(小学館) やや遅く、20代からプロを目指すゴルフ漫画です。 日本人で300ヤードをアイアンで1オン、等考えられない飛距離を打ちますが、 主人公の、真摯に練習に打ち込む姿は感動します。 『拳児』 松田隆智&藤原芳秀(小学館) 中国拳法を学びに、中国へ渡る少年の物語。 様々な中国拳法の解説も、面白いです。 大会等はありませんが、強さとは何か?を問いかけてきます。 『ホーリーランド』 森恒二(白泉社) すでに挙がっていますが、不登校の主人公が何となくボクシング(?)を学び始め、 仲間と出会い、成長していく物語です。 ですが、スポーツ漫画とはちょっと違います。 羅川真里茂著 しゃにむにGO(1~23巻)白泉社 主人公二人(高校生の男)のテニス漫画です。 この作家は主人公だけでなく他のキャラクターの心理描写も上手く表現するので、読み応えある漫画だと思います。 質問者さんの条件から多少外れているのですが、お勧めです。 主人公その1:伊出 運動能力抜群で才能はあるけれどテニス初心者のため最初は弱い。 でも辛い思いをしつつも地道な努力で劇的な成長を重ね、時には敗北してどん底に落ちながらも立ち上がり少しずつ強くなっていく高校生。 主人公その2:滝田 才能も実力もあるけど精神面で弱く、試合でメンタルコントロールが出来ずにライバルに敗北し続ける。 でも辛い思いをしつつも地道な努力で成長を重ね、時には敗北してどん底に落ちながらも立ち上がり少しずつ 強くなっていく高校生。 Q こんな作風の漫画を探してます、往々に強くて戦闘物がいいです。 皆様宜しくお願いします こんな作風の漫画を探してます、往々に強くて戦闘物がいいです。

次の

「最初からチートな主人公が無双しまくる漫画」or「弱い主人公が成長していく漫画」←どっちが好き?(画像あり)

最初 は くさ 強い から 弱い を

体の強い子、弱い子、何が違うのでしょうか? 遺伝?生活習慣? 2歳2ヶ月の娘ですが未だに突発になっていません。 新生児のころから熱も鼻水もなく、小児科に受診は予防接種のみです。 小さい子は鼻水が出るのは当たり前と思っていたので、自分の娘が鼻水を垂れない事に驚いたぐらいです。 泣いたときに少し鼻水が出るだけなので、仕事から帰ってきた主人に今日泣いたの?って言われるぐらい珍しいです。 しかしお友達の子は突発になったり、RSで入院したりと毎週と言っていいほど風邪をひいていて大変のようでした。 わが子もいつ風邪をひくのかと不安な日々でしたが、気がつけば2歳2ヶ月です。 RSも突発もまだです。 一時保育にも週4で預けましたが、他の子どもさんは鼻水ダラダラ。 咳コンコン。 その中に交じりながら1人だけ元気でした。 いつも周りから強い子だねって言われます。 遺伝かな?とも言われましたが、私は小さいころは体が弱かったですし、主人も虚弱だったそうです。 2人とも大人になり、少し丈夫になりました。 1人の友人はいつも私の子の強さが羨ましいと言います。 娘は帝王切開で37周0日で生まれ45cm、2650gで完ミでしたが、今では84cm、12.6kgあります。 友人の子は40週で3270gで生まれ完母でしたが、今は86cm、15kg。 (お誕生日は1日違いです) 保育所には一度も預けた事はありませんが、会う前日に風邪で何度かキャンセルになりました。 生後2ヶ月でRSウイルスに感染し入院していました。 この間は肺炎になりかけていたそうで、入院の一歩手前だったそうです。 友人に何が違うのって聞かれますが正直、私が聞きたいです。 友人は強くて羨ましいと言いますが、娘はまだ病気への免疫がないので、風邪をひいたときに重篤化するのではないかと私は反対に心配しています。 体の強い子、弱い子何が違うのでしょうか? 今、強くても幼稚園、小、中、高とどうでしょうか? うちも2人(男女)がいますが、全く丈夫な子たちです。 うちは共働きなので保育園も預けましたが、ほとんど風邪で休んだとことはありません。 うつったのはリンゴ病と水ぼうそうくらいですが、それらも軽かったです。 今や中学生と高校生になった二人、一度もインフルエンザにかかったことがありません。 逆に免疫がないんじゃないかって不安にさえなります。 (私も旦那もここ20年ほどインフルエンザにはかかっていません) 私が一度だけかかったノロウィルスも誰にも感染せず… ここ4年ほど、学校を休んだことがない子供たちです。 (笑) 旦那は子供時代にぜんそくで幼児期を棒に振ったような人ですが、私はいたって普通にいろいろうつった子でした。 遺伝なのか、環境なのか、本人の免疫力なのか… 今は親許離れて高校生活をしている上の子は、「インフルエンザってなったらどうなるの?」って心配してますが、昨年は寮の同じ階に感染者が出てもうつらなかったようです。 いつ、「初インフル」になるかな? ただ、好き嫌いはない子たちだし、手洗いうがいは結構真面目にする子です。 2442グラム。 3ヶ月目あたりから完母 は幼稚園入るまであまり風邪をひきませんでした。 突発もかかってません。 インフル・胃腸風邪も未だかかっていません。 3歳次女 同じく帝王切開。 3300グラム。 完母 小さい頃から1ヶ月に1度は鼻風邪から本格的な風邪をひいてました。 身体も大きくなってきたからか病院行く頻度も少なくなりました。 突発かかりました。 姉同様インフル・胃腸風邪はかかった事ないです。 長女も丈夫な方かと思ってましたが、幼稚園に通ってる中で色々病気も流行ってきて休む事もあります。 感染も100%避けられないです。 同じ幼稚園に通っている子の中には現時点でまだ病気で休んだ事がない。 って子もいますが。 健康である事は何よりですよね。

次の