エクセル グラフ 基準線。 エクセル2010のグラフの基準線の書き方を教えて下さい。

Excelグラフの作り方と凡例・単位・縦軸/横軸などの編集|Office Hack

エクセル グラフ 基準線

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「」シリーズの第4回目の「散布図の作り方」についてです。 エクセルの散布図は他の棒グラフ・折れ線グラフと比べて、あまりなじみがないはずです。 しかし相関関係(2つのものが密接な関係を持ち、一方が変化すれば、もう片方も変化するという関係)を示したいのであれば、散布図を用いましょう。 ここではエクセル2016で説明を行います。 2016 散布図の基本は近似曲線・2軸が追加できれば十分 例えば「営業マンの訪問回数と売上金額」「有給休暇の取得日数と年間売上金額」といったように、2つの事柄の相関関係を散布図として表すことで、一体何が営業成績を左右するのかがわかることがあります。 さらに近似曲線や2軸を利用して、売り上げが伸び悩むパターンにおいて何らかの問題点を探り、飛躍的な売上のポイントなどを解明できる場合があるなど、散布図から対処法や傾向を把握して、部下のマネジメントに活かすことができるのです。 エクセルで散布図グラフを作成する 1. 挿入タブをクリックし、元になる表からデータ範囲を選び、「グラフ」から散布図をクリックします。 散布図がエクセル画面上に表示されます。 ただしこの散布図の状態では縦軸・横軸・点が何を表すのかがわからないので、次に「ラベル」で表示します。 エクセルで散布図にラベルを表示する ここでいう「ラベル」には2種類あります。 1つ目は「軸ラベル」で縦軸と横軸がそれぞれ、何を表しているかを表示し、2つ目は「データラベル」で、点が何を表しているかを表示します。 まずは「軸ラベル」の作成方法です。 散布図をクリックすると、図の右側に出てくる十字アイコンをクリックする。 そして、グラフ要素の「軸ラベル」にレ点チェックを入れます。 すると縦軸・横軸に軸ラベルの入力ボックスが出てきます。 まずは縦軸の軸ラベルをクリックする。 そして、「店舗売場面積(? )」と入力します。 次に横軸のラベルを縦書きに編集します。 軸ラベルの書式設定内の「文字のオプション」をクリックし、「左へ90度…」から「縦書き」に文字列の方向を変更します。 縦書きに変わったら、文字上をクリックして、横軸ラベルを入力します。 最後にタイトル部分をクリックして、散布図のタイトルを訂正入力します。 次に「データラベル」です。 データラベルの書式設定内のチェックを「セルの値」に入れ、データのラベル範囲を選択し、OKをクリックします。 店舗名のラベルが追加されますが、値も一緒に表示されて見づらいので、ここでは非表示にします。 データラベルの書式設定から「Y値」に入っているチェックを消します。 Y値を消去してもまだ見づらい時には、ラベルをドラッグして移動することも可能です。 移動しても引き出し線が付くので安心です。 エクセルで散布図に線を引くには 全体的な標準値と比べて、上なのか下なのかを判別するには、近似曲線を用います。 エクセルで散布図を2軸表示するには ここでは新たに「販売員数」のデータも散布図に反映させるために、2軸表示の設定をします。 まずは、追加データを反映させるため、図の右側の漏斗のアイコンをクリック、右下の「データの選択…」をクリックします。 販売員数を含めて改めて範囲を指定し、OKをクリックします。

次の

エクセルのグラフで基準線(横棒)を引きたい

エクセル グラフ 基準線

グラフ グラフ 棒グラフに横線をいれる 前回折れ線グラフに縦線と横線を入れるを記事にしました。 今回はその応用で、棒グラフに横線を入れます。 上記グラフに、基準となる線を入れてグラフを見やすくしたいと思います。 ダミーデータを表の下へ入れます。 今回は基準線を100に表示させたいので、100としました。 グラフ範囲をダミーデータまで広げます。 ダミーデータを2軸に設定します。 2軸のグラフのみ、折れ線グラフに変更します。 2軸の最大値を200へ変更し左の軸と同じにします。 グラフの色をわかりやすく赤へ変更します。 ダミーデータはフォントを白にするなどして、隠します。 2軸のグラフを選択し、リボンのグラフ要素を追加をクリック。 近似曲線の、その他の近似曲線オプションをクリックします。 予測欄の、前方・後方補外の区間を調整します。 ダミーデータの凡例を選択し、Deleteで消します。 棒グラフに基準となる横線を引くことができました。 7k件のビュー November 14, 2018 に投稿された• 6k件のビュー January 23, 2018 に投稿された• 4k件のビュー February 18, 2019 に投稿された• 9k件のビュー May 24, 2018 に投稿された• 2k件のビュー February 5, 2018 に投稿された• 6k件のビュー November 9, 2018 に投稿された• 5k件のビュー November 5, 2018 に投稿された• 5k件のビュー July 19, 2018 に投稿された カテゴリー• 309• 306•

次の

【上級者直伝】エクセルで散布図を作るための基本と応用2ステップ-グラフが見やすくなるマル秘テクとは?

エクセル グラフ 基準線

棒グラフと折れ線グラフ まず、計画値を表に追加します。 これを入力しないと計画値が分りませんからね。 売上高・計画値の両方をグラフ化させます。 とりあえず棒グラフとして表示。 そして、計画値のグラフだけを指定し(下画像のように)右クリックすると、「グラフの種類の変更」があります。 それを選択し、棒グラフへ変更します。 出来上がり。 簡単な処理ですが、この2種類のグラフというのは見やすく使い勝手が良いです。 2軸とか また、これでは縦(y)軸が左の1軸だけですが、右側に2軸を追加する事が出来、桁の違う数字も同じグラフに入れる事が出来ます。 例えば、売上高と限界利益率、生産量と製品効率などなど。 その場合に2軸目を使用します。 1軸(左)に数値、2軸(右)に%を。。 Excel2007は色々なデザインが作れて素敵ですね。 関西在住の30代サラリーマン。 事務職で毎日Excelと戯れています。 システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。 Popular Posts• 6,172件のビュー• 6,092件のビュー• 5,316件のビュー• 4,262件のビュー• 2,126件のビュー• 2,024件のビュー• 1,885件のビュー• 1,830件のビュー• 1,741件のビュー• 1,706件のビュー• Comment• に 匿名 より• に chikaharu より• に chikaharu より• に は より• に 吉川 真一 より• Category•

次の