ケヴィン ファイギ。 ケヴィン・ファイギ

【続報】『スパイダーマン』マーベルとソニーの対立報道は「誤解」 ─ ソニー側が声明発表、ケヴィン・ファイギのプロデューサー離脱のみ認める

ケヴィン ファイギ

生い立ち [編集 ] ウェストフィールド ()で育つ。 時代にのインターンとなり、卒業後には彼女のアシスタントとなった。 キャリア [編集 ] マーベル・コミック に関する百科事典並の知識を買われ、ローレン・シュラーの製作映画『』(2000年)でアソシエイトプロデューサーに抜擢された。 それ以降、多くのマーベル原作の映画に参加する。 2007年にマーベル・スタジオの社長に就任する。 2019年にマーベル・エンターテインメントのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任する。 フィルモグラフィ [編集 ] 映画 [編集 ]• X-Men 2000 製作助手• Spider-Man 2002 Executive in Charge of Production• Daredevil 2003 共同製作• X2 2003 製作総指揮• Hulk 2003 製作総指揮• The Punisher 2004 製作総指揮• Spider-Man 2 2004 製作総指揮• Blade: Trinity 2004 共同製作• Elektra 2005 共同製作• Man-Thing 2005 製作総指揮• Fantastic Four 2005 製作総指揮• X-Men: The Last Stand 2006 製作総指揮• Spider-Man 3 2007 製作総指揮• Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer 2007 製作総指揮• Iron Man 2008 製作• The Incredible Hulk 2008 製作• Punisher: War Zone 2008 製作総指揮 クレジットなし• Iron Man 2 2010 製作• Thor 2011 製作• Captain America: The First Avenger 2011 製作• The Avengers 2012 製作• Iron Man 3 2013 製作• Thor: The Dark World 2013 製作• Captain America: The Winter Soldier 2014 製作• Guardians of the Galaxy 2014 製作• 2015 製作• Ant-Man 2015 製作• Captain America: Civil War 2016 製作• Doctor Strange 2016 製作• Guardians of the Galaxy Vol. 2 2017 製作• Spider-Man: Homecoming 2017 製作• Thor Ragnarok 2017 製作• Black Panther 2018 製作• Avengers: Infinity War 2018 製作• Ant-Man and the Wasp 2018 製作• Captain Marvel 2019 製作• Avengers: Endgame 2019 製作• Spider Man: Far from home 2019 製作 テレビシリーズ [編集 ]•

次の

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ、スターウォーズ新作の制作へ

ケヴィン ファイギ

「ファイギみたいなトップがいれば…。 」近年、映画のシリーズ化を語る際にしばしば囁かれるようになった言葉ではないだろうか。 この快挙は、シリーズの舵取り人である の手腕によるところが大きい。 ファイギ氏は筋金入りのマーベル・オタクとしての知識量を買われ、『X-メン』 2000)でアソシエイト・プロデューサーとして初従事。 以来、マーベル映画の多くに携わるようになり、2007年にはマーベル・スタジオ社長に就任する。 複数の映画が一つの世界観を共有する「シネマティック・ユニバース」構想や、MCU作品を物語のまとまりごとに区切る「フェーズ」構想などは、ファイギ氏の壮大なヴィジョンによるものだ。 MCUのシリーズ累計興行収入は170億ドル(1兆8,800億円)超え。 こうした爆発的な成功に続けと、様々な映画がシリーズ展開を図っている。 中でも比較対象に挙げられやすいのが、ライバルのDCコミックス原作の映画シリーズ。 多くのファンを生み出しながらも、やはりMCUが規模や興行収入・批評面でも圧倒するのが実情だ。 「アドバイスなんて意味がない」 スーパーパワーめいたバランス感覚と、若手や異才のフィルムメーカーを起用しながらもいずれも大ヒットに導く采配センスや先見性決断力で、ファイギ氏率いるマーベル・スタジオは「メディアの未来を創り出した」として、米経済誌ファスト・カンパニーの「世界で最も革新的な企業」。 「一人勝ち」に近いマーベル・スタジオは、メディア取材の中でこうしたライバルらにアドバイスを求められることも少なくない。 しかし、とりわけケヴィン・ファイギはこうした質問をやんわりと、かつ謙虚に流す様がいつも印象的だ。 による最新のインタビューでも、ファイギ氏は次のように答えている。 「ありがたくも映画制作をさせて頂く中で、学んだことがあります。 実際にやってみなければ、どうなっているのかなんて分からないということ。 アドバイスなんて何の意味もありません。 あちこちで環境が違いますから。 どんな問題が予測されて、誰が何をやるのかなんて…。 私は人にアドバイスを与えるような人間じゃないんです。 」 ケヴィン・ファイギ以外にも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督のルッソ兄弟にも同じアドバイスが求めらることがある。 ジョー・ルッソは以前、米に対し 「止めたほうがいい。 シネマティック・ユニバースにしたからといって、全てが支えられるわけではありません」と。 「アドバイスをするなら、新しい物語の語り方を探し続けるべきだ、ということになるでしょうね。 」「テクノロジーは成長していますし、観客はYouTubeのほか、簡潔かつ簡単、流動的なソーシャルメディア上でコンテンツを摂取することにも慣れている。 長い時間をかけて(コンテンツに)情熱を傾けるのも好きだと思います」とし、やはり「 ユニバースを作らずにすむ(ストーリーテリングの)方法もたくさんありますよ」と結ぶ。 『スター・ウォーズ』率いる噂もあった MCUの大成功は、ファイギ氏のマーベル・コミックに対する圧倒的な知識量と作品愛があってこそと言われる。 『スター・ウォーズ』も幼少の頃から夢中だったというファイギだけあって、キャスリーン・ケネディに代わってルーカスフィルムのトップに就任し、『スター・ウォーズ』を立て直すのではないかとの噂も囁かれたほどだ。 この噂は、後になってファイギ氏本人によって否定。 が尋ねたところ、「 いいえ、アクションフィギュアと裏庭で遊ぶだけにしておきます」と笑って答えたという。 先のインタビューでファイギ氏は、「特にディズニーでは、多くの人達が大きな成功を収めていますね。 ライバルや、私たちをも上回るほどの成功もあります。 私が彼らからアドバイスを貰いたいくらいですよ!」とも答えている。 作品に対する確かな理解・知識・愛情に加え、学びに謙虚な姿勢も成功の秘訣に違いない。 Source:, Photo by.

次の

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ、スターウォーズ新作の制作へ

ケヴィン ファイギ

次世代の地球最強のヒーローチームは、何人かのおなじみの面々に加え、まだスクリーンデビューをしていないいくつかの新しいキャラクターとともに登場するという。 「今まで見てきたチームとはかなり違ったチームになる。 これがエンドゲームの狙いだ」と新アベンジャーズのメンバーについてファイギは語った。 「すでにおなじみとなった人物と、まだ出会っていない人物で構成されたまったく違うチームになる」 MCUフェイズ3と違い、フェイズ4は頂点となる出来事を描く作品で完結するわけではないが、少なくともそういった結末になることをマーベルがまだ明かしていないということもあり得る。 しかし、今回のファイギのインタビューはすでに計画されているフェイズ5に登場予定の、さらに大きなもののために基礎が作られる可能性があることを示唆している。 「今日発表することについて話し合った」とサンディエゴ コミコンのマーベル・スタジオパネルについて述べた。 「フェイズ4とフェイズ5の発表をするか?計画を立てたしこの先5年あるから、2年で11のプロジェクトというのが十分であると思ったんだ。 2~3年何も言及していなかったしね」 先週末のでは、この先公開予定の映画やドラマについて初めて情報が公開された。 『The Eternals』、『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』、『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』、『』、『Black Widow』といったプロジェクトではいくつかオリジナルのスーパーヒーローが登場する予定で、もしかすると次期アベンジャーズメンバーについて何かわかるかもしれない。 』、『Hawkeye』が2021年以降に予定されている。

次の