エレン 脊髄。 進撃の巨人のエレンは悪者なのか?性格が変わってしまったのか?

エレン・イェーガー (えれんいぇーがー)とは【ピクシブ百科事典】

エレン 脊髄

Contents• エレンイェーガーの能力まとめ 進撃の巨人の主人公エレンは、とても優秀な憲兵として活躍していました。 その活躍は、 人間時の能力も、もちろん巨人化後の能力もあってのものですよね。 そこで、• 人間体の能力• 巨人化後の能力 2つの視点から、エレンの能力を分析していきましょう。 エレン(人間体の能力) まずは、 エレンの人間体での能力についてです。 訓練兵に入隊したばかりの頃は、残念ながらエレンは優秀とはいえないものでした。 対人格闘技はよかったものの、それ以外は平均か、それ以下でした。 また、立体機動装置を扱わなければならない兵であるにもかかわらず、移動もままならないほど上手く扱うことが出来なかったのです。 実際、 ほとんど才能がないと言っても過言ではないくらいだったのです。 このままでは、憲兵は遠い夢で終わってしまいます。 ですが、憲兵になるための執念と根性、そして何より、巨人への憎悪が 彼自身の欠点を補うための努力への活力となりました。 その努力の甲斐あって、訓練兵を卒業するころには、 トップ5に入るほどの優秀な訓練兵となりました。 卒業後、実戦ではその力をフルに発揮しています。 初戦から物怖じすることなく巨人に立ち向かい、単身攻撃もするほどでした。 エレンの元々の性格もありますが、やはり 彼自身の巨人駆逐を目指した努力の甲斐あって掴んだ能力でしょう。 エレンと言えば、どうしても巨人化したエレンの能力を見てしまいがちです。 エレンは、迷いのないはっきりとした目的がある時、 自傷行為をすることによって巨人化します。 巨人化することで、エレン持ち前の格闘技術を生かし、多くの巨人を殲滅しました。 人間時に加え、 大きさやパワーが加わり、戦闘能力は高くなったのです。 戦闘能力以外にその巨人化の能力は、大きく分けると2つあります。 それは、• 硬質化• 叫びで巨人を操る です。 なぜ硬質化出来るのか 硬質化は、エレンがもともと持っていた能力ではありませんでした。 ロッドに攫われた時に、ロッドのかばんにあった 「ヨロイブラウン」 という瓶に入った液体を飲んだため、硬質化出来るようになりました。 始めて発動したときは、仲間のピンチで無意識のうちでした。 硬質化出来るようになったおかげで、壁の生成を可能にしました。 これは、 巨人が味方にいることの大きなメリットとなりました。 苦戦を強いられたライナーとの戦いの時にも、大きく作用し優勢となりました。 ですが、 操れる巨人は無知性巨人だけなのです。 この能力は、始祖の巨人の能力で 「座標の力」 と言います。 ですが、 本来この能力は、ユミル・フリッツの血を引く王家の者にしか扱えないはずのものです。 でななぜ、王家の血を引いていないはずのエレンが扱えたのでしょうか…。 それは、 エレンの父親である、グリシャ・イェーガーが関係しています。 エレンに受け継ぐ前、グリシャは、フリーダの脊髄液を取り込む(食らう)ことによって、その能力を奪いました。 その後、 エレンに受け継いだため、エレンが扱えたのです。 扱う前にも条件はあり、フリッツ家(レイス家)の王家の者と接触しなければなりません。 実際に、最初に発動した時には、ダイナ巨人との接触がありました。 この能力は、あくまでも条件がそろわなければ扱えないのです。 ですが、巨人という強力過ぎる武器を使えるようになるこの能力は、とてつもなく大きな力を持ちます。 エレンだからこそ、悪事に使われることがないのです。 その他 紹介した2つの能力以外にも 「超人的な治癒能力」 があります。 人間時の傷であれば、 多少の欠損程度なら、巨人化してまた人間に戻ると治ってしまいます。 更に、巨人化しなくても、人間時に受けた傷が軽いものであれば、巨人化することなく治ります。 ですが、 限界を超える大怪我をしてしまっては治りません。 この能力は、戦闘するにあたっては、大変優秀な能力ですね。 ただ、 どんな怪我や欠損でも治るわけではないので、その点は注意が必要ですね。 まとめ 今回は、 エレンの能力について、• 人間時• 巨人時 両方の視点から見ていきました。 巨人化後の能力は、発動条件があったり、使いどころが難しかったりと完璧とは言えませんが、それでも 充分過ぎる程強力な能力です。 この2つの能力があったからこそ、越えられた壁や試練がありました。 元々自分の能力ではありませんでしたが、今はエレンの能力です。 強い正義感と、仲間を思う感受性、そして何より、時には自分のプライドなど投げ捨ててでも前に進む強さが、エレンに能力以上の力を発揮させています。 エレンが持っている、 エレンらしさこそ、あるいは 彼の最大の武器と言えるのかもしれませんね。

次の

進撃の巨人の登場人物

エレン 脊髄

エルディア人(ユミルの民)であること。 巨人化の注射を打たれること。 (口から取り入れることも一応可能) パラディ島の無垢の巨人達は元はマーレに住むエルディア人で、罪人や反政府活動をしていた者などでした。 「楽園送り」と呼ばれ、永久に巨人としてさまよい続けるという恐ろしい刑罰であります。 しかし例外としてジークの脊髄液を摂取し、ジークの叫びを受けた者は無垢の巨人化します。 獣の巨人の能力ではなくジーク個人の能力で、フリッツ王家の血を引くことが関係している模様。 ジークの脊髄液はガスの状態で吸い込ませたり、飲み物に混ぜて服用させるなど手段は多彩! ジークに巨人化された者はある程度ジークに操られるようになり、また月の光があれば夜間でも行動可能です。 種類:奇行種• 正体:ダイナ・フリッツ 第一話でエレンの母カルラを捕食した巨人。 エレン奪還作戦で再登場しハンネスを捕食、エレンの座標の力で他の巨人に食われました。 カルラ・イーターはマーレでグリシャと結婚した、王家の血を引くダイナであると判明しています。 息子ジークの密告で楽園送りにされ、無垢の巨人にされてしまったのです。 種類:通常種• 正体:エルディア復権派のメンバー トロスト区の壁が破壊されて出動した、エレンの班のミーナを捕食したことで、俗におさげイーターと呼ばれる巨人。 覗き込む巨人とも呼ばれています。 楽園送りの際、 マーレ治安当局の士官グロス曹長を捕食したのもおさげイーターでした。 最後はミカサに討伐されました。 トーマス・イーター エルディア復権派こう見たら序盤に出てくる巨人が多くて悲しくなる — もつれら mtmtSF• 種類:奇行種• 正体:エルディア復権派のメンバー トロスト区急襲時にエレンの班にいたトーマスを捕食した巨人。 巨人化したエレンに殺されました。 種類:通常種• 正体:エルディア復権派のメンバー トロスト区急襲時にエレンを足を食い、ミリウスとナックを捕食した通称ビッグマウス巨人。 巨人化したエレンに殺されました。 髭の巨人 アルミンが食われそうになっているとこをエレンが助けて逆にエレンが食われてしまったけど巨人化してこの巨人の腹をブチ破って助かったっていう話だったけど、もしエレンが巨人化しないでこの巨人に食われたまんまだったらこの巨人がエレンの力を継承して人間に戻れたかもしれないってことかな?www — [まきたん] jhause254• 種類:通常種• 正体:エルディア復権派のメンバー トロスト区急襲時にアルミンを食おうとし、かばったエレンを捕食した髭の巨人。 体内でエレンが巨人化してそのまま死亡しています。 トロスト区急襲で現れた巨人はエルディア復権派がこんなに含まれていたんですね。 イルゼ・イーター イルゼイーター — 進撃の巨人ちゃんねる shingekich• 種類:奇行種• 正体:ユミルの女性信者 進撃の巨人第5巻に収録されている特別編「イルゼの手帳」に登場する巨人。 イルゼ・イーターはユミルを祭り上げてい教団の女性信者であることが分かっています。 イルゼ・ラングナーをユミルと勘違いし、「ユミルの民…」「ユミル様…よくぞ」とかしずきました。 無垢の巨人は元は人間である• 巨人には感情がある• 巨人は言葉を発することができる ということを示唆した巨人です。 種類:通常種• 正体:ユミル 104期生の一人ユミルが無垢の巨人だった時の姿です。 始祖ユミルを信奉する秘密団体が一斉に楽園送りになり、ユミルも無垢の巨人にされました。 60年間壁外をさまよっていましたが、偶然壁内をめざすライナー一行に遭遇し、マルセルを捕食します。 意図的な巨人の継承以外で巨人が人間に戻ったという非常にまれな例ですね 8. 種類:通常種• 正体:コニーの母親 家の屋根にあお向けに寝た状態で、おそらく手足が細すぎるせいか立ち上がることもできない巨人。 偵察にきたコニーに向かって「お あ え り」としゃべりました。 こちらはジークに巨人にされたコニーの母親ですね。 コニーの父親、弟、妹も巨人にされたはずですが、巨人としての姿は確認されていません。 種類:奇行種• 正体:ロッド・レイス レイス家当主ロッド・レイスがヒストリアに巨人を継承させるのを拒否されたため、自ら巨人になります。 脊髄液を口でなめて巨人化しますが、超超大型の奇行種になってしまいました。 理由は不明ですが、• 通常は脊髄液を注射で摂取するところを口から取り入れたから。 脊髄液の量が足りなかったから。 年齢が高かったから。 直前ヒストリアに投げ飛ばされて首を負傷したから。 などと考察されています。 巨人になったために目前のエレンには目もくれずオルブド区内をめざし、調査兵団(とどめをさしたのはヒストリア)に仕留められました。

次の

進撃の巨人エレンイェーガーの能力まとめ!なぜ硬質化出来るのかも解説! | マジマジ情報局

エレン 脊髄

名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年05月09日 17:12 思うんだが進撃ってアルミンかハンジの推測がいつも真実という前提で話が進んでいくというのがもやもやする 真実を知っている者によってそれが真実だと証明されたり決定的な物的証拠が無いからすっきりしない それは今持っている限りの情報で推測して物事を進めなきゃならん状況だから仕方無いんだが後で大どんでん返し来たりするんじゃないか?と思ったりする 逆に真実を知る者からアルミンハンジの推測は正しいとわかる展開でも良い ようするにすっきりしたい でも現実世界でも真実を何もかも知ってる人なんていないしまたその人自身を真実を知っている人だと証明する事も難しいね…• 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年05月09日 20:01 食ってすぐに人間に戻ってたら、他の巨人にまたすぐ食われるだけだし時間差は絶対あるはずだよね ライナー達は仲間が目の前で食われたのなら、「あの小型ですばしっこいギザギザ歯の巨人は人間に戻れたはず、どこに行った?」 「でもまた他の巨人に食われて能力が移った可能性もある」って認識だったのかな そしてエレンがもしグリシャ食って人間に戻ったのなら、しばらくの時間差があるはずでその間、壁の中で巨人が暴れまわってて誰にも気づかれないとは考えられないんだがなぁ・・ ミカサとか別行動だったのか?とか エレンは進化型で当てはまらないのか ・・わからん• <仮説>• 2014年05月09日 23:01 無知性巨人化を病気に例えてみる。 巨人化病に感染した人間は、ワクチン人間を食べると病気が治り知性巨人となる。 ライナーたちは巨人化病に感染し、その後ワクチン人間を食べて知性巨人化。 このときライナーたちも巨人化の免疫を獲得し、ワクチン人間となった。 そしてライナーたちが壁内に侵入した際に、マルセルがユミルに食われる。 ワクチン人間を食べたため、ユミルも知性巨人になり、人間に戻れた。 無知性巨人はワクチン人間を欲し、ワクチン人間に当るまで無差別に人間を食べる。 しかしこの世界にはワクチン人間がおらず、永遠に人間を食べ続けなければならない。 だから、この世界の無知性巨人はライナーたち=ワクチンを食べたがる。 ただし、巨人部分を食べても効果は無く、本体を食べなければワクチン効果は無い。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年05月10日 01:45 あほくさ、「エレンも憶えていないみたいだし(巨人化人間を 捕食して人間に戻るのは)そういうもんなんだろう。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年06月01日 10:24 後付けの可能性もなくはなさそう・・・むしろ大きいような気もする。 もしくは巨人化できるまで、何か抑制があったとか。 例えば、 この「進撃の巨人」の1巻冒頭、「長い夢」。 ヒストリアとシンクロした時みたいに、何かを思い出すような「長い夢」を見ていたことから、あの巨人はエレンであり、どこかで巨人能力者を食べていた。 エレンを拾ったか何かで、エレンが巨人であることに気づいたグリシャは、まだ巨人能力をコントロールできないエレンが巨人化しないよう抑制するために抗巨人薬(中和抗体のようなもの?)を打った。 「長い夢」はその後の話で、夢から覚めたとき、ミカサに「髪が伸びてないか?」と聞いた、その理由はずっと昔、東洋系の女性と会っていたとか。 まさかの「NARUTO」みたいに「皆で隠していた」展開だったりして。 確率低めな推測だと思うけれど。 あの地下室にそれの秘密があるような気もする。

次の