名 村 造船 株価。 今治造船株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

名村造船所 (7014) : 決算情報・業績 [Namura Shipbuilding]

名 村 造船 株価

02 - - 8. 99 - 一株配当(円) 20. 00 15. 00 10. 00 10. 00 8. 決算数値は当該決算期の発表時点です。 25 - - - - 一株配当(円) 10. 00 7. 00 5. 00 5. 00 5. 決算数値は当該決算期の発表時点です。

次の

造船業界は不況? 3つのワケやランキング・現状・今後を徹底解説!

名 村 造船 株価

国内竣工量 [ ] 2010年 [ ] IHS資料 単位千トン。 今治造船:4,548• ユニバーサル造船:2,466• 三井造船:1,624• 三菱重工業:1,399• 名村造船:1,398• 大島造船所:1,248• IHIマリンユナイテッド:1,236• ツネイシホールディングス:1,080• 新来島どっく:1,047• 川崎重工業:746 2013年 [ ] 2014年5月24日「」より。 単位千トン。 :2,998• :2,616• :1,295• :1,168• :731• :692• :636• :562• :460• :342 現在名村造船所傘下 造船会社 [ ] 大手 [ ]• - 設立。 本社、愛媛県今治市小浦町1-4-52• - 設立。 2014年、株主の今治造船に吸収合併され広島工場となった• - 設立。 今治造船グループの傘下。 - 設立。 今治造船グループの傘下。 - 設立。 本社、大分県臼杵市大字下ノ江1179番地3。 2018年に三井造船などから買収。 - IHIマリンユナイテッドとユニバーサル造船が2013年に合併• 旧(略称IHIMU) - 2002年10月に旧石川島播磨重工業(略称IHI)の造船部門との艦艇部門が統合• 旧(略称USC) - 2002年10月に日本鋼管(略称NKK、現)と(略称Hitz)の造船部門が統合• - 設立。 本社、広島県瀬戸田町沢226-6(日立造船系の会社)• - 設立。 本社、大島町1605-1• - 創業。 本社、大阪府大阪市立売堀2丁目1番9号• - 創業。 2014年に名村造船所の完全子会社となった。 - 創立。 本社、弁天町20-3。 名村造船所の。 - 創業。 本社、広島県沼隈町常石1083番地。 2011年に(旧・常石造船)の事業子会社として新たに設立。 - 創業。 本社、東京都京橋3丁目1番1号東京大栄ビル• - 創業。 本社、22番地。 新来島どっくのグループ会社。 2009年に豊橋造船より社号変更。 - 設立。 本社、香川県3番23号(三井造船グループ会社)• (略称KHI) - 2002年10月から2010年までは川崎造船として分社独立していた• (略称MHI)船舶・海洋事業本部 中堅 [ ]• - 設立。 本社、江陽三丁目1番25号• - 設立。 本社、西浜町1番地2• - 創業。 本社、中之島3丁目3番23号• - 創立。 本社、江戸町104(トウセン神戸ビル)• - 創業。 本社、福崎3丁目1番201号• - 創業。 本社、川尻町東2丁目14番21号• - 創業。 本社、広島県中野5924番地• - 創業。 本社、広島県豊田郡大崎上島町木江5093番地の7• - 設立。 本社、広島県因島重井町600番地• - 設立。 本社、広島県尾道市向島町864-1• - 創業。 本社、長府港町8番7号• - 創立。 本社、• - 創立。 本社、• - 創立。 本社、愛媛県今治市• - 創立。 本社、愛媛県今治市小浦町2-4-5• - 創立。 本社、愛媛県今治市波方町• - 創立。 本社、愛媛県今治市• - 創業、に村上秀造船に完全子会社化。 - 創立。 本社、愛媛県• - 創立。 本社、港3-3-14• - 設立。 本社、大字板知屋1番地12。 2018年に福岡造船の傘下入り。 - 創業。 本社、大分県大字鶴望4900番 小型船 [ ] 大規模な造船所が必要な大型船舶には参入せず、免許で操縦出来るやなどの、小型の、などを製造するメーカー。 通常は造船会社ではなく輸送機器メーカーとして分類されており、自動車メーカーも参入している。 工場で同一設計の船を量産し一般の個人に販売するのが特徴。 - 小型船舶の総合メーカー。 競技用のも製造している。 - 小型船舶の総合メーカー。 も製造している。 - から分離。 プレジャーボートを製造していたが2015年に撤退。 - のマリン事業部。 プレジャーボート専門。 - と小型船舶を製造していたが現在、製造は本社が行い販売のみ行っている。 - 水上オートバイは造船部門ではなくモーターサイクル部門での取り扱い。 - 船外機と小型船舶を製造。 三浦造船所 造船所 [ ] 北海道 [ ]• 函館どつく - 函館造船所(北海道函館市)• 函館どつく - 室蘭製作所(北海道室蘭市) 東北 [ ]• 北日本造船 - 本社工場(青森県八戸市)• ヤマニシ - 本社工場(宮城県石巻市)• みらい造船 - 本社工場(宮城県気仙沼市) 関東 [ ]• 三井造船 千葉事業所 - ()• - ()• - 横浜事業所鶴見工場()• ジャパン マリンユナイテッド - 横浜事業所磯子工場(神奈川県横浜市)• 三菱重工業 - 横浜製作所 (神奈川県横浜市・)• 住友重機械マリンエンジニアリング - 横須賀製造所(神奈川県) 近畿・東海 [ ]• - 福崎工場(大阪府大阪市)• - 木津川工場(大阪府大阪市)• 三菱重工業 - (兵庫県神戸市)• 川崎重工業 - 神戸工場(兵庫県神戸市中央区)• ジャパン マリンユナイテッド - 舞鶴事業所()• ジャパン マリンユナイテッド - 津事業所()• JMUアムテック - (兵庫県)• - 本社工場()• - 杢兵衛造船所()• 松井造船所 - 松井造船所()• - 本社工場()• - 玉野事業所()• - 水島製造所(岡山県)• ジャパン マリンユナイテッド - 因島工場(広島県尾道市)• ジャパン マリンユナイテッド - 呉事業所(広島県呉市)• - 常石工場(広島県福山市)• - 本社工場、第2工場(広島県福山市)• - 尾道造船所(広島県尾道市)• - 本社工場(広島県三原市)• - 瀬戸田工場,因島工場(広島県尾道市)• - ()• - 坂出工場()• - 本社工場(香川県)• しまなみ造船-本社工場 愛媛県今治市伯方町• あいえす造船-本社工場(愛媛県今治市吉海町)• 常石造船 - 多度津工場(香川県)• - 本工場(愛媛県今治市)• - 大西工場(愛媛県今治市大西町新町)• - 藤原造船所(愛媛県今治市大三島町浦戸)• 向島どっく-本社工場(広島県尾道市向島)• - 川尻工場(広島県) 九州 [ ]• 福岡造船 - 福岡工場(福岡県福岡市)、長崎工場(長崎県)• 名村造船所 - 伊万里事業所()• 三菱重工業 - (長崎県長崎市)• 佐世保重工業 - 佐世保造船所(長崎県)• 前畑造船株式会社 - 前畑造船(長崎県佐世保市)• 伊藤鉄工造船 - 伊藤鉄工造船(長崎県佐世保市)• 浦田造船所 - 浦田造船所(佐賀県)• 大島造船所 - (長崎県大島町)• ジャパン マリンユナイテッド - 有明事業所()• 臼杵造船所 - 臼杵工場(大分県臼杵市)• - 下ノ江工場(大分県臼杵市)、大分工場(大分県)• 本田重工業 - 佐伯工場(大分県)• 三菱重工業長崎造船所 過去に存在した造船所 [ ]• -(大阪府大阪市)江戸時代の船大工より発展した造船所。 住友重機械工業 - (通称:浦賀ドック、神奈川県横須賀市)• 日本海重工業 - 本社工場(現在は新日本海重工業となり主に陸上機械製造、富山県富山市西宮)• 日立造船 - 桜島工場(大阪市此花区)跡地はになっている• 西大寺造船所 - 西大寺造船所(岡山県岡山市)• - 第一・第二造船所(香川県) 2009年破産• - 香焼島造船所(現在の三菱重工業長崎造船所香焼工場)、浦崎造船所(佐賀県伊万里市)• - 大阪工場(大阪市住之江区)1979年閉鎖、製造を伊万里事業所に集約。 現在はになっている。 石川島播磨重工業 - 佃工場(東京都中央区)1939年の東京石川島造船所時代に造船部門を東京第一工場に移転、1979年閉鎖。 現在はになっている。 石川島播磨重工業 - 東京第一工場(東京都江東区)2002年閉鎖、跡地はになっている。 三菱重工業 - 鯛尾造船所(広島県安芸郡坂町)2002年閉鎖、跡地は2016年よりになっている。 (、神奈川県横浜市)- 跡地はになっている。 脚注 [ ].

次の

日本の造船会社と造船所の一覧

名 村 造船 株価

株式交換は10月1日付で、佐世保重工の株式1株に対し、名村造船の株式0・128株を割り当てる。 佐世保重工は上場廃止になる見込み。 佐世保重工業は、ライブドアが凄まじく株価を上昇した時から、リーマンショックまで8倍以上の上昇をしていました。 同じ時期にコンテナ船もバルチック海運指数が中国景気で上昇しており、乾汽船などはとんでもなく上昇した経緯があります。 あの時と比較し、再び造船所の株価が上昇するだろうという期待を持っている人も多かったと思います。 アベノミクス相場と言われて、株価が底値から上昇はしていますが、過去の暴落と比較すると全然回復していません。 それだけ業績が厳しい状況が続いています。 佐世保重工業は潰れないだろうと思って株価低迷時に低位株を物色するように保有する投資方法がバブル期には有効でしたが、最近は無配で低迷したまま、損失を抱えてそのまま上場廃止ということも多いです。 今回発表された完全子会社では佐世保重工業の株式を保有している個人はTOB価格というわけにも行かず、損失を抱えつつ、そのまま上場廃止という流れに巻き込まれます。 これは非常に手厳しい結果となります。 いま日本の大手企業でも業績が厳しい海外との競争にさらされている分野では株価が低迷していても長期投資でなかなか報われない時代になっています。 株式投資は本当に難しいです。

次の