二重幅 修正。 他院で受けた手術の修正(二重まぶた・目もと)(二重まぶた・目もと) : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元): 美容整形の高須クリニック

重瞼修正術(二重幅を広げる/切開法)|福岡の美容外科・形成外科ビスポーククリニック

二重幅 修正

二重の手術でまぶたの中は瘢痕・・・つまり「きずあと」が出来ています。 なので、今ある二重の状態のラインを低くすることを優先します。 「眼輪筋を丸める」、瘢痕を広範囲に剥がして」などと言った操作はあまり行いません。 眼輪筋・眼窩脂肪も切除しません。 二重を狭くする手術は困難です。 希望はききますが、可能なら希望よりも狭くなるぐらいを狙った方がいいでしょう。 二重のラインは8mm以下を推奨します。 極端に狭くしたい症例では4mmで行うこともあります。 皮膚が余っていない、余っていても少ない場合は、皮膚切除しません。 今の切開線の傷痕は無視して、新たにまつ毛側に切開します。 新しい切開線が二重になるように、眉毛につり上げを行います。 眼窩脂肪がなくても、脂肪移植は同時には勧めません、脂肪移植がうまくいくこともあれば、かえってよくないこともあります。 目を閉じれる範囲で眼瞼下垂の手術を行います。 もちろん眼瞼下垂の手術の適応がある症例で、術後にまぶたが閉じれると判断した症例のみです.

次の

他院で受けた手術の修正(二重まぶた・目もと)(二重まぶた・目もと) : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元): 美容整形の高須クリニック

二重幅 修正

二重・目の整形 二重の他院修正 このような方におすすめ 二重埋没法• 左右差がある方• 目のラインがとれてしまった方• 幅を変えたい方 二重切開法• 左右差がある方• 目のラインがとれてしまった方• 幅を変えたい方• 傷跡が目立つ方• 二重の引込みが不自然な方 目頭切開法• 左右差がある方• 傷痕が目立つ方• 蒙古襞が残っている方 特徴 他院で受けた二重・目の整形を直す治療です。 他院で治療を受けたけど満足できない・直したいと思っている方におすすめします。 当院では、二重・目の整形の結果に悩んでいる方の相談を積極的に受け付けています。 目元修正手術を専門としている医療機関は全国的に少ないと思います。 そのため、他院で受けた処置は治せないと諦めている方も多いと思われます。 まずは目元の状態を実際に診察させていただきます。 診察の上、現状の改善が可能であれば最善を尽くして対応いたします。 ご相談のタイミング 二重埋没法の修正 ラインが薄く感じた時、左右差を感じた時、個人差がございますのでご自身のタイミングでご相談してください。 引き込みが強すぎて、新たなデザインが正確にできないこともありますのでその際は、前回埋没した糸を抜去します。 クセがなくなり次第、二重埋没法の再処置が可能です。 二重切開法の修正 遅い時期で修正をするよりは、早い時期の修正をご提案します。 腫れや浮腫みが完全に消失してからの状態が診察しやすいのと、冷静に再処置の適応があるか判断できます。 また一度処置した自己組織は時間の経過と共に癒着を起こします。 初回の手術よりも確実に難しく、処置時間も個人差はあり、初回の方よりも長くなります。 目頭切開法の修正 タイミングの決まりはありません。 しかし、腫れや浮腫みが完全に消失してからの状態が診察しやすいと言えます。 蒙古襞の大部分を切除してしまっている場合は、完全に元に戻すことはできませんが、残存している蒙古襞や傷の修正は可能となります。 目頭部分の傷跡は、赤くなりやすいためアフターフォローが必要です。 再治療に関して二の足を踏んで方へ やり直しても同じ結果になってしまうのではないか、あるいは今の状態より悪くなってしまうのではないかと考えていませんか。 客観的に問題があり、その 原因が医学的に明らかなものであれば、改善できるケースがほとんどです。 再処置に関しては、医師が診察して再処置をする価値が十分にあると判断できる場合に限ります。 美容医学的に問題が無く、その人の価値観だけで極めて些細なことを問題にされている場合などは、再治療をお断りすることもあります。 ご了承ください。 一般臨床医学の手術でも同様ですが、2回目の手術は1回目の手術より難易度が高くなるため、「再処置を受けることによるデメリット」よりも「再処置を受けることにより得られるメリットが大きい」と判断できる場合に限って行うべきものなのです。 しかし、 私が診察の上、 現状の改善が可能であれば 最善を尽くすことをお約束いたします。 治療の詳細 治療により、異なります。 また、再治療ですので治療の内容・時間に違いがございます。 基本的な内容は、下記ページをご参照ください。 治療の流れ 1. 徹底したカウンセリング ご希望の目元のイメージをお話ください。 カウンセリングでは医師が目・目頭を観察、診察し、再治療が可能かを確認します。 麻酔 当院では多段階麻酔を行います。 まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。 最後に、皮膚の表面とまぶたの裏側に注射の麻酔をかけます。 注射針も細いものを使用。 すでに表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。 処置中の痛みはありません。 治療 麻酔がかかったのを確認し、目の再治療を開始します。 心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けていただける空間になっております。 アフターケア 治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、目薬、痛み止めを処方しております。 入浴・洗髪が可能ですが、アイメイクは1週間以降、まぶたを強くこすったりなさらないでください。 治療料金 消費税抜きの価格です。 カウンセリング料 ¥3,000 当院ではカウンセリングに重点をおき、患者様のお悩みをお聞きしたうえで、最適な治療法、治療詳細、リスクなど、しっかりと時間をかけてお話させていただいております。 そのためカウンセリングが有料となっておりますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。 よくある相談例 埋没法での他院修正 二重の引き込みが浅くなっているので、自然な二重にしたい 再度埋没法で二重を作ることが可能です。 当院の埋没法は腫れが極めて少なく、引き込みも自然です。 二重幅を広げたい、狭くしたい すでに他院での埋没法のラインがある場合は一度埋没の糸を抜去してから、二重幅の想定を行います。 糸の抜去をしなければ正確な二重幅の想定ができないからです。 糸を抜去して元の状態に戻したい 埋没の糸を抜去する必要があります。 二重幅に左右差がある 揃えたい希望の幅で糸をかけることによって二重幅の左右差を揃えることができます。 二重切開法での他院修正 他院で二重切開法を受けたが、切開部の傷が目立つ その部の皮膚を切除し丁寧に縫合することで改善・修正が可能です。 他院で二重切開法を受けたが、思ったより幅が広いので狭くしたい。 まつ毛-二重の切開線間の余剰な皮膚が多く、幅が広く見える場合 まつ毛-二重の切開線間の余剰な皮膚を一部適正な量を切除することで改善・修正が可能です。 幅を広くし過ぎたことによる開瞼度 目の見開き が小さくなり、幅が広く見える場合 上眼瞼挙筋腱膜を短縮することにより改善・修正が可能です。 明らかに二重の幅が広い場合 現在の切開線より下方で再切開し、上部の切開線部の癒着を解除し、その部に眼窩脂肪や余剰眼輪筋を充填することにより改善・修正できる可能性が高いです。 他院で二重切開法を受けたが、思ったより幅が狭いので広くしたい。 挙筋腱膜前転操作により開瞼度 目の見開き 過剰により、幅が狭く見える場合 挙筋腱膜前転部の解除し腱膜延長操作をすることで改善・修正が可能です。 明らかに幅が広い場合 現在の切開線より上方で再切開し、上方で新たに挙筋腱膜-皮膚間の線維性連結をする術法 VOGUE法 で改善・修正が可能です。 他院で二重切開法を受けたが目の見開きが強くなり過ぎて目の印象が怖くなったと言われる。 挙筋腱膜前転操作が強すぎると考えられるので、挙筋腱膜前転部を一旦解除し、必要であれば挙筋腱膜延長操作をすることにより改善・修正が可能です。 二重のラインの引き込みが強すぎて不自然に感じる。 二重のラインの引き込みを軽くするため、皮膚-瞼板 あるいは挙筋腱膜 間に眼輪筋、中間結合組織等を充填し介在組織とし、VOGUE法にて皮膚-挙筋腱膜間に線維性連結を形成することで改善・修正できる可能性が高いです。 二重小切開法 二重部分切開法 での他院修正 他院で小切開法 部分切開法 による二重の処置を受けたが、切開線の下方がくぼんでいて、伏し目にするとくぼみが他人にわかってしまう。 切開線下方の組織切除による周辺組織量との不均衡によるものですから、全切開法による再切開をしてくぼんだ部分に眼輪筋、あるいは隔膜前組織等を再充填することにより改善・修正できる可能性が高いです。 目頭切開術 内眼角形成 での他院修正 他院で目頭切開術 内眼角形成術 を受けたが、期待したほど効果が出ていない。 また平行型の二重を希望したのに、平行型になっていない。 適切な方法で再度目頭切開術を受けることで改善・修正が可能です。 他院で目頭切開術 内眼角形成術 を受けたが、思ったより目頭が尖りすぎて目が寄ったように見える。 蒙古ひだを再形成することにより、改善・修正できる可能性が高いです。

次の

二重幅が広い(狭い)ときの修正|二重切開法(全切開・部分切開)の失敗|整形ブログ

二重幅 修正

ダウンタイム中はまぶたの腫れ方自体に左右差が出るため、二重幅も左右差が出てしまうのです。 また、施術を施してから数日間は「寝起きはむくんで二重の幅が広くなるが、数時間経つとむくみが引いて幅が狭くなる」というように、 一日の中でも腫れの具合が変化します。 再手術をしてから「元の二重の方がよかった」と後悔しないためにも、2回目以降の二重整形のタイミングや方法は詳しくチェックしておきましょう。 二重整形の再手術について 埋没法の再手術について 埋没法はやり直しできる? 💡 注意 医師によって考え方が異なりますが、 埋没法のやり直しの回数は通常2~3回までが限度です。 埋没法でも回数を重ねるとまぶたに負担がかかってしまうため、永遠に二重の修正ができる万能な施術というわけではではありません。 また、何度も二重が取れてしまうようであれば、まぶたへの負担や金銭的な視点から見ても切開法での手術を選ぶ方が望ましいでしょう。 埋没法の抜糸について 基本的に埋没法は、二重幅を変更する場合 抜糸を行わずに施術をすることがほとんどです。 しかし、2回目の埋没法を行った際に三重になってしまうケースや、そもそも埋没法を取りたい場合などは、抜糸を行うこともできます。 ただし、埋没法の糸は 時間が経つと抜糸が難しくなるので、早めにクリニックに相談しましょう。 二重整形の抜糸については以下の記事で詳しく掲載していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。 📌 3回目以降の再手術は注意 実は、 3回目の埋没法はまぶたの状態が悪いと受けられない可能性があります。 なぜなら、何度も繰り返し埋没法を行うことで、まぶたの中には糸が溜まってしまうからです。 もちろん埋没法はアレルギーなどの異物反応が起きないナイロンの糸を使用していますが、何度も施術を受けることで人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 また、たとえ毎回抜糸をしていたとしても、まぶたに施術を受けたダメージは蓄積されるものです。 そのため、 3回目の二重整形は切開法も視野に入れてみましょう。 特に、埋没法がすぐに取れてしまう方は、まぶたが厚いなどの理由で体にあっていない可能性があります。 再び失敗を繰り返さないためにも、自分のまぶたの状態に合った施術法を選びましょう。 切開法の再手術について 切開法はやり直しできる? 💡 注意 切開法の再手術内容は、• 前回の切開線を切開する。 癒着(ゆちゃく)を外す。 新しく内部処理をし、新たに二重を作る という大掛かりな手術になります。 そのため、 切開法の再手術は難しいと診断される可能性が高いです。 また、仮に2回目の切開法を受けられたとしても、もう一度切開することで、まぶたにかなりの負担がかかってしまいます。 1回目の整形が気に入らなかった場合、 2回目をするべき? 二重整形の完成までに埋没法なら3か月、切開法だと6か月かかると言われています。 整形をしてからしばらくの間は、まだ腫れが残っていて本当の二重幅になっていないのです。 ですので、二重整形をしたばかりの方は 二重に違和感を感じてもすぐに再手術をせずに、しばらく様子を見てください。 もし上記の期間が経過しても二重に違和感を感じるようであれば、再手術を受けることも一つの手です。 その際に保証が付いたプランであれば費用もかからずに受けることもできます。 二重整形の保証について 埋没法は極細の糸で二重にしているため糸が取れてしまったりゆるんでしまい、二重のラインが消失してしまうこともあります。 そのため 二重のラインが消えたときの対策として保証制度を設けているクリニックが多いです。 保証期間も1年保証から永久保証まで様々あります。 また、埋没法にはベーシックな埋没法から糸が取れにくい埋没法など種類も豊富なので、手術内容によっても保証内容が異なります。 さらにクリニックによっては、抜糸や幅の変更などが保証内容に入っている場合もあります。 何かあったときの為にも、 二重整形の保証は事前に確認しておくことをおすすめします! 📌 2回目の二重整形の費用は? 2回目の二重整形は保証が付いている場合、期間内であれば無料で施術を受けることが出来ます。 しかし、そもそも保証の無いプランや保証期間を過ぎている場合は、施術料金がかかってしまいます。 修正の費用はまぶたの状態やクリニックによっても異なりますが、 1回目に埋没法をした場合には留めた糸を抜糸する場合は、二重の施術費用とは別に抜糸の費用が必要です。 「予算を一回目の施術料金の金額で考えていたのに抜糸の金額もかかって予算より多くなってしまった」ということも少なくはありません。 2回目の二重整形の費用は、事前にクリニックに問い合わせて確認しておいてくださいね。 【まとめ】2回目の二重整形の注意点• 2回目の二重整形からは 抜糸などの追加料金がかかる場合アリ• 3回目以降の二重整形は 切開法がおすすめ 二重整形のやり直しは、 最初の二重整形の時よりもっと医師との話し合いが大切になります。 1回目に感じた点や気になることはすべてカウンセリングで伝えるようにしましょう。 それが2回目の 二重整形を成功させるコツです。 また、再手術でもう一度失敗してしまうことが心配な方は、 1回目とは別のクリニックで診察を受けることも選択肢に加えてみてください。

次の